FC2ブログ
< >
2014. 06. 22  
やっぱりロルフィングは痛いとか痛くないとか、こういう話にどうしてもなってしまうのですが(笑)はっきりいって私のセッションは痛いです。孝美鍼の異名をとっています。

直傳靈氣でもソースポイントセラピーでも、ダウジングが成功の大きなキーなのです。要するにダウザーとして長年訓練して来たので、そうなってしまったとも言えるのですが、でも図々しい性格もあるのかもしれない。

でも、言えるのは、ピンポイントを狙ってエネルギーを通して開放する、というやり方は結果が早く出るのです。自然療法はきかない、長くかかる、気のせい、という大勢に対して、結果を早く出すということを至上命題にしてやってきました。だから、西洋丸薬の方が早く効く、という人たちに、それよりも早く結果がでる方法を手当たり次第集めて来ました。全部、複数必要でした。相性のいいもの、補い合えるものを複数組み合わせると、錬金術のような効果が出ます。気のせいではないです。そして、科学的説明を求める人たちに真っ向から彼らの望む語彙で説明し、自然療法による治癒を気のせいと切り捨てる人たちに反駁出来るように、勉強してきました。彼らの論理の破れをつくと、むしろ科学に頼る人たちの方が感情的になる。

私のロルフィングは痛いですが、でもこういう背景があるのをどうぞわかってください。痛みの残骸はしばらく残るかもしれませんが、もみ返しが起こることはありません。(もみ返し、というのは筋繊維を切っているのです。ロルフィングでもみ返しが起こる事はないです。)その後はどうなるかは、体験者が口々におっしゃっている通りです。

痛い、に反応して腰引けまくりだった方が途中で超Mになるのを何度も目にして来ました。泣きそうになった、気絶するかと思った、蹴ってやろうかと思った、などという感想が多いのですが、セッション後は何事もなかったかのようにケロッとして、その後みなさまMになって必ず戻ってらっしゃいます。

もっとも、痛みを感じるポイントにいるのは1セッション中長くて数分のはずです。あとのほとんどは、半分寝たような状態が続くので、セッションが終わって時計をご覧になってびっくりされる方が多いです。

ですからどうぞ怖がらないでください。

・・て、また強調してしまったか?
スポンサーサイト



2014. 06. 22  
前回ロルフィングセッションを試された方々から、その後の様子をお聞きしながら、個別にお返事させていただいていたのですが、お返事に共通することが多いので、もう一度まとめます。

多いのが、セッション後に、一度とても混乱した、というご感想。

混乱、というのは、最高のスタートなのです。

私たちの理性(エゴ)は常に物事に理由をつけたがり、自分の一貫性のなさの原因を探し続けます。
この状況はxxのせい、というのがわかるとそれだけで救われた気になる。
本当は、物事はそんなに単純な線でつながってない。

ある方と話していて面白かったのが、西郷隆盛、とくに西南戦争のあたりの西郷隆盛は、歴史学者から見てまるで一貫性がなく、その意味不明な行動は長年謎とされて来たが、ある学者が、「私は自分の心に嘘をつきたくなかった」という本人の書簡を発見し、これで彼の一連の事が全部説明できると結論づけた、ということ。

これは面白かった。ある意味西郷隆盛の意味不明さはエゴを超えた世界を見せてくれたとも言えるから。

「これはxxだからooだ」というのは西洋人の代表的な思考パターンです。簡潔な断定文ではじまるトピックセンテンスを文頭に置き、その後becauseで続ける、というのは、もっとも初歩的な論文の書き方。子供達の会話を聞いていても、「頭のいい子」はbecauseをよく使います。小さい時から訓練してるな、と思います。あれがこうして、ああして、と、意見を交えずピリオドをつけず、つらつらと出来事をいつまでもしゃべりつづけられる人は、バカな人。(笑)

本当は、事実だけを単純に観察者の視点で言い続けるって、とてつもなく高度なことなのですが、浅はかな思考に訓練されていると、これがわからなくなる。

私もこれに毒されていて、ずいぶん訓練してしまっているので、全ての事実に「私の考え」というのを投影させてしまう。そして、これは自分のエゴで、この色をつけるから事実は苦しみを作り出す、ということが長年わかりませんでした。

言いたいのは、今この身に起こっている事の理由がすぐに見つけられるうちは、すぐに説明出来るうちは、充分踏み込めていない、つまりエゴのブロッケージのなかでぐるぐる踊っているだけ、ということです。

前回ロルフィングセッションを受けた後、一度気持ちが混乱した、一貫性のない悪夢を見続けた、今までとまるで違う行動パターンをとってしまい、家族を慌てさせた、など、一時意味不明・説明不能な状態に陥って困った方が多かったようです。でもこれは本当は、エゴのブロッケージを超えて、深層部に踏み込んだ、素晴らしい第一歩。

私たちを動かすのは説明可能な顕在意識の10パーセントではなく、残りの潜在意識なのです。この部分は普段は意味不明、アクセス不能な部分です。「これはxxだからooだ」と簡単にくくれるところにいる間は、この私を創り上げている深層部分に踏み込めてはいない。

だからどうぞ

よくわからない
混乱している
言葉にできない

こういった感覚を大事に育ててください。

あまりにも多くの方が、自分の身体感覚とともにいる、ということを封じてしまっています。

私が心の問題を扱う際、あえてストーリーは一切聞ないことにこだわっているのには、「理由があります。」(笑)ストーリーに入ると、それはエゴのなかでの堂々巡りになる。それは時間の無駄なだけでなく、よけいこじらせる。ホメオパシーのセンセーションメソッドも、SomaticExperiencingも、各エネルギーワークも、ロルフィングも、全部三位一体をめざすための心の開放のツールに過ぎないのですが、要するにエゴからの離脱を目指しています。

エゴを超えた世界は説明不能で、首尾一貫していなくて、清濁もりだくさん混ざっています。時間だって、物事だって、本当は決して一直線ではない。

混乱は、最初の一歩です。前回以降、自分の身体に起こった混乱で慌てている方々、悪夢を見続けている方々、どうぞ、そのままその混乱の醍醐味を充分味わってください。そして身体の感覚のひとつひとつを、丁寧に観察してみてください。こわがる必要はありません。ただ、観察者に徹してください。ここから先は、また個別に対応します。










2014. 06. 22  
夏至が過ぎましたね。何故昨日何かに追われるようにしてあんなに集中して色々な事をしていたかわかりました。一年の分岐点が過ぎて、ここから後半。今は10時まで日が沈まず、外の明るさを楽しんでいる毎日ですが、これからドイツは冬に向かうのかと思うと早くも寂しい。一年の真ん中の日に生まれた私は、夏になると全開!という感じで調子がよくなり、冬になるとどんどんしょぼくれて行く。何故冬の長いドイツに好んで住み着いているのか不思議なくらい。今年は本当に久しぶりに真夏の一ヶ月を日本で過ごす事になりしばらく暑さのストックが出来ると思うと嬉しい。

さて、今年の日本一時帰国が決まりました。7月13日から一ヶ月、東京に滞在します。


直傳靈氣講習会は
7月18日、19日(前期)
7月21日(後期)

を予定しています。ロルフィングセッション、講習会希望の方は、お知らせください。

場所は、今回は東京都内、新宿駅から20分のところです。場所は駅前です。ご連絡いただいた方に、個別にお知らせしています。

今後なかなかお返事できない事が発生するかもしれませんので、ご興味のある方はお早めにご連絡ください。みなさまにまたお会い出来るのを、とても楽しみにしています。



プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR