FC2ブログ
< >
2019. 03. 03  



Rolfing-Little-Boy-and-Logo-and-slogan-small-EN.jpg




Welcome to my blog!

Click here to go to my website.



ようこそRolfingFrankfurtへ

ロルフィングとは何か、この特徴、効果、ほかの様式との違いを、できるだけわかりやすくかつ詳しくお伝えしていきます。






ロルフィングとは

ロルフィングとは、約50年前にアメリカ人生化学者Ida Rolfによって編み出されたボディワークです。ボディワークというのは、心身の包括的改善をめざす様々なセラピーのなかでも、特に身体への働きかけを重視したものです。一般の整体、マッサージとの違いは、受け手の「意識」・「気づき」を重視している点で、その意味で、受け手参加型の整体とも言えます。

ロルフィングはアレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスと並び、世界の3大ボディワークの1つです。その中でもロルフィングは、この効果と持続性において、世界中からほかの追従を許さない高い評価を得ています。他の様式で見落とされてきた筋膜重力に重点を置いていること、ロルフィングタッチと呼ばれる独特のタッチを特に重要視していて、他方面に渡る知識の他に実技を加え、すべての習得に最低700時間という突出したトレーニング期間を要する事なども、この評価を裏付けています。

ロルフィングは解剖生理学を基礎にしていますが、身体は心の器(心身一如)ですので、施術側には認知行動学、現象学、心理学や精神医学などの分野に対する理解も求められます。近年の傾向としては、サトルボディと呼ばれる皮膚の外側のエネルギーの領域も含めたワークをする施術者が増えている事で、私もその一人です。

このロルフィングは基本的に10シリーズで完結します。1セッションは60分-75分、セッションとセッションの間には平均2週間をおいて、自分の体が新たなポジションに適合するのを待ちます。

一回ごとのセッションには明確なテーマがあって、大きな流れでいうと、呼吸を深め、体の表層を解放したあとは、コアの部分(骨盤ー脊椎ー頭蓋骨のライン)を解放します。次に体の可動性を高め、最後に統合します。7セッション目までは個々の楽器の不具合を取り除いて磨き、8−10の統合セッションで、磨いた楽器による新たなシンフォニーを奏でるよう調整して行くようなもの、と捉えてください。

10シリーズを受け終わったら、これからの生涯をかけて、自分の体の最大限の可能性をめざして生きていくことになります。その後の維持にあたっては、トレーニングメニューや「してはいけない」リストを与えられる事はありませんが、自分の最も楽で最もなじむ姿勢と動き方になじんでいくための、日常の気づきを研ぎすます姿勢が大事になってきます。この気づきの感覚は10シリーズ中でも養っていきますが、10シリーズに続いてロルフムーブメントを数セッション受けていただくか、定期的なフォローアップセッションを受けていただく事をお勧めします。
ida rolf
Ida P Rolf







スポンサーサイト



2019. 01. 14  
初日
恐れ的中、最初で最後の貴重な講話のために石井先生がご登場したタイミングで眠気のスイッチが入りました。石井先生の穏やかな語り口はヒプノ以外のなにものでもない。先生がお話を始めて1分後に私はご本人の目の前で見事に寝落ちしたのでした。
IMG_3284.jpg
わざわざドイツからはるばる私は何をしに来たんでしょう。。。。

講話を聞き逃しただけでなく、ご飯はおかわりしていい、という超重要事項も聞き逃してしまい、7日間非常にひもじい思いに耐えることに。


その後の初めての内観はお母さんについて6歳までの私が
1していただいたこと
2して差し上げたこと
3迷惑をかけたこと
について調べました。


何にも知らずにただ始めたから、よくある間違い、これやってはいけないタブー、全部やりました。
人の話聞いてないのね、事実だけを取りだせって言われたじゃない、分かっちゃいるが・・・・・
具体的行為だけを取り出す、て信じられないくらい大変。
小学生の日記を思い出せ。
記憶がブロックされて全く言葉にならない。
先生が来てくださった時に絶句して何も喋れませんでした・・・・

1時間なり2時間なり、この質問に
ずーーーーーーーーーーっと、
じーーーーーーーーーーーーっと
集中するってありえない大変さ。
この質問だけでなく、座ってじっとしていなければならない環境がもう死にそうに大変で、己の最も向き合いたくなかった習性(回遊魚)と向き合うことに。
2分と耐えられずに廊下にこれは飲放題の薬草茶をいただきにいく。多分私がほとんど一人でポット1瓶ぶん空けたんじゃないか・・・そしてなくなったポットにお代わりのおねだりに行く。ああ歩ける・・・。
「孝美さんはどこの部屋にいるかすぐにわかりましたよ」
「存在感ありましたね」
「マイペースですね」
要するに自己中、人に対する配慮にかける、すぐに周りが見えなくなるというということだ、と内観で知りました。



2019. 01. 11  
向かった先は信州の穂高、白馬を背後に抱いた信州内観研修所。天然温泉、毎日完全手作りの酵素玄米菜食付きの7日間に渡る合宿です。今回は10名の参加者に対し、中野節子先生、毎日炊いてくださった酵素玄米の他研修所の切り盛りを一手に引き受けてくださっている神田真介さん、そして普段は海外を飛び回って年末年始とゴールデンウィークの内観合宿しか来ていただけない石井光先生の3名が代わる代わる面接して下さいました。
naikan15.jpg

改めましてここで初めて、内観とは。

内観とは文字通り自分の内側を観ること。私たちは普段物事を外観しているそうです。つまり、自分を中心とし、自分の色メガネを通して、自分の先入観でもって、自分の都合のいいように物事を捉えている。たとえばお母さんだったらこうしてくれるはず、という先入観が先にあって、お母さん自身をみず、自分の期待するお母さん像と実際のお母さんのギャップに勝手に腹を立てていたりする。

この合宿では、非日常空間で1週間時間を止めて、自分の人生を別の角度から振り返るということをします。この一方的なものの見方から離れて、自分中心のものの見方を別の視点をもつ見方に変えて行くために。

(だからこんなに抵抗が強かったわけね・・・・・)

では実際に何をするかというと、自分が周りの人に対してどうだったか、ということを3つの質問を通して調べて行きます。

それは、自分にとって最も近い人、つまり母、父、祖父母、兄弟、パートナー、子供、という順番で、その人に対し

1)していただいたこと
2)して差し上げたこと
3)迷惑をかけたこと

を(おそらく年齢に応じて)一定の期間、例えば生まれてから小学校入学まで、小学生時代、中学生時代、などというように区切って、それぞれについて1時間から2時間かけて調べていくというもの。これを7日間ただ延々と続けるだけなのですが、知られている効果は甚大で、体験者の多くが人生の大きな転換になったと言っています。(実際わたしもその一人)現在石井先生の功績でドイツにも10の研修所があるのですが、囚人の改心(刑務所で実際に実施され効果が出ている)や依存症からの脱却への効果がよく知られていて、他にも

・うつ病
・依存症
・不登校
・引きこもり
・摂食障害
・恋愛問題
・膠原病

などに対する効果が報告されているようです。


なんでこんな単純なことをするだけでそんなことが起こるのか。

この質問は実は私たちの視点を変えるための、盲点をつくものなのです。

普段私たちは「してもらわなかったこと」ばかりを覚えている。特に身内、母親などには、xxしてもらって当然と思っているから、取り立てて母にしてもらったことなど記憶に残らない。つまり、私たちはしてもらわなかったこと=妄想の世界にいて、実際の行為としてしてもらったこと=事実の世界を見ていないのです。

これは面白くて、ホメオパシーはまさにその逆なのです。本人のこだわり=苦悩と病気の源は事実とは違う妄想の世界にある、という着眼点は同じなのですが、ホメオパシーでは個々の妄想の世界にフォーカスして、その妄想の核を取り出してレメディで映し出す作業です。

Somatic Experiencingでは感情や抑えきれない体の動き(混乱した神経系)にフォーカスして、制御不能になった感情や神経を鎮めることを目的とします。

でも内観は違う。ホメオパシーやSEが何より大事に扱うこの2つのトピックを「埒があかないから」と葬り去る。かつてドイツ人に日本(の仏教)は感情を軽視すると言われ、それについていつも考えてきたのですが、今なら日本人としてこう答えられます。

「そう、埒があかないから。」

日本は実践的。

この内観では、事実を話すことを求められます。つまり、お母さんが実際の行為としてわたしに何をしてくれたか、そしてわたしが実際の具体的行為として何をして差し上げたか。そこに、わたしがこう思ったとか、こう感じたとか、そういうことは一切必要ありません。

これやろうとして愕然としたのですが、わたしは一言言おうとすると
・・・というのは、とか
なぜなら・・・とか、
・・・と思った、とか、
・・・と感じた、とか、
すぐに付け足してしまいます。

これを取り払った行為だけの世界を口に出すと愕然・・・・・わたしが体験していたことは、事実とまるで違ったことが見えてしまう。これには愕然としました・・・・・。


ドイツを拠点にするようになってから日本を外側から見るようになり、年々痛感しているのですが、日本は欧米で1000ページ、100時間費やす内容をほんの1ページ、一言で言ってしまうところがある。直傳靈氣を習った時も衝撃だったのですが、いちいち言語化していないだけで、背後に整然とした知識体系がある。そして、物腰は柔らかいのだけれど実は問題の切り口は鋭くて、問題の核心に直接行く。実践的。速い。

日本、恐るべし。

2018. 12. 23  
皆様お久しぶりです。孝美です。生きてます。

振り返ると前回の更新から一億光年たったような気分です。
7月に日本に降り立った途端に地面が揺れている!と感じ、皆様とお会いした後に大塚夫妻の新婚旅行に同行(しかも同室)し熊野古道と伊勢神宮を参拝した直後にコンピュータが壊れたのを皮切りに家中の家電が次々ダウン、そのままエスワティニに行ってここでもたくさんのドラマを体験し、そしてその後もたくさんのことが起こって、そして私同様たくさんのことが起こっている方たちと荒波をともに泳ぐような日々を過ごして、ああ私は個人のものじゃない、生かされているだけだ、使命を遂行させていただくだけだ、と今も呆然と成り行きを眺めているような日々です。

今朝は暴風雨で起きました。昨日冬至が終わり、長い長いうんざりする夜がやっと光に向かい始める今日は満月も合わさった大事な日。古代から大事な儀式を行ってきた神聖な日がこれか。吹き飛ばされるゴミやなぎ倒される木々を呆然と眺めてげんなりしていたら間も無く突如セッションルームの正面に大きく光る虹がかかりました。あまりにも綺麗。7色がくっきり見えるくらいの太さと明るさで、あまりの美しさに写真を撮りたかったのですがその時セッション中・・気を削がれてぼーっと眺めてしまいそうな自分を叱咤し我慢、くぅぅ・・・・やっぱり中断させてもらって写真取らせてもらえばよかった・・・

今日は満月。夕方5時を過ぎるともう真夜中みたいに暗いこの辺りなので、お月見に散歩に行きました。雨上がりの道はぬかるんでいるけれど、あれ、街灯がある?と思うくらいに道が月明かりに照らされている。(ドイツの小道には街灯がないところが多く、散歩道はたいてい真っ暗)思わず月に話しかけ、ちょっと欲を出して、月だけでなくてほかの天体も巻き込んでお願い事を始めたら途端に月がさっと雲に隠れてしまい、その後二度と顔を見せてくれませんでした。ああしまった、今はお願い事をするんじゃなくてご挨拶だけしておけばよかったんだ・・・


冬の私はいつもかなりおとなしい。今年はかなりおとなしいです。今年は長かったトレーニングを全て終えて、正式なホメオパス(SOHのアドバンスコース修了)とSomatic Experiencing Practitionerとしてかなり面白い仕事を任せていただくことになって、数々の素晴らしい方々とご縁をいただいて、多分有り余る光栄をいただいていますが、とにかく展開についていけない。

なんとこの時期にこういうご連絡を差し上げることになると思っていませんでしたが・・・・

実は今年の年末年始、土壇場で日本に行くことに決めたのです。いろいろなものに振り回されてスピンアウトが続いた今年、実は今年は一人でドイツに残ってタウナス山に単身山籠りして臼井先生(直傳靈氣の創始者)の真似してこようかとさえ思っていた矢先、私のこういう状況を見事に察知する大塚夫妻に誘われて(また同室)内観合宿に参加してきます。

元号が変わる日本とシンクロしているみたいに、おそらく私にとって来年は今年の続きじゃない。今年は今年で終わる。来年は全く違う私にならないといけない。これはもう確実な実感として前から感じていたのですが、それをやる儀式になるかなと思っています。大塚夫妻と旅行できるのも本当に本当に楽しみ。

今年の冬にお会いする皆様には私のビフォーアフターを見ていただくことになるかもしれません・・・(#^.^#)



以下日程でセッション若干受け付けますね。

。。。締め切りました。ありがとうございました!

直前のこんなご案内ではありますが、たまたまポッと時間の取れる方、ご連絡ください。ご縁がつながることを楽しみにしています。


お会いできない皆様へ

皆様におかれましても、今年が今日の虹と満月に見守られた形で終わりになりますよう、心からお祈りいたします。来年が素敵な年になりますように。素敵なクリスマスと良いお年をお迎えください




2017. 09. 26  
あははは、いきなり!?ですが。

タロット講座を下記日程で行います。

講師:大塚英文さん
日時:10月23日(月)13時から16時。
場所:Bleibiskophstrasse 61 Oberursel Germany
参加費:60ユーロ

その後引き続き直傳靈氣の交流会を行います。

講師としてお招きする大塚英文さんは、友人として、同僚として、最も信頼している方の一人。大塚さんについてはもう何度もなんども過去ログ(ココココ)で書いて来たのでそちらをご参照ください。間もなくヨーロッパで行われるムーブメントのトレーニングに参加するついでにフランクフルトに立ち寄ってくださるので、これを機とばかりお願いしました。

待っていたんです。ずっと彼から習いたかった。彼がタロットを単なる方便として使っていて、彼のリーディングの技術はいわゆるタロットカードの知識がどれだかあるかとは全然関係ないなというのは彼のやり方を見てすぐわかりましたが、この「奥義」の部分をどうやって人に教えるんだろうというのが興味の一つ。この技術は大塚さんは自分軸や話の聴き方講座でも教えてらっしゃるのですが、3時間でダイジェストにコンサイスにまとめていただくのにはこれがいいかと。3時間でまとめてくださいね、いいですよ、で済んでしまうのがありがたい。

ともすれば暗黒の中世の負の遺産であるオカルトのカテゴリーに入れられてしまいがちなタロットですが、これそのものはむしろ心理学の体系と似ている気がしています。だからタロットリーディングはサイコセラピーの一種で、少なくとも大塚さんはタロットを通してセラピーを提供している。見ているのは間違いなくその人のエネルギー。その人のエネルギーのコンフィギュレーション。この人のエネルギーはどのテーマにどういう注がれ方をしているのかというのを引き出すためのツールとしてタロットを使ってるのではないかと思っています。少なくとも彼のやり方を見て私はそう感じたし、もしそうでなくても私はそういう付き合い方をするつもり。彼もタロットはあくまでも方便だよ、その方が説得力あるから、と最初におっしゃっていました。

そう、私は基本エネルギーを見ています。万物に宿るエネルギーを見たりエネルギーの遠隔操作をすることを人は特殊能力や超能力みたいに扱ったり忌み嫌ったりしますが、本来は第六感、もっというと五感の一つに数えていいと思っています。靈氣やソースポイントセラピーやロルフィングやクラニオセイクラルやホメオパシーやSEを使い分けるようになってますます、これらに共通するところを逆に意識するようになりました。そうでしょ要するにここでしょ使うのは、という具合です。

エネルギーそのものを語るのは、私の場合は直傳靈氣の講習会でやらせていただいてます。靈氣は本当によくまとまってよくできた体系なので。そこでいつも繰り返しいうのが、エネルギーそのものにいい悪いはないということ。いい悪いは私たちの思考の投影。

タロットでも同様に、いいカードも悪いカードもないと思ってます。正位置と逆位置で意味が逆さになる、つまり正位置=いい、逆位置=悪い(悪いと言われているカードはこれが逆)でもないと思えます。配置に従って並べられたカードから立ち上がるのはあなたのエネルギー。それ自体にいい悪いはない。結果自体もいいものと悪いものに分かれない。単に今現在のテーマを提示してくれているだけ。今時点でのテーマを突きつけられた時に、あなたはとっさにどう反応をし、それとどう向き合い、そして最終的にどういう判断を下すか。ここでの経験はリーディングを受ける人とする人双方の人生が投影されているはずです。リーディングする人はだから、この自覚を持つのが大事かなと感じています。あなたは今この瞬間何を引き出されたがっているか。あなたはそれをどう受け止めたいのか。それを見守る私とどういう経験をしたいのか。

講座受講前から色々言い過ぎてしまったかも。別に大塚さんに何を聞いたわけでもないので完全に私の想像の世界。でも少なくともこれが私がセッションで人と向き合う時の姿勢。そしてタロットをセッションに取り入れる際の姿勢。タロットは多分また別のショートカットになりそうで楽しみにしています。



プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR