< >
2015. 08. 15  
断捨離で執着を断ち切れないのが本と書いたあと、ふと情報もそうだなと思いました。Less is more. 耳の痛い言葉です。これを誤るとどうなるかをこれだけ痛感してもまだ失敗する。私は与えすぎてしまう。受け取る情報を割愛する作業のほうが情報を拾う作業よりもうんとうんと難しくて、そここそがあなたの前にいる私に求められる資質なのに。いま目の前にいるあなたが受け入れようと開いた扉を尊重するのが大事。

というような話をしていて、この割愛という言葉が意外と通じないということがわかりました。私は断捨離と同義で使っていたのだけど、必要ないからカット、みたいな軽い意味でとらえている人が多い。断捨離も割愛も、めちゃくちゃ執着しているものを手放すところに意味があるのであって、必要ないものを捨てるのは当たり前でしょう?

ちょうどタイムリーに、文化庁がこういう語法の誤りを集めてドラマにしたもの(文化庁の言葉食堂へようこそ!)を日経が8月11日に紹介していました。いかにも官僚主導のドラマですが、それも含めてすごく面白いです。

全20話が一つ一つショートクリップになっていますが、ショックだったのは結構私自身が語法を勘違いしていた言葉が多いこと!!
役不足

敷居が高い

煮詰まる

御の字


勘違いの方で使ってました。解説聞いて納得。

気が置けない、枯れ木も山のにぎわい、他山の石、情けは人の為ならずなどは、受験勉強中や社会人の一般常識を勉強する時に一度は目にする勘違いの代表例なのでまあわかるとして、新鮮だったのが:
耳障り
琴線に触れる
失笑
世間ずれ
奇特
これらが若者には本来と全然違う意味で使われていることに驚きました。

たぶん娘はこの言い回しそのものを全く知らないので、この文化庁ビデオで教育します。勘違い例の方を喜んで覚えてしまいそうな気も無きにしも非ず・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年夏 東京セッション
6月27日(火)〜7月9日(日)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期6月30日(金)18:00〜21:00(日中への変更可)
  7月1日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期7月2日(日)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)

3月11日(土)16:00〜18:00


直傳靈氣交流会(東京)
7月9日(日) (予定)

参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR