FC2ブログ
< >
2013. 01. 31  
レインドロップテクニックに使うオイルは全部で9種類〜11種類。このレインドロップに使うオイルは抗菌、抗ウィルス、消炎効果のあるオイルを集めたもので、有機栽培の治療等価オイル、そして食品添加物としての認可をとっている(つまり飲用可)というものです。これを最初は足の背骨の反射区に塗りこみ、つづいて雨だれのように背骨づたいにぽたぽた落とし、それぞれのオイルに合ったタッチで塗りこんでいきます。タッチのテクニックは単純で、オイルが主役の施術です。

日本ではこのレインドロップを治療と捉えている施術者のHPを見つけられないので、ここからはこれを治療ととらえるフランスとドイツの流れでお話しします。

このレインドロップテクニックの最大の特徴は、背骨のアライメントです。脊柱側彎症の方に卓越した効果があるのが最も有名で、一ヶ月に1度のペースで1年間受け続けて身長が5センチ伸びるなどという例があります。ロルフィングとは非常に相性がよく、10シリーズとは別に単発でリフレッシュが必要なとき、あるいは慢性の痛みの緩和が欲しいときなどにお勧めしています。

これには理由があります。背骨の湾曲をひきおこす脊柱の形成異常につながる大きな原因として、脊柱に住みつくバクテリアの存在が化学界で発表されたのが1997年。どういうわけかこの大事な発表がその後あまり有名になっていませんが、痛み止めやブロック注射で神経を麻痺させなくとも、消炎と抗菌作用のある治療等価オイルを炎症部分に塗布するのは著しい効果があるのです。ヤングのレインドロップテクニックは、背骨に直接オイルを塗りこむ事によってこのバクテリアの一掃をするわけです。骨の形成異常が、心や身体の使い方により重力の影響をうけて引き起こされたものでない場合、ロルフィングによる効果は暫定的になってしまいます。実際どうしてもとれない胸の苦しさを訴える方で過去にひどい感染症にかかった経験のある方々に対して、レインドロップを10シリーズ中に一度お勧めすると、その後次のセッションまでに、ほぼ全員にブレークスルーが起こっています。

また、嗅覚は感情脳をダイレクトに刺激すると前に書きました。胸椎の狭窄を起こしている人は、感情を理性で封じる事によりそれが起こっている人がとても多い。ご本人の自覚があるなしにかかわらず。言葉を介さず、思考を介さず、直接感情脳に働きかけるにおいというツールは、感情ブロッケージの開放にとても有効です。

もうひとつの大きな特徴が、臓器のデトックスです。

先に子宮のところでも書きましたが、頭と仙骨を背骨を通して結ぶ硬膜。実はレインドロップはこの硬膜に沿ってオイルを塗りこんでいくのです。頭皮が子宮と密接に繋がっているのは説明しましたが、背骨づたいにオイルを塗りこむことによって、明らかに子宮のデトックスと思われる症状を目にしています。子宮に蓄積した環境ホルモンの押し出しです。子宮付近の湿疹、生理痛の一時的悪化や、黒い経血の排出などです。精油は環境ホルモンを押し出す力があります。ヤングのオイルをプラスチック容器にたらして飲んだところ、コップがとけてしまいひどい目にあった、という体験談もあります。

エッセンシャルオイルは化学物質を押し出す作用があります。皮膚毒である石油系の化学物質を押し出す際に腫れ上がったり湿疹が出たりします。これはオイルにかぶれた=オイルの質が悪い、あるいはオイルとの相性が悪い、塗布した量が多すぎた、などと誤解されやすいのですが、違います。この反応は脂肪層(真皮)にケミカルの蓄積の多い人に顕著に出ます。オイルを伸ばすのがいつも頚の方向なので、頚付近で濃度が高まる理由もありますが、ヘアケア製品に含まれるケミカルはやはり頚での蓄積が高いのでしょう。だから最後の蒸しタオル辺りでは、頚のあたりがかちかち山のようになったりします。この刺激が耐えられないようであれば、即座に中和できますので心配はありません。

こういうデトックスや好転反応(めんげん作用)は、副作用と分けて考えないといけません。副作用は、まったく自分の弱い部分とは関係ない、新たな部位に起こる症状です。好転反応やめんげんは、自分の弱い臓器、過去の病歴を遡って治癒していく過程で一時的に悪化することを言います。本人は苦しくてよくわからないこともありますが、よく注意すると、好転反応の場合は症状はひどくても日々なんだかすっきりしていくような感覚があるので、それとわかります。

めんげん、好転反応の代表的なものとしては、発熱、頭痛、めまい、吐き気、湿疹などです。その他に、粘液として出る場合も多いです。咳、鼻水、膿みなどです。強いかゆみを感じる事もありますが、これもデトックスなので、ここにかゆみ止めなどを塗って出口を塞がないでください。温かい生姜湿布はお勧めです。

必要な方にはこのようにいろいろな好転反応が起こりますが、それ以外は本当に純粋に気持ちのいいセッションです。温泉に入った後のようにぽおっと頬が赤くなり、身体が軽く元気になります。「調整」を意味するオイルの力によって、自分から良くなるスイッチの入った後は、不調だった部分がぐんぐん良くなります。痛みをお持ちだった方はみなさま実感していらっしゃいます。感情の開放、という点では、エネルギーに敏感な方や感情的トラウマを自覚されている方には大変お勧めです。

このレインドロップテクニックは定期的にセッションを受ける事で、効果がより深くなり、アライメント維持や体質改善、免疫力アップにもつながります。痛みが強い場合(もっと頻度が必要)を除いて、一ヶ月に1回が目安です。

注)
レインドロップテクニックに使用する精油は非常に刺激が強く、一般的には決して肌に直に塗布してはいけないとされているオレガノやウィンターグリーンなどを使います。過敏肌の方、皮膚アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。最初に足の反射区に塗布したときに反応を見て、必要と判断したら希釈して使います。

かなり刺激の強いセッションではありますが、凍り付いたようになって動かない、「何をやっても効果のない」と匙を投げられる背骨を蘇生させるだけのインパクトは、やはりあります。臨床で驚くような結果が出ているのは事実です。
スポンサーサイト



2013. 01. 31  
子宮内膜というのは大きく分けて2層からなる上皮組織で、生理のときに脱落する機能層は、毎月はがれてくれる事が大事です。このサイクルはもちろんエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの共同作業。この共同作業が破綻してはがれなかったりすると、いろいろな病気につながります。例えば女性のなかの男性ホルモン(実は女性ホルモンより10倍以上多い)の分泌過剰によっておこる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による無月経。卵巣が繊維性の皮膜に覆われて排卵が起こりにくくなるのです。これによって体毛が濃くなったり肥満になったりします。またエストロゲンの分泌過剰では内膜が異常増殖して子宮がんになったりします。

多くの日本人女性の煩う子宮内膜症。子宮内膜が子宮以外の骨盤内に増殖する症状である子宮内膜症は、病変部で生理のコピーをすることになるので、生理痛や経血が倍増したりします。これは医学会では理由がわからないとされているのですが、ホルモンのアンバランスによるものだろうとも言われています。頭皮からのケミカル由来による環境ホルモンで、ホルモンバランスが崩れていることは、原因のひとつとして考えてもいいかもしれません。

ホメオパスのクリスティンペイジは、子宮関係の病気に心理学的、霊的な意味を与えています。

子宮内膜症は心理学的には相反する2つの感情が関係しているそうです。1つが妊娠に対する恐れ、もうひとつがこれと逆にどうしても妊娠したいという強い願望。

がんのもつメッセージは自己否定ですが、子宮がんのもつ霊的な意味は自己卑下。(自分には価値がないと思ったり、屈辱感を抱いたり、道具のように扱われていると思ったり、過去に性的、心理的、身体的虐待をうけた傷をひきずっている)

その他

月経過多は、だれにも見せる事ができなかった涙を象徴。頼る人がいない、愛されていない、なにをしても当たり前に思われて感謝すらされないという意識。自分で自分に何かをする意識が欠けています。

子宮筋腫は怒りの象徴。子宮筋腫が大きくなるのは、あたかも怒りを子宮で育てているかのようです。でもこれは世話を焼かれる事を恐れ、他者を自分の人生に関わらせる事を恐れる自分を表しています。



2013. 01. 31  
頭皮と子宮は密接につながっているから、
・生理中のシャンプーやヘアダイはいけない、
・妊娠中はシャンプーを自然系のものに変えないと羊水がシャンプーで汚れる、
・お産後30日は洗髪をしてはいけない

て美容師さんや助産師さんから一度は聞いた事があるのではないでしょうか。自然系シャンプーを売る営業目的とか根も葉もない迷信だとかいって無視する方も多いようですが、根拠はあります。ホメオパシーや、アーユルヴェーダや、クラニオセイクラルや東洋医学をかじると、かならずこの辺りの深い関係性が見えてきます。今回は精油からのアプローチも含めて説明します。

頭皮と子宮はとても密接に関係しています。一つは血管を通して。もうひとつは神経を通して。

頭皮は口内粘膜(角質層がないので吸収率が皮膚からの13倍)に続いてもっとも化学物質を体内に吸収しやすい場所。ホメオパシーレメディを舌下で自然に溶かすのも、それができない動物や新生児、重病の方には水ポテンシーにして頭頂部にたらすのも、アロマテラピーで最後に精油を頭頂部に塗る事も、ここからの吸収率が高いことを根拠にしています。

シャンプーに含まれる有害物質について語るとまたものすごく長くなってしまうので別の機会に譲ります。プロピレングリコール、タール色素、エデト酸塩、色々ありますが、中でも泡立ちのための界面活性剤、ラウリル硫酸ナトリウムというのは発がん性物質です。結論をいうとシャンプーやデオドラントは、つける場所と中身から言って、身体に最も悪影響を与えるものといえるかもしれない。

頭皮から吸収したケミカルはただちに毛細血管に入り込み、経口経由なら肝臓で解毒してもらうチャンスがないまま、血管を通して瞬く間に全身に渡り、40分ほどで子宮に到達するそうです。乳房と同様脂肪部分の多い臓器である子宮はこのケミカルを蓄積します。(子宮がん手術の執刀医はシャンプーの匂いをかぐとか、取り出した子宮筋腫に芳香がするとか、助産師さんが羊水にシャンプーの匂いをかぐ、とか。。)またデオドラントのヘビーユーザーに乳がんが多いというアメリカのデータもあります。

もうひとつのつながり、神経。ここはややこしいのでカット。(笑)

2013. 01. 31  
昔、今のような医薬品を治療に使っていなかった時代は、治療をおもにエネルギーに頼るシャーマニズムやハーブに代表される生薬、そして精油に頼ってきました。聖書に記述のある精油は、神が人を癒す為の命を吹き込んだ薬として使われ、スパイスとともにとても効果なものとして取引されてきました。ヤングリビングの精油は、その聖書の時代の抽出方法を忠実に再現した、生きたオイルです。

日本ではアロマテラピーは英国式のリラクゼーションが主流ですが、フランスとドイツでは治療がメインです。治療に使うオイルは生きていないと効かない。検査機関の基準を満たす為にラボでちょっと細工して数値を満たしたオイルは、表示上は問題がない。でも臓器を寄せ集めても人間が作れないのと同じように、フランケンシュタインのオイルは治療には使えない。治療に使おうとしたときに身体が嘘を全部暴いてしまうのです。検査機関ではフランスが世界的権威ですが、このフランスも、国内と輸出用を分けて、輸出用には安いコストで治療等価でないオイルを流通させてしまうという不誠実をしたりします。治療オイルはだから、自社のラボを抜きうちで検査されても常に対応できるくらいオープンにしているところでしか買ってはいけない。オーガニックという表示のあるオイルでわりと安いオイルは、古代からの製法である、手のかかりコストのかかる低圧式蒸留法を使わず、溶剤を使って抽出したり、ひどいものはオーガニックを「有機物である」という意味で使っていて、有機栽培でなくても有機と表示したりしています。驚いた事にこれは業界では常識で違法ではないので、オーガニックという表示はあてにならないということを知っておいた方がいいと思います。

まずは値段が安いオーガニックの精油は疑った方がいい。(日本はこの辺りがトリッキーで、ここでは安く買えるオイルでさえ値段をつり上げて売っていたりするのですが。。)直塗り不可、というのは不純物が含まれているということ。低圧式蒸留法とうたってなければ、高圧/溶剤による抽出によるものと疑っていい。(これはすでに死んでいるということ。)検査機関による認証付きのものでも、成分調整したものがある。(やはり死んでいる。)

要するに生きたオイルはほとんど流通していないというくらい、このあたりはトリッキーです。生きたオイルかどうかを検査するには、波動測定器がつかえます。生きたオイルは高周波です。こういうものに頼らなくとも本当は解るのですが。気功をやる方、キネシオロジーを使う方など、エネルギーに詳しい方は、ご自分でチェックできます。ちなみに私は聖書の12のオイル(後で説明します)を持ったときには、波動の高さに呼吸ががらっとかわり、身体中が波打ちました。聖書の12のオイルは特に第4チャクラ以降にものすごく深く作用します。

ヤングリビングのオイルはラボで成分調整をしていないそうです。そして高周波。個々のオイルについての周波数も公開しています。世界各国の自社農場で有機栽培して、低圧式蒸留法で抽出しています。だから、この値段。いろいろ調べましたが、手に入るもので安心して使えるオイルはヤングリビングと結論づけました。ここは全部なにもかも潔く公開している。会員制度というところが煩わしいけれど、何がおこるかわからない流通にのせる危険性を考えると、妥当だと思います。

ヤングの製品の特徴:

・"Seed to Seal"を標語に、種から商品の栓をするまでの過程を全部自社で管轄管理している。生育、収穫、抽出、検査、すべてが管理下にある。
(他の会社では、そこまでかかわっていない)

・オイルのバッチひとつひとつを検査する費用に年間何億円も投資している。
(他の製造元ではGC・GM分析ができない。)

・賞味期限なし。(他のメーカーのものは不純物があるので劣化するし、直接塗布、まして飲用はできない。)

・品質管理の国際機関であるAFNOR(Association Française de Normalization:フランス規格協会,EC(European Commission:欧州委員会, ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構), FDA(アメリカ食品医薬品局:Food and Drug Administration) すべての基準をクリアした唯一のメーカー。

・オイルを静脈治療に使うはじめてで唯一のメーカー。
精油を癌治療に使う例の記事です。癌治療にフランキンセンスを使い成功したという記事。

この辺りで私も納得。

ところで、いくつかのYLの製品とYLのビジネスモデルに対しては私は疑問を持っているので、YLという会社にいれこむつもりはありません。YLよりマイナーだけれど品質のいいものを扱っている会社がいくつかありますので、必要に応じてそちらも取り入れていきます。値段はやっぱりそれなりになってしまいますが、あくまでも品質にこだわっているところを応援して行くつもりです。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR