FC2ブログ
< >
2020. 04. 03  
Dear friends,
how are you now? Hope this message finds you and your loved ones well!

Following the guidelines of the government to lock down and
reinforce quarantine, I am enjoying this lone holiday by riding a
bike, practicing yoga, hiking in Mt. Taunus, visiting a local
market twice a week to get seasonal fresh vegetables.

As a homeopath, I would like to emphasize the real covid-19
buster is our vital force, not isolating ourselves. We get
infected when our vital force is low and thus susceptible
to viruses, not when we approach to others closer than
1.5m or go to parties. So what we are asked now is to
boost our immune system by good exercises, good foods,
sharing laugh and love with your loved ones, etc., to keep
our mind sound.

Of course I am aware how serious this pandemic is and how
panicky the medical field is. But what medical people can do
is just to support our inert immune system to function properly.
It is only us individuals who can prevent infections by keeping
our immune system well and cure ourselves once infected…
by taking a good rest. Inflammatory symptoms are annoying
and we want to remove immediately, but this is the process of
cleansing our body and what we should do is to complete it,
not to suppress it by medications such as anti-inflammatory
analgesic.. The real tragedy happens when we suppress
the inflammation. The chaos in hospitals are the result of that.

Lockdown/controlling people using huge budget is not the
fundamental solution of this pandemic because the real
causation is not in human contacts and lockdown leads to
economic disaster. The hessische financial minister Thomas
Schäfer committed suicide reportedly on March 28th because
of the pessimistic vision of this country. (He was told to be the
next prime minister of Germany.)

The interventions in hospitals are for emergency. Medications
are for suppressing symptoms and make our detox process
incomplete. This means they not only make our immune
system weaker but contribute the chances of viral mutation.

I will not go deeper into the analysis of corvid-19 further more
but rather would like to introduce some general information
about viral infection.

Viruses are everywhere from ancient times and we and viruses
have been cohabitating in balance since the first human being
emerged in this planet. Virus is not a living entity by itself like
bacteria but a part of our components, and has a feature it can
destroy a nuclear of cells. Virus is not for barricading to
expel, because it cannot move by itself nor cannot proliferate
by itself. Yes it invades our system and destroys cells but
cannot enter our system unless invited. This is the important
point of viral infection.

We are familiar with computer updating, right? It is to erase the
old unnecessary information to prepare for the new. To say
more, it's us who are asking viruses to help us update our
system by destroying our old unnecessary information stuck in
cells by breaking a nucleus itself. It is interesting it happened in
this year 2020 of scrap and build, isn't it? This is not the war,
but rather a big chance to update and adjust ourselves to the
coming era.

This covid-19 chaos is quite psychological in multiple reasons
because what we are asked now is our awareness for the next
stage; this is exactly the last stage of ascension of this planet
which is inevitable. As far as we are trapped in the view point
of lower-self or ego of this three-dimensional world, we will not
be able to survive the coming real chaos. The three-dimensional
value represented by materialism, individualism, “I WIN and you
lose” and so on will not work anymore and collapse.

The current lockdown is accelerating our old pattern and going
to the opposite direction we should be heading for. Rather what
we are asked now is real awareness of ourselves, reconnecting
our higher-self that is within us. Practically at this moment what
we are asked is really to reflect ourselves in order to identify
the old pattern we are clinging to...:

 Which drama do I want to end?
 What do I want to remove from my life?
 How would I like to design my future from now?

The real enemy is our clinginess to keep the unnecessary old
pattern which should be removed now. Pouring paranoiac fear
to covid-19 actually decreases our vital force and makes us
even more vulnerable to infections. Collective consciousness
(of Carl Jung) to pour tremendous energy into the unseen even
materializes it. Do we want to pour our energy to create an
unconquerable alien?

What we want to proceed now is cohabit, not conquer. This is
what's happening in this planet now. I am crossing my fingers
for your smooth transit in this final (and most tough) stage.
Remember, this is the most important moment to proceed
to oneness.

With lots of love ❤️🌷🍀
スポンサーサイト



2020. 02. 25  
網走よりも北に位置するドイツも、春の訪れを感じる季節になりました。
昨日は強風により学校閉鎖などという異常事態でしたが
今日は打って変わった快晴。
まるっきり違う顔を毎日見せる地球。
まるで私たちのあり方で未来はこうなるんだよ、というパラレルワールドを
毎日交互に見せられているよう。

先週は春の訪れを祝うカーニバルがドイツ各地で行われました。
例年よりもパレードに出る人が少なく、いまひとつパンチにかけるようだった模様。
それよりも子供を狙った乗用車が観客に突っ込んで10数人を轢いたというニュースに暗澹とした気持ちになりました。

罪のない人を狙った群衆殺戮の動機は
とても歪んだ心理状態を反映しています。
どこにも行き場のない、
身の置き所のない私
物心着いてから、
いっときも心が休まる機会がなく
世界中が全部敵だという精神状態に常に晒されていたら
こういう自分を肯定してくれる思想に身を寄せ
そこでマインドコントロールされても何も不思議はない。

日本語になっているかわからないのですが、
Emotionally abusive relationshipという本があります。

感情的虐待。

とにかく細部に渡って嫌になるくらいに事細かにこの感情的虐待の定義を書いてくれているのですが、関係によるストレスに常に晒されている日本人は、読まなくてもだいたい内容の想像がつくはず。

私たちは普段ほとんど麻痺させていますが、
傷ついた感情というのは、
頭が忘れても細胞は覚えている。
この凍りついたエネルギーは、私たちのオーラを形成します。
一触即発。

外から見ると、日本は本当に一触即発。
癒しへ向かう方向に舵を切る時です。

世相が煽っているのは個人主義。
一部の人だけが残りの犠牲者から搾取する構図。
このゲームをやり続けますか?

この世はゲーム。
私たちはそれぞれの選んだドラマを生きている。
だからあなたがどうであろうと、私には関係ない...

これを、このまま続けますか?

目を覚まして、周りを見渡して。
何を見たいですか。
恐れているものは何。コロナウィルスの何が怖い?
致死率をよく見て。
何も信じられないって?何を信じたい?
あなたの生きたい未来がここにありますか?
何かを批判するエネルギーを、
何かを生みだすエネルギーに変える時です。
日本は変わらないといけない。いや、元に戻らないといけない。
私たちが最も自然に持っている資質を思い出す時です。
排除し合うのでなく、奪い合うのでなく、助け合う時です。
2018. 06. 27  
再びこんばんは

そういえばブログ書くという楽しみあったっけな〜と思い出しています。今年は特に何か軽々しく口にできない体験が多くて、口をつぐんでいるうちに本当に寡黙になってしまいました・・・。たくさんのことにガチで向き合って来たと思います。自分の深層意識を見たときのショック。これは体験しないとわからないですね。この世は自分の幻想の投影だという事実を、自分の経験を作り上げているのは環境でもなく関係でもなくこの私だということを、嫌というほど見続けてました。まるでシネマの登場人物をペラっとスクリーンからはがすみたいに取り出して、眺めて。この人物のこの行動そのものにいい悪いはない、この行動をどう捉えるかは私が選んでいて、それをどう経験するかは自分で決めている、という事実を。

自分の無意識と深層意識、その先の集合意識の層に飛び込むのには技術があって、これをカモメのジョナサンのようにやってきて、今やっとコツを掴んで来ました。何か知っている気がしていたので意地でも自分のやり方でやって来た直感は正しかった。修行僧が滝に打たれたり、瞑想を毎日何時間もやるのは、あれこのアクセス方法を確立したいがためなのですね。一瞬のその瞬間を体験してしまうと、もうその体験が忘れられなくて、寝食投げ打ってもうそれだけやってたい、やらせてくれ、みたいな気持ちになります。周りを見渡すと、こういうことを飽きずにやって来た人は何も私だけじゃなくて、まあ普段は口に出していないだけだったのですね。

私のところにホメオパシーやロルフィングやSEや靈氣でいらしてくださる方とは、結局多かれ少なかれこの体験をセッションで共有します。私はそのお手伝いをするために生かされていると思っています。他者のリーディングはうんと簡単で、これは努力しなくても自然にできるので(私たち全員もれなくやってます!)、せっかくだからと知識体系を身につけました。自分へのアクセスと他者へのアクセスは全く別です。色々勉強して、結局どれもおんなじことを言っているようだということがわかって、それぞれのツールをそれなりに使い分けることができるようになって、何かやっと安心していられる場所に来れたかなと思っています。

エスワティニのこと少し話します。エスワティニ(旧スワジランド)は南アフリカの先端の独立小国家です。世界最貧国の1つに数え上げられますが、世界最古の人間が発見された道の一部に重なっていて、土着のリチュアルや民間療法がまだ生活の一部に確実に残っている国。山が、岩が、木が、水が、大地が生きていて、動物も鉱物も植物もまるで人間と対等の生き物であるかのような主張をする国。人々がおとぎ話の登場人物のようにわかりやすく、よくも悪くも原型を体現する国。

今年の2月、尊敬する同僚でありママであり最も大切な友人であるペギーが企画してくれた出張で行ってきました。正味7日間が、まるで7000年のようでした。以前直傳靈氣を初めて受講した時に初めて陥った感覚、ソースポイントセラピーの講習でまた陥ったあの感覚、あの感覚に似た感覚が、あの国に降り立った瞬間に降って来ました。予感はしていたのです。私ここ知ってる。デジャビュが次から次へと現れ、私の言う言葉の一言一句にいちいち驚愕するペギーを待っていられないかのように、時計がグネっとうねり運命の輪が廻る。

詳細は省きますが(多分この詳細は500ページくらいの「聖なる予言」のようなノンフィクションとして書けます。。)この運命の輪が廻り始めたと思ったのは去年のロルフィングアドバンストレーニングでの滞在場所での体験でした。どうも個人的に周波数を合わせる作業が妙に好きだなとは思っていたのですが、ある親和性のある場所に行くだけで自動的にオリジナルポジションに同期されてしまう場所というのはあるのですね。巷のパワースポットめぐりをバカにするではない、と思いました。神社仏閣に行くと気分がよくなるのは気のせいじゃなくて、確かにそういう場所は繋がりやすい。アクセスしやすい。ロルフィングトレーニングはパワースポットに行かずともこの回路を開く試みに飛び込むことになる大きなきっかけではありましたが、アドバンスのあの場所とあそこでの体験、その後のスワジランドは確実に連携プレーで私をいまの場所に導いてくれました。

キリマンジャロ山には、以前ある方から伺ったのですがキリマンジャロよりも背の高い女神が住んでらっしゃるそうです。あの国は絶対君主制で一夫多妻制で父権国家で、制度はこうですが精神性でいうと女性と男性はダライ・ラマとトランプくらいかけ離れています。
この、土地の持つ圧倒的な女性性と、現実の圧倒的歪さとを、まるで人海戦術のように短時間で濃密に見せてもらったのは何かある。土地の者に対しても普段明かされない場所に導かれ、普段会えない人に会う、というのは何かある。思いがダイレクトに目の前に現れてしまう。色々なことがあまりにも見えてしまう。何か別のコンセントとアンプに繋がれたみたい。あのあと現実世界に戻るのに時間がかかり、あれはなんだったんだろうと思っていました。自分だけの体験なんだろうか。集合意識のある層にアクセスしてる。時期が来たら何らかの形で皆様に還元することになるのかなと思っていました。その後自分を整える作業を黙々とやって来ました。そうしてまた9月に行くことになりました。次は目的がもっとピンポイントです。懐かしい故郷に帰る気分。

この数年、かなり自分の内側の作業に没頭していて、外側がもうどうしようもなく身薄になってしまっていましたが、やっともう少しで統合できそうです。あともう少し、後数年?皆様にお会いする8月までにはもう少し整うといいと思っています。

2017. 02. 12  
マザーテレサの言葉に感じ入るところがあって
もういちど引用します。
彼女の声を聞きたい・・


人はしばしば
不合理で、非論理的で、自己中心的です。
それでも許しなさい。
 
人にやさしくすると、
人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、
と非難するかもしれません。
それでも人にやさしくしなさい。
 
成功をすると、
不実な友と、
本当の敵を得てしまうことでしょう。
それでも成功しなさい。
 
正直で誠実であれば、
人はあなたをだますかもしれません。
それでも正直に誠実でいなさい。
 
歳月を費やして作り上げたものが、
一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。
それでも作り続けなさい。
 
心を穏やかにし幸福を見つけると、
妬まれるかもしれません。
それでも幸福でいなさい。
 
今日善い行いをしても、
次の日には忘れられるでしょう。
それでも善を行いを続けなさい。
 
持っている一番いいものを分け与えても、
決して十分ではないでしょう。
それでも一番いいものを分け与えなさい。

・・・・・・・

導いてくれる人を待っていてはいけません。
あなたが人々を導いていくのです。

・・・・・・・・

いかにいい仕事をしたかよりも
どれだけ心を込めたかです。

・・・・・・・

愛されることより
愛することを。
理解されることよりは
理解することを。
私たちは、
成功するために
ここにいるのではありません。
誠実であるために
ここにいるのです。

・・・・・・・

どれだけ多くをほどこしたかではなく、
それをするのに、
どれだけ多くの愛をこめたかです。
大切なのは、
どれだけ多くを与えたかではなく、
それを与えることに、
どれだけ愛をこめたかです。

・・・・・・・

もし貧しい人々が飢え死にするとしたら、
それは神がその人たちを
愛していないからではなく、
あなたが、そして私が
与えなかったからです。

・・・・・・

飽くことなく与え続けてください。
残り物ではいけません。
痛みを感じるまでに、
自分が傷つく程に
与え尽くしてください。

・・・・・

神との契約によって厳しく生き抜いた人。

以下は英語。


God doesn’t require us to succeed; he only requires that you try.

It is not how much we do, but how much love we put in the doing. It is not how much we give, but how much love we put in the giving.

Love is doing small things with great love.

People are often unreasonable and self-centered.
Forgive them anyway.
 
If you are kind, people may accuse you of ulterior motives.
Be kind anyway.
 
If you are successful, you will win some unfaithful friends and some genuine enemies.
Succeed anyway.
 
If you are honest, people may cheat you.
Be honest anyway.
 
What you spend years creating, others could destroy overnight.
Create anyway.
 
If you find serenity and happiness, some may be jealous.
Be happy anyway.
 
The good you do today may be forgotten tomorrow.
Do good anyway.
 
Give the best you have, and it will never be enough.
Give your best anyway.

The hunger for love is much more difficult to remove than the hunger for bread.

The most terrible poverty is loneliness, and the feeling of being unloved.

Do not wait for leaders; do it alone, person to person.

Intense love does not measure, it just gives.

Be faithful in small things because it is in them that your strength lies.

If you judge people, you have no time to love them.

God has not called me to be successful. He has called me to be faithful.

If we have no peace, it is because we have forgotten that we belong to each other.

I have come to realize more and more that the greatest disease and the greatest suffering is to be unwanted, unloved, uncared for, to be shunned by everybody, to be just nobody [to no one].

We can do no great things, only small things with great love.
2017. 02. 06  
私の2月3日の投稿を見てくださった方が、私の一年の計に似た言葉がある、とマザーテレサの言葉を送ってくださいました。こんなに立派じゃない。しかも実は半分寝ながら読み返している途中でフリーズ+投稿、めんどくさいからそのまま寝てしまった、あれ。意味不明な内容なのをこんなに好意的に解釈してくださったさった上に、これが彼女の言葉と合わせて今の心情のドツボにはまった内容だったので、これはきいた・・。

私がセッションの時にいつも眺めている直傳靈氣の五戒の最後の言葉
「人に親切に」

「人に親切に」は信念なのでやりますが、
傷つくのはどうしても繰り返す。
期待しない、依存しない、
これは自分がしたいからだ、
宇宙との契約だ、
と理性で説き伏せますが
毎回毎回見事に丸腰なので
思いがけないブローを食った時の打撃には
毎回耐えられない思いをします。
学びたくないんだろうな・・
学ばないでいたいな・・
と思っていたところだったので
このタイミングにびっくりしました。


1日の終わりにこの言葉をかけてくださった彼女に
「五戒に全てが入ってますね」と
いつもは私が偉そうに言っていることを言っていただき
ぽんと肩と叩いていただきました。
こういう時、セレンディピティーの恩恵にあずかった、
ととても嬉しくなります。

つなげてくださってありがとう。
今晩はいい夢が見れそう。


以下がマザーテレサの言葉:
よく知っている言葉ですが、本当にタイムリー。




人は不合理で非論理で利己的です。



気にすることなく人を愛しなさい。



あなたが親切であれば、
人々はよからぬ思いを秘めて
あなたを非難するかもしれません。


気にすることなく、親切であり続けなさい。



あなたが正直で誠実であれば、
あなたを騙そうとする人が現れるでしょう。


気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。



あなたが幸せを見つけたら、人々が嫉妬
するかもしれません。


気にすることなく、幸せでいなさい。



あなたが善い行いをしても、おそらく
次の日には忘れられるでしょう。


気にすることなく、善を行いを続けなさい。



あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。



蹴り返されるかもしれませんが、
気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。


なぜなら、結局のところそれはあなたと神様の間だけのことなのです。



あなたと周りの人の間とは全く無関係なのです。


ジャコメッティの素描の、巨人の前に佇む人のポスターを壁にかけてこれも毎日見てるのですが、これも同じ。

周りの人間とじゃなくて、神と比べなさい、
神との契約を思い出しなさい、
というメッセージ。

一瞬一瞬思い出さないと、すぐまた見失いますね。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR