FC2ブログ
< >
2013. 07. 06  
セッション2


立ち方、歩き方のパターンを開放し、足が地面からのサポートを受けられるようにするセッションです。足の裏から膝へのワークが中心です。Idaはかかとが仙骨と後頭骨を支えると言っていたように、かかとと腰、首には大きな相関関係があり、頚椎ヘルニア、椎間板ヘルニアの方へは、このセッションは大きなものになります。踵の骨と脛骨のジョイントに角度があると、これは釘を地面をまっすぐ打ち立てていないことになり、この土台に乗った身体は腰や首をいくら治療しても、重力の影響をうけて生活し続ける限り根治にはつながりません。逆に土台となる足が地面をしっかり捉え、安定すると、骨盤帯の緊張が自然にとれてきて、その影響はいずれ首につながり、首が自然に伸び上がることになります。足が地面を捉えることによって身体が上に伸び上がるという2方向性(パリントニシティ)は、ロルファーの造語ですが、これはテンセグリティと共にロルフィングの非常に重要な概念です。

→セッション3へ
スポンサーサイト



プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR