FC2ブログ
< >
2015. 09. 19  
波動(バイブレーション)に秩序があるといったところで、個々の振動数である周波数にも秩序があるはず。

このあいだ生徒さんから教えていただいたソルフェジオ周波数。レノンも愛した528Hz、DNA修復 古代のソルフェジオ音階とは?というブログがとても面白かったです。それとこちら

愛の周波数528Hzによる治癒が、感受性をもつ器官がある特定の周波数に共鳴して振動することによって起こる、というのなら、それはホメオパシーと同じ原理です。共鳴による振動。

このソルフェジオ周波数はカバラと対応していて、これは宇宙の法則に則ったものだと感じます。

とりあえず手当たり次第、検索して視聴できるものは一通り全部聴いてみました。・・・・よくわからない。なんだか違和感を感じるものや同じ周波数のはずなのに素人の私でさえずれてるじゃないと感じるものがあるし、こっちのほうが怪しいと思ってしまうものも多々あり。だいたいなんで鳥のさえずりや水流の音をデジタル化して聴かなきゃいけないの。

やっぱりデジタル化されたものには限界があるかもしれない。レコードがCDに変わったとき、音のあまりの無機質な変化に愕然として、しばらく受け入れられませんでした。いまは慣れてしまったけれど、やっぱりレコードにはあった広がりが懐かしい。アンプにつないでいないギターの音色とか、教会やホール(やお風呂場)に響く肉声とか、こういうものこそ細胞修復してくれる気がします。

声で言えば、私が今でも鮮明に思い出すのがエミリーコンラッドの出した声でした。エミリーの声を聞いた途端、目の前に赤い光で照らされたトンネルが見えて本当に驚いた。声は人を変性意識に持っていく手っ取り早い方法だと感じました。

面白かったのは、私が今でもよく聴くLet it beが528Hzで作曲されているらしいということ。ビートルズ関係では実はLet it be、HeyJude, Imagineだけをセレクトしていたのです。小学校の音楽の教科書にも乗っているYesterdayではなく。グレゴリオ聖歌も確かに手元にある。

周波数がどうだかはわからないのですが個人的に細胞がすごく反応するのがYo-yo Maの演奏するバッハの無伴奏チェロ組曲第1番、アパラチアワルツ、グレングールドのゴールドベルグ変奏曲。ついでにビリージョエルの歌うTo make you feel my love。

そして悪魔の周波数だかは分かりませんがきっと何かの操作をされているだろうと感じていたのがマイケルジャクソン.






スポンサーサイト



2015. 09. 19  
空があまりにも雄弁だなあと思って見ていたら、目の前の雲が龍の形になりました。え、と思って目を凝らしたらわずか10秒もしないうちに顔だった部分がもう消えてしまった。まるで大急ぎで姿を隠したみたい。

10年越しで接続が完了したBOSEのライフスタイルが、完成後1週間も立たないうちに壊れました。セミより儚い命。パソコンからの音が出ない。DVDの画像が映らない。リモコンが作用しない。動揺して日本の修理センターを調べたらこのAV28というシリーズは取り扱い終了どころか修理も受け付けてくれない代物と判明。接続に格闘しているうちに時代はレコードやらVCRやらテープやらを一掃してしまっていて、AUXさえ過去の遺物だということを知ってしまいました。今やなんとWi-Fiを使ってインターネットやパソコンに保存した音楽はワイヤレスで再生できるのか。とんでもなく複雑に入り組んだ配線を終え、天井と床を縦横無尽に這うケーブルケースを取り付け終わって、どうカッコイイでしょ!と自慢しようとしていた自分が不憫に思えました。

いつまでもいじましく修理して使う国民性ゆえ電化製品で圧倒的に世界に遅れをとるドイツの長所を信じて試しに修理店に持って行ったら、難なく修理を引き受けてもらえました。どうやら蘇生可能の朗報を昨日勝ち取り万歳。これでめでたく10年温めていたVCRを再生できます。本当は時代がCDに変わった時に泣く泣く処分したレコードも接続したかった・・・。

音源が音叉とお鈴だけという生活を2週間余儀なくさせられ、ついでにフロアランプも壊れ、電磁波を悪者扱いしたからバチが当たったんだ、悪口や悪い想念は即戻ってくる、と自分の言動を惨めに反省し、娘の鼻歌を神妙に鑑賞する日々を2週間続けています。続けながら、なにか最近色々なものを削ぎ落とすことによって原点回帰して、粗い情報から本質をつかむ練習をしているのかなと感じています。

鉱物から初めて生命体を創造した川田薫博士には以前からとても興味があったのですが、スペースを意識するようになってから、なんだか川田博士のいう「エントロピーのマイナス」がこういうことなんだろうかと感じられるようになってきました。

川田薫博士はこちら↓


川田薫博士の「生命の正体とは何か」によると:

エネルギーは波動である。
生命にエネルギーが移入し、生命体となる。
磁場がなぜ発生するのかはよくわかっていないが、電流があるところには電場があり、電場があるところには磁場は必ず生まれる。それが電磁場となる。これらがお互いに作用しあって電磁場が起こる。物質の間でやりとりされるさまざまなエネルギーは、電磁波にのって、この電磁場を伝わっているのである。

細胞も器官もぴったりと密着しているわけではなく、それぞれの間には空間が存在する。この空間がそれぞれ場を作っていて、細胞の間に存在するエネルギーが伝わっているのではないか。そして個体としての人間の周りにも場があり、個体のエネルギーが存在しているのではないかと考えられる。そして、ここでいう生体のエネルギーこそが生命の本質と考えられる。

すべての物質は振動波を出している。物質は絶対0度でも固有振動をする。
人間に置き換えると、想念も振動波であると考えることができる。(想念や意識といったものが振動波となって生体に作用する。)

また川田博士は超純水にミネラルを加えた実験で、ミネラルの濃度をどんどん薄くしていく過程で、希釈を進めるほど水が秩序化することを発見し、これをもっと進めればホメオパシーの原理を解明できただろうと言っています。(実際はものすごく手間がかかる実験ゆえ断念したとのこと。残念です。)

ホメオパシーは希釈だけでなく激しく振るという振盪(しんとう)を繰り返し、その物質のもつ波動(エネルギー)を高めます。この希釈振盪は繰り返せば繰り返すほどエネルギーが高まるからいいかというとそうでもなくて、私たちに治癒をもたらす希釈振盪回数にはある一定のパターンがあります。これをポテンシーというのですが、治療に効果があるのはたとえば6X、30C、200C、1M、10M、LMなど、ほんの一握りのパターンです。そして、一般的にはポテンシーが高いほど精神的な症状に作用すると言われていますが、ジェレミーシアーは大掛かりなプルービングで、必ずしもそうではなかったと言っています。エネルギー、波動というのは、高い低いの他に、秩序というものがとても大事な要素のようです。




プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR