< >
2017. 10. 31  
先ほどまで7時間に渡りコネチカットで行われていたPeter LevineのSomatic Experiencingのセラピュティックリズムというワークショップにビデオ参加していました。トレーニングの全行程は終えたけれど、これからも果てしなく続くと思えるこのスキルのアップデートの一環です。

とにかくSEのトレーニングは高くて、基本的に参加者は文句たらたらなのですが、でも内容が内容なだけに、つい払ってしまう。ついでにワークショップ中に売りに出されたツールも速攻で注文してしまいました・・・。嫌い嫌いと言いながらもこうやって学び続けているのは、SEを習得してからセッションが激変したのは厳然たる事実だから。これほど速攻影響が出るとは正直思っていませんでした。トレーニングから帰った翌日から、こういうことをする人を探していた、と私を探し出してくださる方が続いているのは偶然じゃないと思っています。これからもこの方向での学びが私には不可欠だと実感しています。

思えば今年は不思議な巡り合わせが多くて、何人ものシャーマンに立て続けに出会い啓示をまるでリレーのように次々いただいたのは未だに信じられない出来事だったのですが、多分私がそこから受け取ったメッセージと、ピーターを見ていて感じることはリンクしている。

ピーターリヴィーンはこのSEという体系をチベット瞑想をしていて受け取ったと巷では言われています。私はああこの人もドクターロルフ同様そうだったのか、と妙に腑に落ちました。こういう、何かものすごくシンプルでうまく体系立っていて美しいものというものは、最初から完全無欠の状態として用意されている場合が多い。それを渡される人は、長年かけて自分を整えながらそれを受け取る準備をしているわけですが、それがパッケージとしてどんと渡されるか、少しづつ渡されるかは、個人差があるみたいです。直傳靈氣の臼井甕男先生は明らかに一気にどん!と渡された。ピーターは何年も何年もかけてリファインしている感じ。ソースポイントセラピーのドナとボブも何年もかけてリファインしています。

ピーターを見ていると、この人日々進化していると感じます。ゴシップは無視して私の印象だけをいうと、まるで少年のようで、年々若くなる。むしろ5年前にロンドンで会った時の方が老いて見えました。ピーターのワークショップやスーパービジョンを絶対に追ってしまうのは、この人の進化を見守りたい気持ちがあるからでもあります。今回のワークショップのテーマはリズムで、確かに全編通して彼がそれを意識しているのは明々白々でしたが、それでもそれだけでない部分でもたくさんの進化の形跡がありました。

彼は、セッションに入ると、完全にクライアントに繋がり、同化して指揮している。100パーセント今ここ、というのをやっている。ライブで、限られた時間で、大勢の聴衆の前で、失敗したら即時にあっという間に世界に見られてしまうプレッシャーの元、こんなに全方向に神経を張り巡らしながら次々にケースを捌いて行くのを見ていると、毎回ものすごく刺激を受けます。こういう二重、三重のことを一気にできるようになるのはひとえに経験の蓄積から来ていると言えますが、そこにあるのは完全に「今ここ」を整え、繋がっているから。もちろん事前に打ち合わせしているでしょうし(でもこれが八百長でないのは、トレーニングを通して知っています)、参加者は基本ピーターの崇拝者である可能性が高く、デモという役割を承知してうまく協力しようという意識が働いていることは否めませんが、それでも彼の強さはこの繋がり方にあると思っています。彼自身は上手にクライアントとの間に境界線を引き、愛情深く振舞いながら一方では冷徹に観察しテーマを強調しデモをうまくまとめ、本来のお客さんであるワークショップ参加者へのアピールは忘れない、と見事な仕事をすることによって彼の能力を世界に知らしめようという野心があるかもしれませんが、それでも私は彼の繋がり方にやっぱりいつも感銘を受けます。実際私はSEのトレーニングを通してこのインプロを随分鍛えられた実感があります。個人セッションを何人にも受け、最終的にセラピストをテオに絞ったのも、彼の繋がり方、彼の同化の仕方に何より感動し、ここをできる人から学びたいと思ったから。つながればあとは自然にやってくる。

ピーターのやっていることは基本クリエイティブ。ツールやそれを差し出すパターンはありますが、基本対応はインプロです。引き出しをさっさっと選ぶ瞬間の切り替えや、導く方向、それた時の戻し方、まとめ方、全部名人。本当にどの人より学ぶ。以前一世を風靡したある大家が、もはや人前には立ってはいけないほどに劣化しているにもかかわらずに大勢の崇拝者を集めポープのような振る舞いをしているのと対照的。ああいう痛々しい感じにはなりたくない。これから私も老齢に向かう身として、どこまで進化できるか、引き際をどう見極めるかは、指導者を観察する時のポイント。
スポンサーサイト
2017. 09. 21  
新月。SEトレーニングは辛かったけれど、今この時この密度で受けてよかった、これと真っ向から向かい合える準備ができていたからできたと感じています。今年は自分の身に起こったことがあまりにも信じられないことばかりだったので一体全体何が起こってるんだろうと面食らっていたところ、ライオンズゲイトなるものの存在を知り、日記を読み返したらこの期間が自分に起こった特別な体験と完全に合致していたので愕然としました。あれには確実に特別な力が働いていました。これ、本当かもしれない・・・。

パンドラの箱が誰かの手によって開けられたのか自分で開けたのかわからないけれど、私はSEを通してこのパンドラの箱を開けました。私のトラウマの成り立ちは私に遺伝子を渡した祖先とそれぞれが生きた時代を反映している。
これは誰の言葉?
これは誰の経験?
時代が交差し、性別が入れ替わり、いろいろな私が声を上げ始める。

前から思っていましたが、SEとファミリーコンステレーションは似ている点が多い。つまり、SEを通して経験していただくことは、深層意識のいろんな私に登場してもらって一人ファミリーコンステレーションをしていただくような展開になることが多々あります。特に、ご本人に見覚えがない、理屈が通らない行動パターン、思いグセ、執着の傾向、性癖、こういう深層意識に埋め込まれたものを解体、解読する作業において。これは多分私がボディワーカーとしてボディリーディングを訓練しホメオパシーで深層心理にアクセスする訓練をしてきたことがセッションに影響しているからかもしれません。

例えば私は優しくて穏やかな母に愛情を注がれて育てられ、母が怒ったりヒステリックになったり夫に口答えしたりそもそも感情的な言動を取るのを見たことがないという家庭環境で育ちました。亡くなった祖母も物静かでいつもニコニコと優しく包み込むような雰囲気を身にまとっていたのをよく覚えていて、母から見ても祖母はやっぱりそのような人でした。この血を受け継いだはずの私が何故こうなるんだと以前から不審に思っていたのですが、パンドラの箱を開けて、たくさんの祖先(守護霊、かつての私)と対面し、私の人生のテーマを知りました。私は表層では母や祖母と似た行動パターンを取るけれど、私を突き動かす深層にはまるでこれと違うエネルギーが流れている。これは不都合だと普段は蓋をしてきました。でも本当はそれこそをこじ開けてほしい、それを望んでいるのは他でもない彼らだという発見。私は以前から常に誰かから見守られ動かされている気がすごくしてきたのですが、今回は届いた声を全く疑いませんでした。薄々分かっていたけれど、実際言葉として言ってもらいたかった。それを聞きたかった。

4年かけて、私の行動パターンの原型、思考パターンの原型、必ずつまずきこだわりとなる部分(=人生のテーマ)を一つ一つ取り出して整理して、なるほどこういう仕組みだったのかとわかりました。ちなみに占いで生年月日や名前を元に運命や宿命を当てますが、あの仕組みも同じだろうと思います。アクセスする場所が多分同じ。タロットの展開で見るエネルギーも多分同じ。エネルギーはいつも完全無欠なコンフュギレーション。

2017. 03. 05  
今週、来週と2週続けて、SE創始者ピーターのデモセッションとグループスーパービジョンに参加しています。アメリカとの時差があるので、ライブで参加するとこちらは夜から夜中にかけて。睡魔との戦い。

いままでドイツとイギリスでSEトレーニングに参加してきて、ピーター本人に会ったのはロンドンでクラニオセイクラルの学会に参加した時のみ、あとは録画でしか見たことなかったのですが、今回ライブで本国アメリカ人との生のやりとりをみて驚いたことがあります。お国柄の違い!!

ヨーロッパにいるとアメリカ人はもうどうしようもなく軽薄に見えるのですが、改めてこの人たちすごく大変なんだとわかりました。デモに参加するモデルたちのバックグラウンドを聞くと、健常者として日常生活を送るのは不可能だろうと思える凄まじいトラウマサバイバーが多いのですが、いざ現れてみるとすばらしく魅力的な笑顔をもち、すばらしく魅力的な立ち居振る舞いをする人たちばかり。え??

問診票でだいたいの全体像を掴んで準備しておくのですが、実際に会った一瞬でいただく情報は全然違う。問診票の方が正確な人と、対面の方が正確な人がいるのです。問診票と実際の人物の印象の違いは、ドイツ人においてはさほどないので油断していました。他の国の人は違う。アメリカ人はとくに全然違う。虚飾の国、ヒーロー信仰・・違う、もっと何か、根源的にカバーアップしなければやっていけないという衝動を感じる。なにかもう根源的な絶望。孤独感。

日本人のSEトレーニングはもっと全然違うものだろうと推測します。今の日本人はきつい人生を生きているけれど、なにか根源的に安全さを知っている。これだけ天災の多い国なのに。不思議なことに、欧米人のどうしようもない恐怖との戦いとガチで向かい合うと、これだけ拠って立つものが少ないはずの私の方がなにかうんと余裕に見えてしまう・・余裕なんて実際全然ない、でもよくそう言われる。

日本人に対するSEはもっとうんと繊細な微調整。私たち、世界に比べるとかなり特殊な空間で生きていると知るのはいいかもしれない。そんな簡単に絶望しないで、私たちは十分資源を持ってる。幸せに続く道への切り替えは本当に微調整でできる、と声を大にして言いたいです。


2017. 02. 28  
トラウマを見つめるのは、
「私」の現実を作り上げるシステムを知る作業。
トラウマ(とらわれ、the other song)を作るのは

エゴ
小我
チッタ
マインド
インナーチャイルド
ウニヒビリ・・

なんでもいいのですが、
ストーリーの中にて、
ストーリーを演じている私が主人公で
その私が自由意志を持って動いていると信じている存在。
本当はその外側には脚本を書いた偉大な作家がいて
私は動かされているだけなのだけど。

泣いたり怒ったり忙しいこの一瞬一瞬は、私のものではない
本当はいくつもあるシネマのスクリーンのひとつにすぎなくて
私もその断片にすぎなくて、
ただ現れて消えていくエネルギーの一形態なのだけど。

そして演じる私はこの感情を私のものと思っているけれど
これはホログラムのように形を変えるエネルギーのひとつで
そのうつろいやすさを楽しめばいい。
演技で罵声、号泣したあと、
ストーリーの天敵と仲良くお弁当を食べ始める役者たちみたいに。

システムがわかってしまっても、
そこにダイブインする楽しみは残ります。
そう、これを繰り返し体験したいのであった。


直接の知り合いではないのですが超ブローのきいた名言を教えてもらいました。

「恋愛の傷は恋愛でしか癒せない。
ダンスの傷はダンスでしか癒せない」


(ダンスの代わりにご自分のトラウマをそこに入れてください)

昔荻野アンナがどこかで書いていたのですが、彼女の友人は新しい彼ができると「仕切り直し」と称して同じ温泉宿に旅行に行くのだそうです。当時、へぇ〜〜と思ったことを覚えています。恋愛って「仕切り直し」するものなんだ。古傷が痛むとか、ジンクスを作るとか、再トラウマ化させる恐怖なんて持たないんだ。

「目には目を、歯には歯を」

コンテキスト違うけれど結局同じこと。

トラウマは同種で上書きする
トラウマは同種で書き換える

へぇぇ〜〜


これうまく成功すればいいのですが、そこに扱いにくい感情と神経組織が関わると「再トラウマ化」というややこしいループに入ります。これをうまく制御可能にもっていったのがSomatic Experiencingというテクニック。

これを学びながら、このトレーニングがあくまでもsomatic experiencing(身体での経験)にこだわっている重要さがよくわかってきました。私たちの傷は同種療法でしか癒えない。これはホメオパシーと同様、真理だと思えます。トラウマの内包するせめぎ合うエネルギーそのものに切り込むのがホメオパシー。the other songが奏でるストーリーをうまくかわしながら、どこまでもどこまでも沈んでいって、その根底にあるテンションを導き出すのがホメオパシー。SEはもっとソフトでもっと表面的、もっとプラクティカル。(意図と波及効果は深いですが。)神経の制御という別のツールを持ってくると、うまく「かわす」ことができるようになる、これを利用するのです。私たちの現実の人生は、「かわす」しくみに精通したほうがうまくいく場合が多い。目が点になるくらい同じところにこだわっていないで、別のツールを利用するのが生きる知恵。これがSEのしくみ。

SEのサバイバルシナリオが出来上がってそれを昨日一足先に卒業した同僚に見せて、この素晴らしい洞察を披露・・というのは嘘で、ほとんどがゴシップに明け暮れた2時間トークで発散しました。
2017. 02. 23  
帰ってまいりました。今回は達成感とともに。私は追いつめられると強い。

この1週間、複数の人と普通ではありえないスピードで深く関係し、ありえない展開の目白押しに何かシネマの中にいたような気分です。改めて体感したのが、この世は私の幻想で成り立っている、ということ。

このグループでのトレーニングは今回で3回目ですが、この3回がそのまま、わたしの人生におけるトラウマの成り立ちとその正体の謎解きでした。トラウマは妄想。トラウマは事実とは関係なくて、その事実を私がどう解釈したかの問題。

トラウマは事実とは関係ない。
トラウマを作りやすい人は繊細な人。
そしてトラウマには必ず感情が絡む。

ポージェスのポリヴェーガル理論については項を改めますが、ざっというとポージェスはトラウマの形成と解決に大きく関わっている副交感神経の1つである腹側神経系(ventral nervous system)が人間特有のsocial engagementを司ることに注目し、人間の自律神経系は交感神経、副交感神経という2つだけでなく、交感神経、背側神経系、腹側神経系の3つで成り立つと言った人です。Social engagementをざっと一言でいうと、社交。代表はアイコンタクト。会った時にニコッと笑い、友好関係を築こうとする人間の自然な情動です。

わたしたちには感情があります。この感情がなければトラウマは形成されない。(サイコパスはトラウマを持たない。トラウマによりサイコパスになることはあるかもしれませんが。)social engagementを人格形成時にきちんと結べなかったり、social engagementをしようと差し出した手を払われたり裏切られたりすると、そこで感情が動きます。傷つき、そして、悲しみ、怒り・・・。

この世は私の幻想で成り立っている。トラウマが妄想であるとはわかっているけれど、その妄想を抱くにいたった環境はやっぱりきちんと用意されているのです。これはたぶんわたしが生まれる前に望んだ今世での課題。



私のトラウマ形成はこんな感じでした。

ある思いがけない体験をします。それはとてもとても自分の大事にしている思いを壊される体験。

一回目はショック。

息が止まる、頭が真っ白になる、凍りつく・・etc。

2回目になるとそれに感情が加わります。
失望、怒り、悲しみ。
同時に脳はパターン化を試みます。

「学習」するために。

ああ、こういうことか、と以前の自分の反応を引っ張り出してきてオーバーカプリングします。最初は意味不明だったショックに、色付け、意味付けを行います。

この感情が自分のキャパでは抱えられないものと感じると、体は別の方向のリアクション、つまりディソシエーション、アンダーカプリング、というプロセスに入ります。シャットダウン、記憶喪失。

3回目でしっかりトラウマ。

どうせ私は・・・だ。
何をやっても・・・だ。
やっぱり私は・・・・だ。



人間関係というのは他者によってショックを与えてもらうために築くものなのですが、そしてその他者だとおもっているのも結局は私の投影なのですが、このショックが何度か続くとトラウマは強化されます。

このパターンにはまり込むと、その後起こることを全部どうせ・・何をやっても・・・やっぱり・・から始まる解釈に持っていきます。パターン化は人間の生きる知恵でもあるのですが、この副次物がトラウマボルテックス。人間てめんどくさい。

人の反応を観察していると、だいたい表面に現れる反応というのは2次作用なのです。一次反応は、だいたいにおいてトラウマになっているので封じている。封じて、そしてその真逆にあたる反応で自分を守ります(compensation).

一次作用、2次作用、というのはホメオパシー用語で、要するに個体特有の反応のことで、これはホメオパシーで長く訓練してよくわかるようになったのですが、個人の本来の1次作用が多くの場合トラウマとなっているとわかったのはSEを通してでした。理論ではわかっていたのですが、自分のパターンを人によって見事に暴いてもらい、他の人にそのパターンを繰り返し見るうちに、なんだこういうしくみだったのか、と。

やっぱりきついけれど、わたしは他人と関わりたいんだなとわかりました。関わりたいのは哺乳類の宿命。何かに愛着を持ち、誰かから愛されたいと望むのも哺乳類の宿命。人と関わると、みんな同じところでぐるぐるとやってるなとわかります。個人的だと思っていた問題はたいていの場合、表に出すとああなんだこれね、という感じの簡単さでくくれてしまう。

愛されたい
受け入れてもらいたい

という一次衝動があるとします。
それが裏切られた時

ひとによっては例えば

私は十分じゃない
私は劣っている
私は価値がない
この世から消えたい

あるいは

反社会的衝動(殺人、暴力)
行き場のない衝動(当り散らしたい)


いい悪いじゃないのです。わたしたちが本来もっている衝動をいい悪いという倫理で封じ込めていると、封じ込められた衝動の奥にあるものは泣き続き叫び続けます。

この衝動の奥にあるものは?
この感情の奥にあるものは?

一つ一つ皮をむいていくと、そこに佇むのは、傷ついたちいさな私。愛と承認を求め、無邪気に差し伸べた手を振り払われた(と思い込んだ)泣いている私。


今回、われながら見事だったなと思いました。臆病で引っ込み思案で言語が下手でたぶん何が何だか全然わかってないんだろうなと思われていた日本人が、ぼーっとオブザーブしていたセッションでおもむろに周囲が凍りつくようなコメントを放ち、ブラジリアンミュージックがかかったとたんにいきなりラテンに変貌し、最後には50人近くの前でデモのモデルになる・・ここまで極端に振れる必要はないとおもいつつ、私にとってはこれくらいの分かりやすさが必要だったんだろうとも感じています。スーパーバイザーからあなたはユニークなセッションをすると言われ、ベテランアシスタントリーダーが孝美は素晴らしいセッションをしたと言っていたよ、と後から聞き、クラスメートから君はセラピストになると別人になるんだねと言われ、自分が何を渇望し、なににトリガーされ、どうアクティベートし、どう収束するかを身をもって知った。

前回2回のトレーニングをトラウマの形成に費やしてきて、今回そのからくりと、私の経験はあなたの経験とは違うということ、私の現実は私の妄想からできている、それに気づくと瞬く間に現実が真逆に動き始める、ということを体験しました。こっぱずかしい、というのが正直な感想。私っておめでたい。

本当に追い詰められると人間は変わる。どうせ私は・・・のループで苦しんでいる時は、実は本当は私が悪いとは思っていない。私以外の誰かが悪いと思っている。かわいそうな私を守りたい。そこにいたい私。

この私はむりやり表に出されると、もうどうしようもないパニックになります。泣く、笑う、すがる、思いつくありとあらゆる手段で「私」を守ろうとする。

でもそれでもさらにその「私」を明るみに出す。


結果は

あー、これか。



・・続きはまた。











プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR