< >
2015. 04. 12  
昨晩、一昨日からフランクフルトではじまったフォーサイスカンパニー最後の公演Kammer Kammerを観に行ってきました。15年前の作品で、フランクフルト市立バレエ団時代のプリマとプリンシパルが主役を演じるゲイとレズビアンの交差する人間関係を描いた作品だったそうなのですが、こんなに解りやすいテーマなのに解らなかったの?と後で言われるまで内容が解らなかったという、よくわからない作品でした。

Kammerというのはドイツ語のZimmer(部屋)と英語のCam(カメラ)をかけたもの?のようで、舞台、とくにモニターの仕掛けと芸術性には感動しました。ステージがいくつかの部屋で仕切られ、一番手前で踊ってくれるシーン以外は観客は壁のわずかな隙間かモニターでしか観られない。断絶、同時並行、関係性の平行、こういったモチーフはフォーサイスの作品には決まって出てくるのですが、最後にあらためて初期からこのテーマが前面に押し出されているのが解って、なるほどと原点を見る気がしました。

主役の二人がずっとしゃべり通しなのですが、それが何について言っているのかさっぱり解らない。いや英語がわからないというより、言語がひっかかりを持たず、右から左に抜けて行ってしまうのです。何が言いたいのかがさっぱりわからない。後期の作品だと、照明も音響もうんと減って、セリフももう何語でもない変な声での会話になるのですが、これに繋がっていった理由が解る気もします。きちんとした文章なのに、まったく意味を持たない音の羅列にできるってすごい。

説教などがいい例だと思うのですが、人間てある程度以上の音量と情報量になると防衛機構が働いて聴覚が自動的にシャットダウンし、音は入って来るけれど聴いてない、という状態を作りだせるみたいです。(聴覚過敏症や自閉症はこの機能が停止した状態。)まったく意味不明のモノローグをずーっと聞かされて、なんだか情報を拾おうという回路が断たれてしまう。観客とのコネクションも、舞台でのコネクションも、全部断ったところに現れるのは、ぐるぐる回る脅迫的な一人の思考回路。

これは私の印象なので、他の観客はスタンディングで賞賛をしていたような素晴らしい内容だったのでしょうが、私には、正真正銘わからなかった〜〜〜〜〜。関係性についてあれだけ掘り下げて来た(ように見えた)カンパニーが、最後にたたむ前にこんなにヒステリックな一本調子の作品で終わるのも、常に人の裏をかくことを楽しむかのような彼特有のウィットなのかもしれません。

フォーサイスカンパニー解散後は、トゥシューズを履いて踊るダンサーたちによる、よりダンスを前面に押し出したカンパニーが後を引き継ぎます。プロのダンサーによるダンスパフォーマンスを存分に堪能出来るようになります。フランクフルトの観客にはおそらくそちらの方が受けがいいでしょう。でもこれでもかとアクを見せつけられて来た私などは、このひねった表現に妙に愛着が湧いてしまって、アクのないパフォーマンスにちょっと拍子抜けしてしまうかもしれない。実際へんな作品ばかり踊って来たフォーサイスカンパニーのダンサーたちは、カンパニー解散後、若いダンサーも含めて全員が、新しいカンパニーには残らずフリーになる道を選んだことも、このあたりの事情を物語っています。

この作品は19日まで続きます。一つのパートを複数のダンサーが踊るので、日によってカラーがまるで違うものになるのも面白い。観客席によって、踊るダンサーによって、作品がまるで違うものになるというのは一つの作品を何回かみて知りました。初期の頃の超自我が強い個性的でアクの強いダンサーたちが去って、性格のいいダンサーがそのパートを踊ると、まるでテーマが違うものになってしまうのも面白い。昨日さっぱり解らなかったのも、超個性の強いオリジナルメンバーの不在によるところも大いにあるだろうな、と思いました。私は最終日にもう一度行ってきます。

スポンサーサイト
2015. 03. 04  
4月10日から19日まで、解散が6月に迫ったThe Forsythe Companyの最後の作品KAMMER/KAMMERの公演がフランクフルトのボッケンハイマーデポで行われます。これが本当に最後の公演なので、チケット売り出しと共に予約は殺到していて、残席わずかだそうです。私は初日から2日目と最終日に行く予定です。もしご興味がおありの方は、即刻、お申し込みください。売り切れ間近です。

今回日野先生のワークショップで彼らの凄さを身近に生で感じただけに、彼らの舞台を見れるのがこれでおしまいというのが本当に残念でなりません。何度か稽古やクリエーションの現場を覗かせていただく機会もあって、彼らの生の動きというのがこれほど面白いのかと、瞬きする暇も惜しかった。稽古だと個性が際立つ。

ダンスはエネルギーの交換を見せているのかもしれない。エネルギーの関係性が、同じ場にいると鮮明に見える。エネルギーをこんなに鮮明に感じたことも見たことも今までなかった、と彼らと同じ空間にいて強烈に感じました。もう地響きのあるエネルギーで場を一気に包む人、意外に軽いエネルギーの人、閉じてる人。自分がどれだけ彼らと違うかも知ってしまった。実際の視界とエネルギーフィールドは完全に別で、しかもこの二つは完全に制御可能。普段いるのと全然違うフィールドで別の次元の感覚を探りつづける彼らといて、こういう練習が彼らを作り上げて来たんだと感じました。

ワークショプで圧巻の存在感を放っていたJoneは、安藤洋子さんと並んでいつも妖怪っぽい役で観客を釘付けにする主要ダンサーですが、彼女のソロの公演がこの週末四日間、フォーサイスカンパニーのラボで行われます。黒人ダンサージョシュのインスタレーションと、今は脱退したシリルとニコルの2人のダンサーがduoに加わります。チケットはもう完全にソールドアウトだそうです。私は残念ながらこれは見に行けません。

彼女は私より年上ですが、身体も動きも20代としか見えない。彼女はフォーサイスカンパニー解散後は、40歳以上のダンサーだけから成る新しいダンスカンパニーに所属するそうで、今後はそちらでの公演を見に行く機会があるだろうと楽しみにしています。

フォーサイスカンパニーのダンサーたちは、解散後はカンパニーを引き継いだ新振付家の元には誰一人残らず、全員がフリーを選びました。きっと今後は世界中に散らばって、各地で今までの築き上げて来たものをそれぞれが素晴らしく発展させて行くんだろうなと思います。
2014. 10. 05  
来年夏の解散を発表したThe Forsythe Companyのフランクフルト最後の公演DECREATIONが来月フランクフルトのBockenheimer Depotで行われます。

この作品は、カンパニーのダンサー安藤洋子さんがかねてから最高傑作と絶賛していたピースです。主役を踊ったThe Returnsよりも「魂をこめられる」と。複雑で生な人間模様が織り込まれた、非常に深い作品だそうです。私はこれが伝説になる前に最後にこの目で観られることになって嬉しい。今回は洋子さんの勧めもあって、初日近くと千秋楽、最初から2日分確保です。日本からはるばるお越しになる方々もいらっしゃるそうです。

新聞で解散が発表された後フランクフルト市民はものすごく慌てていたので、予約が殺到する可能性があります。チケットは早々に完売になる可能性がありますので、ご希望の方は予約をお早めに。もし予約方法がわからなければ、ご連絡ください。
2014. 05. 04  
昨日、フォーサイスカンパニーのフランクフルト公演The Returnsの最終日に行って来ました!このリターンズは人気でしかも席が少ないからすぐに席を確保した方がいいといわれ、前回の公演の直後にもう席を確保してもらっていました。ダンサー達がこぞってこれはクレイジーだから楽しみにしててね〜!と言っていた演目。いつもどのみちクレイジーな彼らが、わざわざ強調するのはどれほどのものかと思っていましたが・・

落とした顎が最後まで閉じられなかった。

初回ドレスデンでの公演は、終わるまで観客が凍り付いてなんの反応も帰って来なかったそうで、ダンサー達が、ヤバいこれ失敗かもと思ったほどだったそうですが、終わったとたんにブラボーの反応が返ってきて、やったーと思ったそうです。今回のフランクフルト公演は、すでに観客がこれは笑えるピースだと解っていたので反応も予想通りで、ある意味つまんなかったとのこと。

一筋縄ではいかない彼ら。これをきいてなんか漢方のようだと思いました。生薬に必ずちょっとだけ毒を混ぜるのが漢方。絶望的にシリアスな時に笑いの種をみつけ、どうしようもなく笑える時にちょっとシリアスを混ぜる。このちょっぴり異質、が実は効能をぐっと高めるのを知っている。いろんな道を通っても、極めた人は必ず最終的に似たところにたどりつく。

来年解散を決めたカンパニーの、最後の演目が続いています。フォーサイスがクリエーションを止めると宣言してから、ずっと過去のリバイバルを続けているカンパニーですが、それでも一回として同じことをやらない彼ら。公演中も毎日中身が変わっているそうなのです。要するに、即興しかやらないのです。

彼らの普段の稽古というのは、いかに即興をやるか、そこを磨いているんだと、練習を見学させていただいたときに知りました。テクニックの向上、みたいなところにもうすでに全然興味がない。身体は動いて当たり前。複雑なウルトラC級の動きはできて当たり前。ゲストティーチャーのクラスでちょっと派手なテクニックを見た時、私などはすぐ軽薄に、わぁ〜すご〜い!と手を叩いてしまいましたが、ダンサー達はしら〜〜っとしていたので、めちゃくちゃ恥ずかしい思いをしました。

いかに即興をやるか、というのは、いかにいまを生きるか、の練習。だんだん彼らの求めてきたものが解って来て、改めて彼らのすごさに言葉を失いました。なんだか私が知ったようなことを言える世界じゃない・・。

さてその内容ですが。

・・安藤洋子の毒気に当てられた。

舞台は昔のいわゆるうしろにぐーっと飛び出したブラウン管テレビを、ギャル(・・て死語?)の部屋で見ているような設定でした。安っぽいカラフルな小道具が部屋中に散らかっていて、そこでギャル化した安藤洋子の「アート」の世界が繰り広げられる。アートといいながらそこに表現されてるのはギャルの欲望ーおしゃれ、美容、お金。ストレートヘアーのカツラをかぶってミニスカにブーツ、赤いビニールテープを唇と爪に貼った洋子さんが舞台に飛び跳ねて出て来たときは、あまりのハマり方に口があんぐりと開いてしまい、そのまま2時間最後まで口が閉じられなかった。あれ、観客ほぼ100パーセント、洋子さんはギャルだと思って帰ったはずです。

洋子さんの独壇場でした。主役として最初っから最後までほぼしゃべり通し、シナリオなしの即興の司会と、即興の他のダンサーたちとの掛け合い.独り舞台で歌までうたってくれました・・。日本語と英語とドイツ語がもうめちゃめちゃに混じって、私がいつも英語とドイツ語でめちゃくちゃになっているその混乱そのものの実況中継をされているようでした。LとRがいっつもごっちゃになるし、日本語どうせわからないだろ〜と思いながら、本音は思わず小声で日本語で口に出してほくそ笑んでるところとか・・・まるで私の頭のなかでの独り言を全部言葉に出されてしまったみたいでした。やられた・・。

今回は最終日だったからダンサー達もどこか羽目をはずしていて、最後のファッションショー(ダンサー達が司会の洋子さんを驚かす衣装で出て来る)ではストリップを披露していただきました。あれは放送禁止。ありがたいものを見させていただいた。

パイレーツのシーンはサーカスのようなすごいテクニックだったし、聖母マリアのシーンのコラージュは、ちょうどイタリアの教会でボッティッチェリの壁画を見たあとだったので、彼らのコマ送りのような動き方が記憶の壁画のフラッシュバックのようだった。フィナーレのどんちゃん騒ぎが終わった後に、真っ黒になった舞台で195センチの黒人ダンサージョシュが下半身だけフラダンスのコスチュームのようなものを身につけて一人舞台に浮き上がったときは、そのはにかんだ女っぽい身のこなしに思わず吹き出す観客が多く、彼が信じられないソプラノでわけのわからない歌をうたいはじめたら私も笑いを抑えられませんでした。彼のしぐさは、笑わせてやろうというより、ちょっと恥ずかしくて・・みたいな素人っぽさがあって、それが本当に笑えるのです。コンサート会場のようなビートが鳴り響いた中でアフリカンの血をたぎらせたような踊りを披露してくれたあとだったから、なおさら。

あれは、本当に、毒気にあてられた、としか表現しようがない。洋子さんが最後に日本語で、「芸術は爆発だ〜!」と叫んでいましたが、まさに岡本太郎が乗り移っていたような舞台でした。そもそもこの作品は、洋子さんとアマンシオが二人でふざけていたのをフォーサイスが面白く思って作品にしたものだったそうなのです。ものすごく洋子さんのワールドでした。

舞台を見に行く、というのは、この臨場感を感じに行くのですね。小沢征爾がコンサートのいいところは共時性、と言っていましたが、そう思いました。あの時あの時間をあの人達と共有した、あの呼吸の記憶。いやあ、昨日の非日常は爆発的でまた知恵熱を出すかと思いましたが、とりあえず今日は日常をつつがなく生きられることができました。
2014. 02. 01  
The Forsythe Companyの久しぶりのフランクフルト公演Angoloscuroを観に行って来ました。

あ〜〜〜〜可笑しかった〜〜〜〜〜!!!
お腹がよじれるほど笑った。
クレイジーな作品とは聞いていたけれど、本当にみんなイカれていた。めまぐるしく変わるシーンの、どのシーンのどのダンサーもが可笑しい。7年前の作品で、哲学的な要素が前面に出た最近の作品より構図が単純で解りやすく、ザ・エンターテイメントです。あそこまで捨て身で笑わせてくれる彼らが、この身を神に捧げた修道士のように見えた。ボッシュの宗教画にあるグロとばかばかしさの狂想曲。あれの、舞台版。

激しい動きがあるかと思うとその横で脱力をさそう人間が絶妙のタイミングで入る。
ダースベーダーのような衣装を着て夢の遊眠社を連想するふわふわした動きをしたりその出で立ちで新体操のリボンを自在に操っていたDavidは相変わらずもう出て来た瞬間に彼と解り、絶妙なタイミングでゆるみを作り出す彼によって観客は一斉に腰がくだける。何やっても本当に可笑しい。彼、実は地はとても静かで内向的な人です。日本文化に造詣が深くて尺八などをたしなまれる。チャプリンのトーキーで笑いを研究してきた彼の舞台での姿は、完全に創作物です。役者魂というのをかいま見せていただきました。

Joshが195センチの身体を縮めて、妙な高い声を出しながらブランケットにくるまりながら移動する姿が目に焼き付いて離れない。なんだか、ものすごく私の笑いのツボにハマってしまったのです。
あれ思い出すだけで今後も必ず吹き出せる。本人意に沿わない役だったみたいですが、だからこそなのか、あれほど笑えるものはなかった。

残念ながらあさってでこの作品はおしまい。これは解りやすくて本当に単純に可笑しいので、是非是非お時間のある方はお出かけください。超お勧めです。


去年はとくに年末に大きなものを失った方が多かったですね。その嵐のようなエネルギーがずっと1月も続いていて、私は気持ち的には新年があけたとは思っていませんでした。昨日の新月で、何か重い雨雲が去った感覚がありました。

今日のダンサーたちの捨て身なエンターテイメントでたくさんエネルギーチャージができて、最高に幸せ。フルチャージできて気持ちも新たに、明日年始め直傳靈氣講習会を開きます。
明日はエネルギーが一転しているはず。とても楽しみです。


プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR