< >
2014. 06. 22  
やっぱりロルフィングは痛いとか痛くないとか、こういう話にどうしてもなってしまうのですが(笑)はっきりいって私のセッションは痛いです。孝美鍼の異名をとっています。

直傳靈氣でもソースポイントセラピーでも、ダウジングが成功の大きなキーなのです。要するにダウザーとして長年訓練して来たので、そうなってしまったとも言えるのですが、でも図々しい性格もあるのかもしれない。

でも、言えるのは、ピンポイントを狙ってエネルギーを通して開放する、というやり方は結果が早く出るのです。自然療法はきかない、長くかかる、気のせい、という大勢に対して、結果を早く出すということを至上命題にしてやってきました。だから、西洋丸薬の方が早く効く、という人たちに、それよりも早く結果がでる方法を手当たり次第集めて来ました。全部、複数必要でした。相性のいいもの、補い合えるものを複数組み合わせると、錬金術のような効果が出ます。気のせいではないです。そして、科学的説明を求める人たちに真っ向から彼らの望む語彙で説明し、自然療法による治癒を気のせいと切り捨てる人たちに反駁出来るように、勉強してきました。彼らの論理の破れをつくと、むしろ科学に頼る人たちの方が感情的になる。

私のロルフィングは痛いですが、でもこういう背景があるのをどうぞわかってください。痛みの残骸はしばらく残るかもしれませんが、もみ返しが起こることはありません。(もみ返し、というのは筋繊維を切っているのです。ロルフィングでもみ返しが起こる事はないです。)その後はどうなるかは、体験者が口々におっしゃっている通りです。

痛い、に反応して腰引けまくりだった方が途中で超Mになるのを何度も目にして来ました。泣きそうになった、気絶するかと思った、蹴ってやろうかと思った、などという感想が多いのですが、セッション後は何事もなかったかのようにケロッとして、その後みなさまMになって必ず戻ってらっしゃいます。

もっとも、痛みを感じるポイントにいるのは1セッション中長くて数分のはずです。あとのほとんどは、半分寝たような状態が続くので、セッションが終わって時計をご覧になってびっくりされる方が多いです。

ですからどうぞ怖がらないでください。

・・て、また強調してしまったか?
スポンサーサイト
2013. 02. 26  
キャラクターノットには極Sモードと口を滑らせたあと、しまった、第一世代の作ったロルフィング=痛いというゴシップをぬぐい去るのに、その後世界中の後続ロルファーたちが何十年も苦労して来たのだった、同僚たちが死守している「現代ロルフィングは痛くはない」という看板に戻さねば、と焦って書き直しています。

ロルフィングは痛そうで怖そうだ、と思ってしまわれた方へ。
ロルフィングは:
・ぐりぐり押すOO式マッサージやxx式足つぼマッサージのような痛みとは違います。
・圧をかけるのはシステムが内側から開くリズムに合わせて行います。
・椎骨に直接圧をかけることはしません。
・勢いをつけて骨を動かす事はしません。(骨を鳴らしません。)

ロルフィングの痛みは、繰り返しますが3番目の開放の痛みなのです。うぐぐぐ、のあとに必ず「はぁぁぁ」のくる痛みです。「う¨っ」と身体が抵抗したりその後もみ返しの来るような痛みではありません。

圧のかけかたはロルファーによって本当に個人差があります。そして、同じロルファーでも、クライアントさんによって使い分けます。私も皮膚感覚の敏感な方やシステムが瞬時に反応する方などに対しては、終始微細なタッチですすめます。

ロルフィングは本質的に慢性の痛みや慢性症状の改善など、身体の抜本的な再構築を狙ったものなので、必要な方にはこういう極Sタッチが発動になりますが、それ以外は極めてモデラートです。

私はヨーロッパを代表するロルファーであるDr. Peter Schwindからセッション7に重要なテクニックを個人的に習いました。頭蓋骨ワークは非常に難しいのですが、彼はいわばこれの権威です。セッション7は私もこのPeterのテクニックとクラニオセイクラルを組み合わせて行うので、ほとんどが眠ってしまうくらいの微細なタッチですが、それでも口腔内ワークのいくつかは激痛です。とくに頭蓋骨に歪みがある方、顎関節症の方には、一瞬ですがかなり痛い思いをしていただく事になります。

ところでロルフィングはそんなにいつも大掛かりなのか。答えはノーです。ロルフィングは他の整体に較べるとセッション料金が高いので、気軽にお誘いできないのがひとつ、ほかとの差異をがっつり味わっていただけるのが10セッション、という理由で一般には10セッションをすすめますが、実は捻挫したとか、ちょっと変な動きをして痛めた、とか、あるいは最近ちょっと不調、という理由で単発に来られるクライアントさんが常に何割かはいます。主にロルフィング10セッションを終了された方を対象にしていますが。単発の場合はもちろん急所だけを狙ったワークをします。

ロルフィングのベースになっている筋膜リリーステクニックというのは実はかなり応用が利いて、しかもパワフルです。だてに商標で守ってない。だてに伝授にン百万も要求しない。これを使えるようになったのは人生でいちばん嬉しかったかもしれない。トリガーポイント(痛みのツボ)や経絡などは、筋膜にフォーカスにするとものすごくヴィヴィッドに見えてくるので(Tom Myersのアナトミートレインが有名です)他のモダリティの反射区や経穴などと照らし合わせるたびに、なるほどお、恐るべしロルフィング、と思う事も多いです。

単発セッションは、急所だけをやるので極めて効率的なセッションです。実はPeterも、もうひとりヨーロッパを代表するロルファーChristoph Sommerも、スタイルとしては急所を即座にリリース、というスタイルなので、セッション時間が短い。ロルフィングテクニックを使った単発セッションでは、不調は大抵1回か多くて数回で改善します。こういう場合、10シリーズで使うようながっつり極Sモードのタッチは登場しません。
2013. 02. 25  
ところでApfelteeさんのご主人がしばしば日記中で強調されている「激痛」について(笑)。
Art Riggsによると痛みには3種類あります。
1、身体に侵入する痛み(けがとか外的な要因で)
2、身体の組織に蓄積した痛み
3、身体から出て行く痛み

ロルフィングの痛みは、間違いなく3です。「ロルフィングは痛い」という噂に身を硬くしていらっしゃる方が多いのですが、ロルフィングタッチによる痛みは、ん、んん?、うっぐぐぐぅ〜〜〜〜〜、はぁぁぁ〜〜〜、という痛みです。(これでわかるか)。用意もないのに急所を力任せにぐいぐいやるのではなくて、時期がきてご本人の準備ができたら、行います。呼吸に合わせながらsneakyにいつのまにかご本人の限界までいくように入り込んでいくタッチです。この急所はキャラクターノットと呼びますが、たとえば身体のアライメントで恒常的に負担のかかっている場所や感情的なしこりのある場所です。外傷のトラウマのある場所には行いません。キャラクターノットは大抵初回でわかりますが、実際に10セッション内で開放するかどうかは、完全にクライアントさん次第です。深いタッチの苦手な方には行いませんし、かなり初期の段階で踏み込むときもあるし、このように回を追うごとにどんどん目覚めて身体中が間欠泉のようになって、あちこちが開放してくれえ、と叫びだす事により、このように後半で踏み込む事もあります。この場合私はマイルドS→極Sとなり容赦しませんので悶絶の痛みを経験していただきますが、ほぼ100パーセントの方がものすごい深い開放を体感し快感を味わいます(笑)。よく何気ない顔してすごい怪力出すねと言われますが、これはこちらが力任せにやっているのではなく、急所が反応しているのです。

通常10セッション目は、こんな悶絶を経験させる事はなく、あくまでもプロセスのクロージャーとしてマイルドにおとなしくまとめあげるのですが、どうもご主人の身体は今回それを望んでらっしゃらなかった。ご本人もそうだとおっしゃっていましたが、10セッションで終えてほしくない、もっと開放したい、と、いままでこそこそ逃げ回っていた急所が「遅ればせながら私もお願いします」と声高に呼んだのでリクエストにお答えしました。10セッション目にしては例外の悶絶でしたが、これが今のご主人には必要だったようです。

ちなみに今週別の方からも言われたのです。「10回目で終わらせたくない。もっと開放したい。」「でも10回目はクロージャーなので、いったん統合させていただきます。」「何故ロルフィングが10回か知っているか?」「これはアイダロルフが、ある壮大なアークを10回に分けたのです」「何故10回にする必要があるのか?23回だと、え、そんなにたくさん?と思われる、3回だとたったそれだけ?と思われる、だからだ。」「え、じゃあ単純に心理的な便宜?」「そう、だからまとめなくていい。急所を、バランスを崩すなど考えずぐりぐりやってくれ」「私にロルファーであることをやめろと言ってますね」責任もあるし、と渋る私を説得するクライアントさんとしばらくもめましたが結局その断固とした要望にお答えして回を延長することにして、おっしゃるとおりそのとき最も呼んでいた急所を容赦なくやらせていただきました。「そう、そこだ、それがほしかった、うっぐぐぐ〜。」まとめなかったにもかかわらずなんだかその一カ所だけであとの全部がするっと変わってしまって、勝手に収まるべきところに収まってしまって私も驚いた。時々、クライアントさんにこういう風に教えていただく事もあります。

注)上記2例はたまたま今週続いた例外です!!普通は決してこんな無茶はしませんし、やはり10セッションで一つの区切りにして、10セッションで終えたくないという方には、ムーブメントセッションをお勧めして、すくなくとも半年くらいはこのインプットに身体がなじむ事を優先していただいています。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年夏 東京セッション
6月27日(火)〜7月9日(日)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期6月30日(金)18:00〜21:00(日中への変更可)
  7月1日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期7月2日(日)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)

3月11日(土)16:00〜18:00


直傳靈氣交流会(東京)
7月9日(日) (予定)

参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR