< >
2013. 03. 09  
Rさんの体験談、7回目です。

一部の熱狂的マニアの為に(!!!)ロルフィング7回目の体験を書こうと思います。

非常に不可解な文章で書かれたホラー話しなので、心臓の弱い方はご遠慮下さい(笑)。

7回目は首から上のセッション。
私は首がガタガタだし、気付くと歯を食いしばってる癖があって顔も凝ってるから、非常に楽しみなセッションではあったんだけど、やっぱり案の定ほっぺの筋肉をほぐされた時は尋常じゃないくらい痛かった!
(;_;)でもその痛み、今ではケロッと忘れてしまってるから不思議。

で、クライマックスは鼻の穴。

自分でもそんなに鼻の穴に指突っ込んだりしないよね。

そんな所に他人の指が入ってくってどんな感じか…

始めはね、おお、鼻の穴って意外と中でクネクネ曲がってるのね〜、とか冷静に分析とかしちゃってるんだけど、ドンドン奥に入って行くと自分でも触ったことの無い未知のゾーンに入って行って、えー!鼻の穴ってどこまで行っちゃうのー?と、それはそれはとっても不思議な感覚。

自分でも触ったことの無い領域に入るって凄く神秘的で、私の体ってこんな風になってたんだー、って新たな発見があって、自分の体の一部なのに知らない所があるって凄く不思議。

そこを触られるって、自分の体が開発されていく様な、未知の領域が目覚めていく様な感じがするの。

人間の体にはまだまだ知らない領域があって、発見し、開かれていく余地があって、それはまるで宇宙の様で、ああ、私の体は宇宙なんだ、宇宙とつながっている、そしてミクロコスモスでもあるんだ。

そしてこの体は神の創造物であり、神の似姿であり、それゆえ非常に神聖な神殿でもある。
そんな事を思って、とっても神聖な気持ちになりました。

と、同時に!!!ものすごい恐怖がやって来るのです!

それは、知らない所を他人に触られるという恐怖ではなく、もっともっと根本的な恐怖。

スピリットとしての存在から、この肉体に入った時の恐怖。
あんなに待ち焦がれてやっと手に入れた肉体なのに、入った時の衝撃といったら!

その時のビックリ仰天の恐怖です。根本的トラウマとでも言いましょうか…

なかなかこんな恐怖に出会う事はない!ロルフィングってこんな所まで連れてってくれるのか!と妙に感動しながら、でもこの今直面している恐怖をなんとかせねば!と恐怖に向き合っていると…

そう、思い出したのです。
私はスピリットの存在であった事を!

物質が全てだと思うからこの恐怖はある。
肉体に入った途端、この肉体が全てだという幻想に対する思い込みと執着。それゆえの恐怖。

そしてこの言葉がふと頭に浮かびました。

We are eternal beings.
We have never been born, therefore we will never die.

私たちは生まれたこともなく、ゆえに死ぬこともない。永遠の存在です。

そう、今こそ、肉体が全て、物質が全てだという幻想を手放す時が来たんだ!

私はこの言葉を何度も心の中で唱えてました。

この言葉は、ずっと言われてきた言葉です。学びの途中で私はこの言葉を何度も口にしていました。

でも、この言葉の本当の意味を体験をもって理解したのは初めてでした。
肉体をもって、肉体の存在では無いことを知る。
なかなかない経験です。
そんな深みへロルフィングは私を連れて行ってくれました。
凄いね!

さて、話の続きはまだまだあるのですが、長くなるのでまた次回にするとします。
お楽しみに!


これはすごい領域の体験だと思いました。形而上学で語られる学びって、人生かけてできるかどうかの壮大な試み。実体験として語れる人がほとんどいないだけに、これは本当に貴重です。実体験をできる人はほとんどないし、しかもその体験をここまでクリアに言葉にできる人はましてやもっと少ない。

臨死体験や体脱体験をしたことのある方の垣間みる世界というものがあります。彼らの言う事はとても似ている。似ているからきっと、我々には見えないだけできっとあるのだろう、という結論になります。でも、例えば幽体離脱の時、何故みなさん判をおしたように魂は上に浮かんで肉体を見下げていると描写されるのでしょう。体脱のときはホログラムの世界に行くのだから、自分はあらゆる場所にいられるしあらゆる角度から見れるのに。不思議体験をするとそれを印籠のように掲げたくなりますが、それがどこまで実感か、どこまでクリエーションか、私はいつも自己チェックを忘れずにいたいと思っています。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Sider 鑑賞記
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR