FC2ブログ
< >
2016. 06. 11  
Jan Scholtenホメオパシーとエレメントの著者で、この本は高いのですがSOHの2年生のときからかじりついて読んでいた本の一つです。周期表がこんなに生きた面白い世界だったんだ!というのを教えてくれた本。サンカランとはアプローチが違うものの2人は仲が良くて、ずっとお互いに刺激しあいながらそれぞれのメソッドを深め合ってきました。

実は私がサンカラン以上にこんなに重たい本にかじりついてきたのは、この本に描かれるレメディたちの描かれ方が本当に魅力的だったから。何か他の本には書かれていない実体があって、処方するレメディを確認するときには最後にもう一度この本を開きます。これを開けば必ず確かなものを掴めるので。SOHの記念祭のときにミーシャがショルテンにしたインタビューは私にとって珠玉の内容で、実はやっぱりホメオパスになろうと思ったのはこのインタビューがきっかけだったと言っても過言ではありません。

まず、彼の佇まいだったのです。彼の眼差しと、その静かさと、その笑顔。一声を聞いて、その笑顔を見た瞬間にその目から目が離せなくなって、恋に落ちたというか、もうひきこまれてボーッとしてしまいました。ああこの人はヒーラーだ。人を根治に導く。目指す世界に憧れる人がいるかというのは、私にとってはものすごく大事な要素なのです。恋に落ちて、焦がれて、追いかける。動機はこれで十分。

彼はこの途方もない大業を成し遂げる過程について、最初の5年はただ先生たちから習ったことに没頭していたけれど、5年経ってふと何か自分のやりかたをやり始めたことや、彼がとても大事にしていることについて語っていました。それまで何か自分の適性とか、本当にこの学校でいいのかとか、未だにグズグズ悩んでいた私にとっては脳天を直撃する内容でした。

それはどんなメソッドでもいい、(ケースをとるとき)大事なことは3つだ、と言っていたこと。

ひとつは、共感

2つめは、好奇心
(というより、君がどういう人なのか知りたいんだ、という気持ち)

3つめは、そこにいること

ああ、やっぱりこれでいいんだ、と思いました。色々な治療家を見てきて、その後自分がそれらしきことをするようになってから、どんなセッションでも、それがロルフィングでも、Somatic Experiencingでも、私はいずれここが着地点になる気がしていました。ありふれた3つなのかもしれないけれど、本当に色々躓いて悩んだから実感を持ってこれでいいんだと思えたのは良かった。私はこれならできる、いや今出来ているなどとはとても言えないけれど、これなら常に、本能で、やろうとしている。

ショルテンも言っていましたが、治癒には2種類あります。
ひとつは(一時的でいいから)この痛み(不快)から逃れること
もう一つは本当に問題の根底にまで行って、それを捉えること

クラシカルホメオパシーでは、緊急時やリクエストがなければ主に2つめにアプローチします。コンサルテーションでは普段患者が自分では決して向き合いたくない、怖いから、痛いから、避けて通ってきた部分に向かって降りていきます。村上春樹流にいうと2人で一緒に「井戸を降りて」いきます。そしてその根底に一緒に到達した時は(そのペインボディに出会った瞬間は)、ミーシャは恋に落ちるような感じだと言ってました。ショルテンも、毎回起こることではないけれどやっぱりそれを目指している、と。ショルテンはそれを神聖なこと、と表現していました。

これは別にホメオパシーコンサルテーションでなくてもいいのです。サイコセラピーでも、ヒプノセラピーでも、できるはずです。でもそこに到達するには、安全な空間があって、導く人と導かれる人の間に確かな信頼関係があって、そして導く側の技術や知識はもちろんですが何かそれ以外の何かが働いて、それらが全部上手く重なった時にそれが起こる。ミーシャはその感覚を彼からイメージで引き出そうとしていましたが、ショルテンはなにかバイブレーションだ、バイブレーションとしか言いようがない、と言っていたのが印象的でした。

私は人生で何回かそういう神聖な瞬間に立ち会ったことがあります。ラッキーだったと思います。ただ意図してできることではないので、運任せでした。これを技術として身に付けたいと思い始めてから、悩みに悩んで、最後にはまた同じところに着地したのかと思うと笑えますが、でもこれが原点だと思えて良かった。こういうことをしている人が揃って口にするのが、表現はすこし違うけれどだいたい同じだというのはとても面白いです。これを口だけで言っている人と、本当に体現している人は、恐ろしいくらいはっきり分かれてしまいますが。

井戸の底でそれに出会った時。そこで見るものは、あるいはバイブレーションとして感じるものは、

そこには何もなかった

という事実。これだけ私の人生に影響してきたと思ってきたものは、私でなかった。私をこれだけ苦しめてきたもの、これだけ痛めつけてきたものは存在しなかった、ただのイメージだった、ということ。

ホメオパシーはこれを「直接」知る体験です。

それがコンサルテーションの中で起こるか、レメディを摂取した後に起こるかは、わかりません。ただ、ホメオパシーがめざしているのはそこだということ。

スポンサーサイト



2016. 06. 11  
今週前半まではもう体力の限界を感じる大変さが続いて、後半はもう完全に伸びきりました。今月はホメオパシーに全力投球のつもりだったので本当はこの時間もケース分析とレポートの作成に費やしている予定だったのですが・・・ダメ、休息必要。

今せっせとハーブや野菜を育てていて感じるのですが、植物育てようと思うと本当に難しい。気候や土地に合ったものだと放っておいても雑草のようにぐんぐん育つのに、自分の食べたいものを食べたいように育てようと思うともうそれはそれは手がかかるし、やっと出来上がっても何か強さが足りず、味も本来と違ったりする。

紫蘇が大好きなのでちりめんしその種を蒔いて、一ヶ月それはそれはたのしみに発芽を待っていたのですが、2ヶ月近く経って全くひとつも芽を出さず、そのままそこはシソのお墓になりました。昨日傷心のままその上にミントとメリッサとシナモンの苗を植えました。冷奴の薬味にペパーミント。身土不二ってこういうこと・・。

本当は昨日オーガニックのワサビの苗も見つけたので、手にとってしばらく悩んだのです。これをシソのお墓に植えたい。でもどんなに手をかけてもどんどんカラカラに干からびて小さくしぼんでいく姿が目に浮かび、寂しく棚に戻しました。

逆に街を歩いていて感じるのです。いまそこここで満開に咲き誇るバラの強さ。日本では病気に弱くて手のかかる植物の代表であるあのバラ。手をかけられているバラもありますが、家の持ち主が変わって野生化したバラもあって、これを見るのが本当に面白い。コンクリートの裂け目から不屈に這い上がり、不自然に茎をねじらせながら日当たり最高の位置を確保した暁には、毎年大輪の花を咲かせ続けるこの生命力、この王者の主張。ちなみにもちろんホメオパシーでもバッチフラワーでも古くからレメディになっています。

ホメオパシーだとHelleborus niger(Christmas rose) :
ハーネマン時代から使われている、最重要レメディの一つ。脳脊髄、中枢神経系の疾患、つまり髄膜炎、脳炎、脳震盪、昏睡、といった非常に重篤危篤な症状から、無反応、ぼーっとしている、痴呆などに対して処方されます。

バッチフラワーだとWild rose :
一言で言うと、幸せになることを諦めている人。何があっても不平不満を言わず、でも改善させようなどという意欲は持たず、起こるままに、されるがままに、ただ漂っている人。

精油でもローズはダントツ1位の周波数で、用途は広く、高価なブレンドには必ず入っています。本来これだけの力(一次作用)を持つものが、その逆に振れたときの状態(二次作用)は相当だなというのは容易に想像がつきます。


血液型にお国柄があるように、ホメオパシーレメディでも地域性やお国柄があるなとは以前から思っていました。たとえば中国、インド、メキシコはB型の国、アメリカとアフリカはO型の国、日本とドイツはA型の国です。なんだかよくわからない人が多いと思っていたフランスはAB型、側からは似ているように思われるけれどこの唐突な距離の詰め方は無理、その言動は痛い、と思うことが多い韓国はO型の国。これはホメオパシーでも言えるなと思っていました。

レメディは大きく分けて鉱物、植物、動物に分けられます。これを本当に乱暴に一言でいうと、鉱物は文字通りかたぶつ、植物は流されすく、動物は他人vs私。これが最も一般的な紹介の仕方。それぞれについて話し出したら一晩じゃきかないので、今は本当に一言だけ。

たとえば動物レメディの人は少ないのですが、動物の人は目立つ。自分が動物であることをアピールするからです。目力が強く、主張が強く、アニマル柄を好んで着たりして、他人をおおーっと思わせることが好きです。動物(病原菌や細菌類もこれに入れます)は、コンサルの時にもっとも面白い反応をします。

日本は植物のレメディが仕事する人が多いなと感じます。植物の大きな特徴は、動物のようなgo getter(やり手=自ら資源を獲得しにいくタイプ)ではないので、周りの環境に順応する、しなければいけない。植物は環境にどう順応するかということが死活問題なので、環境に振り回されやすい人は植物の可能性があります。

植物って一見弱そうですよね。なすすべもなく踏みにじられるだけの私、私自身は何もできず、太陽に、水に命を委ねる私、みたいな。でも実はそう見えて結構しぶといのが植物。実はかなり生息の範囲が広い。泥水からこの世のものとは思えない花を咲かす蓮とか、まったくほとんど水のない不毛の土地で風に吹かれ、倒れるようにゆすられながらも結構そのまま生き続けるプルサティーラ、ジメジメした湿地帯で他の追従を許さず繁殖しつづけるコケ類、etc、みかけによらずしぶとく強いのが植物の特徴。

日本の野菜類をうまく育てられずに傷心の日々を送りつつ、日本人の処方のことを考えていました。今の日本人の多くは、本来自分が住む土地じゃないところで無理やり育てられている外来種の種みたいな人が多い気がします。本来一人一人には持ち場というものがあって、適材適所にうまく収まるとものすごく力を発揮する。本来超しぶといからです。でも無理やり自分の持ち場じゃないところで一生懸命仕事をしても、エネルギーが発揮できずにどんどん空回りしていきます。A型に癌が多いのは偶然じゃなくて、他人の土俵でも頑張ってしまうその完璧主義とか自己否定が癌のエネルギーを増強している。求められた、あるいは「あるべき型」に無理やり自分を当てはめようと「真面目に」頑張る、この真面目な頑張りこそが命取りなのですが。

日本は植物かもしれないけれど、A型かもしれないけれど、住む私たちは動物です。私には足があって、自分で資源を獲得しに行けるし、自分のことを主張することができるし、自分に合ったものを自分で選ぶことができる。私はノーと言える。こういうところから始めればいいかもしれません。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR