FC2ブログ
< >
2020. 04. 11  
みなさまこんばんは
今朝の藤の様子。

今日ははホメオパシーの大家Dr. Sankaranの主催するwebinerに参加してみました。Dr.Jan Scholten, Dr. Massimo, Dr. Roger Morrisonなどのビッグホメオパスのプレゼンテーションが含まれる4時間以上に渡るプログラムでしたが、ものすごい数の参加者だったようです。長時間だったにもかかわらず、あまりも面白かったので画面にかじりついて集中して聴いていました。

ホメオパシーはこのパンデミーにおける救済主になる可能性があるという自覚をホメオパスの誰もが持っていて、参加者はもっぱらcovid-19の分析とその処方についての意見交換になると期待していたところもあったとは思うのですが、蓋を開けたらプレゼンテーターでコロナの具体的処方について言及したのはヤンショルタン一人だけでした。(要するに罹患した人が周りにいない。)マッシモとシャンカランは、ホメオパシーの効果について知ってもらうチャンスと捉え、用意した疫病(genius epidemicus)レメディを感染病棟で配ってみたらしいのですが、思ったような効果が出なかったとちらっと最後に言っていました。

ホメオパシーは過去にハーネマンのコレラの治療を始め、黄熱病、ジフテリア、猩紅熱、腸チフスなどの治療で顕著な効果をあげたことが歴史的に知られています。ホメオパシーの処方というのは基本カスタマイズというのが大原則なのですが、患者の症状が酷似した疫病に対しては例外的に、カスタマイズせずに一挙に処方します。最近では狂牛病や豚インフル、鳥インフルの時にそれが行われました。今回もホメオパスの間では疫病レメディについて話し合って特定はしていたのですが、臨床でやってみたらいまひとつの模様。ホメオパシーの処方というのは基本トライアンドエラーの集積なので、これはありなのですが、重症の緊急病棟にいる患者たちの症状については首を傾げる要素があるなと感じました。

いつも感嘆するのは、やっぱり生きた最前線の情報。一線で活躍するホメオパスたちの処方。ステージ4のガン患者、85キロから短期間で一気に28キロに体重が落ちてしまったという、もはや生死の一刻を争う状態の患者、etc.,これをたった一つの砂糖玉で救う奇跡をもたらしているホメオパスたちの姿勢は神々しい。

でもやっぱりホメオパシーというのは今の社会では傍流なので、この傍流に命を捧げている人というのは基本人がいい。インド人のホメオパスは例外なくメディカルドクターでもあって、ほかの著名なホメオパスもDr.のタイトルは持っているのですが、何か見た目から言っても性格もちょっとのんびりしているというか、平和というか、やっぱりカッコいい外科医などとは全然雰囲気違います。シャンカランなどは全く普通にスピリチュアルで、彼の舞台でのパフォーマンスにどう反応していいか戸惑う観客の様子を見て爆笑したことを覚えています。

彼の中では全く当たり前のことなのですが、改めてホメオパシーの処方は砂糖玉だけにないなと感じます。患者に寄り添い、患者のうちなる声に丁寧に耳を傾ける、その濃密な時間そのものが相当ヒーリングのはずです。わたしは以前ヤンショルタンの話す姿を初めて見たとき、あまりの神々しい様子に一目惚れというか、こんなにもの凄い人と同じ分野に関わっていてなんて幸せなんだろうと思ったのを覚えています。今日もやっぱり本当に本当に本当に魅力的でした。シャンカランの打ち立てた「センセーションメソッド」(かなりチャネリング)と、ヤンショルタンが化学者として打ち立てた「エレメント」(サイエンスベース)は本来だったら真っ向対立しても不思議ではなかったのに、そこがさすがホメオパス、この二人はお互いを尊重しあい、とても仲がいい。日本ではクラシカルホメオパシーvs プラクティカルホメオパシーの対立などもありますが、基本ホメオパシーはワンネスの世界。とにかく情報を惜しみなく分け与え、分け合い、ともに発展して行こう、その流れを広げて行こう、という世界です。

ホメオパシーはわたしにとってとてもとても大事なツールの一つ。ウェビナーではこの辺りについてもお話するかもしれません。だいたいにおいてわたしはライブ、インプロで喋るので、どういう方向に向かうかは皆様とのダイナミズムによります。明日になったら個別にお返事しますね。お会いするのを楽しみにしています!


スポンサーサイト



2020. 04. 09  
みなさまドイツからおはようございます🌞

台所のバルコニーから眺める藤。
IMG_5030.jpg

毎日毎日蕾がほころびて弾け、芳香が広がるのを楽しんでいます。藤って本当にいい匂いがしますね。精油フリークの私ですが、春の太陽の下の藤の匂いは格別。澄んだ朝の風を感じながら藤の匂いに囲まれてバルコニーで食べる朝ごはんは格別。新生児だった娘が毎日毎日変わるのを眺めて、生き物の生命力ってすごい、と感動していた日々を思い出してます。

毎日毎日、私の気分に挑戦する数々の出来事が起こっていますが、これをどう受け取るかは自分だとわかっているのでとにかく新しいパターンを保つための筋肉を鍛えています。文字通り毎日数時間トレーニングしてるので毎日筋肉痛。この歳で6パック作るとは思ってませんでした・・😅私自身がコロナにかかることはないのですが、ご時世なのでみなさまに説得力があるよう、免疫力アップに心がけております。こんなに体力有り余って健康度歴代1位なのに、私が何より愛しているロルフィングができないって・・・😭😭😭

ところで、ホメオパシー的見地からみたコロナの予防と対策についての無料ウェビナーを開催する準備をしています。今週末を予定していますが,はたしてできるか・・・(つまり私はこういう系統が極度に苦手で、初回はありえないトラブルに見舞われることが多い。)もしうまくアレンジできたら:

4月12日(日)
日本時間の21時(ドイツ時間14時)から30分
「ホメオパシー的コロナの予防と対策」

を予定しています。
トライアルですので、参加費は無料です。


ここでは書けないことをウェビナーでお話しします。今起こっていること、このコロナの意味、何度もなんどもお話してきている感染症に対する対策、今の状況に対して我々が求められていること・・・とても大事なお話です。ホメオパシー、靈氣、ロルフィング・・・私を救ってくれたものたちが本当は今の時代の皆様にとっても大事な役割を担う可能性があることが少しでもお伝えできればと思っています。

ご興味おありの方はご連絡くださいね。
その際には
お名前
お住いの地域
ご職業
今気になっていることを簡潔に
教えてくださいませ。
全ては難しいですが内容に織り込ませていただくようにします。
今日がみなさまにとって素敵な1日になりますように。
ドイツから愛を込めて❤️
2020. 04. 07  
感染症についてはもう何度も書いてきています。

ウィルスにかかるのは、ウィルスが悪いのではありません。私たちの生命力が落ちて、異物に対する免疫システムがうまく作動しないから。自分の生命力が高いときは感染しません。感染しても発症しないし、発症しても簡単に治癒します。私たちがよく耳にする、免疫力をあげる、かかったら安静にする、それ以外の予防はないのです。

ウィルス由来の感染症は、ウィルスを外敵とみなしバスターしようとしてもうまくいかない。なぜならウィルスは細菌と違って生き物でない=自ら動くことも増殖することもできないから。

ウィルスを呼び込んでいるのは私たち。
つまり、私たちがウィルスによって核を壊してもらい(更地にする)、血液をその壊した部分にたくさん送り込んで(これが炎症と言われるプロセス)再構築する、という過程が、ウィルス感染のしていることです。つまり、私たちがウィルスをご招待申し上げ、私たちの生まれ変わりを手伝っていただいているのです。これは体の棚卸し、断捨離、スクラップ&ビルドの過程。(だからバリケードだ〜と叫んでいるどこぞの方々は、勘違い)

ウィルスは、いつでも私たちの周りにいて、古代から人間と共存してきました。じゃあ何故決まった季節だけ感染するか、かかる季節というものがあるのか。

これは私たちの自然のリズムと連動しています。
フルーシーズンは10月から4月、特に12月から2月。10月と3月はデトックス月です。思いっきり解放し存分に太陽の下で活動する期間を終えたらあとはその次の活動期間に備えて不必要な毒を出し、すっきりして次のシーズンに備えるのです。朝と夜があって夜は寝ることが必要なのと同じ。この休止期間にいらなくなった情報を捨て、新たな活動きを前に、毒出しをして体を整えるのです。

第一次世界大戦時に大流行して世界中で2000万人がなくなったスペイン風邪は、今からちょうど100年前ごろに起こりました。その100年前はペストです。こういう自然の摂理が働き、人間を抜本的にアップデートさせる時期が来ます。

コンピュータは定期的にアップデートが必要ですよね。
アップデートするときには部分修正で済むときもありますが
抜本的アップデートが定期的に必要です。
まっさらにしてから書き直す。これがスクラップ&ビルド。
今年がその年に当たります。

ウィルスは私たちの細胞内に入り込み、核を破壊します。
核は固体の情報を持っている。
この情報を破壊する、というのは古代から我々がとってきた進化の過程でもあります。私たちのDNAは環境に応じて進化できるよう、常に古い情報を捨て、環境に適応することが成功した情報を取り込むというように作られました。人間というのは、進化することを選んだ種なのです。そしてそれは自然の生きとし生けるものの一部として、自然のリズムの中で行われているのです。これは避けられません。自然を打ち勝つものと捉えている西洋人には理解しがたいですが、自然と一体化している(本来の)日本人はよくわかっているはず。


このスクラップ&ビルドの時に必要なのは何か。

今世界中で起こっている大混乱は、何を捨てて何を次の時代に持っていくか、その選択ができなくて混乱している私たちがそれぞれの混乱を投影しあっているようなもの。

権威は、医者は知っています。
ウィルス由来の感染症を自分たちが治すことはできないことを。
風邪を治す薬がないのと同じ、
かかったら安静にして体が古い情報を捨て
新しい情報が入ってくるように備えるために
炎症を粛々と祝っていればいいのです。
ここで下手に解熱剤やらなんやら、
症状を抑えるものを取り込むと、
本来捨てたかった情報は捨てられずに、
アップデートに失敗する。
環境の変化に対応できない古いバージョンを無理やり引きずっても、
その種は生き残れません。
自然淘汰によりいずれ滅びます。
私たちが炎症を止めるのはそれをしていることと同義です。

炎症に介入すると、アップデートに失敗するばかりでない、ウィルスそのものに突然変異を起こさせたりさらに複雑な、私たちにとってますます”脅威”なものに変容させます。高熱を出して髄膜炎を起こすのは解熱剤をとった人、コロナでひどい肺炎を起こす人は最初はヘビーメディケーション下(特に糖尿病)にあった70歳以上の男性が主でした。今は色々な介入によりどんどんウィルスが変化し、健常な人までかかる事態になっています。

もう一度見直す時。
これは、何を捨て、何が次世代に必要かを選別するプロセスなのです。
自然の摂理を無視できません。
古いバージョンを引きずったまま次世代には移行できません。

・私がしがみついている古いストーリって何?
・私がこの人生から取り除きたいパターンは何?
・私はこの先の人生をどうデザインしたい?


今年は非常に重要な年です。
そして私はこの時のためにもう何度ももはやこれまで、という感じの体験をしながらアップデートを続けて来ました。まだまだ道半ばですが、皆様にお伝えしなければいけないことを持っているのは確かです。数奇な運命の元に生まれ、こういう使命があるようです。


ハーネマンはおよそ200年前、コレラのエピデミックの時、これをホメオパシーで治療することに成功し知られるようになりました。ホメオパシーがコレラの予防、治癒に使われたのです。

靈氣は第一次世界大戦後、関東大震災直前に臼井先生に降ろされ、先生は関東大震災の3年後にお亡くなりになりました。

それを引き継いだ林先生は、第二次世界大戦直前に靈氣をハワイにお渡しになり、大戦勃発直後にお亡くなりになりました。

世界的に大変なことが起こる前に、人類を救うツールが、何人かの人に渡されることになっているようです。私はご縁があって、そういう方々にお会いする人生のようです。受け取ったらそれを広めないといけない。使命があるから。

本当はここに全てを書きたいのですが、気軽に書いていい内容ではないので、本当に本当にお伝えしたい内容はオンラインで承ります。ご連絡ください。

また、ホメオパシーによる個人セッション、ホメオパシーの使い方についてのオンライン講座を始めます。これもご連絡ください。

日本の皆様には本当に期待しています。
なぜなら大げさでなく、
ここからの地球を救うのには日本人の持つ性質がとても大事だからです。
ここから先、求められているのは霊的進化なのです。
私たちが今アップデートしなければいけないのは霊性。

どうか私の言葉が一人でも多くの方に届き、一人でも多くの方が協力してくださり、一人でも多くの人がここを超え、これからの素晴らしい世界をともに歩んでいけますように。
2018. 06. 08  
お久しぶりです。今年の夏の東京行きは7月から8月にかけての長めの滞在になるはずなのですが、その前に片付けなければならないことがなかなか終わらず、日にちが特定できず全くご案内できずにおります・・・・。スカイスクレイパーのように積み上がるこの諸々を今月末までに全部終わらせようという無謀に挑む毎日。その頃には航空券代もスカイスクレイパー。どうしてここまでギリギリになるまで放置するのか。バンジージャンプに取り憑かれるスリルと似ているかもしれない。軽い仮死状態に恍惚を求めるとか・・。

今年は直傳靈氣講習会、交流会、レインドロップテクニックの講習会、ロルフィングセッション諸々、全部やるつもりでいます。いずれ落ち着いたらきちんとご案内します。


今日はちょっと息抜き。息抜きにマザコン再考(笑)

マザコンというと大体ママをいつまでたっても全ての女性関係に投影させるボクみたいなイメージを持つのが日本人だと思うのですが、このテーマを海外でやるとかなり違った前提で語られることを知りました。

マザコンは、

男性にとっては帰る巣を希求しながらも
そこに縛られることを根元から恐れるという
帰巣<ー>自由
で揺れ動く根元的葛藤

女性にとっては(愛を注いだ人から)捨てられる恐怖。
子どもが巣立った後に陥る「空の巣症候群」がいい例。


面白いでしょう〜〜。
文化の違い。
男性のママ崇拝に関しては日本とイタリア、ロシアは共通点多いです。
アメリカ、イギリス、ドイツは違う。
ケースをとっていていつもこの文化の違いに衝撃受けてます。


本当はここからわーっと書けてしまうのですが、今書き出したら生命の危機に繋がるのでシャバの風を吸う7月以降に続き書きますね。前振りだけで本文なしか。詐欺みたいですが続きをお楽しみに。

ちなみにエディプスコンプレックスも違うのです。

私は生きています、ということと、今年も日本に行きます、ということだけお伝えさせてください〜〜〜〜





2018. 03. 22  
別れの季節ですね。

東京では昨日雪が降ったと聞きました。ここドイツも今外は大雪です。昨今の異常気象は本当に異常で、先日はドイツ観測史上最低気温の3月を記録しました。今週末から夏時間になろうとしているのに、外は冬以上に寒い。

日本で起こっていること、日本人の集合意識は、面白いことに日本から離れている日本人にも伝わってきます。テレビもニュースも一切見なくても。もっとも別に日本に限らず、昨今の世界が異常だということは誰でもわかる。


別れというのを今一度見つめてみませんか。


予期せぬ別れは、あなたに究極の選択を与えてくれています。
愛する人との別れは、魂を最も抉られる出来事。
同時に何よりも魂の大きな飛躍の機会。
あなたが今これに直面しているなら
今何を選ぶか、これが今まさに問われ
あなたの自由意志が試されているということ。

あなたはその愛する人に何を感謝したい?
その人があなたにもたらしてくれた何を今後に持っていきたい?
そしてその人に今何を渡したい?
これが、あなた自身が人生を終えるその時だと思って
後悔を持ち越さないよう、思うままのことをしてください。

あなたが捨てたいものは何?
捨てようと努力すればするほど、執着を育てていないか?
拭っても拭っても拭いきれないそれは何?


選ばれなかったことは、あなたの全存在を否定されること?

あなたから去った人は、あなたの全存在が無価値だと伝えている?



書かれたものを眺めると、そんなものは妄想だと思える。
他人が言えばそんなことないよ、飛躍だよと笑い飛ばせる。
でも自分の中にはこれが紛れもない実感、
事実としてべったりとはりついていないか?
自己が自己を見るという作業は、究極の矛盾なのです。
覚醒に至る作業は、だからとてつもなく難しい。


別れかたには智慧が試されるのです。


この世は☯️で成り立っています。
このシンボルは地球のエネルギーの流れを示しています。

両極のエネルギーが、中心=自己=我=意識=肉体
に向かって引き寄せられ、渾然一体となり回転する姿。

引き寄せるのは引力=執着=こだわり。

つまりこの地球を成り立たせているもの、
私たちを成り立たせているものは
執着とエゴ。
エゴが執着を手放す時、深い愛着に別れを告げる時、
膨大な光に出会います。
その光が、求め求めて得られなかった、無条件の愛。

エゴを解放する時、執着を手放す時、
この世は幻だったと知ります。


私が今あなたにみているもの、
目の前にもたらされる出来事
私が今感じている感情
これは私が作り上げた幻
私が過去に蒔いた種を摘み取っている。

それをした時の私の魂を
私は目の前のあなたにみている。

私を苦しめているのは
目の前に繰り広げられている
この出来事そのものじゃない
この出来事に反応する私の方。
私を最も苦しめているのは
私の怒り、私の嫉妬、私の悲しみ
これが私を絶望の淵に引き摺り下ろす。

できることはなんでもやったと思う。
こんな感情に縛られていたくないから。
でも離れたい、捨てたいと
もがけばもがくほどべったりとこのエネルギーに絡みとられる。


エネルギーそのものにいい悪いはないのです。
感情にいい悪いをつけたのは私たちのエゴ。
この思考が、怒りや嫉妬や悲しみを悪いものと判断し
排除すべきものと烙印を押した。
でもこれは、地球を動かす構成要素の一部、エネルギーの一部。

自分が何にこだわり、何から逃れたくてもがいていたかを知るのは
私がこの人生で何をテーマにしていたかを知る瞬間。
それが夢から覚める瞬間。
私の作り上げていた幻を見る瞬間。



今週末は、囚われていた女性スピリットを解放する大事な儀式を行います。
日本には今年の夏行けるはずですが日程がまだ決まりません。
執着からの解放のお手伝いは、今はホメオパシーでお手伝いしています。

皆様を応援しています。






プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR