< >
2013. 07. 06  
セッション6


セッション4から始まった骨盤セッションの仕上げであり、踵から背中の上までの身体の背面を広く扱う大きなセッションです。ここでは身体のダイナミックなサポートシステムの要である仙骨にフォーカスします。
sacrum.jpg
仙骨とそれを挟む腸骨の境目にあたる仙腸関節は、他の様式では治療の要になる部分です。仙腸関節は主動作筋を持たないため、上半身と下半身からくる歪みの最終的な到達点になり、交通渋滞を起こしやすい場所です。受身でしかない特徴に加え、よちよち歩きを始めて以来、尻もちをつく動作でさんざん痛めつけてきたゆえ、仙骨の先端尾骨には誰にでも多かれ少なかれ問題があります。この尾骨は上に続いていく背骨の末端であり、ここの角度はうねりとなってもう一つの末端頚椎に必ず影響を及ぼします。頚椎の問題が尾骨にワークしないと解決しない理由はここから来ています。ロルフィングでは、仙腸関節の角度を正すというより、本来チェーンのように一つ一つ動くこのダイナミックな背骨がその本来の滑らかさを取り戻し、仙骨が呼吸と共に動く、つまり仙骨が呼吸するようになるよう、働きかけます。

→セッション7へ
スポンサーサイト
NEXT Entry
セッション7
NEW Topics

共依存という甘い罠
ヘンゼルとグレーテルは女性スピリットと男性スピリットの物語
エスワティニのこと 
2018年夏東京セッションのお知らせ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2018年夏 東京セッション

2018年8月3日から19日まで

直傳靈氣講習会
8月3日(金)14:00-17:00
8月4日(土)9:30-12:30, 13:30-16:30
8月5日(日)9:30-12:30, 13:30-16:30

直傳靈氣交流会
8月5日(日)17:00~

レインドロップテクニック講習会
8月8日(水)14:00−18:00


受講および再受講の
参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Registered Homeopath
(RSHom, SOH Advanced Practitioner)
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner
Somatic Experiencing® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR