< >
2012. 11. 15  
今日も振動の話が続きます。Mさん。4年間で35回ロルフィングセッションをうけているRolfing geekの彼は、私が3人目のロルファーです。だいたい4年間で35回もロルフィング受けるなんて普通じゃない。一体全体何者だろうと思い、初回だった前回のコンサルの時に色々伺っても、とにかく不機嫌さが矢のように返されるだけで、よくわからない。「背中のこの違和感をなんとかしてくれ(それ以外しゃべりたくないんだ)」というご希望に応じ、背中の凝りをとってさしあげました。

実は前回のセッション中密かに驚いたのが、彼のフリクエンシーに対する敏感さ。ミュージシャン?と伺ったらどんぴしゃりでした。これだけロルフィングを受けまくっているので筋膜のトーンは絹のように滑らかで、スタイルもとてもいい。それなのに、コアのエネルギーが完全に詰まった状態でした。感情的な問題から来るエネルギーの詰まりが呼吸を浅くしていて、背中にまったく呼吸が行きとどかない状態でした。「”I will”を司るマニピュラチャクラ(太陽神経叢)と”I feel”を司るアナハタチャクラ(胸)が詰まっていたのでとりました。心当たりあるでしょ?」といってセッションを終えたのでした。

その後の予約はお勧めしなかったのですが、1週間後にぜひ続けたいと連絡があり、今日が2回目。まずお会いしてあまりの変化に驚きました。まったくの別人!!!!!すっごくしゃべる。そして笑う。え〜〜〜あれはなんだったの!?、という驚くべき変貌ぶりでした。(ロルフィングは回数を重ねるごとに感受性が強まるので、インプットに対する反応が速くなる)

私が感じた彼の過敏さは、やはりその通りでした。クライアントさんから頂いたKeith JarrettのBGMを低くかけていたら、「悪いけどそれとめてくれないか」彼にとって音楽とは、全身全霊の誠意さがないと受け入れられないものなのだそうです。Keithの「The Melody at Night, with You」は、Keithが心身症だったときに自宅録音したものだそうで、私はこれをきくとすごくリラックスするし、これなら彼の神経にも触らないだろうと思ったのが、違った。彼にとってはKeithさえ半分フェイクだそうです。彼は音をきくとそれを演奏している人間の魂が見えてしまうそうで、そこにその人の気配を感じて全然リラックスできないのだそう。そこにその人の自我=エゴの部分を見てしまうのだそうです。彼曰く、音楽というものは、人を真に癒す目的か、人とコミュニケーションをとる目的で奏でるもので、決して自分の才能や自意識を見せびらかすためにあるものじゃない、とのこと。そして、今あるたいていの音楽は、自己満足の見せびらかしで聞くに堪えないとのことでした。

私が、どんな音楽なら大丈夫なの?と聞いたら、無音がいちばんいい、と言っていました。録音室の隣の部屋でボールペン一本落ちても気になったピアニストのGlenn Gouldを連想しました。音に対してこれだけの感受性をもつMさんは、自然の奏でるゆらぎの音以外の人工的な音はもうすべてノイズになってしまうそうです。彼はもう都会には住めない、とフランクフルトを離れました。彼が今まで住んだ土地で一番愛した場所は砂漠。そこにある自然の音の豊かさは素晴らしかったそうです。

ふと由香里さんのことを思い出しました。由香里さんの演奏だったら彼はどう受け止めるだろう。彼のオーディトリーは天界を目指してる気がしました。こうやって毎日毎日エネルギー=振動=音に関して、立て続けにメッセージを送られる私は何なんだろう。この人たちを繋ぐお役目があるのかしら、と思わずにいられません。

ちなみに2回目を終えたMさんは、今までうけたロルフィングセッションのなかで、足がいちばんよみがえった、自分のものじゃない違和感があったのが、繋がった気がする、とガッツポーズをして、スキップせんばかりの勢いでお帰りになりました。過敏な彼の身体の要求を満たせるものはロルフィングが一番なのだそうです。

(その後、私は本当に彼に感じ入るところがあり、現在セッションルームは無音、電磁波を放つものを一切置かないことにしました。)








スポンサーサイト
NEXT Entry
音は意識を運ぶ〜いかに音から意志を消すか
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR