< >
2013. 03. 09  
ロルフィングの8回目を終えられたRさんの体験談をご紹介します。

Rさんは感性と理性のどちらもがかなり発達した恵まれた方で、今までも目からウロコのコメントをいろいろいただいていたのですが、今回ご本人のご了承を得て書かれた文章をそのままこちらにご紹介させていただきます。形而上の学びをかなりしっかりされてきた方なので、こういう方面に強くない方には意味が解りにくいかもしれないのですが、この方面を追求されている方にはかなり胸に響くものがあるはずです。

先週、ロルフィング8回目終了しました。

上半身がしっかりしてきた。
足がマサイ族みたくなった。
(かなりの主観)

体の余分を落とすと、肉体はこの世で最強の器なんだというこが感じられる。

全ては肉体を通して行われる。
肉体を通して全てとつながる。

全ての動きはアルケミー。

体が整うと心も自然に整う。

心の余分を落とすと、自分の内には喜びしかないことが分かってくる。

喜びイコール楽しいことじゃないよ。もちろん楽しいことも含まれるけど。

それがだんだん実感できるようになってきた今日この頃。

ありがたや〜(^o^)


実は先週9回目を終えられたクライアントさんからも、肉体が最強の器だ、と実感をこめてしみじみ言われたのでした。その方はものすごく頭の発達した方なので、その彼からのこの言葉を、今ひとつ理解できないでいたときにRさんから全く同じ発言。びっくりしました。そう伝えたところ

この最強の器をもらう為に私たちは沢山のエマネーションをして準備して来たわけです。
ラッキーにもこの肉体をもらうことが出来たので、後悔しない生き方をしなければ、と改めて思ってます。


やっぱりわからない。。。

注)マサイ族の足、というのはbeing presentの象徴として書きました。

もちろん、見た目がまっすぐになって余分な肉が落ちて彼らみたいな足になって来たってのもあるんですが、私の印象として、彼らってあの棒のようなまっすぐな足でしっかり大地とつながっていて、食べ物もその日に必要なものだけ自然から分けもらって食べているから『明日』や『いつの日か』の為に溜め込む必要が無くて、そうやって『今』を生きていると体は彼らの様に余分な物は一切ついてなくて細いけれども、非常に強靭な肉体になって行くのではないかと感じました。

もちろん、地域の特性や先祖からのDNAによって彼らはあの肉体を持っているんでしょうけど、それでも彼らは私にとって『今を生きる』のいいお手本です。

どうしてもフワフワしてしまう私はグラウンディングをして今を生きる、っていうのが目下のテーマです。


Rさんはいつもセッションのテーマを先取りしていろいろなことを経験されたりおっしゃったりするので、Idaは10セッションのレシピはこういう方を観察して作ったのではないか、といぶかったほどでした。現れた瞬間、その回のテーマそのものが手招きして呼んでいる、という感じ。特にハイライトの7回目で「壮大な壮大な体験」をされてから、明らかに冴え方が加速していて、常人でないレベルの発言が多くなっている(笑)。7回目は松果体に向かって全角度から頭蓋骨を開放して行くので、第3の目が開いたりインスピレーションが降りやすくなるのですが、彼女の場合はそれを見越してこれも計画済みのことだったのだな、とも思えます。

7回目はあまりにも言葉にしにくい、とおっしゃるところを、ムリにお願いして、書いていただいています。お忙しい時間を縫って、しかも携帯から。前後になりますが、次に7回目に続きます。

スポンサーサイト
NEXT Entry
ロルフィング体験談 Rさん7回目 その1
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR