FC2ブログ
< >
2019. 03. 03  



Rolfing-Little-Boy-and-Logo-and-slogan-small-EN.jpg




Welcome to my blog!

Click here to go to my website.



ようこそRolfingFrankfurtへ

ロルフィングとは何か、この特徴、効果、ほかの様式との違いを、できるだけわかりやすくかつ詳しくお伝えしていきます。






ロルフィングとは

ロルフィングとは、約50年前にアメリカ人生化学者Ida Rolfによって編み出されたボディワークです。ボディワークというのは、心身の包括的改善をめざす様々なセラピーのなかでも、特に身体への働きかけを重視したものです。一般の整体、マッサージとの違いは、受け手の「意識」・「気づき」を重視している点で、その意味で、受け手参加型の整体とも言えます。

ロルフィングはアレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスと並び、世界の3大ボディワークの1つです。その中でもロルフィングは、この効果と持続性において、世界中からほかの追従を許さない高い評価を得ています。他の様式で見落とされてきた筋膜重力に重点を置いていること、ロルフィングタッチと呼ばれる独特のタッチを特に重要視していて、他方面に渡る知識の他に実技を加え、すべての習得に最低700時間という突出したトレーニング期間を要する事なども、この評価を裏付けています。

ロルフィングは解剖生理学を基礎にしていますが、身体は心の器(心身一如)ですので、施術側には認知行動学、現象学、心理学や精神医学などの分野に対する理解も求められます。近年の傾向としては、サトルボディと呼ばれる皮膚の外側のエネルギーの領域も含めたワークをする施術者が増えている事で、私もその一人です。

このロルフィングは基本的に10シリーズで完結します。1セッションは60分-75分、セッションとセッションの間には平均2週間をおいて、自分の体が新たなポジションに適合するのを待ちます。

一回ごとのセッションには明確なテーマがあって、大きな流れでいうと、呼吸を深め、体の表層を解放したあとは、コアの部分(骨盤ー脊椎ー頭蓋骨のライン)を解放します。次に体の可動性を高め、最後に統合します。7セッション目までは個々の楽器の不具合を取り除いて磨き、8−10の統合セッションで、磨いた楽器による新たなシンフォニーを奏でるよう調整して行くようなもの、と捉えてください。

10シリーズを受け終わったら、これからの生涯をかけて、自分の体の最大限の可能性をめざして生きていくことになります。その後の維持にあたっては、トレーニングメニューや「してはいけない」リストを与えられる事はありませんが、自分の最も楽で最もなじむ姿勢と動き方になじんでいくための、日常の気づきを研ぎすます姿勢が大事になってきます。この気づきの感覚は10シリーズ中でも養っていきますが、10シリーズに続いてロルフムーブメントを数セッション受けていただくか、定期的なフォローアップセッションを受けていただく事をお勧めします。
ida rolf
Ida P Rolf







スポンサーサイト



2012. 03. 04  
テンセグリティ
tenseglity.jpg

ロルフィングは、身体の構造にテンセグリティ(建築用語で、Tension(張力)とIntegrity(統合)を合わせた造語)という概念を持ち込みました。姿勢=骨格と誤解され易いのですが、Idaは人間の身体の形は筋膜が本来持つ張力により作り上げられている、と喝破した最初の人です。言い換えると筋膜に代表される内側の軟部組織の引っ張り合いによって、人間の「骨格」は作り上げられるのであって、骨は単なるスペーサー、つまり引っ張りあう筋膜の間に隙間をつくるためのものにすぎない、というのです。

fascia.jpg
筋膜は体中に縦横無尽に張り巡らされた結合組織で、骨、臓器、筋肉、すべてを包みます。骨や臓器、筋肉全部を取り払って筋膜だけを残しても、人間の模型はそのまま残されるほど、この筋膜は身体の隅々まで網羅し、身体を形づくります。筋膜を説明するのによく使われてきたのがテントの例で、骨はテントの杭の部分、そして大きく広がる帆布が筋膜、それらをつなぐゴムが筋肉です。日常の癖により、本来は伸び縮みし自由に動くはすの帆布に長年負荷をかけ続けると、そこには癒着(こだわり)が生まれます。癒着は隣り合った臓器が自由に滑り合って動くのを妨げ、主動筋と拮抗筋とのバランスを崩し(一つの動作をするときにアクセルとブレーキを同時に踏んだ状態にする)これらの積み重ねが身体の歪みを作り上げるのです。決して骨が自分から動いてずれたから歪みを作り出したのではないのです。日常のこだわりから生まれた歪みは、その結果である骨格の歪みだけにアプローチしても、またもとに戻ります。骨格を整えても、それを引っ張ってずらす要因が残っているからです。この筋膜に刻み込まれた癒着を解くのが筋膜リリースといわれるテクニックです。
ida_on working


こだわりから開放された身体は、内側の自由さを取り戻します。近年の医学会ではこの筋膜の重要な役割が非常に注目を集めてきています。身体本来のテンセグリティ構造を生かした動きは、近年スポーツ、芸術分野で注目を集めており、イチロー選手やタイガーウッズのフォームはまさに内側のテンセグリティを上手に引き出した動きの例です。
2012. 03. 04  
ロルフィングと他の様式の違いをそれぞれ説明します。

ロルフィングはオステオパシーを基礎としているので、解剖生理学や病理学への理解が前提になっています。また頭蓋骨ワークに対してはほとんどのロルファーが、オステオパシーで使うクラニオセイクラルのテクニックを使います。が、大きく違うのが、ロルフィングはここに重力という概念を持ち込んだ事です。オステオパシーが不調のある場所の部分治療であることに対し、ロルフィングは重力下で生きる事を前提とした全体像を常にチェックしながら、身体の「統合」を目的とします。

カイロプラクティックは骨を体の支柱ととらえ、ずれている骨を整合することをめざしますが、ロルフィングは骨はスペーサー(空間を保つ為のもの)ととらえ、その空間をひっぱる役割をする筋膜に注目します。この筋膜が内側からお互い引っ張り合う作用(テンセグリティ)を調整して、整合をめざします。

凝って硬くなった筋肉をほぐすのがマッサージですが、ロルフィングは「ほぐす」ではなく、本人が自らほぐれるのを手伝う、というアプローチをとります。そこに、本人の「気づき」を促すのです。ロルフィングが治療ではない、身体の再教育だ、といつも強調するのはそこにあります。だから、凝ったものを取り除いておしまい(対処療法)でなく、凝った原因に踏み込むため、日常の行動の癖や思い癖、身体に埋め込まれたトラウマと向き合う羽目に陥り、苦しい思いをすることもあります。(ただ、この苦しみは解放に向けての本当に一時的なものですが。)

つまり、ロルフィングがほかの様式と違うところは、大きく分けて2つあります。

ひとつが、人を全体でみるということ

いわゆる通常の治療では痛みのある部分を狙ってワークしますが、ロルフィングでは一見関係ないように見えるところから始めます。どんな症状の方でも、第一セッションでは呼吸を楽にするワークが中心です。ひどい腰痛でお越しになった方が、ロルファーがまったくあさってのところを触りつづけるので戸惑ったとおっしゃるのはよくある話で、でも回を追うごとに、足の運びが変わっている、片足に乗っていた体重が均等になっている、なんだか中心軸がつかみやすくなった、という気づきと共に、いつの間にか長年の不快症状が消えていた、というのがロルフィングの代表的なプロセスです。ただしこの気づきにはとても個人差があり、1セッション後に劇的な変化を感じる方もあれば、10シリーズ終了後3年経ってはじめて変化に気づくという方もいらっしゃいます。そしてこれは、1セッション後すぐに気づいた方がいいというわけでもないのです。その人にとっての最適な変化の速度というものがあり、私達はそれを尊重します。身体はそれをきちんと知っているということなのです。

もうひとつが、ロルフィングは治療ではなく身体の再教育だ、ということ

すばらしい整体やマッサージを受けて、身体が整い緩み、快適になっても、身体がいままでの癖を手放さない限り、いずれまたもとのパターンに戻ってしまいます。自分自身に、この癖に対する「気づき」がないと、進化しつづける身体を維持することはできません。これはトレーニングメニューを与えられ、毎日こなさなければならない、というのは違います。日常生活の一瞬一瞬のなかに、このキーがあります。ロルフィングではセッションを通して、いままでのこの姿勢を作り上げた思いグセ、動きのパターンについて探っていき、このパターンを手放す方法を探します。


2012. 03. 03  
ロルフィングの特徴としてまず知られているのが

慢性症状の改善

椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱側湾症ほか
注)ぎっくり腰、四十肩は、慢性症状の一時的発現です。

ロルフィングはこれらの症状や痛みを一時的に緩和させる対処療法ではなく、身体全体を見て、身体の構造を重力を指標に抜本的に変え(Structural Integration)、身体の使い方を再教育するものです。ロルフィングは治療ではありませんが、この過程で慢性症状、ほかの様式で治療困難といわれた難病が根治、改善する例が数多く見られます。


効果の持続性


ロルフィングは10シリーズ(必要に応じて数回加える)によって完結する体系的な「レシピ」に基づいて行われます。無制限に週に何度も、何年間も、通い続ける必要がありません。そしてセッション間に平均2週間の間隔をあけるにも関わらずその間にすぐ元の状態に戻ってしまうことがなく、シリーズ終了後もその状態を維持するためにトレーニングメニューが与えられるわけでもないにもかかわらず効果は年単位で続き、進化は続きます。一回のセッションの持つパワフルさ、効果の持続性は非常に高いと言えます。

注)ただしこれは10シリーズを一定期間内に完結する場合の効果です。中断した状態が長く続いた場合は、1セッションから改めて始める必要があるでしょう。従って、ロルフィングをご検討中の方は、3ヶ月~6ヶ月(1ヶ月未満~10ヶ月というスパンで行うこともあります)の間定期的にセッションにお越しになれることが前提になります。やむを得ず中断する場合は、3セッション目、7セッション目が区切りになります。スケジュールとご相談の上、プランをお立てください。



メソッドの特徴が

重力の力を借りること


ロルフィングはオステオパシーを基礎にしていますが、これと大きく違うのが、オステオパシーにない「重力のサポート」という概念を取り入れたことです。創始者Ida Rolfは、「ロルフィングは治療ではない、身体の再教育だ」と常々言っていました。「ロルファーは治療師ではない。治療師は重力」とも。私たちロルファーは、受け手の方が重力と今はどのように折り合っていて、今後どうやったらその恩恵をいかに最大限受けられるようになるかを探り、重力という治療師が仕事をする手伝いをしている存在にすぎません。
Rolfing-Little-Boy-blue-RGB-small.jpg
重力は敵か友達かのどちらかしかない、とIdaは言っていました。頭頂部から引いた鉛直線が体の中心軸と一致する右側の図が重力のサポートを受けられる状態、すなわち重力と友達の状態にあたります。この時足は地面に支えられ、頭は上から吊られた楽な状態。上向きのベクトルが働きます。これに対し、左側は中心線がジグザグになり、歪のある状態。ここでは重力は敵で常に崩そうとする下向きへの圧となり、筋肉で頑張っていないと崩れてしまう状態です。
blocklogo.gif
私たちの姿勢には猫背、反り腰のパターンがあります。どの姿勢が重力と友達であるかは一目瞭然でしょう。
rolfing5人の比較

ロルフィングではその人の立ち方のラインが東西南北で今現在どうなっているかを常に見ます。そして、ジグザグになっているラインを作り上げた引っ張り(癒着)を筋膜リリースというテクニックではがしながら、身体の中心軸を最も鉛直線に近いところに近づけていきます。
子供の前後の写真
kids.jpg


この癒着をはがすのが、ロルフィングタッチと呼ばれる
筋膜リリース
テクニックです。

筋膜(身体中を網羅する結合組織)に働きかけて、身体のテンセグリティ構造を目覚めさせるのです。詳しくはロルフィングとテンセグリティへ。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR