< >
2019. 03. 03  



Rolfing-Little-Boy-and-Logo-and-slogan-small-EN.jpg




Welcome to my blog!

Click here to go to my website.



ようこそRolfingFrankfurtへ

ロルフィングとは何か、この特徴、効果、ほかの様式との違いを、できるだけわかりやすくかつ詳しくお伝えしていきます。






ロルフィングとは

ロルフィングとは、約50年前にアメリカ人生化学者Ida Rolfによって編み出されたボディワークです。ボディワークというのは、心身の包括的改善をめざす様々なセラピーのなかでも、特に身体への働きかけを重視したものです。一般の整体、マッサージとの違いは、受け手の「意識」・「気づき」を重視している点で、その意味で、受け手参加型の整体とも言えます。

ロルフィングはアレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスと並び、世界の3大ボディワークの1つです。その中でもロルフィングは、この効果と持続性において、世界中からほかの追従を許さない高い評価を得ています。他の様式で見落とされてきた筋膜重力に重点を置いていること、ロルフィングタッチと呼ばれる独特のタッチを特に重要視していて、他方面に渡る知識の他に実技を加え、すべての習得に最低700時間という突出したトレーニング期間を要する事なども、この評価を裏付けています。

ロルフィングは解剖生理学を基礎にしていますが、身体は心の器(心身一如)ですので、施術側には認知行動学、現象学、心理学や精神医学などの分野に対する理解も求められます。近年の傾向としては、サトルボディと呼ばれる皮膚の外側のエネルギーの領域も含めたワークをする施術者が増えている事で、私もその一人です。

このロルフィングは基本的に10シリーズで完結します。1セッションは60分-75分、セッションとセッションの間には平均2週間をおいて、自分の体が新たなポジションに適合するのを待ちます。

一回ごとのセッションには明確なテーマがあって、大きな流れでいうと、呼吸を深め、体の表層を解放したあとは、コアの部分(骨盤ー脊椎ー頭蓋骨のライン)を解放します。次に体の可動性を高め、最後に統合します。7セッション目までは個々の楽器の不具合を取り除いて磨き、8−10の統合セッションで、磨いた楽器による新たなシンフォニーを奏でるよう調整して行くようなもの、と捉えてください。

10シリーズを受け終わったら、これからの生涯をかけて、自分の体の最大限の可能性をめざして生きていくことになります。その後の維持にあたっては、トレーニングメニューや「してはいけない」リストを与えられる事はありませんが、自分の最も楽で最もなじむ姿勢と動き方になじんでいくための、日常の気づきを研ぎすます姿勢が大事になってきます。この気づきの感覚は10シリーズ中でも養っていきますが、10シリーズに続いてロルフムーブメントを数セッション受けていただくか、定期的なフォローアップセッションを受けていただく事をお勧めします。
ida rolf
Ida P Rolf







スポンサーサイト
2018. 06. 08  
お久しぶりです。今年の夏の東京行きは7月から8月にかけての長めの滞在になるはずなのですが、その前に片付けなければならないことがなかなか終わらず、日にちが特定できず全くご案内できずにおります・・・・。スカイスクレイパーのように積み上がるこの諸々を今月末までに全部終わらせようという無謀に挑む毎日。その頃には航空券代もスカイスクレイパー。どうしてここまでギリギリになるまで放置するのか。バンジージャンプに取り憑かれるスリルと似ているかもしれない。軽い仮死状態に恍惚を求めるとか・・。

今年は直傳靈氣講習会、交流会、レインドロップテクニックの講習会、ロルフィングセッション諸々、全部やるつもりでいます。いずれ落ち着いたらきちんとご案内します。


今日はちょっと息抜き。息抜きにマザコン再考(笑)

マザコンというと大体ママをいつまでたっても全ての女性関係に投影させるボクみたいなイメージを持つのが日本人だと思うのですが、このテーマを海外でやるとかなり違った前提で語られることを知りました。

マザコンは、

男性にとっては帰る巣を希求しながらも
そこに縛られることを根元から恐れるという
帰巣<ー>自由
で揺れ動く根元的葛藤

女性にとっては(愛を注いだ人から)捨てられる恐怖。
子どもが巣立った後に陥る「空の巣症候群」がいい例。


面白いでしょう〜〜。
文化の違い。
男性のママ崇拝に関しては日本とイタリア、ロシアは共通点多いです。
アメリカ、イギリス、ドイツは違う。
ケースをとっていていつもこの文化の違いに衝撃受けてます。


本当はここからわーっと書けてしまうのですが、今書き出したら生命の危機に繋がるのでシャバの風を吸う7月以降に続き書きますね。前振りだけで本文なしか。詐欺みたいですが続きをお楽しみに。

ちなみにエディプスコンプレックスも違うのです。

私は生きています、ということと、今年も日本に行きます、ということだけお伝えさせてください〜〜〜〜





2018. 03. 22  
別れの季節ですね。

東京では昨日雪が降ったと聞きました。ここドイツも今外は大雪です。昨今の異常気象は本当に異常で、先日はドイツ観測史上最低気温の3月を記録しました。今週末から夏時間になろうとしているのに、外は冬以上に寒い。

日本で起こっていること、日本人の集合意識は、面白いことに日本から離れている日本人にも伝わってきます。テレビもニュースも一切見なくても。もっとも別に日本に限らず、昨今の世界が異常だということは誰でもわかる。


別れというのを今一度見つめてみませんか。


予期せぬ別れは、あなたに究極の選択を与えてくれています。
愛する人との別れは、魂を最も抉られる出来事。
同時に何よりも魂の大きな飛躍の機会。
あなたが今これに直面しているなら
今何を選ぶか、これが今まさに問われ
あなたの自由意志が試されているということ。

あなたはその愛する人に何を感謝したい?
その人があなたにもたらしてくれた何を今後に持っていきたい?
そしてその人に今何を渡したい?
これが、あなた自身が人生を終えるその時だと思って
後悔を持ち越さないよう、思うままのことをしてください。

あなたが捨てたいものは何?
捨てようと努力すればするほど、執着を育てていないか?
拭っても拭っても拭いきれないそれは何?


選ばれなかったことは、あなたの全存在を否定されること?

あなたから去った人は、あなたの全存在が無価値だと伝えている?



書かれたものを眺めると、そんなものは妄想だと思える。
他人が言えばそんなことないよ、飛躍だよと笑い飛ばせる。
でも自分の中にはこれが紛れもない実感、
事実としてべったりとはりついていないか?
自己が自己を見るという作業は、究極の矛盾なのです。
覚醒に至る作業は、だからとてつもなく難しい。


別れかたには智慧が試されるのです。


この世は☯️で成り立っています。
このシンボルは地球のエネルギーの流れを示しています。

両極のエネルギーが、中心=自己=我=意識=肉体
に向かって引き寄せられ、渾然一体となり回転する姿。

引き寄せるのは引力=執着=こだわり。

つまりこの地球を成り立たせているもの、
私たちを成り立たせているものは
執着とエゴ。
エゴが執着を手放す時、深い愛着に別れを告げる時、
膨大な光に出会います。
その光が、求め求めて得られなかった、無条件の愛。

エゴを解放する時、執着を手放す時、
この世は幻だったと知ります。


私が今あなたにみているもの、
目の前にもたらされる出来事
私が今感じている感情
これは私が作り上げた幻
私が過去に蒔いた種を摘み取っている。

それをした時の私の魂を
私は目の前のあなたにみている。

私を苦しめているのは
目の前に繰り広げられている
この出来事そのものじゃない
この出来事に反応する私の方。
私を最も苦しめているのは
私の怒り、私の嫉妬、私の悲しみ
これが私を絶望の淵に引き摺り下ろす。

できることはなんでもやったと思う。
こんな感情に縛られていたくないから。
でも離れたい、捨てたいと
もがけばもがくほどべったりとこのエネルギーに絡みとられる。


エネルギーそのものにいい悪いはないのです。
感情にいい悪いをつけたのは私たちのエゴ。
この思考が、怒りや嫉妬や悲しみを悪いものと判断し
排除すべきものと烙印を押した。
でもこれは、地球を動かす構成要素の一部、エネルギーの一部。

自分が何にこだわり、何から逃れたくてもがいていたかを知るのは
私がこの人生で何をテーマにしていたかを知る瞬間。
それが夢から覚める瞬間。
私の作り上げていた幻を見る瞬間。



今週末は、囚われていた女性スピリットを解放する大事な儀式を行います。
日本には今年の夏行けるはずですが日程がまだ決まりません。
執着からの解放のお手伝いは、今はホメオパシーでお手伝いしています。

皆様を応援しています。






2017. 12. 21  
今年はまさか・・・という展開が多くて、5日後は日本という段になって今もバタバタとその続きをやっています。今年は例年にも増して周りの方も似たご様子。

きちんとした儀式が必要。
冬至は明日。

2017年に置いていくもの
2018年に持っていくもの

しっかり選べましたでしょうか。

さて、本当に本当に直前のご連絡、
しかも大それた日時なのですが、
12月31日大晦日💧
直傳靈氣の靈授とホメオパシートークを行います。

日時:
16:30-17:30 直傳靈氣交流会(ホメオパシーレメディつき)
17:30-19:30 ホメオパシー講習会

参加費:
10,000円(片方だけの方は5000円)

通常の風邪の手当てにも使えるレメディキットをその場で別売します。
キット内容:
・ホメオパシーレメディ
・ホメオパシーマザマザーチンクチャー
・Spagyricレメディ(免疫力アップによる予防)

厳選した、強くマニアックなレメディたち
通常の風邪の手当てにも使えます。
価格:15,000円

本当に最後の最後に、皆様の今年の断捨離のお手伝いをできて嬉しい。

今は本当に捨てるとき。
断捨離の作業は
自分のこだわり、執着と向き合う作業。
捨てて初めて、新しいものが迎えられます。

靈授では外側からエネルギーの一掃をしますが、
今回はホメオパシーレメディによる
内側からのチャクラクレンジングを同時に行います。

私は今年はエネルギーのクレンジングをずっとしてきました。
Adventszeitと同時にこの儀式を始め
明日が最後の儀式になります。
エネルギーのつまりが取れ
どんどん流れるようになって
ふと心の視界が澄み渡り
畏怖を感じる経験をしました。

一部をみなさんと共有できるかもしれないという
期待を込めて。


今年クライアントさんから頂いたプレゼント。
これ君だよ、と。
くしゃくしゃの包みの中から現れたのが
IMG_0300.jpg
IMG_0302.jpg
チロル地方の伝統的工芸を引き継ぐ若者が木彫りしたという
手作りクリスマスオーナメント。
今ひとつピントが合ってないのですが
どこから見ても完璧に細かいところまで手を抜かず彫ってあって
びっくりしました。
これを持っていつもの祈りの儀式をした時の
奇跡にびっくり。
日本にも連れて行きます。
私の人生に来てくれたお守り。

もう一つが
IMG_0311.jpg
日本で生まれ育った私には想像を絶したトラウマを経験された方を
最も救ってくれたという本。
ここを共有してくださったこと
私に任せてくださったこと
本当にありがたく思っています。

この2つのプレゼントをいただいた後
泣いてしまった。
私が今年やって来たこと、
わかってくださる方がいらしたんだな、と。
生きててよかった。
関係て、この瞬間の奇跡があれば十分かもしれない。

さて間もなくお会いする皆様

いつもよりちょっと静かな私をお楽しみに。笑

お会いできない方

どうぞ素敵なクリスマスとよいお年をお迎えくださいませ。

来年が皆様にとりまして新しい人生の幕開けとなりますように。



2017. 12. 14  
オークはエメラルドと相補的で、ニューエイジレメディの最重要レメディと言われています。


以前spagyricのところで紹介しましたが、非常にどっしりした、男性的なレメディ。男性のような働き方をしている女性。

quercus robur
オークの人は目立つので、本人が自覚するというより周りが気づいて勧める場合が多いはずです。リーダーとして社会的に活躍する人が多く、義侠心もあるので頼り甲斐のある人と周りに慕われます。猛烈な仕事人間で、どんな困難にも屈しず決めた道を突き進みます。この辺りはNux-vと似ているのですがオークにはNux-vの過敏さはなく、天然です。

オークの人は寛大で気品があって、真性利他主義者です。他人のために頼まれもしないところまで身を粉にして手伝いますが、見返りを求めません。それはひとえに自尊心と自己の尊厳の追求のためで、人生はひとえに自分の理想境に向かい鍛錬することだからです。だからこそ自分の弱みを人に握られることを極端に嫌がります。自分が大黒柱、自分がリーダーなので、自分が屈して追従する立場に置かれることには耐えられないのです。だから常に目標に向かって休みなく働き続け、重病にかかっていてもおくびにも出さず、倒れるまで働き続けます。

忍耐強さが持ち前ですが、実はあっさりと諦めてしまう一面があります。常に重圧にさらされているので、ふと緊張の糸が外れるとぱたっと戦線離脱するのです。

レメディが必要となるのはまさにこの時。絶え間ない重圧の下に晒され続けた結果、疲れ切り、メンタルブレイクダウンを起こした時。人の持ち込んだいざこざに心を砕いて動き回り、責任をとって謝り、耐え続けた結果、慈悲の心を失い、物事に集中できなくなり、夢を捨てた時。

上記の説明でレメディ像は十分だと思いますのでつぶやきはカット。


いつものようにこちらから転載させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Oak. 樫の木

<主な要素>
霊的気付きの鍵
グラウンディング
力、忍耐力を与える
ショックとトラウマ、特に脊柱への
悲しみ
男性的エネルギー

<奥義>
Oak.はニューエイジの基本的レメディである
恐らくもっとも重要
その作用は深く永続的
魂を浄化する
霊的な気付きの鍵となる
地に足をつける:深く根をはる
オーラを閉じる
心の灯火を点け、謙虚さを生み出す
あなたを過去、現在、未来につなげる
大地に深く根を下ろす一方、最も高い志へと導く助けとなる

<チャクラ>
このレメディのエネルギーはベースチャクラから、魂の目覚めへと通じる頭頂チャクラに到達する。癒しへの準備が整っているチャクラを全て癒す。全てのチャクラを整える。
頭頂チャクラを開く。

浄化:浄化において、これに勝るものは無い。血液、リンパ、内分泌系、腎臓、肝臓、脾臓を浄化する。

忍耐力:Oak.の人は多大な重圧を引き受け、非常に我慢強く怒りを用意に表さない傾向がある。常に我慢しているようだ。忍耐と諦めが一緒になった状態ともいえる。
長く続くうんざりするような忍耐の末に、もうこれ以上耐えられなくなる:このレメディが最も力を発揮する時はこの時である。
簡単に諦めてしまう人にも良い。
なかなか学習できず何度も同じことを繰り返す人にも必用。
すでに人生の重荷に押しつぶされているにもかかわらず、さらに闘う傾向のある人。Oak.には前進することへの妨げとなっている習慣的なパターンを打ち破り変化を起こす力がある。
希望が無いと思えるような時にでも展望を与えるのがOak.である。
増大し続けるストレスに直面している人に力を与える。
他人の重荷を受け取る許容力を養い、それから護る力となる。
必用な時に勇気を与える。

絶望:肝臓と脾臓に溜った絶望を解放する。多くの恐怖、絶望、悲しみ。
Ign.ではない急性の悲しみ;筋肉の緊張、怒りっぽさ、些細なことを心配する、1つのことに囚われることなどが特徴。
喪失や悲嘆に似た問題を抱え、そこから学ぶ必用がある人。
激しい緊張に晒された後諦めかけている人:経験から学ぶことに関して問題がある人。
信仰や信頼をもたらす。

怒り:怒りと抑鬱による積もり積もった憤怒で無慈悲になる。イライラと怒りっぽい。筋肉の緊張による頭痛や、太陽神経叢の緊張感。

男性的 - 女性的エネルギー:男性的・女性的エネルギー、男性的・女性的資質のバランスを取る。
自分と周りの人を仕事に熱中させ衰弱させてしまう(Nux-v.に似ているが過敏さはない)。
無責任な陽のエネルギーが過剰で、次から次へと相手を変え、騒音、乱交で消耗しきっている若者。
夫の要求、家事、子ども、仕事をこなすために自分の女性らしさを抑圧している母親(Sep.に似ているが、想像力を失ってしまったという感覚がある)。
Sep.、Lil-t.、Plat.では一時的な反応しかえられない、攻撃的女性(男性的エネルギーが過剰)。
偽りの行動パターンを打破する:女性に対して「ズボンを履きなさい」と強制するような状況。
戦争や紛争のただ中に暮らした経験から、平安を得られない。

トラウマ:Arn.、Bell.ではうまく行かないショック。
急性の悲嘆。
生命反応が乏しい時。
生存のニュースを待つ家族(災害や末期患者)が緊張で苦しんでいる時に良い。
薬剤によるものではない昏睡状態に陥っている患者に:どちらに行くかはっきりする。
バーストラウマ:母子ともに。特に鉗子分娩、骨盤位、帝王切開で自身の誕生プロセスをやり遂げることの叶わなかった赤ちゃんに。
誕生時のトラブルや、トラウマチックな出来事がパターンとして繰り返される時に。

実現されていない可能性:何の得にもならないからとすぐに諦めてしまう人。
アイデアや想像はいくらでもあるのに行動を先送りにする人。
可能性を試すこと無く手堅い仕事だけをやり、自分のために何かをやろうとしない人。実りが無いことに気付かずいつまでも実りの無い仕事を続け、怒りと不満ばかりが募る。
自身の本当の可能性を認めることのできないアーティスト。行き詰まっているということを言い分けにして諦めている。

抑圧:個性の表現を認めない生活様式(たとえば、英国の全寮制の学校)。
何が阻害しているのか全くわからない人(Thuj.と一緒に使うと良い)。
親の期待を知らずに内面に取り込んでしまった子ども。自分自身の感覚よりも親の考えに適応することを優先させた。
学校で強制されることに対して抗おうとする聡明な子ども。
変化への激しい抵抗。
深く染み付いて、儀式的でさえある、全ての行動や日課。

<全般>
リンパ系の滞りや詰まりをとる。
統合失調症 - Thuj.、Syph.と共に;Psor.とTub.も。

<身体>
頭:まだ充分に働いていない脳の部分に作用する。
水頭症の子ども:ワクチンによっておおくは引き起こされる状態。
知的発達の遅れがある子ども。
働き過ぎによる、首と後頭部の緊張
眼:脾臓と心臓の早い鼓動を伴う右目の目頭がえぐりとられるような痛み。
ストレスや疲労による飛蚊症、かすみ目。
耳:片耳のみの耳鳴り。
首、背中:動悸をともなって頸動脈が脈打つ。
チクチクする熱感と、頚部の斑点。
首と肩の張り。
Nat-s.、Bell-p.、Thuj.、Carb-an.、Sil.などの
より示唆するレメディの作用が既に終わっている脊柱の怪我では、
Oak.がこれらのレメディの作用を補強し、
後の事故に対して脊柱を強化する。
肺:病気では無いが、深く呼吸しようと思ってもできない。
心臓:特に脾臓の痛みを伴う頻脈。
胸に心配を感じる。動悸。
胃:太陽神経叢の緊張感。臍の辺りに結び目があるような感覚。
裂孔ヘルニア、Nux-v.に似る。
麦と乳製品のアレルギー。
悪化 - 脂っこい食べ物。
腹部:肝臓を強化し、食品中の化学物質を処理する。
ストレスによる便秘と鼓腸。
示唆するレメディに反応がないヘルニア。
胆石、胆疝痛。
痔、出ているものも、内在するものも。
亀裂が生じているが出血は少ない。
肛門周辺の皮膚が硬化している。
泌尿器:水の要素とは強い親和性を持つ。
腎機能を正常に保つため水を流し貯留する。
特に結石を持つ腎臓に。
他のレメディで体内の水分調整がうまく行かない時に。
男性:生殖器に深く作用する(女性にも)。
創造性を追求するために攻撃的になりすぎる男性のインポテンツ。
生殖器の嚢胞、増殖物。
女性:堕胎や流産に納得が行かず、悲嘆と罪悪感に苛まれている女性。
骨盤内の充血を緩和し、子宮筋腫をほぐして癒す。
突然の大量出血と凝血、激しい痙攣痛。
遅れたり飛んだり少ない月経を正常に戻す。
黄色い帯下。



出典:【Meditative Provings - volume 1】by Madeline Evans
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコース修了

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2018年夏 東京セッション









参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner
Somatic Experiencing® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR