< >
2013. 02. 07  
昨日でホメオパシーの解剖生理学コース修了!今日からやっと中断していたホメオパシーのユニットに戻ります。平行して今度は病理のコースに入ります。ふたを開けたら、知る限り私のクラスメートは全員、長くなった新コースでなくて現状維持を選んだ事が解りました。こんな思いをしなくても他に学ぶ方法はあるし、卒業がのびる(1年でなく2年だった・・)分だけ機会損失が増えるし、何より単純にお金がかかりすぎるという理由。自分の決断が早まったとわかり軽ーくおちこんでいたのですが、でももう一度胸に聞いてみる。

サンカランのセンセーションメソッドをものにしたい。それについての集中講座が続く新コースはやっぱり魅力。ひとりだけ留年して泥舟に乗り込む選択かもしれないけれど、やっぱり私はこのままではとてもホメオパスとしては世に出られる気がしない・・。ということで再度、自分の決断はこれでよかった、と満足しました。学校に入学したのが2009年なのでもうかれこれ4年。当初の予定ではもう卒業しているはずだった。今後の見通しではあと3年。卒業するのに7年もかかるなんて。ホメオパシーってこんなに勉強しなきゃいけないものだって、いつかはみなさまに解っていただける日が来るのを祈ります・・。

祈りについて。

昔は、聖職者というのはすなわちドクターで、星読みというのはすなわち科学者でありマネージャーでした。今では完全に分かれていますが。かつてはものすごく重要だった聖職者と星読み。今では彼らは完全に本来の役目と離れている気がします。

シャーマンが人を癒すのは、おどろおどろしくてインチキ臭い「フリ」ではなかったと思います。彼らがしていたのは祈り。巫女は私たちの源からのエネルギーを落とす導管。感度が高い人の役割。人が病むのは外からの病原菌が理由だ、というのが現代医療の出発点ですが、私は違うと思っています。人が病むのは、その人のエネルギーが落ちているから。エネルギーが落ちるから、病原菌に負けるし、おなじく病んだものを引きつけ背負い込む。

人が真に癒える過程には祈りがあるはず。私に役割があるとしたら、無機質になってしまった現代医療とかつてのシャーマニズムのミッシングリンクをみつけることかもしれない、とエラそうに自負しています。現代医療に欠けているものは祈り。

医療関係者は、心の底ではみなさん祈っているはずなのです。医療に携わる人は、生と死に間近で接しながら、自分の信仰心というものと一度は向き合うはずです。(いや、普通の出産はたいくつだ、帝王切開が来るとやったあと思う、とのたまう産婦人科医など、手術フリークのドクターや投薬ができない患者をゴミよばわりするドクターなどもいらっしゃるようですが・・)

人が真に癒える過程には祈りがある。そこには信仰心がある。なんどいっても言い足りないくらい、これが私の原点です。一人一人には生きる力があって、治る事を選べば治る力を持つ事ができる。本来は人間はうんと強い。病んだ人を助ける立場の人は、祈りと信仰心で、その人が治る道を選ぶ手助けを、寄り添いながらする、それがお役目だと思っています。

だから私はたまに突き放します。その人が本当に良くなる事を望んでいない場合は、私にはなにもできないしするべきでもない。その人が自身の選択を放棄して私に依存することにつながるのなら、手を差し伸べるのはむしろ本人の選択と成長の邪魔をすることになるから、すべきではない。

私がロルフィングを、ホメオパシーを、アロマテラピーを選んだのは、これらが、その人が本来持つ生きる力を揺さぶり起こすことを手助けするものだから。本当に本人が自分自身と向き合うと、そこには必ず行くべき道があることがおのずから解るのです。

スポンサーサイト
NEXT Entry
祈り 2
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR