< >
2012. 11. 16  
やはり音の本質を知り抜く由香里さんが、Mさんを補って、さらに深く音について掘り下げてくださいました。

孝美さん、ありがとうございます。 問いかけをしていただいたので、お話しすることができます。 少々長いですが、お付き合いください。 音に関してご興味のある方もどうぞ!

宇宙は振動です。
そしてすべて聞こえる聞こえないはあっても、そこには音が発生しています。
無音室はかえって人工的な空間です。人は無音の状態に恐怖を感じる、と言われています。しかし、無音室に入って初めて、肉体の中にも音が発生していることを感じることができます。

私たち自身が、すでに音を発しています。
心臓の鼓動、吐息、脈拍、、、

そして、音は自然、人工に関わらず共に衝突する時に起ります。
風でさえ、今ある空気の流れと違う流れが入り込む事により、音を発生します。

そこで、人工的、、と感じる音は特にモノとモノのぶつかった音、そして人間の感情が入った音、、、ということになります。

私は、クリスタルボウルを指導するときに一番徹している事は、体が自然に動くように演奏する事=人間の意図的な意志をいかにに入れないで演奏するか、、です。

そして、レッスンは1回に3時間は続けてクリスタルボウルを叩かせます。
朦朧として、考えられなくなるくらいの状態で、その人の内側のアク抜きを行ないます。
卒業するまでには、演奏のときに完全に音と一体化が出来るように教えます。

たまにその意図が分からず、理論的に教える所へ習い直す生徒さんもいらっしゃいますが、私は演奏のときの思考は、ノイズだと思っています。

人工的な音、ときに人が意図的に出す音には、その人の想念が入ります。
ですから、ここち良いモノと、乱されるモノが出てきます。

クリスタルボウルは、その音を拡散させる力があります。
ゆうに2キロは轟く倍音、そしてそれは宇宙を”こだま”するといわれます。

そんなパワー楽器ですから、奏者の意識レベルが命だと思っています。
私も常に”いかにクリアーな音に近づけるか!それがテーマです。
私の意識がどこにあるかで、その音が決まります!

ですから、これで”出来上がり”はありません。私の一生のテーマになるでしょう。

先日、ある新打法が演奏中に降りてきました。
この打法により、さらにクリアーな音が出せるようになり、今ではもう演奏中の部屋一面は、クリスタルの国のようです。
今私は、次のステージに入りました。

そんなことで、命題の『音』ですが、
人間の意図的に発する音すべてに、その音を発した人の意識=エネルギーが入ります。
その人を見ればわかる時代。
物腰、話し方、声、容姿、好みetc...すべての行為に音が見えて来る。

ただし、不協和音が悪い訳ではありません。
不協和音 によって大きなシフトやそれ自体を消す事ができます。
不協和音も宇宙の働きだと思います。

見ていると、不協和音によって流れを大きく変え発展して行くケースが多いのも事実です。

人間も自然の一部であります。
そして、自然中でも唯一、”私”を認識できる生き物。
人間ならでは出せない”神業”の音を追求してゆきたいと思います。


「音には演奏する人の意志が入る、演奏にはいかに人間の意図的な意志をいれないようにするかが何より大事で、人間の思考はノイズになる」やはりMさんと同じことを言ってらっしゃいます。驚いたのは、これが、私が日々ロルフィングでやっていることでもあったのです。「音」を「ロルフィング」とそのまま置き換えられます。びっくりして由香里さんに伝えたら、基本はすべて同じです、とのことでした。

私がセッションで何より気をつけているのが「いかに意図なく人に触れるか」ということ。クライアントさんを前にした私は、いかに自分のエゴを退け、意図を消せているかに最も注意を払います。私が小さなエゴを前に出してしまうと、セッションは私の乏しい経験や知識、好みに左右されてしまう。その方に何が必要かを見ずに、たまたま昨日知ったテクニックを使ってみようなどと思うかもしれない。その方のシステムが開くのを待って、その方に導いてもらう、私はその筆になる、というのが最も大事な姿勢なのです。これは禅の教師でもある私のロルフィングの先生、受け身を利用する武道の日野先生からも学んだ事でした。

由香里さんは、人間は自然界で唯一「私」を認識できる生き物、とおっしゃっています。人間には意志があり魂がある、これが他の霊的存在や自然界の動物たちと違うところ。何の葛藤もなく自然の一部でいられる動植物と違い、私たちにはエゴがあり、このエゴで自然に不協和音をまきちらしている。でもこのエゴをもっているからこそ、単なるエネルギー体でしかない霊たちとちがった貴い経験ができる。エゴを持った私たちが、エゴをいかに超えて神に近づくか。私たちは人生をかけてこれをやっているのかもしれません。
スポンサーサイト
NEXT Entry
エゴ=自我=宇宙の意志=私の意志・・私の志(こころざし)
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR