< >
2019. 03. 03  



Rolfing-Little-Boy-and-Logo-and-slogan-small-EN.jpg




Welcome to my blog!

Click here to go to my website.



ようこそRolfingFrankfurtへ

ロルフィングとは何か、この特徴、効果、ほかの様式との違いを、できるだけわかりやすくかつ詳しくお伝えしていきます。






ロルフィングとは

ロルフィングとは、約50年前にアメリカ人生化学者Ida Rolfによって編み出されたボディワークです。ボディワークというのは、心身の包括的改善をめざす様々なセラピーのなかでも、特に身体への働きかけを重視したものです。一般の整体、マッサージとの違いは、受け手の「意識」・「気づき」を重視している点で、その意味で、受け手参加型の整体とも言えます。

ロルフィングはアレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスと並び、世界の3大ボディワークの1つです。その中でもロルフィングは、この効果と持続性において、世界中からほかの追従を許さない高い評価を得ています。他の様式で見落とされてきた筋膜重力に重点を置いていること、ロルフィングタッチと呼ばれる独特のタッチを特に重要視していて、他方面に渡る知識の他に実技を加え、すべての習得に最低700時間という突出したトレーニング期間を要する事なども、この評価を裏付けています。

ロルフィングは解剖生理学を基礎にしていますが、身体は心の器(心身一如)ですので、施術側には認知行動学、現象学、心理学や精神医学などの分野に対する理解も求められます。近年の傾向としては、サトルボディと呼ばれる皮膚の外側のエネルギーの領域も含めたワークをする施術者が増えている事で、私もその一人です。

このロルフィングは基本的に10シリーズで完結します。1セッションは60分-75分、セッションとセッションの間には平均2週間をおいて、自分の体が新たなポジションに適合するのを待ちます。

一回ごとのセッションには明確なテーマがあって、大きな流れでいうと、呼吸を深め、体の表層を解放したあとは、コアの部分(骨盤ー脊椎ー頭蓋骨のライン)を解放します。次に体の可動性を高め、最後に統合します。7セッション目までは個々の楽器の不具合を取り除いて磨き、8−10の統合セッションで、磨いた楽器による新たなシンフォニーを奏でるよう調整して行くようなもの、と捉えてください。

10シリーズを受け終わったら、これからの生涯をかけて、自分の体の最大限の可能性をめざして生きていくことになります。その後の維持にあたっては、トレーニングメニューや「してはいけない」リストを与えられる事はありませんが、自分の最も楽で最もなじむ姿勢と動き方になじんでいくための、日常の気づきを研ぎすます姿勢が大事になってきます。この気づきの感覚は10シリーズ中でも養っていきますが、10シリーズに続いてロルフムーブメントを数セッション受けていただくか、定期的なフォローアップセッションを受けていただく事をお勧めします。
ida rolf
Ida P Rolf







スポンサーサイト
2017. 10. 31  
先ほどまで7時間に渡りコネチカットで行われていたPeter LevineのSomatic Experiencingのセラピュティックリズムというワークショップにビデオ参加していました。トレーニングの全行程は終えたけれど、これからも果てしなく続くと思えるこのスキルのアップデートの一環です。

とにかくSEのトレーニングは高くて、基本的に参加者は文句たらたらなのですが、でも内容が内容なだけに、つい払ってしまう。ついでにワークショップ中に売りに出されたツールも速攻で注文してしまいました・・・。嫌い嫌いと言いながらもこうやって学び続けているのは、SEを習得してからセッションが激変したのは厳然たる事実だから。これほど速攻影響が出るとは正直思っていませんでした。トレーニングから帰った翌日から、こういうことをする人を探していた、と私を探し出してくださる方が続いているのは偶然じゃないと思っています。これからもこの方向での学びが私には不可欠だと実感しています。

思えば今年は不思議な巡り合わせが多くて、何人ものシャーマンに立て続けに出会い啓示をまるでリレーのように次々いただいたのは未だに信じられない出来事だったのですが、多分私がそこから受け取ったメッセージと、ピーターを見ていて感じることはリンクしている。

ピーターリヴィーンはこのSEという体系をチベット瞑想をしていて受け取ったと巷では言われています。私はああこの人もドクターロルフ同様そうだったのか、と妙に腑に落ちました。こういう、何かものすごくシンプルでうまく体系立っていて美しいものというものは、最初から完全無欠の状態として用意されている場合が多い。それを渡される人は、長年かけて自分を整えながらそれを受け取る準備をしているわけですが、それがパッケージとしてどんと渡されるか、少しづつ渡されるかは、個人差があるみたいです。直傳靈氣の臼井甕男先生は明らかに一気にどん!と渡された。ピーターは何年も何年もかけてリファインしている感じ。ソースポイントセラピーのドナとボブも何年もかけてリファインしています。

ピーターを見ていると、この人日々進化していると感じます。ゴシップは無視して私の印象だけをいうと、まるで少年のようで、年々若くなる。むしろ5年前にロンドンで会った時の方が老いて見えました。ピーターのワークショップやスーパービジョンを絶対に追ってしまうのは、この人の進化を見守りたい気持ちがあるからでもあります。今回のワークショップのテーマはリズムで、確かに全編通して彼がそれを意識しているのは明々白々でしたが、それでもそれだけでない部分でもたくさんの進化の形跡がありました。

彼は、セッションに入ると、完全にクライアントに繋がり、同化して指揮している。100パーセント今ここ、というのをやっている。ライブで、限られた時間で、大勢の聴衆の前で、失敗したら即時にあっという間に世界に見られてしまうプレッシャーの元、こんなに全方向に神経を張り巡らしながら次々にケースを捌いて行くのを見ていると、毎回ものすごく刺激を受けます。こういう二重、三重のことを一気にできるようになるのはひとえに経験の蓄積から来ていると言えますが、そこにあるのは完全に「今ここ」を整え、繋がっているから。もちろん事前に打ち合わせしているでしょうし(でもこれが八百長でないのは、トレーニングを通して知っています)、参加者は基本ピーターの崇拝者である可能性が高く、デモという役割を承知してうまく協力しようという意識が働いていることは否めませんが、それでも彼の強さはこの繋がり方にあると思っています。彼自身は上手にクライアントとの間に境界線を引き、愛情深く振舞いながら一方では冷徹に観察しテーマを強調しデモをうまくまとめ、本来のお客さんであるワークショップ参加者へのアピールは忘れない、と見事な仕事をすることによって彼の能力を世界に知らしめようという野心があるかもしれませんが、それでも私は彼の繋がり方にやっぱりいつも感銘を受けます。実際私はSEのトレーニングを通してこのインプロを随分鍛えられた実感があります。個人セッションを何人にも受け、最終的にセラピストをテオに絞ったのも、彼の繋がり方、彼の同化の仕方に何より感動し、ここをできる人から学びたいと思ったから。つながればあとは自然にやってくる。

ピーターのやっていることは基本クリエイティブ。ツールやそれを差し出すパターンはありますが、基本対応はインプロです。引き出しをさっさっと選ぶ瞬間の切り替えや、導く方向、それた時の戻し方、まとめ方、全部名人。本当にどの人より学ぶ。以前一世を風靡したある大家が、もはや人前には立ってはいけないほどに劣化しているにもかかわらずに大勢の崇拝者を集めポープのような振る舞いをしているのと対照的。ああいう痛々しい感じにはなりたくない。これから私も老齢に向かう身として、どこまで進化できるか、引き際をどう見極めるかは、指導者を観察する時のポイント。
2017. 10. 25  
海外3カ国とミュンヘンからお越しくださった方々を中心として繰り広げられた濃密な2週間が終わりました。今年はお導きとしか言いようのない出来事が続いて来て、この2週間は予期していたようにそのハイライトでした。
(すでに2017年が終わったような言い方・・・・・)

振り返ると今年は激動で、次々に起こる出来事に対して自分の反応を分析している暇もなく、とにかく激流に流され流されここにたどり着いた、というような感じです。どれだけの人に助けられたか。改めて自分は一人じゃない、集合体だと思いました。

私は35億年前に生命が誕生してからの生きとしいけるもの全ての記憶を体現する集合体。原初は神(想像主)の心だけがあった無の世界が、その御心の波動を伝え続け、姿を変え続けた結果の私。私たちは細胞ひとつひとつの集合体だけれど、この細胞それぞれの持つ核に収められた遺伝子は、他者と関わり進化することを選ぶことと引き換えに壊れて死ぬことを選んだ私が塗り替え続けた進化の歴史。

他者と関わることは私を壊すこと。それは原核生物から真核生物になることを選んだ私たちが、他者と関わることによって自らの死と引き換えに経験と進化を選んだ、意志。同じであることを捨て、壊し新しくなることを選んだ強い意志。

藻となり太陽の光で光合成を始めた私たちは、光がなければ生きられないという他者への根本的依存を選んだ意志。

哺乳類となった私たちは、他者に愛され共同体に含まれないと死んでしまうという、愛着問題を抱えることを選んだ意志。

色々な人と関わって、私が個人の問題だと思って一人で抱えて来たことは、知る限りの祖先どころか自分の記憶のはるか遠くから続いたユニバーサルなテーマで、それは縦だけでなくて同世代を生きる横の仲間たちとも共有していたということがわかって、縦横無尽なつながりを感じました。古今東西の生きとし生けるものとの繋がりと、それを見守る神との対話を通して、あらためて私たちのルーツを感じました。

ホメオパシートークでは、素晴らしい資料だけでなく、すべての質問に的確で簡潔な言葉で即座に答えるAbbyに、参加者が次第に真剣な面持ちになってメモを一生懸命取り始めた様子が本当に印象的でした。プロにとっても激震の内容を、あれだけクリアに話し、すべての質問に次々わかりやすく驚くべき的確さで答えたAbby.日本で話すときにはボディガードが必要というような内容を共有させていただき、心から感謝します。

Abbyの横でただニコニコしながら座っていて、ほとんど話さなかったPeggy.でも彼女の存在がどれだけ大きかったか私たちみんな気づいていました。まさに慈母。偉大な愛の塊。彼女はただ座っていただけで、その場にいた私たちを見守り助けようとしてくれていることを伝えてくれました。というか、ゲストなのに台所仕事全部やってくれて、支度が間に合わない私を手伝って掃除機かけてくれてしまいには床拭きまでさせてしまって・・・いや御言葉に甘えるにしても限度がある。ごめんなさい・・・でもまた頼んでしまうと思います、いや本当に助かりました・・・。

直傳靈氣講習会では、わざわざこのために海外からきてくださった方々の集中力はすごかった。こんなエネルギーボルテックスは初めてでした。まさか靈氣でこんなことができるのと驚いていた方は一人でなかったです。とりわけ感受性が強い人たちが集まった時のエネルギーワークは、予測はしていましたがやっぱりすごかったです。

実際これのために今年は禊が続いたんだと感じていた私は、とにかく自分の役割からそれないことを心がけていました。ただここにいる。繋がった時に起こるそれを拾って渡す、その瞬間のために私はここにいる。そこからちょっとでも逸れて自我で動いたときには何が起こるか知ったから、自分を整えておく、その集中力が一番大変でした・・・いやあやれるだけのことやったと思います。もちろん反省山ほどありますが、なにはともあれまずは自分におめでとうよく頑張ったねと言いたい。

改めて思いましたが、靈氣からは私は本当に学んできました。靈氣は私のルーツにアクセスするキーを持っている。日本語の言霊、理解することができなくなってしまった大和言葉、アクセス不能になってしまった古代の神道へ直接つながるキーを持っている。波動に対する理解を言語化する試み、古代へのアクセスの試み、不思議なくらい私にとって靈氣はそこにつながるゲートになります。

タロット講座は面白かった!あれはタロット講座というよりコーチング術で、ビジネスシーンに子育てに広く応用できる大塚塾パッケージの1部というのは参加者すぐ気づきましたが、とにかくあれだけのバックグラウンドをもつ内容をあれだけの短時間でさっと落とし込める簡潔さにまとめあげ、一人一人が自信を持ってできるようになるように誘導し、本当に最後には堂に入ってタロットリーディングができるところまで持って行ってしまった大塚さんにやっぱり脱帽です。参加者は全員、やっぱり大塚さんて頭いい、と思いましたが、それより感動したのは、大塚さんの愛でした。人を生かすことをまず前提としている。彼のあり方は本当に私たちを救う。蛮勇振り絞って参加くださり、私たちを信用してさらけ出してくださった方、本当に心からの感謝を捧げます。本当にありがとうございました。

あ、タロット講座は続編があります。元々の大塚塾が膨大なので、いくらでも続編作れ、いくらでも綺麗にまとめてくださるはずです。来年早々、また開けそうですのでどうぞお楽しみに!!!

ちなみに全てが終わった今日、交換セッションとキャッチアップのためにいらしてくださった大塚さん、久しぶりに再会して激変に驚かされた彼の秘密をシェアしていただこうと思っていたのに、なんだかわからないうちに私のぐずぐずした内面に付き合っていただくことになってしまい、超後悔しました。どうも彼の前だと私は誘導されてしまい、いつの間にかコンサルしてもらっている。しかもこういう系統の本知ってる?と聞いたら関連書だけでなく私が関心ある本も持ってる持ってる、300冊くらいきなり PDFでコピーいただいてしまいました!!近年なかった幸福感。最高のプレゼントです〜〜〜〜〜ありがとうございました・・・。



お互い誰も完璧じゃないから助け合って進化していこうね、という団結力で過ごしたこの2週間。素晴らしい合宿でした。楽しかったです。改めまして、お会いしたすべての皆様に心からの感謝を捧げます。

また近々お会いしましょう。

参加者の一部の方々と。集合写真撮り忘れました!!
reiki.jpg
reiki2.jpg
reiki3.jpg



2017. 09. 26  
あははは、いきなり!?ですが。

タロット講座を下記日程で行います。

講師:大塚英文さん
日時:10月23日(月)13時から16時。
場所:Bleibiskophstrasse 61 Oberursel Germany
参加費:60ユーロ

その後引き続き直傳靈氣の交流会を行います。

講師としてお招きする大塚英文さんは、友人として、同僚として、最も信頼している方の一人。大塚さんについてはもう何度もなんども過去ログ(ココココ)で書いて来たのでそちらをご参照ください。間もなくヨーロッパで行われるムーブメントのトレーニングに参加するついでにフランクフルトに立ち寄ってくださるので、これを機とばかりお願いしました。

待っていたんです。ずっと彼から習いたかった。彼がタロットを単なる方便として使っていて、彼のリーディングの技術はいわゆるタロットカードの知識がどれだかあるかとは全然関係ないなというのは彼のやり方を見てすぐわかりましたが、この「奥義」の部分をどうやって人に教えるんだろうというのが興味の一つ。この技術は大塚さんは自分軸や話の聴き方講座でも教えてらっしゃるのですが、3時間でダイジェストにコンサイスにまとめていただくのにはこれがいいかと。3時間でまとめてくださいね、いいですよ、で済んでしまうのがありがたい。

ともすれば暗黒の中世の負の遺産であるオカルトのカテゴリーに入れられてしまいがちなタロットですが、これそのものはむしろ心理学の体系と似ている気がしています。だからタロットリーディングはサイコセラピーの一種で、少なくとも大塚さんはタロットを通してセラピーを提供している。見ているのは間違いなくその人のエネルギー。その人のエネルギーのコンフィギュレーション。この人のエネルギーはどのテーマにどういう注がれ方をしているのかというのを引き出すためのツールとしてタロットを使ってるのではないかと思っています。少なくとも彼のやり方を見て私はそう感じたし、もしそうでなくても私はそういう付き合い方をするつもり。彼もタロットはあくまでも方便だよ、その方が説得力あるから、と最初におっしゃっていました。

そう、私は基本エネルギーを見ています。万物に宿るエネルギーを見たりエネルギーの遠隔操作をすることを人は特殊能力や超能力みたいに扱ったり忌み嫌ったりしますが、本来は第六感、もっというと五感の一つに数えていいと思っています。靈氣やソースポイントセラピーやロルフィングやクラニオセイクラルやホメオパシーやSEを使い分けるようになってますます、これらに共通するところを逆に意識するようになりました。そうでしょ要するにここでしょ使うのは、という具合です。

エネルギーそのものを語るのは、私の場合は直傳靈氣の講習会でやらせていただいてます。靈氣は本当によくまとまってよくできた体系なので。そこでいつも繰り返しいうのが、エネルギーそのものにいい悪いはないということ。いい悪いは私たちの思考の投影。

タロットでも同様に、いいカードも悪いカードもないと思ってます。正位置と逆位置で意味が逆さになる、つまり正位置=いい、逆位置=悪い(悪いと言われているカードはこれが逆)でもないと思えます。配置に従って並べられたカードから立ち上がるのはあなたのエネルギー。それ自体にいい悪いはない。結果自体もいいものと悪いものに分かれない。単に今現在のテーマを提示してくれているだけ。今時点でのテーマを突きつけられた時に、あなたはとっさにどう反応をし、それとどう向き合い、そして最終的にどういう判断を下すか。ここでの経験はリーディングを受ける人とする人双方の人生が投影されているはずです。リーディングする人はだから、この自覚を持つのが大事かなと感じています。あなたは今この瞬間何を引き出されたがっているか。あなたはそれをどう受け止めたいのか。それを見守る私とどういう経験をしたいのか。

講座受講前から色々言い過ぎてしまったかも。別に大塚さんに何を聞いたわけでもないので完全に私の想像の世界。でも少なくともこれが私がセッションで人と向き合う時の姿勢。そしてタロットをセッションに取り入れる際の姿勢。タロットは多分また別のショートカットになりそうで楽しみにしています。



2017. 09. 21  
新月。SEトレーニングは辛かったけれど、今この時この密度で受けてよかった、これと真っ向から向かい合える準備ができていたからできたと感じています。今年は自分の身に起こったことがあまりにも信じられないことばかりだったので一体全体何が起こってるんだろうと面食らっていたところ、ライオンズゲイトなるものの存在を知り、日記を読み返したらこの期間が自分に起こった特別な体験と完全に合致していたので愕然としました。あれには確実に特別な力が働いていました。これ、本当かもしれない・・・。

パンドラの箱が誰かの手によって開けられたのか自分で開けたのかわからないけれど、私はSEを通してこのパンドラの箱を開けました。私のトラウマの成り立ちは私に遺伝子を渡した祖先とそれぞれが生きた時代を反映している。
これは誰の言葉?
これは誰の経験?
時代が交差し、性別が入れ替わり、いろいろな私が声を上げ始める。

前から思っていましたが、SEとファミリーコンステレーションは似ている点が多い。つまり、SEを通して経験していただくことは、深層意識のいろんな私に登場してもらって一人ファミリーコンステレーションをしていただくような展開になることが多々あります。特に、ご本人に見覚えがない、理屈が通らない行動パターン、思いグセ、執着の傾向、性癖、こういう深層意識に埋め込まれたものを解体、解読する作業において。これは多分私がボディワーカーとしてボディリーディングを訓練しホメオパシーで深層心理にアクセスする訓練をしてきたことがセッションに影響しているからかもしれません。

例えば私は優しくて穏やかな母に愛情を注がれて育てられ、母が怒ったりヒステリックになったり夫に口答えしたりそもそも感情的な言動を取るのを見たことがないという家庭環境で育ちました。亡くなった祖母も物静かでいつもニコニコと優しく包み込むような雰囲気を身にまとっていたのをよく覚えていて、母から見ても祖母はやっぱりそのような人でした。この血を受け継いだはずの私が何故こうなるんだと以前から不審に思っていたのですが、パンドラの箱を開けて、たくさんの祖先(守護霊、かつての私)と対面し、私の人生のテーマを知りました。私は表層では母や祖母と似た行動パターンを取るけれど、私を突き動かす深層にはまるでこれと違うエネルギーが流れている。これは不都合だと普段は蓋をしてきました。でも本当はそれこそをこじ開けてほしい、それを望んでいるのは他でもない彼らだという発見。私は以前から常に誰かから見守られ動かされている気がすごくしてきたのですが、今回は届いた声を全く疑いませんでした。薄々分かっていたけれど、実際言葉として言ってもらいたかった。それを聞きたかった。

4年かけて、私の行動パターンの原型、思考パターンの原型、必ずつまずきこだわりとなる部分(=人生のテーマ)を一つ一つ取り出して整理して、なるほどこういう仕組みだったのかとわかりました。ちなみに占いで生年月日や名前を元に運命や宿命を当てますが、あの仕組みも同じだろうと思います。アクセスする場所が多分同じ。タロットの展開で見るエネルギーも多分同じ。エネルギーはいつも完全無欠なコンフュギレーション。

プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR