FC2ブログ
< >
2014. 03. 03  
今日は本当に久しぶりの完全オフで、9時間の惰眠をむさぼり朝日が煌々とさすまで寝続け、申し訳程度に掃除をし、外出する家族を笑顔で送り出した後は、ついに禁断の世界に:

安藤洋子さんから頂いた手塚治虫の「火の鳥」。

幼少の時にブラックジャックを徹夜で読んだ記憶が蘇る。手塚治虫は私にとって村上春樹と同じくらいはまり込んだら抜けられない世界。どういうわけか全巻揃っていないから、これを読み始めたらまもなく私の書架に手塚治虫全集が揃う気がして怖かった。今やらなきゃいけない事が多くて、それどころじゃ・・というときに限って絶対読むのですね。今日ちらっと手に取ってしまったのが運のつき。3巻一気。

望郷編は、泣けた。泣いてしまって、何度も読み返した。
手塚治虫の世界観というのは、これは言葉にするより漫画で見るのがいいんだと、大人になって改めて読み返して解った。人生で色々経験して、言葉で頭をびっしり埋めて理屈で説明するように訓練してきて、でも、子供の頃に思いめぐらしていたこういうことは、今もまったく同じように謎のまま。あの頃解らなくていま解ったことなど何もない。繰り返し繰り返し、同じ命題に戻って来る。手塚治虫を読み返して、この人は全く古くない、私がずっとさぐり続けて来た世界をここでも見せてくれている、と感じました。

手塚治虫の世界観「不定形で変身をし続ける生命の原型」は、とても仏教観と通じている。傍で七変化する存在にとてつもない魅力を感じ続ける手塚治虫はそれを女性に、火の鳥ではムーピーに投影している。私も、人生かけて無常を体験しているのかなと思う事があります。無常を生きる私がたどりつくはずの無。いつもここにあるはずの無。花は枯れるし、人間も老いる。人の心も人との関係も、常に変わる。

それだからこそ、私たちは不変のものを心から渇望するのかもしれない。クールで残虐な面も持つ主人公達が、時々妙にベタにしがみつく愛。私たちは純粋に美しい存在じゃない。私たちには汚れた側面があって、残虐な側面があって、それでも私たちは、とてつもなく普遍で完全な愛の存在を知っていて、それを追っている。何度形を変えても時空を超えても、やっぱり結びつくその存在。

望郷編は、ロミという地球人の女によって作られロミと一緒に滅びて行ったエデン17という惑星の話ですが、彼女はただただジョージとの愛を生きて、ジョージと捨てたはずの地球に恋い焦がれた。それだけのお話。でもジョージが死んだ後に残された息子たちと交配して子孫を作り続けて星を育てたロミが、死んでから再び出会ったジョージの魂と語り合うシーンがなにより嬉しかった。私たちは一人から生まれて、どれだけ子孫が増えようと、結局一つの結びつきに戻る。私も本当はこういう世界を信じているから。
スポンサーサイト



プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR