< >
2019. 03. 03  



Rolfing-Little-Boy-and-Logo-and-slogan-small-EN.jpg




Welcome to my blog!

Click here to go to my website.



ようこそRolfingFrankfurtへ

ロルフィングとは何か、この特徴、効果、ほかの様式との違いを、できるだけわかりやすくかつ詳しくお伝えしていきます。






ロルフィングとは

ロルフィングとは、約50年前にアメリカ人生化学者Ida Rolfによって編み出されたボディワークです。ボディワークというのは、心身の包括的改善をめざす様々なセラピーのなかでも、特に身体への働きかけを重視したものです。一般の整体、マッサージとの違いは、受け手の「意識」・「気づき」を重視している点で、その意味で、受け手参加型の整体とも言えます。

ロルフィングはアレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスと並び、世界の3大ボディワークの1つです。その中でもロルフィングは、この効果と持続性において、世界中からほかの追従を許さない高い評価を得ています。他の様式で見落とされてきた筋膜重力に重点を置いていること、ロルフィングタッチと呼ばれる独特のタッチを特に重要視していて、他方面に渡る知識の他に実技を加え、すべての習得に最低700時間という突出したトレーニング期間を要する事なども、この評価を裏付けています。

ロルフィングは解剖生理学を基礎にしていますが、身体は心の器(心身一如)ですので、施術側には認知行動学、現象学、心理学や精神医学などの分野に対する理解も求められます。近年の傾向としては、サトルボディと呼ばれる皮膚の外側のエネルギーの領域も含めたワークをする施術者が増えている事で、私もその一人です。

このロルフィングは基本的に10シリーズで完結します。1セッションは60分-75分、セッションとセッションの間には平均2週間をおいて、自分の体が新たなポジションに適合するのを待ちます。

一回ごとのセッションには明確なテーマがあって、大きな流れでいうと、呼吸を深め、体の表層を解放したあとは、コアの部分(骨盤ー脊椎ー頭蓋骨のライン)を解放します。次に体の可動性を高め、最後に統合します。7セッション目までは個々の楽器の不具合を取り除いて磨き、8−10の統合セッションで、磨いた楽器による新たなシンフォニーを奏でるよう調整して行くようなもの、と捉えてください。

10シリーズを受け終わったら、これからの生涯をかけて、自分の体の最大限の可能性をめざして生きていくことになります。その後の維持にあたっては、トレーニングメニューや「してはいけない」リストを与えられる事はありませんが、自分の最も楽で最もなじむ姿勢と動き方になじんでいくための、日常の気づきを研ぎすます姿勢が大事になってきます。この気づきの感覚は10シリーズ中でも養っていきますが、10シリーズに続いてロルフムーブメントを数セッション受けていただくか、定期的なフォローアップセッションを受けていただく事をお勧めします。
ida rolf
Ida P Rolf







スポンサーサイト
2017. 06. 18  
連日夜10時まで日が出ている夏時間を楽しみながら、7年待って1週間で燃え尽きるセミのような気分でいます。私たちの人生もこんなもんかなと。人生でスパークする瞬間て、長い長い待ち時間のあとのほんのひと時。その一瞬その瞬間に全身全霊を捧げるために、残りの暗闇で暖かい夢を見ている。その一瞬のその場その時に生ききるために。千年待って一瞬。でもその一瞬が千年。

本当はその大きな波は自分で決めたのだけど、あまりに壮大な時間の流れなのでいつの間にか細部にとらわれ、自分で作ったシナリオを忘れてしまっていた、というのがこの世を生きるわたしたちなのかも。

先日久しぶりにダンスを観に行ってきました。WiesbadenのStaatstheaterで行なわれているRough Lines.イスラエルの振付家Itamar Serussiが振り付けたもので、舞台を完全に変えた2本立ての構造。ストーリー性があって、わかりやすくて、なにより生演奏の音楽と美しいコスチュームがよかった。人間て美しくてセクシー。こういう表現をできる人たちってもうその存在そのものに拍手。ありがたい。

このショーはイスラエル出身という彼のバックグラウンドが作品に多大に貢献しているようで、一本目は呪術で生きていた古代の私たちの記憶を呼び起こすような地に響くリズムが始終鳴り響き、このバックグラウンドの生演奏にとにかく魅了されました。この音楽のCDほしい。とにかくあの着地した踊り、これ自分自身のために踊りたい。2本目はどこかエジプトを連想したのですが、対照的に振り付けはうんとエアリー、セクシー。ああ男性ってこんなにセクシーで、女性ってこんなにセクシーだったのねとうっとりしました。人間がいまの私たちの体型になったときの原型?そんな美しさ。原始時代、いまのロックやポップがない時代、人々はこういう呪術や踊りでエネルギーを鼓舞し生きる力に変えていたんだろうなと改めて感じました。時代は変わったようで私たちは変わってない。

Wiesbadenに向かう道はむせかえる緑が迫る夏の力強さを見せてくれて、長いショーが終わってもまだ陽が出ていた。劇場のキャンティーンで夜遅くまで話し込んで、くたくたになったはずなのにエネルギーをたくさん注いでいただけたような貴重な一日でした。

思えば今年になってますます、一対一という関係に没頭していて、気がつくと不特定多数に対して発信するエネルギーがもう残っていない・・。もうすこししたら、もうちょっとバランスのとれたアウトプットになるかなとも思いますが、いまはこの時間あなたととにかくガチで勝負みたいな感じの日々が続いているので、ワンワン鳴く夏のセミになるのはもうすこし先になると思います。今年の直傳靈氣も本当にガチの個人へのメッセージを届けに行くつもりだし。外への働きかけを一切サボっているのに、私を見つけてご連絡くださった方、いまでも忘れずご連絡くださる方、本当にありがとうございます。感謝しています。まもなくお会いするのを本当に楽しみにしています!
2017. 06. 02  
ケースをとっていて、ケースのコアが人間関係にあるとわかったとき、利用するのがこのダイナミズムを客観的に運命盤からみせてくれる宿曜占星術。第一人者のHPがここ。無料で相性診断できます。水晶玉子さんは有名だそうですね。この方は嬉しいこと、前向きなことを言ってくれるので女性に人気なのがわかる。

ホロスコープとか四柱推命とかヒューマンデザインとかいろいろありますが、人間関係に関して客観的なことが一目瞭然になっていて、関係を俯瞰するにはたぶん一番正確とおもえるのがこれ。なによりこの距離感を遠近中で表す客観性、エネルギーの方向がクリアにわかるのがいい。日本とインドは賢い。このあたりが理屈に走り複雑化する西洋と違って東洋て賢いと思うところ。

人生を振り返り、わたしの人生にすごく影響を与えたとおもえる人で生年月日を知っている人は思いの外少ないものですが、とても印象に残っている人を思い返して相性を診断してみると、この占星術の運命盤に描かれたエネルギーのダイナミズムが間違いなく働いていたとわかって愕然とします。とくに遠近中は、自分の実感を正確に表している。

ただ、占いとは付き合い方があるのです。たとえばこの宿曜占星術で、日本では危険だから絶対避けたほうがいいと言われる相性に安・壊の相性がありますが、本場中国だと解釈は真逆。チャレンジを求める人、自分の殻を破りたい人、魂の成長を求める人にとっては運命的な人。実際、過去世からの因縁のある関係です。出会った瞬間恋に落ちる関係は安・壊の場合が多く、特に安・壊(遠距離)はお互い普段人に見せないもっともデリケートなところで強く結び付くので、均衡が崩れた時の愛憎はすさまじい。安と壊の立場は瞬時で変わるのでお互い返り血を浴び合う関係。これを恐ろしいととるか刺激的ととるか、これを相性がいいととるか、悪いととるかはご本人次第です。(キムタクと工藤静香さんがこれ)

また日本では相性最高と言われる栄・親の関係ですが、中国では実際離婚率がもっとも高い。さすが漢方の国。陰陽の国。ちょっと毒がある関係の方を大事にする。実際わたしも人生で一度も栄・親の方と深くおつきあいしたことがない。きっと出会ったこともあるでしょうがお互い印象に残らずスルーだったのでしょう。人生にはひとそれぞれのテーマがあって、わたしの人生では残念ながらウィンウィン、なにもかもうまくいく、みたいな関係があまりテーマにならないみたいです。

いまの人間関係はいまのわたしにもっとも必要なもの、というのを知るために、このツールで楽しんでくださいね。自分を客観的にみる練習。悪い相性=悲劇ではありません。実際に関係してはじめてわかることがたくさんあるので。間違っても悪い相性だから避けるとか、相性がいいひとだけ選ぶ、みたいなことするのではなくて。いまわたしの周りで起こっていること、このすべての現象がすでに完璧な配置で、すでに奇跡的。

ぜひこのあたりの壮大なマトリクス楽しんでくださいね。
法華経とかホメオパシーとか宿曜占星術、じつは深くリンクしているのです。

世界は壮大なシネマです。
2017. 06. 02  
久しぶりに精油関係のこと。

今年の東京セッションですが、ひょんなことからレインドロップテクニックのセッションを追加することになりました。いままで用意があまりにも大変だったので東京では敬遠していたのですが。

ロルフィングと違って独立したセッションになります。わたしの場合は、精油が主役であることに変わりはありませんが、エネルギーワークとロルフィングのネックワーク(クラニオセイクラル)がセッション時間の半分ほどを占めます。

現在セッションにはヤングリビング社とOschadhi社の精油を使っていますが、レインドロップテクニックに関しては100パーセント、ヤングリビング社の精油を使います。(そうでないとレインドロップを名乗れない。)ValorのかわりにValor IIになってからどうも納得のいくことができなくてvalorをオークションで買ったり再開を待ったりしていたのですが、会社側がもう完全にValor IIに移行しそうとわかってあきらめ、それで調整しなおしました。(と思ったらvalorも販売再開した。)ブルータンジーはオシャディ社でむしろもっと素晴らしい品質のものが手に入るとわかったので、レインドロップ以外ではブルータンジーはオシャディのものを使っています。

ヤングリビング社はドイツと日本ではシステムがかなり違うようで、ドイツで会員のわたしはビジネスにはかかわっていません。精油の知識はホメオパシーをやる上で欠かせないもののひとつで、ヤングリビング社の精油(とくに以前からあるラインナップ)は品質がすごくいいのでとても大事にしています。こういう立場ですのでご了承ください。






2017. 06. 02  
6月に入って、まもなく今年も半分終わるんだなというしみじみとした気分。いまが最高の季節で、連日夜8時をすぎても明るいので、1日の仕事が終わった後夜9時くらいに散歩に出て、朝5時にはすっかり日が昇るので早起きして長い朝を楽しむ生活です。こんなに恵まれた季節はドイツでは短いので、本当につかの間の幸せ。人々の太陽にたいする渇望度というのが日本人の比ではなくて、最初は鼻で笑っていたのが最近は死活問題になってきました・・四季がこんなに均等にあって、それぞれの季節が美しい日本てものすごい国。

ホメオパシーのケースやSE(トラウマ救済)のケースをとっていると、わたしがこれを生業にするのは自分の救済のためだったんだなということがしみじみとわかります。冷静沈着さと客観性が求められる立場。本来の自分の性格と違うのでずっと格闘してきて、何度もくじけてやめようと思うたびにいくつかの奇跡に助けられてここまで来て、何度も燃え尽きて、やっぱりいまわかるのは、欠陥にとらわれないで得意なところを活かせばできないことはない、ということ。

やっぱり周りが西洋人なので、クライアントさんは西欧文化のバックグラウンドを持っています。(ちなみに日本はアジアでありながら、精神性はかなり西洋人。本来のディープアジアとはどんどん離れて行っている。)

西洋人の特徴は、とにかくお行儀がよく、人の目を気にするところ。生きる!という第一次的欲求を満たすことで日々がいっぱいの紛争地域やアフリカ諸国、インドの人たちと違うベースで生きている。アフリカに住んでいる同僚ホメオパスと色々話して、しみじみこのバックグラウンドの違いを確認しあいました。日本と西欧諸国で必要とされるレメディやコンサルティングは、インドやアフリカで必要な処方と全然違う。

わたしは日本と西欧のバックグラウンドしか知らないので、限定的になりますが、日々感じるのが以下のテーマ。

愛着問題

愛されたい・・
これは哺乳類の宿命。すべての基本。フロイトのいう口唇期でトラウマを持つと、その後の人間関係、とくに恋愛に大きなトラウマが残る。

承認欲求

見て見て!という原始欲求から、社会に認められたい。実力を評価されたい、というところまで

不足感

わたしは不十分だ。いまのわたしではxxには愛されない。いまのわたしではxxには認められない。

分離感

わたしは繋がってない。xxとのつながりを感じられない。

そこから2時的に発生する

罪悪感

(上の4つを満たせない渇望感から)xxしてしまうわたしは悪いことをしている。


私たちはこの思考パターンのどれか一つは必ず持っています。この思考パターンは世代を超えて、社会をまたいで、受け継がれてくる。逃れようともがいて、癒されたいと希求して、それでもやっぱりべったり張り付いたパターン。


ケースをとっていると、ああ、あなたはわたしね、と思います。コンサル中に自分のことをが目に浮かんでスペースアウトしないように必死でしがみつきながら、ああこれはわたしたちのために神様が用意してくださった時間と空間だと思うことがよくあります。

必死でレメディ検索して、いまだに1ケースめちゃくちゃ時間がかかってしまうこの要領の悪さと作業の多さに嫌気がさしますが、エネルギーの凝縮したその1粒を選んだ時、それが働き始めたときの微細な動きがだんだんわかるようになって、わたしのところに来たあなた、そのあなたにこれを渡すわたし、という構図の奇跡を感じる機会がすこしづつ増えてきました。

えらそうなことを言っていますが、わたし自身もがいています。あなたに対して発している言葉全部そのままわたしにたいする言葉。この愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感にもがいている方。わたしもまったく同じなので、同じようにもがいているので、おなじようにこだわり、そのためのセラピーを探してきました。そして残念ながらわたしはわたしを癒せないのを知っています。わたしの場合はまだ他者が必要です。他者に助けを求めます。そして、それでいいと思っています。あえて悟りによってこのボルテックスの外に出ないことを選びました。そして、こういう位置でセラピストでいることでいいと思っています。助けて、と言えない方。助けて、といった方がいいこともある。それを恐れないでください。救いを求めて伸ばした手を取ってもらえなかったときの絶望と孤独はよくわかります。でもそこで終わりではないのです。その先に行く勇気を持って。その先に行ってはじめて見えてくるものがあるので。


プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年夏 東京セッション
6月27日(火)〜7月9日(日)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期6月30日(金)18:00〜21:00
  7月1日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期7月2日(日)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR