FC2ブログ
< >
2014. 10. 19  
今週末は本当に久しぶりに奇麗に晴れ上がりました。異常に寒かった8月と異常に暖かい10月。雨の続いたこの1週間は妙に人がこぞって体調を崩したり精神的に乱れて、交通事故が相次ぎました。地球から怒られてるみたいでした。日本でも、季節外れの台風がまるで日本の大洗をするかのような通過の仕方をしていましたね。まるでもはや鬼門になってしまったフクシマの、触れられたくない部分に目を向けよ、と怒られているみたい。

これもポッと貸していただいた「迷惑な進化」という本を読みました。2007年の刊行だから私日本にいたはずなのですが、同年刊行の「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」と同様、あのときは出会いませんでした。最近思いますが、私たちが何を受け取るかは、一瞬一瞬自分で選んでいる。どこにいるか、何をしているか、というのは実はあんまり関係ない。どこにいても、何をしていても、気づく時は気づくし、受け取る時は受け取る。逆にどこに幸せさがしにでかけても、どんなにいいことをしても、自分が育つまで気づきはやってこない。

この本、賛否両論ですが、面白かった!私が今更紹介するまでもなくとっくに色々な書評がすでにまとめてくれているし、面白いので実際読むのが一番です。一部の専門家は厳しい批判をしていますが、だったらあなたもこれくらい自分の専門について思い切ったことを言ってみよ、面白く紹介してみよ、と言い返したい。専門家って、ひとりよがりだと感じることが多いのです。あるいは自閉症。どんなバカでも解るように説明しなさい、とアメリカでいわれて目を丸くしたのですが、確かにアメリカ人にはそういうサービス精神がある。進化医学の専門家である著者のアイディアを解りやすく書き起こしてくれたジョナサンプリンスという人は、大統領のスピーチライターを務める人だそうですが、なるほどこの人の仕事はすごく重要だと思いました。

たとえばこんなことが書かれています:

鉄代謝不全(ヘモクロマトーシス)はペストの生き残り
糖尿病は氷河期の生き残り
ソラマメ中毒症はマラリア対策
日光浴はコレステロールを下げる


日光浴というのはビタミンDとコレステロールの駆け引きだったのですね。日光浴は皮膚をとおして体内のコレステロールをビタミンDに変える作業。自然の太陽光はビタミンD生成に不可欠ですが、同時に紫外線は葉酸を破壊します。ビタミンDは心臓、神経、血液、免疫系、骨の発育に必須、葉酸は細胞増殖に必須。コレステロールは細胞膜を維持し、免疫系やホルモン系にも重要だけど、多いともちろん心臓病や脳卒中につながる。

つまり日光浴をするということは、ビタミンDを得るのと引き換えに葉酸を失うという作業で、そのバランスを維持するのが、肌の色とどこに住んでいるかでかなり変わってくるそうなのです。日本だと日焼けによる葉酸の破壊の方に神経質ですが(それともしみそばかす?)ここにいるとビタミンD不足による骨粗鬆症や子供の発育不全が深刻なので、ドイツ人が晴れた日に必死で日光浴し、冬は太陽を求めて南下する裏付けになる。太陽光の少ない冬に、わずかな紫外線を使って最大限のビタミンDを作るためにコレステロールを上げる役割をするのがこのあたりに住む人に遺伝的に受け継がれるアポリポタンパクEで、これは同時に心臓病、脳卒中、白人だとアルツハイマーのリスクを高めている。これは身近に起こっていることなので面白かった。緯度の高いところに引っ越してからコレステロール値が上がった人は、サバイバルに向けた適応反応と思った方がいいかも!?

ユダヤ人はユダヤ人にしかない遺伝子を共有している。それは3180年前、出エジプトとエルサレムの第一神殿破壊のあいだ、大司祭アロンが大地を歩いていた頃の2、3人のY染色体だ。

私はいままでユダヤ人というのは民族ではなくて、ユダヤ教を信じる人たちだと思っていたので、これには驚きました。ユダヤ人が、我々は家族だ、と断言するその意味がよくわからなかったのですが、その選民思想は特定の遺伝子を指すものだったのか。

でも個人的にもっとも面白かったのが、なんといっても第5章「僕たちはウィルスにあやつられている」:病原体と寄生生物の話。

病原体や寄生虫がどうやって新たな宿主に乗り移るかの叡智については、うなるものがあります。

たとえば羊の肝臓に寄生するランセット肝吸虫が、新たな宿主となる個体に乗り移るまでのいきさつ。生んだ卵が羊の糞とともに外に出ると、カタツムリ→蟻と移動する。そして蟻の脳に向かい、神経を操作すると、蟻はいきなり「らしくない」行動をとるようになる。

夜な夜な巣を抜け出しては、草の葉のてっぺんにのぼって、そこでぼーっとする。これは、草食動物の羊に食べてくれと言っている自殺行為に等しい。夜があけてもまだ命があれば巣に戻り、日中は蟻としての職務に励み、夜になるとまた草場に出かける。(P131)

あまりにも面白すぎる。寄生虫は一体全体どうやってこんなことを可能にさせるの??

クモに寄生するハチが、クモに自分の繭を固定する巣を作らせるまでのいきさつは、さらにドラマティック。
他にも:

ある異性に性的に強く惹かれるのは自分と異なる免疫系をもつ相手を嗅ぎ分けている

トキソプラズマ感染症⇆統合失調症?

トキソプラズマに感染すると女性は急に衣服にお金をかけて身なりに気を遣いだし、男性関係を多く持つようになるが、どこか信用が出来ない


話が激しく飛躍していそうで、妙に説得力がある。

昔「24人のビリーミリガン」という本を読んで、これ憑依の話だと思ったのですが、案外寄生虫も憑依も似たシステムなのかもしれない。

第6章以降は、確かに私でも突っ込みたくなる展開ですが、それでも遺伝子の話はいつでも面白い。

乱暴にまとめれば、人間はウィルスとのハイブリッドで、人間の進化はウィルスや細菌の貢献による、と読めてしまう。なぜなら人間のDNAのおよそ3分の1がもとウィルス。とくに進化に必須の遺伝子の突然変異はウィルスによるもので、逆転写酵素を使ってDNAの情報を書き換えてしまうRNAはレトロウィルス由来だから。

万物の霊長たる人間などといって大いばりしている我々は、寄生虫やウィルスやバクテリアと太古から共存してきて、彼らに頼りながら彼らとともに進化してきた、という筋です。

この結論には妙に納得するのです。私は集合体だ、と感じてきたからです。つじつまのあわない感情や記憶のフラクタル、相反する2面性。先祖や過去世だけじゃ解決出来ない奇々怪々な現象については、私は寄生されている、いろいろな存在と共存している、とうけとるとすっきりするかもしれません。
スポンサーサイト



2014. 10. 19  
今、急に体調を崩したり精神的に落ちる人が増えたりしていて、垣根が薄くなっていてエネルギーが乱れている、と感じることが多いのですが、こういう時は、ふと普段気づかなかったことに気づいたりします。

ある方に教えていただいたのですが、私たちは2パーセントしか見えていない(98パーセントの見えない世界がある)ということです。パーセンテージはともかく、この感覚には深く頷きます。その方が、私が見えていなかった98パーセントの扉をすこしあけるキーをくれました。

私が引っ越してきたこのBleibiskopfという通りは遺跡跡地だったそうなのです。ケルト文化の遺跡跡地。日本語だと骨壺墓地文化。びっくりしたのは、骨壺墓地文化にではなくて、遺跡跡の写真に移っていたストーンサークルと、この骨壺。wikiに載っている写真はまるで日本の縄文時代の遺跡跡と瓜二つ!目の錯覚かと思うほど、私の記憶にある、母の生まれ故郷の縄文遺跡跡と酷似している。ここドイツよね。

この家にはものすごいエネルギーが降りる、と感じていた理由が解りました。ここって、私があそこだ、と妙に確信しているパワースポットと、障害物なくダイレクトに結べる配置なのです。実際にストーンサークルがそこにあるのでしょう。エネルギーが繋がっている。

実はここが遺跡跡だと知らされたのはこれが初めてではなかったのです。直傳靈氣の師範の講習会の時にある参加者と話していて、ふと私の住所を言ったら、私その辺りに発掘に行ったことがある、といわれたのです。彼女はたしかケルト文化専門の考古学者だと言っていました。住所を選ぶ段階でも住み着いた後も、この土地がどういう土地か興味をもたなかった私がどうかしていたのですが、2人の方を通してこの遺跡に気づけ、と言われました。そして解ったのが、ドイツと日本を結ぶリンクがケルト文化にあるかもしれない、ということ。

今更の話でした。wikiの写真をみてぎょっとして、縄文文化を連想したのは私だけじゃありませんでした。すでにたくさんの人が日本とケルトの共通点について指摘してきている。(たとえばケルトと日本の信仰の比較

このページはものすごく面白かった。私が以前から関心があったことが、全部ひとつになっていて。百人一首の猿丸大夫のおくやま〜の歌は、私が絶対に誰にもとらせなかった札。対比として紹介されている古代アイルランドの詩も、確かに同じ匂いがする。岡本太郎の感嘆には大きく頷きました。私も、ケルトの渦巻きをみたとき目が釘付けになってしまった。あまりにもなじみがある。

多神教、アミニズム、輪廻転生、これは私にとってはあまりにも当たり前の感覚で、なぜここまできっぱり当たり前と言い切ってしまうかについて探ったことがなかったのですが、ルーツが縄文文化ーケルト文化だったのかもしれない、と思えます。

思えば2年前に”連れて行かれた”マルタ島での巨石遺跡とストーンサークル。あそこで不思議なデジャヴとエネルギー体験をして、その後”読まされた”「神々の世界」で、マルタ島と縄文文化がおそらくつながっていると知りました。そして、今回”呼ばれた”ここで、さらにそれがケルト文化に繋がっていることを知りました。なぜ私がドイツに連れて来られて、ここにいるのか、その縁の一端が解った気がします。

ケルト文化は謎が多いと言われています。文字を使わず、口承だけで伝えてきたから。だから叡智を伝える役割をもつ神官のドルイドは特別重要な地位を持っていた・・ここまで知って、なんだかこれも以前貸していただいた「アナスタシア」に出てくる吟遊詩人(バード)に似ている、と思ったら、なんてことはない、バードはドルイドの末裔だったのですね。

ヨーロッパ全土にはケルト文化が影のように残っています。このオーバーウアゼルは、とくにその傾向が強い。人々に、自然との共存を愛し、口にするものに意識的で、昔ながらの伝統を無言で守り続ける佇まいがある。

私はケルト文化には相反する思いを抱いていて、ものすごく惹かれる一方で、根源的な抵抗を感じます。これマルタ島で感じたこととよく似ていて、その野蛮さにかなり抵抗を感じるのです。血塗られた歴史がべったりと張り付いているような。マルタでもおそらく行われていたように、ケルトでも生け贄の儀式があったようです。彼らの血の気の多さにはすくみ上がる。私の前世は殺されてばかりの気がしているのですが、たぶんここでも殺されたんだろうと思っています。

すくみ上がるような思いと同時に感じ続けるどうしようもない魅力は、そこにある、いまはこぼれ落ちてしまった叡智。彼らの行っていた儀式と、医療技術。ロルフィングは解剖生理学だ、これが基本だ!といいつつ、その傍らで5年に渡ってせっせとやっているのが、周期表の鉱物のキャラクターを知り合いに当てはめ、毒草にロマンを感じ、病原体に感情移入するホメオパシー、むこう2年でSomatic Experiencing、むこう9年でクラニオセイクラル、その先にさらに大きな関門、大変すぎるから息抜きに精油の調合。我ながらイカレてる、どうかしてる、と思ってきましたが、ここまでいろいろ知らされると、これらが全部きれいに仕組まれていることのように思えてきてしまいます。

これらのリンクを全部奇麗に繋げてくれたのが、直傳靈氣でした。私にとってはエネルギーの世界を視覚化するための便利なツールです。そして、これを通してどうもいろんな人が動く。これからはやっぱりエネルギーの世界が、見えない98パーセントを見る為のキーになるんだろうなと感じています。








プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR