< >
2013. 05. 16  
精油選びは、1にも2にも品質重視で行うことが大事ですが、一般の流通に乗っているものは2重にも3重にも罠がしかけられていて、品質のいいものを選ぶには苦労します。治療等価、ケモタイプ、ということにこだわっても、この言い回し自体がミスリーディングで、内情を知る人は決して口を割らない。私はYoung Living社の精油を主に使っていますが、フランス・ドイツのラインナップを無視している訳ではありません。信用できるものを素人が個人で手に入れるのが本当に大変だからで、いろいろ批判もあり私も思うところはあるが、ここのプロも使うしとにかく品質維持の努力を見せるYLを高く評価しているからです。たとえばものすごく治療効果の高いジャーマンカモミールは、Young Livingのジャーマンブランチにはなくて、アメリカから取り寄せないといけない。天然の強力なサンスクリーンで皮膚病、消化不良や腎臓、肝臓トラブルに広く使えるキャロットシードもジャーマンブランチにない。こういうときには本場ラインナップの登場です。

精油はご存知フランスが本場です。治療等価オイルは星の数ほどあって、どれもそれぞれ特色があっていいので、選ぶのがとても大変。隣の国にいるのだからそこから調達すればいいのだけれど、近いようで敷居が高いのがおフランス製の精油。オンラインショッピングが発達しているアメリカなどと違ってたいていHPはそっけなく、フランス語で、製品についての説明は最低限、選ぶにあたって質問してもロットごとの成分表を請求してマニアックな突っ込みをいれるくらいでないと素人ましてや個人など鼻にもひっかけてもらえず、欲しけりゃ販売店にまで来い、つん、という感じ。

日本で輸入販売されているおフランス製の精油が驚くほど高いのは、輸入してから、信用できないのでさらに検査分析したり、地価の高そうな立地のショップに卸すなどのコストに加え、この人たちと交渉するという計り知れないコストが上乗せされているわけで、当然だと思います。本当に本当に、日本人というのは大親切です(私も含めて。)

フランスのメディカルアロマのいくつかを紹介します。

Panacea Farma

ladrome

Pranarom
ピエールランコム氏の提唱するケモタイプの精油で有名なプラナロム。ここはめずらしく英語のHPでラインナップを紹介してくれています。オンラインショップは併設ではなく、買いたければ販売店へ行け、とのこと。ここのラインナップは気軽に薬局で買えるので、英語のHPでチェックしておいて、フランスに行かれた際に購入されればいいと思います。

ドイツでもオンラインで買えます。ここここ

ネロリやサンダルウッドが信じられない安さだったので購入してみましたが、え??という香り。サンダルウッドはYoungLivingの10分の1の値段ですが、香りも10分の1でした。

フランスからのオンライン直輸入なら:

プロヴァンスのvie arome
ラインナップが少ない。

dietaroma

私にはフランス直輸入の勇気はなく、弱気にドイツのオンラインショップで買います。

ドイツのメーカーだと

oshadhi

ラインナップがなんと500種類。半分くらいはオーガニックではないのですが、この種類の多さは魅力です。表記がドイツ語なので、学名から探り当てるしかないのが辛いところ。シングルオイルは全体的にすこし薄い、弱い、という印象。蓋を開けると劣化が早いので、すぐに使い切ることが大事です。でも、パンチはなくても誠実さがあって、芯に届く。治療には確かに使えます。私の好きなのはwild表記のあるもの。Kamille wild bioは大好きです。その他化粧水、オーデコロン、ルームスプレーなどを試したところ化粧水はアルコールがキツすぎて無理、オーデコロンのAngelicは苦手な香り。全体的にとても良心的な値段ですが、たとえばネロリなどはものすごく入手困難なうえ、YoungLivingよりも高価。

aromaland
ラインナップが本当にコアで、治療の為のオイルという印象があります。実際処方にもよく使われています。いろいろ試した結果、フランスよりドイツ製品の方が全体的に肌にあうと解り、これからはここのメーカーを取り入れて行きたい。

taoasis
ボトルのセンスが悪くてどうしても買う気がしなかったのですが、あるハイルプラクティカーはここの精油を治療に使っていると知って改心しました。demeterの認証をとったimmotel(ヘリクリスム) 5mlがずいぶん廉価なので、次回購入予定。

ヨーロッパ以外だと、
mountainherbs.com

Flower Road
アメリカの同僚が使っていてとてもいいと聞いて製造業者に購入希望をしたところ、なんでドイツにいろいろあるのにこんなところから取り寄せるの、空輸手続き面倒、と冷たい返答。なので、使っていません。

wisdom of the earth
ライムを頂いて試したところ、もう素晴らしい香りでしたが、一夏越したら香りが変わってしまいました。レモン系は本当に足が速い。でもここの製品はとても好きです。ラインナップが少ないですが、それだけ製品をしっかり管理し責任を持っているという印象。


フランス、ドイツは治療、科学、ということを前面に押し出していて、取り扱い方も医薬品と同列。一方アメリカなどは治療等価オイルとはいいながら、もっとスピリチュアルな用途を前面に押し出していて、ザ・ヒーリング、という佇まい。日本も全体的にアメリカに似た傾向です。古来精油は聖職者、シャーマンが治療に使っていたものなので、つきつめるとこういう世界に行くのでしょうが、たぶん大方のドイツ人はドン引き。。

私も、本来のアロマの精神に沿えば、野生種、そしてシャーマニックな製造過程を経たものを、シャーマニックに使うのが最も効果が高いだろうとは思いますが、現代に生きる私たちなので、大方の人に受け入れられやすい説得力を持ったもの、というスタンスで選んでいます。もちろん品質あっての話で、私がここにご紹介しているものはプロが治療に使うレベルのものです。(ちなみにプロの入手方法はこれとは違うはずです。)

基本を話す前にずいぶん遠くに来てしまいましたが、アロマの初心者で、とりあえず試してみたい、ということであれば、まずはいくつかのメーカーで試してみて、ご自分の肌に合うものを選ばれるといいと思います。以下は万能で、まず絶対に持っていたい基本の5本:

Peppermint
Lavender
Lemon
Tea Tree
Frankincense

メーカーによって本当に違います。(同じメーカーでもロットによって全然違ったりしますが。)採取の場所や時期はもちろん、同じ植物でも部位によって別のオイルができるので、どこまできちんと表記してくれているかもチェックしないといけない。

ご自分の好きなオイルをいくつかのメーカーで買って較べてみると違いが分かりやすいです。私はYoung LivingのラベンダーとYlang Ylangの匂いですごく驚きました。以前使っていたフランス製のオイルと全然違ったので。

そして好みの精油が手に入ったとして。使用開始の前に、必ず知っておかなければいけない禁忌事項を頭に入れておかないといけない。私の参考にしている本はAromatherapy for Health Professionalsですが、これくらいの知識が前提として必要。ここまで徹底してやらないと、きちんとした効果を期待できないのがメディカルアロマ。



と、ここまで読んでくださった方、結局また、げ〜〜めんどくさそう、やめておこう、と思われたかもしれません。賢く付き合うと、家庭の薬箱やサプリメントを一掃するだけでなく、難病や慢性病まで治癒に向かわせるパワフルな助っ人になるのですが・・。
スポンサーサイト
2013. 01. 31  
昔、今のような医薬品を治療に使っていなかった時代は、治療をおもにエネルギーに頼るシャーマニズムやハーブに代表される生薬、そして精油に頼ってきました。聖書に記述のある精油は、神が人を癒す為の命を吹き込んだ薬として使われ、スパイスとともにとても効果なものとして取引されてきました。ヤングリビングの精油は、その聖書の時代の抽出方法を忠実に再現した、生きたオイルです。

日本ではアロマテラピーは英国式のリラクゼーションが主流ですが、フランスとドイツでは治療がメインです。治療に使うオイルは生きていないと効かない。検査機関の基準を満たす為にラボでちょっと細工して数値を満たしたオイルは、表示上は問題がない。でも臓器を寄せ集めても人間が作れないのと同じように、フランケンシュタインのオイルは治療には使えない。治療に使おうとしたときに身体が嘘を全部暴いてしまうのです。検査機関ではフランスが世界的権威ですが、このフランスも、国内と輸出用を分けて、輸出用には安いコストで治療等価でないオイルを流通させてしまうという不誠実をしたりします。治療オイルはだから、自社のラボを抜きうちで検査されても常に対応できるくらいオープンにしているところでしか買ってはいけない。オーガニックという表示のあるオイルでわりと安いオイルは、古代からの製法である、手のかかりコストのかかる低圧式蒸留法を使わず、溶剤を使って抽出したり、ひどいものはオーガニックを「有機物である」という意味で使っていて、有機栽培でなくても有機と表示したりしています。驚いた事にこれは業界では常識で違法ではないので、オーガニックという表示はあてにならないということを知っておいた方がいいと思います。

まずは値段が安いオーガニックの精油は疑った方がいい。(日本はこの辺りがトリッキーで、ここでは安く買えるオイルでさえ値段をつり上げて売っていたりするのですが。。)直塗り不可、というのは不純物が含まれているということ。低圧式蒸留法とうたってなければ、高圧/溶剤による抽出によるものと疑っていい。(これはすでに死んでいるということ。)検査機関による認証付きのものでも、成分調整したものがある。(やはり死んでいる。)

要するに生きたオイルはほとんど流通していないというくらい、このあたりはトリッキーです。生きたオイルかどうかを検査するには、波動測定器がつかえます。生きたオイルは高周波です。こういうものに頼らなくとも本当は解るのですが。気功をやる方、キネシオロジーを使う方など、エネルギーに詳しい方は、ご自分でチェックできます。ちなみに私は聖書の12のオイル(後で説明します)を持ったときには、波動の高さに呼吸ががらっとかわり、身体中が波打ちました。聖書の12のオイルは特に第4チャクラ以降にものすごく深く作用します。

ヤングリビングのオイルはラボで成分調整をしていないそうです。そして高周波。個々のオイルについての周波数も公開しています。世界各国の自社農場で有機栽培して、低圧式蒸留法で抽出しています。だから、この値段。いろいろ調べましたが、手に入るもので安心して使えるオイルはヤングリビングと結論づけました。ここは全部なにもかも潔く公開している。会員制度というところが煩わしいけれど、何がおこるかわからない流通にのせる危険性を考えると、妥当だと思います。

ヤングの製品の特徴:

・"Seed to Seal"を標語に、種から商品の栓をするまでの過程を全部自社で管轄管理している。生育、収穫、抽出、検査、すべてが管理下にある。
(他の会社では、そこまでかかわっていない)

・オイルのバッチひとつひとつを検査する費用に年間何億円も投資している。
(他の製造元ではGC・GM分析ができない。)

・賞味期限なし。(他のメーカーのものは不純物があるので劣化するし、直接塗布、まして飲用はできない。)

・品質管理の国際機関であるAFNOR(Association Française de Normalization:フランス規格協会,EC(European Commission:欧州委員会, ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構), FDA(アメリカ食品医薬品局:Food and Drug Administration) すべての基準をクリアした唯一のメーカー。

・オイルを静脈治療に使うはじめてで唯一のメーカー。
精油を癌治療に使う例の記事です。癌治療にフランキンセンスを使い成功したという記事。

この辺りで私も納得。

ところで、いくつかのYLの製品とYLのビジネスモデルに対しては私は疑問を持っているので、YLという会社にいれこむつもりはありません。YLよりマイナーだけれど品質のいいものを扱っている会社がいくつかありますので、必要に応じてそちらも取り入れていきます。値段はやっぱりそれなりになってしまいますが、あくまでも品質にこだわっているところを応援して行くつもりです。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年夏 東京セッション
6月27日(火)〜7月9日(日)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期6月30日(金)18:00〜21:00(日中への変更可)
  7月1日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期7月2日(日)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)

3月11日(土)16:00〜18:00


直傳靈氣交流会(東京)
7月9日(日) (予定)

参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR