< >
2013. 01. 14  
年明けとともにロルフィングセッションで佳境に入る方々に、コアセッションで体験するトラウマ浮上に対する対応をご紹介していて、ひょんなことから私の愛読しているFocusingという本のハイライト部分である具体的な6つのステップが、ウェブ上でばっちり日本語訳されて公開されている事を知りました。→Focusing Manual

ボディワークを語る上で欠かす事のできないフェルトセンスとはどういうもので、どう体験すればいいのかを、シンプルにまとめてくれた本。私はロルフィングトレーニング中にこれを授業で学びましたが、その後もこの本を愛読しています。トラウマとの付き合い方では、具体的に著書を紹介しませんでしたが、この本は参考文献の一つでした。思想は深いですが、とても洗練された状態でシンプルにまとめてくれたこのFocusingというメソッドには、自分と向き合い日常を丁寧に生きるヒントがちりばめられています。具体的なこの6つのステップについてはいつか訳して紹介したいと思っていたら、何年も前にとっくに日本語訳されて紹介されていたのですね。うかつでした。このサイトはかなり使えるのでぜひご利用ください。

私はセッション中にも、セッション間にも、このフェルトセンスの発動を、とにかくクライアントさんに促しています。ボディワークをいかに効率よく受けるかは、この感覚を目覚めさせられるかどうかにかかっているといってもいい。

ちょうどやっぱりコアセッションで脱皮途中だったクライアントさんと内臓のこだわりについて話していて、私がふと断食の話をしたら、なんとその直後から5日間半、完全に絶食をされたと後から聞いて、ひっくり返りそうになりました。そんな過激な事は決してお勧めしていなかったのですが、ご本人は絶食に妙にピンと来たので強行したとのことでした。(しかもそれをクリスマスのときに・・。)その後お会いして経過について報告を受けたのですが、トラウマやらこだわりやら過去の記憶やら、もうあり得ないくらいの雑多なものが押し寄せたけれど、あまりにも日に日に弱っていくので、どうでもよくなった、とにかく次から次へとわき起こってくるものを、もうめんどくさいから手放す作業を続けて、5日半たった晩、あ、もうこれでいい、とパッと思い立って、それで断食も終えた、とのことでした。例えばどんなものを手放したか、何が浮き上がって来たか、そのときどんな感じだったか、根掘り葉掘りいろいろ聞いてみたのですが、とにかくもう全部手放してしまったので、何も残ってなくて、全く思い出せないのだそうです。感覚さえも。

これをきいて究極の手放しの状態って、フェルトセンスの発動も必要ないんだなあ、と妙に感動しました。乱暴ではあったけれど、まさに色即是空 空即是色の境地。すごいなあ、と思いました。彼、確かにお休み前とまるで別人だったのです。それまでも毎回大変身するのでびっくりしていましたが、今回はとりわけ驚きました。でも、一般には絶対にお勧めしません。。

ひとっ飛びにここまで行ける方は別として、凡人の私としてはまずフェルトセンスを使った丁寧な自己との向き合い方をお勧めします。普通はこちらのステップの方が安全で確実だと思います。

ところでドバイの後遺症か、どうも年明けくらいからなかなか浮上できない。新年の挨拶とともにとても前向きで感謝にあふれた言葉が飛び交うその傍らで、私は密かに近年にない落ち込みを経験していました。不条理にたいするやりきれない思いや嘘くささに対する怒りや虚飾に対するしらけた思い・・新年を暗く過ごしてはいかん、前向きに〜、と叱咤激励するその自分にも嘘くささを感じ、もう疲れて放っておきました。法華経の出番である、とは重々承知なのですが、投げやりな気分の時は、経典を読みかえすという「いいこと」をしたくない。身になっていない教えは、とっさのときには使えない。

そう思っていたら、どうも精神の落ち込みを経験されている方が今思いのほか多いようですね。Apfelteeさんのロルフィング日記でも、同じような心情が綴ってあって、偶然にしては妙に多いなと思っているところです。

今妙に落ち込んでいる方。どうやら流行病?仲間は多いとわかると少しはホッとされるでしょうか。

トラウマ浮上と見たときには私はセッションを離れた指導を色々しておせっかいを焼いていますが、フェルトセンスなどは、セッション間にできるとてもいいツールです。他にはホメオパシー、エッセンシャルオイルやナチュラル系睡眠薬なども紹介しています。この辺りは個別でしか対応できないのでみなさまにはご紹介できず残念ですが。

日本では大雪。こちらでも今日は雪が振りました。寒い日が続きますがどうぞお体はくれぐれもご自愛下さい。
スポンサーサイト
NEXT Entry
MacRepertory
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR