< >
2013. 06. 04  
IMG_5444.jpg

Continuum Movementとは、音(バイブレーション)を利用して私たちを超意識に導き、「動く水」である私たちの根源を呼び覚まし、身体の原初的な動きを導きだすというものです。

彼女の言葉で印象的だったのが、身体とは動く水だ、という定義。「身体の80パーセントは水だ(最近は骨の水分も考慮すると98パーセントが水と唱える人もいる)ということが何を意味するか考えて。私たちはどうしてこんなに身体を制限してしまってるの?水は常に動く。動きのあるところには命がある。骨でさえバイブレーションを使って動きに導く事が出来る私たちの身体は、本来どういうものだと思う?」たしかこんな問いかけがありました。水というのは生命の起源で、それは海とつながり、空間をこえて宇宙とつながります。私たちの身体にはこんなにも可能性がある。

学会の発表では、骨がなく8本の足を自由自在に動かし続けるたこの映像をバックスクリーンでみせながらコンティニュアムの含む科学、芸術、哲学、治療の側面を説明し、続いてそのたこ顔負けの軟体動物のようなうごきをしている彼女が映し出されると、参加者の多く(エミリーがロンドンに来たのは初めてだったので、彼女と会うのが初めての人が多かった)は唖然としていました。とにかく全くわけのわからない世界。メディカルドクターやオステオパスなどは、(断絶した筋肉や死んだ神経が)どう動くかを測定する機器があるんですか、とか、あなたのところに来る患者の何パーセントが治るのですか、とか、案の定思わず吹き出すような質問をしていました。その質問をうけたエミリーの反応も面白かった。大げさにのけぞって口をあんぐり開けながら、「なんで私がそんな機械を使わなきゃいけないの?」「私の所に来る人が治るかどうかは、そう、あなたがたのする『診断』方法が確かにあります。私のやる事を見せて、それにドン引きする人は無理。なにかピンと感じた人はok。」

何を言われても分けのわからない、という表情の私たちに対してエミリーは最後に、まあ一度体験してみたいでしょ、といって、激しく頷く私たちの反応を確かめてから、骨髄の流れを促す声を出してみせます。ただ座っていた私は、その声を聞いたとたんに、うねうね動く背骨のトンネルの中に赤い光が流れ出すビジョンが目の前に現れて、ぎょっとしました。普通の声じゃない。喉があいていて、バイブレーションが芯に届くような、すごい声。瞬時に持って行かれてしまった。・・すごい。

私がコンティニュアムを最初に知ったのは3年前で、筋膜の研究で世界の一線で活躍するドイツで最も有名なロルファーの一人Robert Schleipの奥さんのDivoのワークショップを受けたのがきっかけでした。彼女はもう50過ぎているのに、この容貌と体型。注射も整形もしていない、正真正銘のコンティニュアムによる若さの維持です。彼女の蛇のような動きをする腹筋を見たときはのけぞって、とても自分にはできる動きじゃない、と慌ててしっぽをまいて逃げました。ナウリよりフラダンスより難しそう。

今回彼女のこの声をきいたとたん、自分が壮大な勘違いをしていたことがわかりました。これは、動かしてるんじゃない、動いてしまうんだ、ということが分かってつきものが落ちて、続くワークショップが本当に楽しみになりました。

ワークショップが始まると、思いがけず科学的、医学的な説明が多いので煙にまかれ、私だけでなくてイギリス人でも理論について行くのが大変でしたが、このコンティニュアムが40年以上の年月を経て、科学のバックアップを得て信頼を得られる体系だったものにかわってきた様子がわかりました。以前はドラムの大きな音を使って(これは日本の和太鼓を使う日野先生と共通)動きも派手だったのが、最近は自分の声をつかって、もっと手軽に、そしてもっと微細でゆっくりした動きへと変わりました。そしてこの動きがものすごく面白い。

一瞬で、これ好き!得意!!と感じました。ヤバい楽しさ。そしてめちゃくちゃ可能性を感じる。色々な動きを導く為のいくつかの音を出した後に、該当するところに意識を向けると、その部分が勝手に動き出すのです。本当に。私は長年煩う顎関節症をねらって音と意識を向けたら、次の日から3日間、右上腕がずっと痙攣し続け、右顎が痛くなって参りました。でも、帰って来た今、その部分が軽くなっている。げ・・・・。

この音のバリエーションはいくつかあって、面白かったのがlunar breath/mala breath. 人との境界をなくす呼吸で、自分の気配を消せるので、これをやってパスポートなしでカナダの国境超えに成功したという逸話がLife on Landにも載っています。しかも隠れ蓑代わりだけでなく、これは閨房術としてめちゃくちゃな可能性を感じます。

そう、エミリーもこのエロスについては言っていましたが、「ヤバい楽しさ」というのはそこです。エミリーも、デモを見せながら、・・おっとプライベートモードに入っちゃったわ、などと笑ってたし。もの凄く楽しいのだけれど、私は日本人と一緒だと羞恥心が働いて出来ないかもしれない。部屋を暗くして、お互いを見ないようにしながら、でも音のバイブレーションと意識の集中はシェアできるので、グループでやるのは効果があるのですが。私の隣にいたのは僧侶の男性で、彼はまったくエロくなく見事な気品を保ったまま美しく動いていたので、可能ではあるのですが。でもエロさを抜いたら楽しくない。日本のワークショップでは、このあたり、どう対処しているのでしょう・・。

あなたとはまた会うわね、と、しっかり私の目を覗き込んだエミリーから言われた時、私はこれから彼女の追っかけになると予言されたんだろうなと思いました。でもいや、普通彼女のワークショップは1週間以上だから調整が難しいし、これ以上もう色々手を出すまいと決意したばかりだし・・といいながら彼女の今後のスケジュールをしっかり握りしめて帰って来てしまいました。これはヤバい。家族がそばにいるととてもできないのですが、引き続きこれはこっそり探求し続けます。できれば仲間がいると楽しいのでしょうが。この怪しい・・もとい、科学的根拠のあるセラピュティックな世界に、ご興味のある方はいらっしゃいませんか?
スポンサーサイト
NEXT Entry
皮膚病のための精油:Frankincense; Myrrh; Melrose; Melaleuca, etc.
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 初めまして。
> こんにちは。
> Tkamiさんのブログは本当に興味深いサブジェクトが多くて日参させていただいてます。
>
> できればドイツ滞在中に知り合いたかったブログでした。
> 事後報告にはなりますが、この記事をリンクさせていただきましたのでご連絡いたします。
>
> もし可能であれば、ブログリンクさせてもらえないでしょうか?よろしくお願いいたします。
Onmiさま はじめまして バングラディシュにお住まいなのですか! 
すぐ近くに住んでらしたなんて、不思議なご縁ですね.
読んでいただいて、ありがとうございます。
そして面白がっていただいて、とても嬉しいです。
リンク、喜んで!始めてのリンクです〜(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
> ありがとうございました。早速リンクさせていただきました。
>
> ものすごく勉強をして悩んで試行錯誤して体感したものを惜しげもなく文章にしてくださっていて・・・ありがたいな~と感じています。
>
> 本山博氏の検索でtakamiさんの所に辿り着いたのですが、お宝の山に巡り合ったような気がしてました。これからも楽しみにしています。ロルフィング…体験してみたかったですね。。。残念!


ああ、本山先生でしたか。(て直接存じ上げませんが。)最近日本の大先生は、むしろ海外の人の方がしっかり理解して弟子入りなさってますね。もったいない。

私の試行錯誤というか四苦八苦、お役に立てたのなら嬉しいです。関心がとても似ているようですし、いつかどこかでお会いするかもしれませんね。けっこう世界は狭い.
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR