< >
2013. 01. 23  
Apfelteeさんがロルフィング日記でフォーカシングを試された様子を書いてくださっています。Askingのところは確かに難しい。感覚でもって感覚にきくという作業は慣れないとピンとこないのでどうしてもここで言葉を使ってしまい、言葉を使うと頭を使ってしまう。私もここでよく失敗します。身体のなかでの自由なおしゃべりに単に耳を澄ませ、自分は客観的に観察する、最初はただそこにいればいいと思います。

実はすでに前半でテーマは浮上していたのですが、Apfelteeさんが最も開放を求めていたものは頭蓋骨にあったのです。ここは7回目と連動しているので7回目にまとめて説明しようと思っていました。一回目で呼吸を楽にしますが、横隔膜そのものをガッツリ開放するのはコアセッション後半です。6回目で背中にある横隔膜の脚を開放し、7回目で頭蓋骨の中心部にあり、脳も支える重要な骨(蝶形骨)を開放することで、はじめて本当に呼吸は楽になるのです。7回目は頭を触るだけなのにものすごい開放感があるのは、この蝶形骨の開放にあります。

実は蝶形骨は横隔膜と筋膜でダイレクトに連動しています。本来の自由な呼吸ができているときには、呼吸をすると肺の動きと共に横隔膜は上下に動き、それとともにわずかですが蝶形骨も上下するのです。クラニオセイクラルで脳脊髄液の流れをみていると、蝶形骨は確かに動くのがわかります。ロルファーの藤本靖さんが、耳を引っ張ると呼吸が楽になるとおっしゃっています(確か・・)が、このつながりのことを言ってらっしゃいます。

トラウマ体験とは息が止まる体験です。ショックを受けた瞬間人は息をとめています。これが一瞬でなく、長期に渡る場合、無意識に「息を詰めた」状態を保持している事になり、横隔膜は上下に動くことをやめます。だからトラウマ体験とは横隔膜を固定させる体験と言い換えても言いかもしれない。深呼吸をしてみてくださいと言われて、きちんと最初から横隔膜の上下運動ができる方は、ヨガをやっている人でもとても少ない。横隔膜を上下させないでどうやって呼吸するんだ、と思われるかもしれませんが、横隔膜の代わりに肩を上げ下げさせて肺を動かしているのです。横隔膜はほぼ固定したまま、そして連動して本来動くはずの蝶形骨も固定したまま、肩で息を続けていると、当然肺は上部しか使えず浅い呼吸になり、首にある呼吸筋である斜角筋は使い過ぎで硬くなってきます。肩こり、首コリとも大きく関係しています。

Apfelteeさんはすでに3回目で「常に耳が緊張しているのかもしれないと思った。耳の緊張と、肩こり(首こり?)は関係あるのでしょうか。」と気づいてらっしゃいました。大いに関係しています。

耳の緊張というのはいろいろあって、音に対して過敏な方や、いま説明した呼吸の浅さによる蝶形骨の固定の他にも、色々な問題が絡んできます。聞きたくない音や聞きたくない話を聞かなければならない時、耳はその音を拾うまいと緊張します。日本の都市は本当に音が多いのですが、雑音にさらされている時も耳は緊張しています。(都会人はだからつねに耳が緊張した状態)

逆に敵の察知を耳にたよるウサギのように耳をそばだてている人も耳が緊張しています。たとえば小さい頃両親の言い争いを子供部屋から耳をそばだてて聞いていたとか、いじめにあった経験から、自分のことを悪く言われているのではないかと人の会話に妙に反応する癖がついているとか、こういう心理状態も耳の緊張につながります。

この耳の緊張は蝶形骨を固定させ、それは呼吸の浅くし、そしてみぞおちを硬くします。Apfelteeさんは頭痛に悩まされてきましたが、蝶形骨の緊張は頭痛に大きく関係しています。

Apfelteeさんの場合、蝶形骨ー横隔膜の緊張はインナーチャイルドの存在と大きくかかわっているようです。インナーチャイルドというのは幼少期の傷ついた記憶(親との不適切な関係など)がトラウマとなって大人になってもうずいている状態のことをいいます。これを持たない人はほとんどないと言っていいくらい、このインナーチャイルドは普遍的な状態ですが、実はここは混乱している人が多い。これには6つの層があります。由井寅子さんの「インナーチャイルドが叫んでる!」P110の「6つの意識」を借りて説明します。

1わがままなだだっこの意識

いいおとなになっても、わがままなだだっこのように、自分の我だけを人に押し付けるのが最も表層にあるインチャ。
こういう方は自分に向き合うなどという作業には関心がないので、こういうワークとも縁がありません。

2 傷ついた子供の意識

トラウマを遡るとまず出てくるのがこのインチャ

3 生まれた後の両親の意識

4 妊娠中の母親の意識

5 両親と先祖の意識 


6 本人の意識

これらの層をとりはらって最後にやっと見えるのがここ。
これは大我とかハイヤーセルフとかいうもので、神の意識です。
私たちが今この時代に生まれて来たその意志と目的を知る存在。

ロルフィングは、いろんなしがらみによって幾重にも蓋をされて届かなくなってしまった本来の自分の姿(大我)を、この層をひとつひとつ剥いていく事によって発見する旅のひとつともいえるでしょう。

いま7回目を終えて、Apfelteeさんご夫妻は、この層をひとつひとつ剥いていく作業に入っています。
応援しています。
スポンサーサイト
2013. 01. 16  
7回目を終えられたApfelteeさんご夫妻にFocusingのリンクを紹介したのですが、この訳が難しいようなので、私の解釈で以下に再翻訳します。ロルフィング日記に書いてくださっていますが、お二人ともそれぞれのテーマでトラウマと思われるものが浮上して来て、大事な局面を迎えています。ご主人は肉体にある古いトラウマ。奥様の方は精神的なトラウマです。このFocusingは肉体と精神どちらにも応用できます。

フォーカシングとは、自分の身体の声に耳を傾ける練習です。これの優れたところは、「感覚」(フェルトセンス)を大事にするところ。普通、トラウマ体験は、言葉で解釈して理性で納得させようとします。あるいは見たくないから、その体験(感覚)自体をなかったこと(記憶喪失)にします。

でも、トラウマ体験は、脳で解決させても、細胞は覚えている。死ぬ瞬間動物には麻酔がかかりますが、ショックを受けた時の凍り付いた記憶は、細胞に麻酔の残渣のように残っているのです。凍り付いたエネルギーとして。ロルフィングで皮膚を通してこの細胞のもつ記憶にアクセスすると、頭ではとっくに忘れていたはずの凍り付いたエネルギーが浮上してきます。トラウマ克服のチャンスです。

ここで大事なのは、ここでまた健在意識を介在させない事。頭で解釈しないで、感覚そのものにフォーカスするのです。頭で解釈しきれない部分の開放をしているので、理屈によるストーリーの組み立てや解釈はかえって邪魔になります。

大事なのは、まず場を設定する事。静かな場所。何にも気を使わなくていい場を設定します。瞑想に慣れていない方はまずこの場づくりをなにより大事にしてください。

あとはこのステップに従って事務的にやるだけです。

・・・・・・・・・・・・・

1Clearing the Space(場をクリアにする。)

場の設定で大事なのは、スペースです。広さの事ではありません。静かな場所。静かな時間。そして自分自身に対するスペース。今からやろうとしていることにすぐさま飛び込まないこと。大きく深い呼吸を2、3回して、同時に2、3歩下がる感じ。

2Felt Sense(感覚に焦点を合わせる)

今自分がもっとも気にかかっているものに焦点を合わせる。でもここが面白いのですが、この時の焦点は、「ぼかし」です。わざと目をぼんやりさせて、選んだものをぼんやり眺めます。ここに何があるのか、とか、この問題は何か、と凝視してつっこんで考えないように。

3Handle(ハンドルをみつける)

なにかセンセーションがわきあがってきたら、その手触りを確かめてみます。フラッシュバックに対する「イメージ」をつかむのです。真っ先に思いつくのは言葉ですが、それを分析しないこと。擬態語、擬音語、なんでもいい、そのセンセーションにぴったり来るものを探ります。粘っこい、とか、重いとか、うきうき、とか、きつい、とか、絶望的、とか、そういうものです。あるいはそれをちょっと描写してみる。箱におしこめられたような、とか、沸き立つような、とか。いくつか組み合わせるとぴったり来るかもしれません。例えば恐ろしくきつい、とか、ぴょんぴょんした落ち着きのなさ、とか。あるいは色でも映像でもいい。大事な事は、一つ一つを分析しないこと。わき起こる感覚すべてを一瞬にしてつかめるようなイメージを探すのです。

ここは大事な局面です。頭での分析を脇にどけると、当初の問題が違う手触りになってくるからです。理性(健在意識)で片付けて来たものとは別のものが立ち現れて来ます。ちょっとした違いだし、最初はなんだかヘンに感じられますが、これが探していたものです。これが立ち現れるとボディシフトと呼ばれるものが起こります。これ以外のものは全部脇に置きます。

自分の感覚とそれを描写する言葉や映像がぴったり合ったら、それが「ハンドル」になります。このハンドルを手にすると、まるで身体が「そう、そのとおり!」と言っているかのように、その感覚が動いて、楽になります。

4Resonating(共鳴させる)

自分の感じているその感覚(フェルトセンス)と、自分の選んだイメージや言葉(ハンドル)が一致しているか、確かめます。だからここでもういちど、自分のフェルトセンスと言葉をぼんやり眺めてみます。この作業の間にも刻一刻と感覚とそれを彩るイメージは変わり続けるので、ぴったり来る感覚とそのイメージがつかめるまでこの作業を続けます。自分の感覚と、そのイメージが一致するときには、身体にサインがあるのでわかります。

5Asking(尋ねてみる)

ここで自問します。「なんでこの感覚はこのイメージなの?」この感覚は、一瞬一瞬変わるので、いまこの瞬間思いつくそのイメージに向かって問いかけます。「何がこの感覚をOOにしてるの?」あるいは「今のこの感覚の中にあるものは何?」

瞬時に思いつく答えは見送ります。頭で解釈しているからです。それよりも、自分の身体が送ってくるシグナルに耳を傾けます。

身体の奥からわき起こる感覚がつかめたら、その感覚に寄り添います。しばらくすると、何かが動きます。何かが動いて、なにかを受け取ったり、何かが開放されたりします。

6Receiving(受け取る)

このシフトとともにやって来たものを受け取ります。それがほんのわずかな開放だったとしても、焦らずしばらくそこにいます。一回にやってくるものはわずかなもので、劇的なことが起こるわけではないので、この開放がすこしずつ波のように打ち寄せるのを楽しみます。

このプロセス中に、身体全体が、何かを感じ、何かに触れた感覚があったら、フォーカシングは成功です。これによってボティシフトが起こったかどうか(身体が変わったかどうか)はどうでもいい。それは勝手に起こることで、私たちが意識でコントロールできるものではないからです。

・・・・・・・・

ただ静かな場所で、目を閉じて、わき起こってくるセンセーションをひとつひとつ確かめていく、そういう作業です。そこにまつわるものの解釈や意味付けは今は全然しないで。

人はこの感覚を受け取るのを怖がります。ここまで深く入っていくと、トラウマのドラマを再現するから潜在意識でブレーキをかけているからです。でも、ここはブレーキをかけている限り、未放出のエネルギーは出口を求めて常に負のスパイラルの口をあけて、呼び続けます。

まずは、自分の感覚とともに居て、その感覚を受け取る事ができるようになる事。まずはそこ。そこに立ったら、あとは受け取る事に集中します。

フェルトセンスにフォーカスするのは、トラウマの記憶が内側から自分で出口に向かって動き始めるのを助けてくれます。いまこの瞬間に身体に起こっている事を見つめる、というのは、自分の内側にどんどん入っていく作業です。実はその作業じたいが、解決にむかって前進しているということなのです。身体には自分で自分を癒す機能が備わっているので、ムリに締めてしまった蓋を取り外してあげれば、自然に開放は起きるのです。このとき大事なのは、焦らないこと。観察者でいること。

自分のトラウマは何か、とは考えなくていいし、
具体的なリンクをムリに作る必要ない。
言葉によるストーリーは必要ないです。
そこにあるのは単なる「感覚」です。
それを大事にしてください。
2013. 01. 14  
年明けとともにロルフィングセッションで佳境に入る方々に、コアセッションで体験するトラウマ浮上に対する対応をご紹介していて、ひょんなことから私の愛読しているFocusingという本のハイライト部分である具体的な6つのステップが、ウェブ上でばっちり日本語訳されて公開されている事を知りました。→Focusing Manual

ボディワークを語る上で欠かす事のできないフェルトセンスとはどういうもので、どう体験すればいいのかを、シンプルにまとめてくれた本。私はロルフィングトレーニング中にこれを授業で学びましたが、その後もこの本を愛読しています。トラウマとの付き合い方では、具体的に著書を紹介しませんでしたが、この本は参考文献の一つでした。思想は深いですが、とても洗練された状態でシンプルにまとめてくれたこのFocusingというメソッドには、自分と向き合い日常を丁寧に生きるヒントがちりばめられています。具体的なこの6つのステップについてはいつか訳して紹介したいと思っていたら、何年も前にとっくに日本語訳されて紹介されていたのですね。うかつでした。このサイトはかなり使えるのでぜひご利用ください。

私はセッション中にも、セッション間にも、このフェルトセンスの発動を、とにかくクライアントさんに促しています。ボディワークをいかに効率よく受けるかは、この感覚を目覚めさせられるかどうかにかかっているといってもいい。

ちょうどやっぱりコアセッションで脱皮途中だったクライアントさんと内臓のこだわりについて話していて、私がふと断食の話をしたら、なんとその直後から5日間半、完全に絶食をされたと後から聞いて、ひっくり返りそうになりました。そんな過激な事は決してお勧めしていなかったのですが、ご本人は絶食に妙にピンと来たので強行したとのことでした。(しかもそれをクリスマスのときに・・。)その後お会いして経過について報告を受けたのですが、トラウマやらこだわりやら過去の記憶やら、もうあり得ないくらいの雑多なものが押し寄せたけれど、あまりにも日に日に弱っていくので、どうでもよくなった、とにかく次から次へとわき起こってくるものを、もうめんどくさいから手放す作業を続けて、5日半たった晩、あ、もうこれでいい、とパッと思い立って、それで断食も終えた、とのことでした。例えばどんなものを手放したか、何が浮き上がって来たか、そのときどんな感じだったか、根掘り葉掘りいろいろ聞いてみたのですが、とにかくもう全部手放してしまったので、何も残ってなくて、全く思い出せないのだそうです。感覚さえも。

これをきいて究極の手放しの状態って、フェルトセンスの発動も必要ないんだなあ、と妙に感動しました。乱暴ではあったけれど、まさに色即是空 空即是色の境地。すごいなあ、と思いました。彼、確かにお休み前とまるで別人だったのです。それまでも毎回大変身するのでびっくりしていましたが、今回はとりわけ驚きました。でも、一般には絶対にお勧めしません。。

ひとっ飛びにここまで行ける方は別として、凡人の私としてはまずフェルトセンスを使った丁寧な自己との向き合い方をお勧めします。普通はこちらのステップの方が安全で確実だと思います。

ところでドバイの後遺症か、どうも年明けくらいからなかなか浮上できない。新年の挨拶とともにとても前向きで感謝にあふれた言葉が飛び交うその傍らで、私は密かに近年にない落ち込みを経験していました。不条理にたいするやりきれない思いや嘘くささに対する怒りや虚飾に対するしらけた思い・・新年を暗く過ごしてはいかん、前向きに〜、と叱咤激励するその自分にも嘘くささを感じ、もう疲れて放っておきました。法華経の出番である、とは重々承知なのですが、投げやりな気分の時は、経典を読みかえすという「いいこと」をしたくない。身になっていない教えは、とっさのときには使えない。

そう思っていたら、どうも精神の落ち込みを経験されている方が今思いのほか多いようですね。Apfelteeさんのロルフィング日記でも、同じような心情が綴ってあって、偶然にしては妙に多いなと思っているところです。

今妙に落ち込んでいる方。どうやら流行病?仲間は多いとわかると少しはホッとされるでしょうか。

トラウマ浮上と見たときには私はセッションを離れた指導を色々しておせっかいを焼いていますが、フェルトセンスなどは、セッション間にできるとてもいいツールです。他にはホメオパシー、エッセンシャルオイルやナチュラル系睡眠薬なども紹介しています。この辺りは個別でしか対応できないのでみなさまにはご紹介できず残念ですが。

日本では大雪。こちらでも今日は雪が振りました。寒い日が続きますがどうぞお体はくれぐれもご自愛下さい。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR