< >
2016. 02. 13  
昨年末の直傳靈氣講習会にご参加くださった30代の男性が、唐突ですが、という前置きで体験談を書いてくださいました。「よかったらブログにアップしていただいて、孝美さんの集客(?)に寄与できたら、と思うのと同時に、直傳靈氣が必要な方にもっと広がってほしい、と思って・・・というのも、書いた経緯として、頭を改めて落ち着かせる中で、『自分はこれまで与えてもらうばかりだった。これからは自分から与える側にならないと。』と思うに至ったからです。」という添え書きとともに。転機を前に自分のことで頭がいっぱいであろう状況で私の集客にまで心遣いをくださっているあたりがいかにも彼の人柄を表していて、敢えて添え書きから引用させていただきます。

昨年末の講習会は、受講者がお二人とも年末の繁忙期に遠方から新幹線でいらしてホテルに滞在して通ってくださったのですが、このお二人との出会いは私にとっては神様が与えてくださったご褒美だったと思っています。それくらい嬉しかった。このお二人とはなにか深いご縁があるんだろうとは予感していたのですが、やっぱりというか、なんだかムキになる部分が酷似しているというか・・いや性格も年齢もバックグラウンドも全く違うし、側から見たら一見全く接点が無いように見えるでしょうが、メイト、という言葉がとてもピンと来るお二人でした。長い付き合いになるんだろうな、と思っています。その後もFBグループで、大マジメに日々精進して得た気づきをマメにシェアし合っていて、思わず噴き出すような質問をいただいたりしています。

お二人ともこのブログを通してのご縁です。こういう素敵なことがあるから、ブログ書くの悪くないな、と思っています。

書いていただいた体験談は、淡々としていますが誠意にあふれ、決意の滲み出た強い文章で、とても心強く思いました。以下、体験談です。

+++++++++++++++

・私が参加した講習会の概要
2015年12月25〜27日に東京で開催された講習会に参加いたしました。
初参加組は私を含め2名でしたが、毎回およそ5〜10名程度の方がご参加されているとのことで、今回はそれらに比べてとても少ない中での開催だったと伺っています。また、今回再受講で来られた方は2名でした。


・受講の経緯
私は30代前半の男性なのですが、常日頃から不器用でストレスに弱く、学生の時分から社会人になってからも何度かうつ病でダウンしてしまうという人生を送っておりました。
その中で、いわゆる心療内科での治療に対して、症状をある程度ラクにしてくれる部分はあると感じながらも根治にはつながっていないという感覚が根強く、結果としていくつかの代替医療を試すようになりました。具体的にはヨガやロルフィングやホメオパシーなどを試しましたが、その中で孝美さんのブログから直傳靈氣というものを知り、「何か効果があるのではないか」、もっというと「自分のこの人生を変えたい」と考えて受講することに決めました。この動機は間違ってなかったと感じています。


・受講当日の流れ
1日目は午後から半日のみで、直傳靈氣の基礎的な内容をさっと振り返るのみだったのですが、最後の靈授とその後の練習(靈氣まわし)は全くさっぱりピンとこず、頭に「?????」が並びっぱなしでした。ですが、今思うにその霊授によって自分が今まで全く使ってなかった脳の部分が知らぬうちに動き始めていたようで、その日はホテルに帰ったらすぐさま眠り込んでしまうほど頭が疲れていました。いつも私は分析的な脳で考えようとするところがあったので、普段使わない感覚的な脳を使ったことによる疲れだった、と今振り返って思います。

その後の2日目・3日目は、1日目に感覚的な脳を使うことを覚えた(許した?)せいか、靈氣が感じられるようになってきました。頭の状態も、分析脳の「この講習会から学んで帰らなければ!」という真面目な気分から、今・現在に意識が向いている感覚的な素直な気分で講習に臨むようになりました。
内容としては、色々な技術や仕組みを知識面で学んで、霊授をして、靈氣まわしで練習をする、というシンプルな繰り返しでしたが、だんだんと靈氣が実感できるようになってきました。また、孝美さんはロルフィングやホメオパシーなどの知識もお持ちのため、人間の治癒についてなど色々な角度から解説いただくことができました。


・受講その後
受講を終えてからの生活は、エネルギーが強まって活動的になれるかなと期待していましたが、期待に反して、かつてない眠気とだるさに襲われました。不安になって孝美さんに伺ったところ、
「眠いのは身体が必要としているから。不要な思考が活力を奪っているので、今はとにかく休息してください。休息が終わったらイヤでも活動したくなります!」
とのことでしたので、そのまま数週間は眠れるだけ眠ることにしました。靈氣を頭にあてるとだるさも取れてすぐ眠れるのでそれを数週間続けていたところ、1ヶ月ほどたったあたりから快活になってきました。また、この頃からかねてからの悩みでもあった低体温が解消され、日によっては冬場でも半袖で過ごせるくらい、しっかり発熱する身体になりました。

また、できるだけ眠るのと並行して、心配性の性格を治すべく自身に性癖治療を続けましたが、効果が出るにつれて、今まで気にしたこともなかったテーマを考えられるようになっていきました。
それまでは「心配性」や「貧乏性」などの性癖を治療していましたが、「自分に甘い性格」などを治すようになってきており、どこか自分に対して積極的になってきたのを感じています。こんなことは今までの自分の、自己憐憫に満ちて自信のない性格からは考えられませんでした。


・おわりに
直傳靈氣講習会を受講してみて、その後どんどん自分の中でのエネルギーのようなものが高まっているのを日々感じています。これは、100%振り切ったように一気に元気になるのではなく、日進月歩の中で日々よくなっていっている、という感触です。
これまでの自分は、世の中になじめずなんとかして世の中や他人に合わせておこぼれをもらうような感覚で生きていました。しかしエネルギーが強まった今は、人生の主役は自分であり、自ら人や社会に与えていこう、という気分を持てています。これは、自分を憐れむ今までの性格と比べると大きな変化だと感じています。これまでは自分を甘やかさなければ自分を保てませんでしたが、今は少しずつ自分に厳しくすることもできるようになってきています。

以上、私自身の体験談を率直に書かせていただきました。この記事によって誰か一人でもご自分の人生をよくすることができたら、本当に嬉しく思います。


+++++++++

ちなみに、眠気についてのFBグループでの彼とのやりとりはこのようなものでした。

Q:「眠気」というのはどういうものなのでしょうか?ここのコメントを見てだるさ解消のためと思って頭に靈氣使ってると、活動的になるかと思いきや、かなり眠くなってしまいます。ちょっと困るレベルで眠い。寝ちゃうほどはやらない方がよいか、寝るのも浄化のプロセスと考えるか、眠くなるとまずいときは控えるか・・、どう考えたものでしょうか・・?

A:靈氣療法は最終的に心身爽快になります。眠いのは、身体がそれを必要としているからです。休息が必要なのです。休息ばっかりしているって?いらない思考によって脳は一時も休めていなかったりする。よけいな思考がそもそも全体の活力を奪っているのです。まずは本来のエネルギーの周り方に戻してあげる必要がある。たとえばお腹いっぱいの時には消化に集中するため眠くなりますが、それを振り切ってがむしゃらにがんばっても大して能率上がらないでしょう。諦めて消化に徹してください。しっかり休息がとれたら後は、いやでも寝てられなくなって、活動したくなります!!
スポンサーサイト
2015. 05. 01  
直傳靈氣について、受講後の体験談を、公開のために詳しく書いてくださったMさんに感謝です。ごくまっとうな、最初の警戒している様子、意外と使えると知った性癖治療、最後に「このような力を全ての人は持っていて、靈授はただのきっかけに過ぎないと思いました。そこに希望があるとも思いました。」という、非常に的を得た結論。私の伝えたかったことをきちんと掴んでくださっていて本当に嬉しかったです。

Mさんの靈氣はとても気持ちいいです。Mさんが靈氣を通してびっくりするようなことを次々導くのは、それを狙っていない我欲のなさと素直さがいいのだろうとやはり感じます。彼女にやってもらうと単純に本当に気持ちいいのでお任せしたくなる。やってもらう人はお任せし、やる人はお預けする。この波長がパシっと出会った先には、私がいつも感じざるを得ない神の世界=宇宙の法則を垣間みることになります。


セッション7を受けた日の午後、前期の靈氣講習会が開催されました。靈氣そのものの施術を受けたこともない上に、エネルギーワークを学んだことは、これまで全くなかったので、どのようなことが行われるか、皆目見当がつきませんでした。
 
講習会の参加者は私を含めて、6人。様々なバックグランドを持った人々と一緒に講習会を受けることになりました。

講習会において、孝美さんは、治癒とはどのように生じるのかを説明してくださいました。そうだったのかと感じることが多かったように記憶しています。

いよいよ靈授を受けることになりました。靈授を受けると、頭の中がスカッとする感覚を味わいました。自分では自覚はなかったのですが、靈授を受けている最中、頭がぐるぐると回っていたようです。

靈授を受けた後、自分自身の手から靈氣が出ていることを感じてくださいと言われましたが、正直よくわかりませんでした。他の受講されている方の感想を聞きましたが、他のみなさんはいろいろなことを感じているのだなぁと感心と焦りを感じたのを覚えています。

講習会が終わり孝美さんから、靈授を一緒に受けた人とは、その後の人生が同期し仲良くなるから、ぜひ連絡先を交換してみて、とのお言葉をいただきました。その当時は、その意味がよくわからなかったです。しかし、この体験談を書いている今では、その意味をよく理解することが出来ます。

7回目のロルフィングと前期靈氣講習会を受けた後、8回目のセッションまで少々時間が空いていました。とりあえず、靈氣はどんどん使ってみた方がいいという感覚はあったので、身近な人に率先して行うようにしました。1日1回出来たらと思い、過ごしていました。

もちろん毎日は出来ませんでしたが、様々な人に行っていく過程で、人によって反応が異なることを実感したり、自分自身の感覚が育っていく感じを味わいました。靈氣を行うと、よくわからないけれども、相手と自分の何かが変化していく感じが面白かったです。

7回目のロルフィングと前期靈氣講習会を受けた後、8回目のセッションまで少々時間が空いていました。とりあえず、靈氣はどんどん使ってみた方がいいという感覚はあったので、身近な人に率先して行うようにしました。1日1回出来たらと思い、過ごしていました。

もちろん毎日は出来ませんでしたが、様々な人に行っていく過程で、人によって反応が異なることを実感したり、自分自身の感覚が育っていく感じを味わいました。靈氣を行うと、よくわからないけれども、相手と自分の何かが変化していく感じが面白かったです。

8回目のロルフィングセッションの次の日、後期靈氣講習会を受けました。

後期は前期よりも多くの人数で受講しました。性癖治療と遠隔など、かつての私だったら、怪しいと思って敬遠していたことを学びました。実際に、それらを行ってみると、身体的効果を感じることが出来たので、こういう世界もあるのだなぁと受け入れることが出来ました。

この時、学んだことで一番インパクトがあったことは、自己性癖治療です。自分の嫌な性格を治すというもの。自分の嫌な性格は治せるのだ、と知ったことは衝撃でした。自己性癖治療を学んでから、毎日通勤電車で行うようにしていました。
 
ロルフィング10シリーズ終了後、後期靈氣講習会を再受講し、また様々な人々に出会いました。孝美さんはドイツに帰国され、私は日本にて日常生活を一日一日送ることになりました。

靈氣についてのその後

靈氣については、講習会を受けて、やる機会を多く設けた方がいいという感覚がものすごくあり、自分自身の自己性癖治療、他人への靈氣、性癖治療を、機会をみつけては行っています。
自己性癖治療は、前述のとおり、通勤電車などの時間を使い、毎日行っていました。私の場合、「心配性」を治すという目的で行っていたのですが、3、4か月後に「心配性」が抜けたなという感覚があり、それ以後は様々なことを、気が向いたら治療しています。

他人への靈氣は、身近な人、友人、旅先で出会った人などに行いました。人それぞれ、反応が異なり、その感覚を教えてもらうのが、私にとっては楽しかったです。

他人への性癖治療に関して、非常に面白かった経験があります。喫煙者に「煙草に翻弄されてはいけません」と性癖治療を行ったところ、それ以後、その方は煙草を吸わなくなりました。また、こちらは偶然だとは思いますが「貧乏性」と性癖治療を行ったところ、その方に、百万円の臨時収入があったそうです。

靈氣講習会にて、靈氣を使えるようになると、エネルギッシュになり、人間関係が変化し、忙しくなると、孝美さんに教えていただきました。今、その通りであると言えます。心地よい人間関係が増えていると実感しています。また、過去の関係性で付き合っていた方々とも疎遠になりました。正確に言うと、疎遠になっても構わないという感じです。過去の関係は過去の関係でしかなく、今は今でしかないという感じです。今の感覚が嫌だなぁと思ったら、距離を置けばいいし、置いてもいいだのだと思うようになりました。

端的にいうと、靈氣は便利だと思います。どこでも、いきなり使えるところに実用性があります。手をかざすだけなので、手間もいりません。海外旅行先で腹痛に見舞われた時に、有効性を感じました。 

あと、このような力を全ての人は持っていて、靈授はただのきっかけに過ぎないと思いました。そこに希望があるとも思いました。

プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年夏 東京セッション
6月27日(火)〜7月9日(日)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期6月30日(金)18:00〜21:00(日中への変更可)
  7月1日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期7月2日(日)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)

3月11日(土)16:00〜18:00


直傳靈氣交流会(東京)
7月9日(日) (予定)

参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR