< >
2013. 07. 06  
セッション3


表層セッションの完結で、コアセッションへの橋渡しです。ここでは横向きで施術を行い、前に属する部分を前に、後ろに属する部分を後ろに振り分け、「オレオのクリーム部分を膨らます」ことを目的にします。セッション2で実現した足と頭による天地のパリントニシティ(2方向性)に今後は前後のパリントニシティを加えることになります。

前後のパリントニシティに必須なのが肩甲骨の動きに拮抗する菱形筋(左)と前鋸筋(右)のバランス
rhomboid&serratus

そして腰方形筋が自由であることです。
quadratus rhomborum
Idaは身体で一つだけ触れるとしたら肋骨12番だと言っていたほどこの部分は全体のバランスに影響を与える重要な部分で、それはここに横隔膜とこの腰方形筋とが付着しているからです。この腰方形筋はあらゆる腰痛にかならず関わっている深層筋です。ここはまたLDHつまり胸骨と椎骨の分かれ目(胸郭と腰部の分かれ目)で背中のカーブが反対側に変わる点です。こうしてセッション3では胸と腰で分けた天地のパリントニシティ、それに前後のパリントニシティを加え、4方向に伸びるテンセグリティを目覚めさせます。また深層筋である腰方形筋に最後にアプローチすることで、このセッションは表層とコアの橋渡しとなります。

→セッション4へ
スポンサーサイト
NEXT Entry
セッション4
NEW Topics

Rough Lines
宿曜占星術
レインドロップテクニック
愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年夏 東京セッション
6月27日(火)〜7月9日(日)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期6月30日(金)18:00〜21:00
  7月1日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期7月2日(日)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR