< >
2013. 06. 07  
皮膚の症状は腸の様子を表します。皮膚のただれは腸のただれと思ってください。腸の手当が先です。腸内環境の改善をしないで、皮膚科で処方されたステロイドなどを塗り続け、表面はつるつるにしても、皮膚から出すべきだった毒素を血液に戻しているだけです。皮膚疾患の抑圧は後の大病の根本原因のひとつです。皮膚は排泄器官という理解を忘れてはいけません。皮膚の疾患がどういう形でどこに出るかによって、ホメオパシーだと処方が大きく変わるのですが、アロマテラピーはそこにはあまりこだわらないので楽です。

以下の処方の参考文献:
Essential Oils Integrateive Medical Guide, D. Gary Young, ND, Essential Science Publishing.
Essential Oils Desk References, Life Science.
The Fragrant Pharmacy: A Complete Guide to Aromatherapy and Essential Oils, Valerie Ann Worwood, Bantanbooks.

あくまでも一例として、ご参考までに。

皮膚病にはなんといってもフランキンセンス科が強い。抗菌、抗酸化作用に優れていて、癌、糖尿病、カンジダ類の一掃にいい働きをしてくれます。フランキンセンスを直塗りすると、外見は何ともなくても奥に腺腫のあるところだけしみる。真皮層に蓄積したケミカルを押し出すので、フランキンセンスを塗布した後に蕁麻疹が勃発する方も多いですが、めげずに続けるのが大事。体内に蓄積した毒素がとめどなく出てくるのにひととおり驚きあきれた後は、速やかに再生に入って行きます。

あとは周波数が高く気分のリフトアップ効果の高いヘリクリスム。強肝作用があり体質改善になるほか、抗菌、殺菌、抗ウィルス、殺真菌に優れているのでアレルギー性皮膚炎に広く使えます。少し癖のある香りなので好みが分かれますが、自分でブレンドする際には欠かせないオイルのひとつ。

ブレンドではメルロースが万能です。

湿疹

大人:ラベンダー+メルロース(2、3滴)をキャリアオイル(V6)に混ぜて塗る

子供:

1)ラベンダー+ネロリ(1滴)をキャリーオイル(V6かグレープシードオイル大さじ1、2杯)に混ぜて塗る

2)カモミール(2滴)をキャリーオイル(V6かグレープシードオイル20ml)に混ぜて塗る


蕁麻疹

朝:Helichrysum 2滴
昼:バジル 2滴
夜:Frankincense 2滴

を大さじ一杯のキャリアオイル(V6)に混ぜて該当箇所に塗布する。蕁麻疹が完全に消えたあとも2日間続ける。

アトピー性皮膚炎

myrrh

超強力。スピリチュアルな目覚めも促すので聖書の12のオイルのラインナップにあるミルラ。(ミイラの語源となっているとおり、強力な防腐剤。)フランキンセンス属。2〜4滴を直接塗布するか、足の裏に塗ったり、ディフューズしたり、飲む事もできます。

lavender

長期の使用が必要ですが、穏やかに深く作用します。

水虫(カンジダ、膣炎、爪水虫)

真菌類はかなり手強い。湿って温かいところを好むので、乾燥+熱/寒の状態にすればいいので、灼熱のビーチを裸足で歩くなどすると足の水虫は一発で死滅しますが、粘膜部分はそれができないのが辛いところ。カビ類は糖を好むので、甘いものが好きな方は砂糖でこれをせっせと養っていると思ってください。白砂糖を大量に含むチョコレートなどは最悪。黒砂糖やてん菜糖なども、同様に控えるべきです。

シングルオイル:
Majorum
Myrrh
Patchouli
melaleuca(ご存知Tee Tree)
blue cypress
lemongrass(希釈する)
lavender
thyme
mountain savory

ブレンドオイル:
melrose,
thieves
purification

足湯

melaleuca,melroseを入れて足湯にするか、エプソムザルツに混ぜて入浴につかう。

水虫特化レシピ

melaleuca 8滴
peppermint 4滴
mountain savory 2滴

魚の目、いぼ、たこ、かかとのガサガサ

lemon
希釈せずマメに直塗りします。

にきび

Eucalyptus Polybractea (Mirtle属)これはドイツ未発売。
1対1で希釈して(V6などのキャリーオイル)塗るか、2ー4滴を直接塗布。ディフュージングや飲用もできます。
ヘルペスや膀胱炎治療にも使います。

ゼラニウム
1対1で希釈して(V6などのキャリーオイル)塗るか、2ー4滴を直接塗布。ディフュージングや飲用もできます。



痔主の方、思いがけず多いですね。出産や便秘が原因の多くですが、治療の決めてがないまま手術に至る方が多い。粘膜に塗るステロイドは、その後副作用に長く苦しむことを考えると、まず避けたい。

ブレンドレシピ1:
helichrysum x4
cypress x2
basil x1

ブレンドレシピ2:
cypress x3
helichrysum x2
myrtle x10

シングルオイルだと:
cypress
helichrysum
mirrh
lemon
spikenard
basil
peppermint

塗布:
ブレンドまたはシングルオイルを1対1でベースオイルに希釈し、3〜5滴を患部に塗る。かなりしみますが、2回くらい塗った時点ですぐに効果を感じます。

維持:
大腸(下腹)に、1日おきに6日間、塗り続ける。

ヘルペス

Blue cypress
ユーカリラジアータ
Helichrysum
ゼラニウム

完全オーガニックで無添加の手作り日焼け止め(SPF38-40)
超過敏肌、化学物質過敏症の方がSPFの高い日焼け止めを手に入れるのはほとんど無理です。自然系のものだとだいたい30がいいところです。以下のキャロットシード、ClaraDermはドイツでも手に入らないので、アメリカからの輸入。

キャロットシードオイル(25滴)+Myrrh(20滴)をClaradermスプレーに混ぜる。

皮膚病に広く使えるジャーマンカモミールとキャロットシードは、残念ながらドイツでは販売していません。国際送料(とおそらく関税)を払ってアメリカから輸入することになります。
スポンサーサイト
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年夏 東京セッション
6月27日(火)〜7月9日(日)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期6月30日(金)18:00〜21:00(日中への変更可)
  7月1日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期7月2日(日)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)

3月11日(土)16:00〜18:00


直傳靈氣交流会(東京)
7月9日(日) (予定)

参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR