FC2ブログ
< >
2017. 10. 31  
先ほどまで7時間に渡りコネチカットで行われていたPeter LevineのSomatic Experiencingのセラピュティックリズムというワークショップにビデオ参加していました。トレーニングの全行程は終えたけれど、これからも果てしなく続くと思えるこのスキルのアップデートの一環です。

とにかくSEのトレーニングは高くて、基本的に参加者は文句たらたらなのですが、でも内容が内容なだけに、つい払ってしまう。ついでにワークショップ中に売りに出されたツールも速攻で注文してしまいました・・・。嫌い嫌いと言いながらもこうやって学び続けているのは、SEを習得してからセッションが激変したのは厳然たる事実だから。これほど速攻影響が出るとは正直思っていませんでした。トレーニングから帰った翌日から、こういうことをする人を探していた、と私を探し出してくださる方が続いているのは偶然じゃないと思っています。これからもこの方向での学びが私には不可欠だと実感しています。

思えば今年は不思議な巡り合わせが多くて、何人ものシャーマンに立て続けに出会い啓示をまるでリレーのように次々いただいたのは未だに信じられない出来事だったのですが、多分私がそこから受け取ったメッセージと、ピーターを見ていて感じることはリンクしている。

ピーターリヴィーンはこのSEという体系をチベット瞑想をしていて受け取ったと巷では言われています。私はああこの人もドクターロルフ同様そうだったのか、と妙に腑に落ちました。こういう、何かものすごくシンプルでうまく体系立っていて美しいものというものは、最初から完全無欠の状態として用意されている場合が多い。それを渡される人は、長年かけて自分を整えながらそれを受け取る準備をしているわけですが、それがパッケージとしてどんと渡されるか、少しづつ渡されるかは、個人差があるみたいです。直傳靈氣の臼井甕男先生は明らかに一気にどん!と渡された。ピーターは何年も何年もかけてリファインしている感じ。ソースポイントセラピーのドナとボブも何年もかけてリファインしています。

ピーターを見ていると、この人日々進化していると感じます。ゴシップは無視して私の印象だけをいうと、まるで少年のようで、年々若くなる。むしろ5年前にロンドンで会った時の方が老いて見えました。ピーターのワークショップやスーパービジョンを絶対に追ってしまうのは、この人の進化を見守りたい気持ちがあるからでもあります。今回のワークショップのテーマはリズムで、確かに全編通して彼がそれを意識しているのは明々白々でしたが、それでもそれだけでない部分でもたくさんの進化の形跡がありました。

彼は、セッションに入ると、完全にクライアントに繋がり、同化して指揮している。100パーセント今ここ、というのをやっている。ライブで、限られた時間で、大勢の聴衆の前で、失敗したら即時にあっという間に世界に見られてしまうプレッシャーの元、こんなに全方向に神経を張り巡らしながら次々にケースを捌いて行くのを見ていると、毎回ものすごく刺激を受けます。こういう二重、三重のことを一気にできるようになるのはひとえに経験の蓄積から来ていると言えますが、そこにあるのは完全に「今ここ」を整え、繋がっているから。もちろん事前に打ち合わせしているでしょうし(でもこれが八百長でないのは、トレーニングを通して知っています)、参加者は基本ピーターの崇拝者である可能性が高く、デモという役割を承知してうまく協力しようという意識が働いていることは否めませんが、それでも彼の強さはこの繋がり方にあると思っています。彼自身は上手にクライアントとの間に境界線を引き、愛情深く振舞いながら一方では冷徹に観察しテーマを強調しデモをうまくまとめ、本来のお客さんであるワークショップ参加者へのアピールは忘れない、と見事な仕事をすることによって彼の能力を世界に知らしめようという野心があるかもしれませんが、それでも私は彼の繋がり方にやっぱりいつも感銘を受けます。実際私はSEのトレーニングを通してこのインプロを随分鍛えられた実感があります。個人セッションを何人にも受け、最終的にセラピストをテオに絞ったのも、彼の繋がり方、彼の同化の仕方に何より感動し、ここをできる人から学びたいと思ったから。つながればあとは自然にやってくる。

ピーターのやっていることは基本クリエイティブ。ツールやそれを差し出すパターンはありますが、基本対応はインプロです。引き出しをさっさっと選ぶ瞬間の切り替えや、導く方向、それた時の戻し方、まとめ方、全部名人。本当にどの人より学ぶ。以前一世を風靡したある大家が、もはや人前には立ってはいけないほどに劣化しているにもかかわらずに大勢の崇拝者を集めポープのような振る舞いをしているのと対照的。ああいう痛々しい感じにはなりたくない。これから私も老齢に向かう身として、どこまで進化できるか、引き際をどう見極めるかは、指導者を観察する時のポイント。
スポンサーサイト



2017. 10. 25  
海外3カ国とミュンヘンからお越しくださった方々を中心として繰り広げられた濃密な2週間が終わりました。今年はお導きとしか言いようのない出来事が続いて来て、この2週間は予期していたようにそのハイライトでした。
(すでに2017年が終わったような言い方・・・・・)

振り返ると今年は激動で、次々に起こる出来事に対して自分の反応を分析している暇もなく、とにかく激流に流され流されここにたどり着いた、というような感じです。どれだけの人に助けられたか。改めて自分は一人じゃない、集合体だと思いました。

私は35億年前に生命が誕生してからの生きとしいけるもの全ての記憶を体現する集合体。原初は神(想像主)の心だけがあった無の世界が、その御心の波動を伝え続け、姿を変え続けた結果の私。私たちは細胞ひとつひとつの集合体だけれど、この細胞それぞれの持つ核に収められた遺伝子は、他者と関わり進化することを選ぶことと引き換えに壊れて死ぬことを選んだ私が塗り替え続けた進化の歴史。

他者と関わることは私を壊すこと。それは原核生物から真核生物になることを選んだ私たちが、他者と関わることによって自らの死と引き換えに経験と進化を選んだ、意志。同じであることを捨て、壊し新しくなることを選んだ強い意志。

藻となり太陽の光で光合成を始めた私たちは、光がなければ生きられないという他者への根本的依存を選んだ意志。

哺乳類となった私たちは、他者に愛され共同体に含まれないと死んでしまうという、愛着問題を抱えることを選んだ意志。

色々な人と関わって、私が個人の問題だと思って一人で抱えて来たことは、知る限りの祖先どころか自分の記憶のはるか遠くから続いたユニバーサルなテーマで、それは縦だけでなくて同世代を生きる横の仲間たちとも共有していたということがわかって、縦横無尽なつながりを感じました。古今東西の生きとし生けるものとの繋がりと、それを見守る神との対話を通して、あらためて私たちのルーツを感じました。

ホメオパシートークでは、素晴らしい資料だけでなく、すべての質問に的確で簡潔な言葉で即座に答えるAbbyに、参加者が次第に真剣な面持ちになってメモを一生懸命取り始めた様子が本当に印象的でした。プロにとっても激震の内容を、あれだけクリアに話し、すべての質問に次々わかりやすく驚くべき的確さで答えたAbby.日本で話すときにはボディガードが必要というような内容を共有させていただき、心から感謝します。

Abbyの横でただニコニコしながら座っていて、ほとんど話さなかったPeggy.でも彼女の存在がどれだけ大きかったか私たちみんな気づいていました。まさに慈母。偉大な愛の塊。彼女はただ座っていただけで、その場にいた私たちを見守り助けようとしてくれていることを伝えてくれました。というか、ゲストなのに台所仕事全部やってくれて、支度が間に合わない私を手伝って掃除機かけてくれてしまいには床拭きまでさせてしまって・・・いや御言葉に甘えるにしても限度がある。ごめんなさい・・・でもまた頼んでしまうと思います、いや本当に助かりました・・・。

直傳靈氣講習会では、わざわざこのために海外からきてくださった方々の集中力はすごかった。こんなエネルギーボルテックスは初めてでした。まさか靈氣でこんなことができるのと驚いていた方は一人でなかったです。とりわけ感受性が強い人たちが集まった時のエネルギーワークは、予測はしていましたがやっぱりすごかったです。

実際これのために今年は禊が続いたんだと感じていた私は、とにかく自分の役割からそれないことを心がけていました。ただここにいる。繋がった時に起こるそれを拾って渡す、その瞬間のために私はここにいる。そこからちょっとでも逸れて自我で動いたときには何が起こるか知ったから、自分を整えておく、その集中力が一番大変でした・・・いやあやれるだけのことやったと思います。もちろん反省山ほどありますが、なにはともあれまずは自分におめでとうよく頑張ったねと言いたい。

改めて思いましたが、靈氣からは私は本当に学んできました。靈氣は私のルーツにアクセスするキーを持っている。日本語の言霊、理解することができなくなってしまった大和言葉、アクセス不能になってしまった古代の神道へ直接つながるキーを持っている。波動に対する理解を言語化する試み、古代へのアクセスの試み、不思議なくらい私にとって靈氣はそこにつながるゲートになります。

タロット講座は面白かった!あれはタロット講座というよりコーチング術で、ビジネスシーンに子育てに広く応用できる大塚塾パッケージの1部というのは参加者すぐ気づきましたが、とにかくあれだけのバックグラウンドをもつ内容をあれだけの短時間でさっと落とし込める簡潔さにまとめあげ、一人一人が自信を持ってできるようになるように誘導し、本当に最後には堂に入ってタロットリーディングができるところまで持って行ってしまった大塚さんにやっぱり脱帽です。参加者は全員、やっぱり大塚さんて頭いい、と思いましたが、それより感動したのは、大塚さんの愛でした。人を生かすことをまず前提としている。彼のあり方は本当に私たちを救う。蛮勇振り絞って参加くださり、私たちを信用してさらけ出してくださった方、本当に心からの感謝を捧げます。本当にありがとうございました。

あ、タロット講座は続編があります。元々の大塚塾が膨大なので、いくらでも続編作れ、いくらでも綺麗にまとめてくださるはずです。来年早々、また開けそうですのでどうぞお楽しみに!!!

ちなみに全てが終わった今日、交換セッションとキャッチアップのためにいらしてくださった大塚さん、久しぶりに再会して激変に驚かされた彼の秘密をシェアしていただこうと思っていたのに、なんだかわからないうちに私のぐずぐずした内面に付き合っていただくことになってしまい、超後悔しました。どうも彼の前だと私は誘導されてしまい、いつの間にかコンサルしてもらっている。しかもこういう系統の本知ってる?と聞いたら関連書だけでなく私が関心ある本も持ってる持ってる、300冊くらいきなり PDFでコピーいただいてしまいました!!近年なかった幸福感。最高のプレゼントです〜〜〜〜〜ありがとうございました・・・。



お互い誰も完璧じゃないから助け合って進化していこうね、という団結力で過ごしたこの2週間。素晴らしい合宿でした。楽しかったです。改めまして、お会いしたすべての皆様に心からの感謝を捧げます。

また近々お会いしましょう。

参加者の一部の方々と。集合写真撮り忘れました!!
reiki.jpg
reiki2.jpg
reiki3.jpg



プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR