< >
2019. 03. 03  



Rolfing-Little-Boy-and-Logo-and-slogan-small-EN.jpg




Welcome to my blog!

Click here to go to my website.



ようこそRolfingFrankfurtへ

ロルフィングとは何か、この特徴、効果、ほかの様式との違いを、できるだけわかりやすくかつ詳しくお伝えしていきます。






ロルフィングとは

ロルフィングとは、約50年前にアメリカ人生化学者Ida Rolfによって編み出されたボディワークです。ボディワークというのは、心身の包括的改善をめざす様々なセラピーのなかでも、特に身体への働きかけを重視したものです。一般の整体、マッサージとの違いは、受け手の「意識」・「気づき」を重視している点で、その意味で、受け手参加型の整体とも言えます。

ロルフィングはアレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスと並び、世界の3大ボディワークの1つです。その中でもロルフィングは、この効果と持続性において、世界中からほかの追従を許さない高い評価を得ています。他の様式で見落とされてきた筋膜重力に重点を置いていること、ロルフィングタッチと呼ばれる独特のタッチを特に重要視していて、他方面に渡る知識の他に実技を加え、すべての習得に最低700時間という突出したトレーニング期間を要する事なども、この評価を裏付けています。

ロルフィングは解剖生理学を基礎にしていますが、身体は心の器(心身一如)ですので、施術側には認知行動学、現象学、心理学や精神医学などの分野に対する理解も求められます。近年の傾向としては、サトルボディと呼ばれる皮膚の外側のエネルギーの領域も含めたワークをする施術者が増えている事で、私もその一人です。

このロルフィングは基本的に10シリーズで完結します。1セッションは60分-75分、セッションとセッションの間には平均2週間をおいて、自分の体が新たなポジションに適合するのを待ちます。

一回ごとのセッションには明確なテーマがあって、大きな流れでいうと、呼吸を深め、体の表層を解放したあとは、コアの部分(骨盤ー脊椎ー頭蓋骨のライン)を解放します。次に体の可動性を高め、最後に統合します。7セッション目までは個々の楽器の不具合を取り除いて磨き、8−10の統合セッションで、磨いた楽器による新たなシンフォニーを奏でるよう調整して行くようなもの、と捉えてください。

10シリーズを受け終わったら、これからの生涯をかけて、自分の体の最大限の可能性をめざして生きていくことになります。その後の維持にあたっては、トレーニングメニューや「してはいけない」リストを与えられる事はありませんが、自分の最も楽で最もなじむ姿勢と動き方になじんでいくための、日常の気づきを研ぎすます姿勢が大事になってきます。この気づきの感覚は10シリーズ中でも養っていきますが、10シリーズに続いてロルフムーブメントを数セッション受けていただくか、定期的なフォローアップセッションを受けていただく事をお勧めします。
ida rolf
Ida P Rolf







スポンサーサイト
2017. 08. 20  
10月20日から22日の週末にかけて、直傳靈氣講習会を行います。

日時:

前期10月20日(金)14:30〜18:30
   10月21日(土)9:30〜12:30
            14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

今回は英語での講習会を予定していますが、参加者のいかんによってはバイイリンガルにしますので、ご希望があればご相談ください。

直傳靈氣の講習会開催は、基本リクエストベースで、わたしとしては人と繋がる時の最強のツールとして使って来ました。長い時間集中して一緒に居られるし、とても個人的なメッセージを届けられるので。でも今回の目的は個人へのメッセージというより、別の目的が強いように感じています。今は靈授というものの本来の仕事を今一度しっかり見直すときと感じています。今回開催のリクエストがあってから、自分の身に本当に色々なことが起こりました。

靈授はエネルギーのクレンジングです。瞑想、パワースポット、グル、宗教、パワーストーン、啓蒙CDや書籍・・・様々な媒体を通して私たちが目指しているものは、ここです。心の雑音が消えたとき、魂は本来向かいたかった方向に向かい始める。なぜなら私たちは本来エネルギー体だから。そこにはもう迷いはなく、必死な努力もなく、ごく自然に、静かに、平和が訪れる。エネルギーがしっかり通るようになった体には、軸が現れます。エネルギーが通った体を実感していただく場を提供できればと思います。

どうしておんなじ思考をいつまでもぐるぐるしているんだろう
どうやったらこのループから逃れられるんだろう
どうして思う通りにいかないんだろう
どうしてこう生きづらいんだろう
わたしがわたしであることが辛い、わたしを殺したい
どうしてこうすぐ傷ついてしまうのか
この執着をどうやったら断てるんだろう
どうすべきか自分で決められない
この暗闇はわたしには苦しすぎる
自分の問題は分かっている、でも変えられない
依存はいけないと分かっている、でも救ってほしい


絶え間ない葛藤から逃れるため、心の平穏をもとめて私たちは人生を彷徨います。これはそのまま、臼井先生の人生でもありました。臼井先生の旅が、この靈氣というエネルギーとの出会いに昇華しました。古代の叡智、それを受け継いだものたちが、時代時代でアンテナの精度のいい人たちを見つけ継承して来たこの叡智。今回の講習会では、エネルギーのクレンジングそのものを実感していただける場になるといいと思っています。
2017. 08. 20  
お知らせです。

以前からいつかやろう、やらねばと思っていた企画、ホメオパシーについて語る会について。
今回は2人の講師を招いて、お話ししていただきます。

講師

Peggy Bide
Abby Ward Takarabe

内容:

ホメオパシーとは
ホメオパシーとの付き合い方(家庭の救急箱としてのホメオパシー)
質疑応答



Peggy Bideはわたしと同じミーシャの学校を卒業し、スワジランドでホメオパスとして活躍中。わたしの無二の親友です。彼女にどれだけ励まされ、支えられ、助けられて来たか。

彼女とは5年来の付き合いで、SOH (=School of Homeopathy, 現在はSchool of Health)のサマースクールで知り合いました。彼女はカナダ出身ですがコロンビア大学で国際関係専攻で修士号を取り(そこでStudent of the yearを受賞し、助手としても活躍した秀才)その後ユニセフを中心とした活動を続けています。現在はキリマンジャロの麓の聖地スワジランドで、ホメオパシーを中心とした自然療法を提供しています。アフリカの乳がんサポートの会の発起人として、世界をリードするホメオパスジェレミーシーアのアシスタントとしても、広くご活躍中です。

私生活では3人の優秀なお子さんに恵まれ、世界で活躍するご主人を支える妻として、お子さんたちの成長を見守る母として、長年妻業と母業に専念してらっしゃいました。

これがペギー。今年の5月の写真です。
IMG_5365.jpg
夜中まで話し込んで睡眠不足+例によってすっぴんの私たちですが、彼女の女神のような美しさが伝わるはず。

もう一人がヴィソルカスの学校を卒業したホメオパスとして、ヨガの上級インストラクターとして、自然に恵まれたオーストラリアでプラクシスを営むアビー。

二人とも知識量が半端ない、生き字引のようなホメオパスです。ホメオパスというのはこういうもの、というのを彼女たちを通して知っていただければと思います。

世界をリードするホメオパスであるミーシャノーランド(SOHの創始者)とヴィソルカスにそれぞれ師事した2人は、王道のクラシカルホメオパシーの処方をします。ホメオパシーとの付き合い方を、ファーストエイド(家庭の薬箱)としての付き合い方をご紹介することで知っていただこうと思います。ホメオパシーは全く知らないという方、数々の報道により誤解をお持ちの方、実際に利用し質問をお持ちの方、ドイツで広く使われているレメディに接するうち、もっとホメオパシーを深く知ってみたいと思うに至った方、その他諸々の疑問解決の場にしていただきたいと思います。

わたしは今回は彼女たちがはるばるここに来てくださる感謝を込めてプレゼントするつもりで、通訳と裏方に徹します。彼女たちの語ることをわたしだけのものにしたらバチが当たる。みなさんにも知っていただく機会を作るのがわたしのお役目だと感じています。




日時:
10月18日(水)14時から17時
10月22日(日)18時から21時(追加が必要であれば)

場所:

Bleibiskophstrasse 61 61440 Oberursel

参加費:

50ユーロ

わたしがお茶、スナック、休憩の場の用意をします。

この機会は一度きりかもしれないので、ぜひご利用ください。世界水準の現場のホメオパシー治療がどういうものかを正確に知っていただくいい機会になると思います。ご質問、お問い合わせ、お申し込み、お待ちします!


2017. 08. 20  
この5週間はほとんど仕事をせず、ほぼ外界とのコンタクトも遮断し、自分のエネルギーの禊の作業に費やしました。ロルフィングのトレーニングがメインだったのですが、ロルフィングはエネルギーワークだったのだ、というより、ロルフィングはわたしがエネルギー体だということを思い出させられる場だということを改めて再確認しました。

集まった生徒や先生は、日常生活で一般の人が見ない部分を見ている。ロルフィングのボディリーディングがその能力を養うものだから当然なのですが、その人の持つ可能性、問題点、こういったものについての鑑識眼を養い続けた人たちの美意識の前に自分が立つとこういうものが浮かび上がるのか、としみじみ感じるところがありました。自分が思っていた自分の長所、自分の短所は、こういう人たちの前では全く形を変える。人が評価するわたしと、わたしが評価するわたしはこんなに違う。この人たちはわたしの本質を見ている。

死の病にかかった時に、最後の貯金で整形を選んだ女性のニュースを思い出していました。彼女の想いはよくわかる。わたしだってこれさえなければ幸せなのに、これさえあれば幸せなのに、といつも思う。彼女の意志を尊重したい。でも最後まで自分自身であることを拒み続け、わたしというものに向かい合うことを避け、わたし以外のわたしになることを追求する人生はやっぱり苦しい道のりだろうと思います。

ここしばらく全身機能していなくて、化粧ポーチを忘れてトレーニングに行ってしまい、この歳になってすっぴんで炎天下を動き回り、仲間たちにすっぴん&下着姿でジロジロ眺められるという体験をし続けました。精神的に超落ちている時に。もうどこにももう逃げられない、隠せない、一人になれる場所が全然無い、という状況で、それを鋭い人たちの前に晒す気まずさ。実はドイツに来てからすっぴんで平気で人前に出ることに慣れてしまっていて、化粧ポーチを忘れたのに気づいたのが行って1週間経ってからという呑気さだったので、すっぴん自体はそれほどの問題ではないのですが、化粧だけでなく別のコンシーラーも使えない、というのはきつかったです。エネルギーを見られてしまっているので、何も隠せない感が半端ない。もちろんクラス全員ではなく、こういうことがわかってしまう何人かの間でのやりとりですが、これが影響しました・・・ここから随分学びました。

こういう人たちに囲まれ、助けてもらって、エネルギーの一掃をして来ました。そして、今まで自分が何をしているかよくわかっていなかった部分が、それをはっきり自覚している人たちからはっきりと言葉と行為で伝えれられ、遅ればせながらわかりました。自分の体に起こったこと。このはっきりした体感。そして、それについて何人もの人から同じ単語で説明を受けたこと。まるで一人の人が繰り返し繰り返しわたしに語り続けていたようでした。どんな分からず屋でもこればかりは認めざるを得ないしつこさで。そしてその一人というのも誰かやっとわかりました。寂しくなるくらい単純。元から知っていた。まだ抵抗するの。yes,but..からの卒業。

アドバンスロルファーとしてのわたしのこれからは、この自覚が出発点になると思います。エネルギー体としてのわたしが、エネルギー体としてのあなたと向き合います。あなたは誰?という問いを持ってあなたの前に立ちます。あなたと繋がり、あなたそのものを引き出す。そこにあるのは完全無欠なあなたです。



2017. 08. 20  
冬の東京セッションの受付を開始いたします。

ロルフィングセッション

内容
ベーシック10シリーズ
シリーズの続き
10シリーズのやり直し
アドバンスシリーズ

ロルフィングは基本がベーシック10シリーズで、これはあくまでも全ての基本です。この10シリーズはマジックのような安定性があります。

アドバンスシリーズは10シリーズの枠を超えた、カスタマイズしたセッションです。だいたい5回が目安ですが、単独でも承ります。基本的には10シリーズを終えた方を対象にしています。

体験の方には、カスタマイズしたセッションを提供します。


期間
12月27日(水)から1月3日(水)

時間枠

9:30
10:45
14:00
15:15
16:30
17:45
19:00
20:15

アドバンスロルファーになって最も大きく変わったのがセッションにかかる時間。基本全ては60分内で終えますが、お話やお着替えの時間を入れ、世界水準に則った75分の枠で回します。

セッション費用

15000円(感謝の気持ちを込め、据え置きです)


日本もなんと雨ばかりとか。寒い夏に大いに盛り下がりますが、落ちるのは気温だけにお任せしましょう〜
お申し込みのご連絡お待ちします。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR