< >
2012. 12. 13  
ヤングリビングのアロマテラピーとしては中核となるYoung Living: Raindrop Techniqueはヤング氏の金字塔ともいえる非常にすぐれたトリートメントです。ここドイツでは、アメリカやフランスと並んで医療従事者が脊柱側彎症および後湾症、座骨神経痛などの治療に使っています。
IMG_4276_20121211050757.jpg

このテクニックは古代から受け継がれて来た精油の抽出方法と使用方法を再現しているとのことです。このテクニックの起源は、北極圏にある癒しのプラズマ・オーロラエネルギーの再現です。

レインドロップで使うテクニックの一つにフェザリングというのがあります。羽が背骨をなでるように、手で触れるか触れないかのタッチを背骨づたいに行うというものです。ネイティブアメリカンのラコタ族は、かつてそのリチュアルの中でオーロラの下で両手を広げ、オーロラのエネルギーを両腕から背骨づたいに身体に取り込んで、心身の浄化をしていました。国境ができて自由な移動ができなくなってから彼らは、勲章である鷲の羽を背骨づたいになぞる事でオーロラエネルギーを浴びる代償にしていました。ヤング氏はこのタッチとストロークにインスピレーションを受け、背骨を走る中枢神経を呼び覚ますフェザリングタッチとして施術に取り入れました。

このフェザリングを行う前に行うのが、古代ヒマラヤ地方から使われて来たヴァイタフレックスというテクニック。これから背骨に直接たらす精油を足の背骨の反射区に塗りこんでいくものです。YLのオリジナルミックスであるValorで足裏全体に挨拶したあと、背骨の反射区に7種類のオイルを塗布していきます。背骨に目覚めよ、と語りかけるようなリズミカルで刺激のあるタッチです。刺激に弱い方やお子さんには、これだけでも十分です。

ヴァイタフレックスにつづいて9種類のオイルを原液のままひとつづつ背骨づたいに直接雨だれのようにたらしてはフェザリンクをし、そしてそのオイルの特徴に適したマッサージをして背中に浸透させていきます。最重要な最初の3つのオイル以外は、個人の体質に応じて変える事もあります。今の時期、冬のドイツは寒いので、普通は最後の仕上げに熱さと寒さを同時にもたらし寒熱のバランスをとるペパーミントを塗布すると、施術後外に出たときにあまりにも寒気を感じてしまうので、別のオイルで代替することが多いです。ペパーミント(あるいはその代替)を塗布したら、再びValorです。Valorで始まり、Valorで終わるのです。

このトリートメントは心身双方に作用します。フィジカルボディに対する作用は数時間で終わりますが、感情体に対する作用が起こるのがだいたい2、3日、人によっては数週間かかります。身体の感覚として代表的なのが、背中のつまりがとれた、身体が軽くなった、頭がすっきりした、というものですが、狭窄していた胸椎の中に潜んでいた感情のエネルギーが、背骨がゆるむことによって放出されていくのに、それくらいの時間が必要だったりします。

施術中、精油が心身に作用するには2通りの経路を通ります。
一つは塗布によるもの:
肌→血管・リンパ→各器官のパターン。
表皮に塗布された精油は、真皮の皮脂膜や角質層を通過し、毛細血管やリンパに入って全身を駆け巡ったあと、各器官に届きます。

もう一つが嗅覚によるもの:
鼻→脳のパターン。
施術中蒸発した精油の成分は、鼻腔の上部にある嗅上皮の粘膜に付着し、そこで受容体(嗅細胞)が電気信号に変換し、脳に伝えます。これをにおいとして認識するのが感情脳である大脳辺縁系。そこから自律神経をコントロールしたり体温やホルモンの調節をしたりする視床下部に伝わりますが、このルートがまさしく、こころの動きが身体へ影響を与える重要なラインです。

ロルフィングの施術をしながら、こころの動きがいかに身体を作るか日々痛感しているだけに、脳が似た経路を持っている事実には、深く頷くものがあります。

この施術の前後で身長を計測すると、施術後誰でも数ミリから数センチ伸びます。また、足の長さと股関節のローテーションを前後でチェックしますが、セッション後には股関節が揃い、足の長さが揃います。(私が習ったマリアはオステオパスで私はロルファーなので、ここはレインドロップから逸脱ですがささっと骨盤矯正してしまう。)ロルフィングを受けていない人はだいたい数センチ、ロルフィング卒業生は5ミリくらい、が平均的目安です。

レインドロップでは脊柱側彎症の方には1ヶ月に1度程度の定期的な施術をすすめます。それによって身長が1年で5センチほど伸びたという例もあります。座骨神経痛や骨盤の歪みによる不快症状の強い方には、最初は1週間に2回などインテンシブに行い、その後2週間に1度ほどを定期的に行います。


スポンサーサイト
NEXT Entry
自分が今、この瞬間、ここにいるという奇跡
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR