FC2ブログ
< >
2012. 11. 27  
先日ちらっと書いた(→こちら)医療大麻について。GHQが設定した大麻取締法の影響で、日本では栽培・使用が禁止されています。これについては以前から船井氏が「大麻取締法」のフシギなどで発信していらっしゃいます。

麻は、政府が標語として掲げる「ダメ、絶対!」のあの大麻です。大麻は古代から人類と深く関わってきた万能の植物で、昔は私たちは抽出液や乾燥した葉を薬用に利用してきました。しかも放射性物質の除去にも使えるので今や時代の救世主とさえ思えますが、日本ではこの使用も栽培も法律で禁止されている。彼らはこのシナリオを見越して設定したのかと思えてしまいます。

この法の監視のもと、日本ではかつては万能に使えた亜麻仁油(flax oil; Leinöl)も手に入りにくいと聞きます。ここドイツではLeinölなどはどこのスーパーでも安く買えます。このヘンプオイルも日本ではまず一般には見た事ありません。オランダはもっとも大麻に開かれていますが、アメリカでは認可制ですが栽培は許可され、ヘンプオイルもお店にならび、作用成分THCを化学合成したDronabinolなどは、アメリカやドイツの医療現場では癌やエイズや多発性硬化症などの難病治療に広く使われてます。最近はイギリスにつづいてスペインが大々的に医療改革にのりだす勢いです。

ここに、麻のオイルが副作用なく癌を治癒させると「確定した」スペインでの研究結果をご紹介します。マウスを使った実験などによりその薬効が確認され、とくにオイルでとることがいいと書かれています。実際The International Medical Veritas Association (IMVA) では、抗癌作用のある塩化マグネシウム、ヨウ素、セレンなどと並んで麻のオイルを癌議定書に掲げる準備をしているそうです。

大麻は:
・豊富な脂肪酸の含有率
・オメガ3、6、ガンマリノレン酸の比率が2:5:1であること
・純粋なガンマリノレン酸を5%まで含んでいて、この濃縮度はスピルリナより高いこと
こういった理由で、昔からスーパーフードとされてきた、ということ

医療大麻は、医療現場ではマリファナを吸うのと同じ使い方をしてきたので、喫煙によって有害な分解生成物ができて副作用もあったが、少量の使用ならハイにもならず安全で、発火温度以下で抽出したオイルならこういった有害物質は完全に気化して無毒化する、云々が書かれています。ちなみにflax oil=Leinöl(独)= 亜麻仁油のほうを癌治療に使っている医師もいるそうです。

研究結果によると、恐れられている中毒性、幻覚などの副作用などが私たちの認識とかけ離れている事が明らかになってきています(ほとんどない、とのこと)。実際はむしろ突出した薬効に目を見張るものがあります。生薬として、かなり有効に使える植物のようです。実際上記の記事でも、素人が栽培してオイルを抽出し、無料で知人に配っている話も紹介されています。

同じく医療大麻について詳しい海外在住の方が、医療大麻を栽培しながらその有効性についてブログで発信してくださっています。残念ながら日本ではこういうことをすると、縄文エネルギー研究所の中山康直氏のように逮捕されてしまいますが..

私はこのヘンプオイルを日本の方々にお土産としてせっせと配っています。確かに普通のオイルに比べるとだいぶ高いですが、薬効成分云々の前に、まず美味しい!コールドプレスで抽出するのでさらっとしていて、緑がかってきれい。ちょっと青臭いところがジェノベーゼを連想させます。大事なのは、サラダ使いだということ(火を通さない)。開封いたらすぐ使い切る事。酸化が速いようです。もっとも瓶が小さいのであっというまに使い切りますが。放射性物質除去の救世主として、副作用のないがんの治療薬として、捨てるところのほとんどない万能な植物として、それこそ本当は一般の私たちも知っておくべき医療大麻。見直してみませんか?
スポンサーサイト



2012. 11. 27  
私がよく訪れる船井幸雄氏の「今知らせたいこと」。今日、ちょうどいい例がでていました。以前からくすぶっては消されてきた陰謀説や「ほんとうのこと」に関する情報が、本当にコアな情報以外は無料で公開されています。(でもさすが経営の神様の船井幸雄氏、情報の価値にきちんと値段をつけていらっしゃる。本当にほんとうのことは、高い会費を払わないと教えてもらえません。)が、ここでもその世界を垣間みるくらいはできると思います。

9.11の自作自演説、東日本大震災が核爆弾による人工地震だったという説はもう秘密でなくなってきたので、堂々とここでもその内容が公開されています。これと平行して、二ビル星人(今の闇の元凶となる宇宙人)、フォトンベルト(太陽系とシリウスが近づく2012年説)など、経営者とは思えないオカルトっぽい話も紹介されています。船井氏自身は、この説を唱える著者たちとは親交が深いにも関わらず、主張には同意していません。健全だと思います。

2012年問題や陰謀説を唱える方々の中には、闇を暴く、そして(盲目な大衆である私たちに)真実を知らせる、という尊い志を持った方もいらっしゃる一方で、あたかもその闇の世界の到来を望んでいるかのように思える方もいらっしゃいます。由香里さんが、エネルギーの世界で言えば、信じる人が多くなればなるほどそのワールドは養われて拡充する、とおっしゃっていますが、これは大事な事です。その方達は、自分が信じる世界がたとえ自分自身の破滅だとしても、それを養っている。それは予言が当たったという事で自分の力を世に指し示したい自意識の現れや、闇に呼応する自分の闇の表出だ、などと穿った見方をせず、善意からの発信だとありがたく受け取るにしても、彼らはそこに思いを込める事でその闇のワールドを創り上げ養っている、ということを知る必要がある。私たちが「2012年12月の大異変」というワールドを信じれば、私たちはそのワールドを養う事になる、つまり実現にむけて引き寄せることになる、ということです。

事実から目を背けろと言っているのではありません。過去に私たち全員が体験したことは、過去に歴史として残りました。でも事実は本当は現在のこの瞬間だけです。未来は決まっていません。私たちが今のこの一瞬一瞬に選択をしているのです。未来は私のこの瞬間の選択の結果です。未来のシナリオはいくつもあり、同時並行もしていて、どれを選ぶのかはいまここに生きる私たちです。

あとで削除するかもしれません。でも、これをご覧になった何人かの方々の中には、私の込めたものが届くかもしれないと願いを込めて。

プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR