< >
2017. 02. 04  
Session 10

<セッション前>
前夜は思った通りS10へ向けての緊張(?)で、目が冴える。パッキングもせず、逃げまくりで、夜中2時頃ベッドへもぐる。もぐった 瞬間に、あ、もっと早くもぐればよかった(笑)と思う。ベッドのあったかさは最高。 そして4時にアラームが鳴る。ね、ねむい。雀も鳩も烏もまだ寝てるのに、、、。 暗い、雨降り、寒い、大荷物、超走る、身体も重い、 あ"あ"あ"。電車に乗り込み、座ったまま、フテ寝。パンをかじる、またフテ寝。

オーバーウアゼルに着く。お気に入りのタイ料理屋さんで、期待通り(超えの)の激辛とりそぼろ料理炒めを食べ、その他もろもろ どーでも良くなる。嗚呼、カプサイシン。唐辛子っていいね。辛いし塩っぱいしタンは絡むし、ジンジャーティーは熱いし辛いし(な んでラッシーにしなかったのか私)、おなかパンパンで、タイ人のママさん達とニコニコミラーし合いながら、いつものカフェへ。

カフェに着くなり、荷物が邪魔してドアを開けるだけの事にどたばたしていると、忙しく豆を炒っている店長(?)がささっとドアを開 けてくれる。日替わりコーヒーのUgandaにすっかり癒される。苦みと酸味が丁度良く調和されている。メモ帳にセッション前の状態 をちまちまと書き始める。文字が前よりととのってきたかなと思う。しかし、書きながらふとしたキッカケで、たちまちぐにゃりとし てくる。これがトラウマにアクセスするという事なのかしら??なるべく読みにくいようにしたいのかしら私??ほんと、書きながら 5分前と文字が違うからビックリする。情緒不安定とはちょっと違う気がするが、不安定な状態で感じている事だから、これこそ情緒 不安定の醍醐味なのか??スケジュール詰め込みすぎで、気をはっているだけか??

ふと気がつくと、近くにいるフランス人のおばさま2人が微笑んでいる。目線の先は、忙しくコーヒー豆を炒る店長と炒られてゆく豆 たち。ふと私も微笑みに"帰る"。なんとなくそれもおばさま2人に伝わったらしい。で、2人も2人のあいだで、微笑む。ふむふ む、ここに来る人達は、店内で淡々と豆が炒られてゆく日常が、何とも素敵な非日常でもあり、ここが好きなのかしら~と思う。

<セッション中>
ラストセッションだ、という意識が強いせいか、始めのS1からの身体感覚の記憶とそれに伴った心の記憶が逐一蘇ってくる。 あ、S1では霊化して(その後"霊化"と名付け)、カーテンと同じくらい半透明の気分だったな、とか、脇の下がピザ生地のように伸 びた事もあったな、とか、まるで掃除機のような手におなかを吸い上げられた事もあったな、とか、(注:あくまでも、これらは私の 身体感覚を表すための個人的な表現である。) 走馬灯のように蘇ってくる。 右肩はさいごまで"最後の砦"として存在しているらしい。4回脱臼したしね。 色々あった道のりがいよいよ終わっちゃうのかぁ、と思う。が、不安な感じはしない。

おじぎについて。以前、セッション2の際に、バフバフと何回もおじぎをするという行為は、相手への敬意、畏怖、自己テリトリーの 確保が転じて、無意識に押し相撲をしているのではないだろうか、と書いたが、では、有難すぎてどうしようもなくて、頭を垂れざる を得ない時はどうなのか?エネルギーは高い所から低い所へと落ちる。もしや、"私めをお清め下さいませ"なのか??御利益下さ い?どうか外から別のエネルギーで洗い流してくださいという感じか?滝効果?!ばくぜんとした敬意と畏怖を感じさせる相手、その 相手からのエネルギーを自分にも流してみよう=流してもらったら、自分も相手と同じにレベルになれる=じゃあ、もう怖くないじゃ ん。という事なのか??若干、想像膨らまし過ぎだとは思うが。(笑) ただ、"おじぎ"という行為は日本人特有の事ではないような気もする。普段おじぎをするような間柄ではない外国人の知り合いに、 何となしにおじぎしたくなって、しっかりとおじぎしたことがあるのだが、何となしに向こうもそれがしっくりきたようで、ほぼ同時 にしっかりとおじぎを返してくれた。そしてそれは、見よう見まねの「ドウモアリガット~」では全くなかった。単なるミラーという 感じでもなかった。 結局のところ、お互いが通じ合う、という事がみそなのか。通じ合わないもんだから半永久的にバフバフしてしまうのか。

<セッション直後>
胸が開く。肩関節につながる部分の大胸筋がしかるべき所(私自身がそう感じる所)にスタンバイしてくれている。嬉しい。 そう、私は長い間"ここ"に身体をもって行きたかった(在りたかった)、やっとここに来れた、という感覚。 すっきりして、違和感無し。気持ちも心地も良い。心身共に納得。

長い道のりが完結したと同時に、やっとスタート地点に立てた気分。
すがすがしく且つわくわく。とにかく、私の身体が私と共に私で居ることが楽である。しっくりきている。
達成感ハンパなく、ここに来るまでの道のりを見守ってくれた孝美さんには、只ただ感謝の気持ちが湧き出るのと、これからの日々がとても楽しみでしょうがない。

S10.jpeg
スポンサーサイト
2017. 02. 04  
Session 9
<セッション前> 色々と予定が重なり、セッション8と9の間が約2ヶ月あいた。久々のセッションなので、何となく日記を読み返していると、随分と昔の事の よう。え、自分ってこんな事書いてたんだ?!と少々おどろきつつ当時を思い出す。
今回も前回同様ベルリンでセッションを受ける。

<セッション中>
ダンスパフォーマンス直後だったため、脚、キテますね、という言葉は自分的にもピッタリだ。 脚の容態はさておき、私の雰囲気がいつもと違うらしい。エネルギーは回してなんぼなんです、という孝美さんの言葉を聞き、なるほど、パ フォーマンスが在ったばかりだ、と思う。ちまたで言われる、あの人は存在感がある、オーラがすごい、威厳がない、今日いつもとちがうね、 等というのは、その人のエネルギーがその人の中で回っているのかいないのか、どのように回っているのかいないのか、という事を人は無意識 に感じとる、という事なのだろうか。川は流れているから川なのであって、止まったら淀み名称も変わる。

今日はどこをなぞられても痛い。すね、ふくらはぎ、悶絶。前もも、内もも、外もも、悶絶。右肩奥のスジ、悶絶。肘下の小指側の肉、悶絶。 悶絶だがその後には解放がまってる~と思い頑張る。特に右肩奥のスジを、にゅーっと、ささっと、解体されてる時は、本当に取れそうな感じ がしたが、まあ、そんな事はない、とゆだねてみる。やはり大丈夫(笑)。左肩もたいがい痛かったが取れそうではなかった。

今回のだいこんは(セッション2参照)、噴水のイメージがババッと浮かんだ。命の源の噴水。 仙骨の下に手が来ると、じわじわと仙骨まわりの肉やスジが溶けていくような気がした。

<セッション直後>
上半身(とくに肩)解放で、うっきうっきしながら帰る。とにかく気分爽快。はぁ~ブリーズイン、ブリーズアウト!秋晴れも手伝ってか、るん るん!と口から出てきそう。そんなこと言いながら電車に乗るのも難なので、お家まで我慢する。

<セッション後翌日以降>
とにかく「ポジティブさん」になる。誰が来ようが何が来ようが、さあどうします?どうもしません!俗にいう「私は私、人は人」が、しっか りと行われている。「我関せず」という意味ではない。「私は私」でいることを"分っている自分"を見ている自分がいるので、「我関せられ る」=可能。それは私にとってとても心地よく、いい感じである。とにかくニコニコが内側から顔面を通して湧き出てくる。
このままニコニコでS10に突入かと思っていたのに、そうは問屋が卸さないらしい。ハイテンション、うつ感、パズルゲーム(メディテーション モード)、思い出しニコり、思い出しイカり、どうでもいー、ふふふ、必殺トラウマびらき、駆け込まれ寺、宿題からの逃避、イライラ、はき はき、どろどろ、、、いろんなものを蒸し返す日々。え~もう散々やったじゃん!終えたじゃん!とも思えるのに、何だろう、最後のあがきと いうか、振り幅の再確認?私どうなっちゃうのかしらという感じで、自分がキモチわるい~。やだ~もう~。何これ~?


2017. 02. 04  
卒業からすでにだいぶ経ち、いまやすっかり羽ばたいたYSさんから、のこりの日記を送っていただきました。ちょうど今日も別の連絡いただいて、いま現在のライブ感満載の様子をオンタイムでお伝えできないのがめちゃくちゃ残念!!

セッション8でめちゃくちゃ落ちたYSさん。非公開用の日記に生々しく描かれた落ち込みようは、彼女のプライバシーを尊重して公開用にまとめていただきました。ここまで書いてくださったYSさん、本当にありがとうございました。やっぱり感性の部分で抜きん出ていて、彼女の表現や彼女が気になるところって私にとってもドツボなので、本当に毎回楽しませていただきました。いまもフォローアップに来てくださるのでこれからも長い付き合いになると思いますが、末長く見守っていきたいと思います。ひとまず完結したYSさんと彼女の未来に拍手!!!!

Session 8
<セッション前> セッション7から8にかけては、公私ともに予定が詰め込まれた(アクシデントも含み)怒濤の2,5週間であった。 既に情報処理がパンク状態の自分を感じると同時に、一つ一つ処理して行くしか無いと腰を据えた超冷静な自分を感じていた。 セッションに向かうにしても、ではでは行ってきますか、という感じ。
<セッション中> 私にとって"着地"が現在のテーマであると感じる、と伝えると、ではその方向で行きましょうという事で、それに沿ってセッションは進んだ。 とちゅう途中で、昔の好きな記憶や、嫌な記憶がぽつりぽつりと口を次いだ。どちらの記憶にせよ、今となっては面白おかしく語れるものばか りである。記憶を歩き回るにつれ、自分自身の傾向やパターンが見えてくる。 今回は現在の身体の感覚に集中するというよりかは、過去のメモリーに集中したいらしい自分に気づく。

<セッション直後> 単刀直入に言って、とても気分が良い。

<セッション後翌日以降> 何を行うにおいても、頭がおもい。これは一体何だ、思考?ストレス?長い髪の毛?自己完結すらできず、もんもんとする日々。 この状態で、日本に一時帰省する。いつもの場所、初めての場所、素敵な人々、日本らしい行事に遭遇する。 一つ気がついた事は、普段より若干感情的になっている自分。オリンピック中継をテレビで見る事が、目から水滴が落ちるのには十分すぎる理 由である。 なんとなく、常に気分が落ち込んでいる気がした。落ち込みの中で喜びの瞬間が見受けられるような、喜びの中で落ち込みの瞬間が見受けられ るような、2 in 1 コンディション。私の外側は、天気がよい夏の日々である。
2016. 09. 29  
YSさん7回目の日記です。ご本人生々しいところを泣く泣くカットしたとおっしゃってたのですが、そのカットされたところこそが本当に面白かったのでとても残念!相変わらず面白いイラストですが、7回目のこれは一番好き!!!

私はSEトレーニング残すところあと1日となり、やっとPCの前に座れるようになりました。辛かった1週間。危険区域を行ったり来たりしながら、日本人やるのも大変だけどドイツ人やるのも大変だな、というか、人間やるって大変、とぼんやり思っていました。とにかく疲れた。10時間寝ても泥のように眠い。来る前日は緊張のあまり嘔吐絶食、全身に鎧をまとい、着いたときからもう這って進むくらいに疲れきっていて、神経組織がレッドサインを点滅させているのを眺めるのにも慣れてどこか緊急事態が日常化した今、ここから日常生活へのシフトの軟着陸を考えないととぼんやり思っています。帰って2日間を完全にオフにしたのは正解だった。

今回扱ったテーマは発達段階でのトラウマ、戦争や自然災害のサバイバーのPTSD,虐待サバイバー、そしてすべてが複合したトラウマ。というか人生そのもの。描かれている心理状態や言動はまるで自分かと思うくらい生々しく、思わずノートとる手が凍りついたくらい。人間というのは人間によって傷つけられるとしみじみ思います・・。

Session 7
<セッション前>

6:04発の電車に乗る。特に何も食べずにずっと寝通す。しばらくして目が覚め、パスタサラダとチーズケーキを食べる。ウーロン茶にジュース。再び眠りに落ちる。

フランクフルト到着。セッションまで時間があるので、こじんまりした動物園をささっと見てまわる。 オーバーウアゼルに着き、前々から気になっていたタイ料理のお店でおひるごはん。炒め飯とトムヤンクン。お腹大満足。 さらにいつものカフェへ行きまったり。

セッション前にしてとても充実。こころの準備万端!今日は鼻の穴の日だからね!

<セッション中>

いよいよ待ちに待ったセッション7!顔!ハイライトの鼻! 鼻の穴から直接働きかけるボディーワークなんて滅多にあるだろうか、いや、ない。 顔に入る前に、仙骨や顎関節などのワーク、首の後ろのツボ?を押される(絶対なにかの解除ボタンだよ!笑) そしてまずは、唇の周り/歯茎をゆっくりゆっくりほぐされていく。びっちりとこんがらがった毛糸玉のような極長うなぎ(そんなものはあ るのか)を、しゅるしゅるとほどいていく感じ。美顔マッサージの類いとは別のタイプの痛さ(そんなに痛くはない)。ほっぺたやら口の中や らほぐされていく。 そしていよいよ鼻!なんだ、思ってたより痛くない無いじゃないか。私へーき、と思っていると、少ーしづつ、じわじわと"へーき"度は薄れ ていき、弱点を見つけられた感というか、もーいーです勘弁して下さい感、へと変わる。笑 こういう時は、力むと余計どつぼにはまる!と思い、リラックスしようと努める。が、出来ない。身体の中で、リラックスしなさい!とリ ラックスしてはいけません!が葛藤している。結局リラックスできずに、くしゃみが出る始末。 ワークが終わり、ぼーっとしてくる。おそらく、鼻の筋肉の繊維の事なんて今まで気にかけた事も無かったので、私の身体の部分としては今 世紀最大レベルにこんがらがっているのだろうな、とワケの分からない事を考える。ワケの分からないまま、脳みそは再びθへ。孝美さんは しばらくの間、私をぼーっとしたまま居させてくれていた様子。自分のいびきで目が覚める。

<セッション直後>

直後の身体の感覚として、イメージで言うなれば、小人さんになりました、という感じ。 余計な装飾で膨れ上がっていた小人さんが、断捨離の結果、すっきりし、そういえば小人だった、という大事な核が見えた感じ。
<セッション後翌日以降> "頭でっかち"というのが、直訳でそのまま体現した場合にピッタリ。本当に頭がでかい、質量も体積も拡大&加重。 頭がフグ。花粉症の症状に似た感じで過ごす。


S7 1

2016. 09. 21  
インディアンサマーが続き浮かれていたらいきなり冬のような寒さになり、季節性ウツを大真面目に公言するドイツ人を鼻で笑っていた頃は若かったと寂しく落ち込んでいたら、今日はまた太陽が見えて復活しました。太陽って偉大。太陽にここまで振り回される私は小さい。

YSさんが体験談6回目を、

「私を一人にさせてぇぇええ!」

という怒涛の夏をくぐり抜け、書いてくださいました。現在セッションは実は9まで進んでいて、セッションごとにテーマを素直にまるごと体験してしまう彼女の非凡さこそを私が書きたい衝動に駆られますが、ここは出しゃばらず彼女の日記を順番にアップしていきます。現在の彼女は数々のアップダウンを経てもう炸裂間近の焼き栗みたいな機動力をみなぎらせていて、ああこの方こういう方だったんだな、としみじみ思うところがあります。しみじみ、「女優」。何にでもなれる人って、本人やろうとしてないんですね。そのものになってしまうんですね。

あ、ご無沙汰しておりました。夏お世話になった方へのお礼もまだ、冬の日程についてのご連絡もまだ、ご無沙汰して申し訳ありませんがもう少しお待ちください。今週末からケルンでSEのトレーニングでもしかしたらこの世の終わりを垣間見る予定です・・・・・。

おっとYSさん体験記でした!!

Session 6
<セッション前>

今回は予約の時間が午前中という事で、初めての前泊。とても楽だという事を発見。 ホテルの部屋に籠り、メールやら日記やら、とにかく溜めていた文章をぶわ~っと書きまくる。さらに気が楽になる。 食欲が無かったため朝食はオレンジジュースのみにし、いよいよセッションへと向かう。

<セッション中>

まずはうつぶせから開始。いつものように、4方向から観られる。 背中の右側、左側。顔は右側の時は右向き、左の時は左を向いていたが、うつぶせの体勢は慣れていないためか、たった数分同じ方向を向いている だけでガツーンと首が凝る。顔を反対側に向けるのに、どっこいしょ、痛たたた。

うつぶせで片膝を曲げた状態で、大腿を回転軸にして、脚の付け根を内側へ回旋(片脚で内股の状態)。その体勢で、piriformisへとアプローチ。 痛い痛い。ダンサーという職業柄、テニスボールやトリガーポイントのローラーを使って、よく自分でころころしたりする部分だが、内旋の状態で のアプローチは初めて!自分一人では出来ない!

うつぶせのまま、孝美さんの手が、脇の下からと肩甲骨からサンドイッチ。気が遠のきそう。悶絶の痛さとかいうわけではない。絶妙な得体の知れ ない感覚。まるで"部分解体"されていく私。しかも、前々からセッションのたびに同じポイントをアプローチされてる気がするのだが(あおむけも 含め)、面白いほど毎回違う感覚が身体をよぎる。 セッション2(以下S2)では金色の菌糸が生えていくような感覚、S3では金属の融解実験のような感覚、S4では見たまんまバーベキューのような感 覚。これは、"解体"るための作業手順だったのでは?!と自分を納得させてみる。つまり、注入し(S2)、溶かし(S3)、接続部品の錆がとれた後に、 肉を撤去(S4)、そして、今回めでたく解体(S5)。笑

いつもの、背骨から座骨、足先へと体重を落としていくやつで(椅子に座った体勢)、ももの外側をなぞられると、何かとてもシャープな刃でスパッ と切られていくような気がした。解体。笑

今更だが、孝美さんは色々なタッチを持っている/使い分けている(?)事を発見。(あくまでも私の身体の感覚における表現) 磁石、掃除機、Scraper、じんわりHotPack、肉をすぱっと輪切りにする刃、BBQの串、電気系、注射系 etc.

座ったままに、右の肋骨を両手で包まれると(動かさず、触れている)、そこに不必要な緊張がある事に気づく。動かずして手のひらに着いていくと いうか、緊張を解いていくと、身体の中のスペースが広がっていく。ああ私、おなか開いてもいいんだ、と思った。バレエトレーニングやら、日々 のストレスやらで縮め固めて使う癖があるのは知っていたが、開いて良いんです、と肯定された気分で身体が嬉しい。気持ちも嬉しい。そのまま3 0分くらい触れられていたとしたら、おそらく涙がこぼれていたであろう。

最後は仰向けで。首の後ろの2点を突かれると、目ん玉くしざし感が満載で、いまにも孝美さんの指が目の骨の空洞からしゅるっとでてきそう。気が 遠のく。

そして今回の"ダイコン"は(S2,S4参照)、もはや解体作業の一貫。だいぶ緩くなったコルクの感じ。


<セッション直後>

直後の感覚としては、キノコです、という感じ。(イメージとしてはハリガネタケ?チシオタケ?) 両脚はシュッ!ちゃんと足裏は地に着いていて、且つ軽く、ちゃんと脚で歩いている(連動が機能している)感じ。横隔膜が軽く、歩きやすい。前肩 が改善されている。

<セッション後翌日以降>

踊っている時に感じた事、身体がどっしりのびのびしているのはいいが、収集が着かない。 今までの身体の使い方では出来ませんよ、という感じ。小回り出来ない。何をしても、どしーん、びよーん。



S6-1.jpeg
S6-2.jpeg
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR