FC2ブログ
< >
2013. 01. 31  
頭皮と子宮は密接につながっているから、
・生理中のシャンプーやヘアダイはいけない、
・妊娠中はシャンプーを自然系のものに変えないと羊水がシャンプーで汚れる、
・お産後30日は洗髪をしてはいけない

て美容師さんや助産師さんから一度は聞いた事があるのではないでしょうか。自然系シャンプーを売る営業目的とか根も葉もない迷信だとかいって無視する方も多いようですが、根拠はあります。ホメオパシーや、アーユルヴェーダや、クラニオセイクラルや東洋医学をかじると、かならずこの辺りの深い関係性が見えてきます。今回は精油からのアプローチも含めて説明します。

頭皮と子宮はとても密接に関係しています。一つは血管を通して。もうひとつは神経を通して。

頭皮は口内粘膜(角質層がないので吸収率が皮膚からの13倍)に続いてもっとも化学物質を体内に吸収しやすい場所。ホメオパシーレメディを舌下で自然に溶かすのも、それができない動物や新生児、重病の方には水ポテンシーにして頭頂部にたらすのも、アロマテラピーで最後に精油を頭頂部に塗る事も、ここからの吸収率が高いことを根拠にしています。

シャンプーに含まれる有害物質について語るとまたものすごく長くなってしまうので別の機会に譲ります。プロピレングリコール、タール色素、エデト酸塩、色々ありますが、中でも泡立ちのための界面活性剤、ラウリル硫酸ナトリウムというのは発がん性物質です。結論をいうとシャンプーやデオドラントは、つける場所と中身から言って、身体に最も悪影響を与えるものといえるかもしれない。

頭皮から吸収したケミカルはただちに毛細血管に入り込み、経口経由なら肝臓で解毒してもらうチャンスがないまま、血管を通して瞬く間に全身に渡り、40分ほどで子宮に到達するそうです。乳房と同様脂肪部分の多い臓器である子宮はこのケミカルを蓄積します。(子宮がん手術の執刀医はシャンプーの匂いをかぐとか、取り出した子宮筋腫に芳香がするとか、助産師さんが羊水にシャンプーの匂いをかぐ、とか。。)またデオドラントのヘビーユーザーに乳がんが多いというアメリカのデータもあります。

もうひとつのつながり、神経。ここはややこしいのでカット。(笑)

スポンサーサイト



NEXT Entry
子宮のお話2〜子宮内膜症、子宮がんを考察する
NEW Topics
直傳靈氣交流会のお知らせ

内観合宿から2ヶ月を経て・・・ああ業の深い主観の世界・・・
内観は生命力が上がる
信州内観合宿体験記 8 内観は自分を調べる時間
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR