< >
2013. 06. 07  
夕方から一気にSomatic Experiencingのトレーニングの申し込み手続きを仕上げました。そう・・私にしてはかなり長く悩んだのですが、やっぱり今秋から始める事にしてしまいました。CV(前の型をなくしたので全部書き直したら、自分の過去をすっかり忘れていて参った・・)、志望動機のレジュメ、推薦状2つの手配、一気に書き上げて、受け入れ許可の手続きを待ってる間にフライトが高くなるからいますぐフライトだけ抑えさせてくれと事務方に緊急メールを送りつけて、めでたく例外許可をもらいフライトもホテルも予約完了。失敗したのが、修学旅行から帰って来た娘の弾丸トークに面食らって攪乱されている間にフライトの予約を何度も間違え、慌ててキャンセルを繰り返すうちに損害が100ユーロを超えた事(涙)。焦るとこうなる。。もっとも久しぶりに会った母娘が、お互いを気遣う事なく自分のペースを相手に押し付けている事の方が問題でございます。

Somatic Experiencingは私にとってなくてはならないツールなので、いつかはやらなきゃ行けないと思っていたのですが、問題はいつにするか、でした。今年はいろいろ身辺が忙しいので今年は見送ろうと思っていたのですが、Peterのセッションの進め方が、私がものにしたいと思っているホメオパシーのサンカランのセンセーションメソッドにものすごく大事な要素を加えてくれていること、SEはホメオパシーとロルフィングを結ぶ重要なリンクだということを実感して、これは何を置いても先にやっておいた方がいい、と結論づけました。結論出すまで半年悩んだけど、今日いきなり思い立って全部やってしまった。もう悩まなくていいのですっきり。後は野となれ。。

今回のカンファレンスの参加者が口々に行っていたsocial engagement(社会との関わり)。このテーマは考えてみたら私がもう20代のころからずーっと関心があった分野でした。直感型で本能で動く私にとっては、社会との関わり=大脳新皮質の活性化で、社会でうまくやっていくために言葉と脳を鍛えて来たけれど、ここに来て、社会における爬虫類脳とか感情の役割の重要性がずいぶんクローズアップされているとわかって面白い。いつも隠れキリシタンのような思想を持っていたけれど、このカンファレンスで似た事を研究して来た素晴らしい人たちに会って、エミリーに出会って、久しぶりに本能に帰れて心の底から共感してすでに逆ホームシック。こういう研究は私がもう20年近く前研究所にいたときも心理、精神医学だけでなく社会政策や経済分野の教授たちも好んで取り上げていたテーマだったけれど、今は時代からの切迫したニーズを感じます。

人間は大脳新皮質だけで生きてない。感情があって、抑えがたい本能があります。社会でうまくやっていくため、と、ことばや数字で表せないこの部分を無理矢理封じ込めてバランスを失ってしまうのが、人が病むきっかけ。自分の感覚を封じ込めたまま、癒されたいと何かを求めに行っても、自分がちゃんと見えてないから浮き足立って乖離してしまう。キーは自分の感覚です。きちんと着地して、自分の感覚を大切に扱う事。感情の扱い方にはコツがあるし、トラウマの扱い方にもコツがある。これには自分の感覚を正しく使いこなす事が必須だと思います。

トラウマは、本当に人間を苦しめる。social engagementがそれぞれ円滑にできるようになるため、ここの部分を個人がきちんと扱えるようになるとどんなに楽になるか。この方法を知らないばかりに苦しい堂々巡りをしたり、「治療」によってむしろトラウマを増強したりしている無駄がどれだけ多いか。PTSDに苦しむ人だけでなく、日々の生活が楽になる為にも、みんなが知っていた方がいい智慧。やっぱりこのツールはとても必要。

ピーターは、"Trauma is life, but not life sentence."と言っていました。トラウマは人生だけど、終身刑じゃない。うまいこというなあ〜これは励みになる。しかも気休めじゃなくて、本当にきちんと体系化した対処方法を作ってくれて教えてくれている。

トラウマ開放には技術がいる。きちんと体得していつかみなさまのお役にたてるといいです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
continuumとkapha
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR