< >
2012. 11. 12  
先週からThe Forsythe company が久しぶりにフランクフルトでStudy #1という演目の公演をしています。これは過去の作品のリバイバルではありますが、最近のものを全部組み込んで、かなり面白い仕上げになったそう。相変わらず人を食ったような作品のようで、内容は見るまでのお楽しみ。毎日改良が続いているので、後半のほうがまとまっているだろうとのことで、私は今週の金曜日に行ってきます。公演は今週日曜日までやっていますので、ご興味のある方はどうぞ足を運んでみてください。由緒ただしい世界屈指のダンスカンパニーです。こんな風に気軽に行けてしまうのは本当に贅沢でありがたいことだと思っています。

今日洋子さんから聞いた言葉:エネルギーは使うものでなく、流すもの

うんうん、と聞きながらさら〜っと流してしまったのですが、後になってとんでもなく大事なことをおっしゃっていたと分かり、今超忙しいのですが忘れないうちにと書きとめておきます。そう。まったくその通り。

洋子さん曰く、普段エネルギーを人に対して使わないと、舞台に立ったときにエネルギーを使おうとしてスタック状態になるのだそうです。そういうダンサーは踊ると瞬時に分かるので身の危険を感じるのだそう。

エネルギーは常にフローでないといけない。東洋医学では病=流れの滞りと捉えますが、この「流れ」は「気」とも「エネルギー」とも置き換えられる。要するに同じこと言ってます。エネルギーは流さないといけない。

気、エネルギー、というものは、自分のものを使おうなどと思ってしまったら絶対うまく行きません。よく私も、人にエネルギーを注いで枯渇しませんか?とか、人から悪いもの受けませんか?とか聞かれますが、そういう意識で人と接していたらあっという間にバッテリーローになるはずです。エネルギーに関しては昔からあまりにも自然に関わっていたので普段考えたことなかったのですが、あえて意識していることがあるとすれば、私は貯蓄しないように気をつけているかもしれない。(貯蓄しないのは得意)

常に流れている状態。呼吸や津液の流れの一瞬一瞬を、ただ見送る練習をずっとヨガでしてきました。この流れは、仏教で言えば無常。たぶん、私はずーっと、言葉を変えても、場面を変えても、人生で何度も何度も凝りもせず、この練習をさせられていると実感しています。果てしなくて、たぶん今の私ではゴールに行き着かないでしょうが。

私がヨガを行う上でバイブルにしているのがBreath by Breath.最近これの邦訳があると知りました。呼吸による癒し 実践ヴィッパーサナ瞑想。(知っていればうんと楽だった。。)陰ヨガのクラスをするにあたっては折にふれ、何度も何度も読み返しています。ついついすぐ次から次へといろいろ手を出す欲望、一つのものにしがみつく執着、両方ともうまく手放せなくて相変わらずの情けない有様ですが、自分の至らなさとの折り合いの付け方をとにかく丁寧に、寄り添って教えてくれている。ありがたい本です。

この著者ローゼンバーグが言っていることと、今日洋子さんが当たり前のようにさらっと言ったことがものすごくリンクして目からウロコでした。そう、エネルギーは流すもの。諸行無常。空。仏教用語だと遠すぎてピンと来なくても、自分のピンと来る感覚に置き換えてみれば、急に腑に落ちたりする。

ちなみに、エネルギーは使えば使うほど使える量が多くなると私は感じています。お金と同じ。要するにエネルギーは天下の回りもの。溜め込まない方がいい。洋子さんがこれだけパワフルなのは、ご本人曰く世話焼きばばあだから。こういう方は、エネルギーを人に注がないと自家中毒を起こすので気をつけた方がいい。これからもせっせとうるさく他人のお世話をしてあげてくださいね


スポンサーサイト
NEXT Entry
クリスタルボール=エネルギー=振動
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
納得!
タカミさんこんばんは。

なんだか今回の投稿でハッと気づかされた感じがします。
私のこの肩と背中のコリ!原因はここにあったに違いないと…。
この間行った中国整体でも(あ、メール届いていました?最近メール送信できないことがあるんです)私の体は『あちこちが渋滞している!』と言われました。。このままいくと病気になるよ!とも^_^;

でも『流す』のも簡単じゃないですよね、、、まずはそこから紐解いていかないと問題解決にはならなそうです。やっぱり来年の春からタカミさんとこ通おうかな~。。。健康あっての仕事ですから。。
納得!
三智さんこんばんは。メールちゃんと届いてました。あれ、お返事届いてなかった??(汗)ありがとうございました。中国整体だと、まさにそこをつきますよね。流れの詰まり=未病を治療してくれます。実際に症状が出るまで処置なしの対処療法(現代医療)と違います。

流すの、めちゃめちゃ大変です。何を隠そう私も四六時中四苦八苦です。人間やっている以上、刻一刻澱はたまる。人生あげてのテーマです。
またぜひお顔見せてくださいね。せいぜい頑張りましょう。(笑)
またぜひお顔見せてくださいね。せいぜい頑張りましょう(笑)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR