< >
2013. 08. 16  
「今この瞬間を生きる」って。

思えばとんでもない事軽々しく口にしてたな・・と今更ながら思うところが最近多々あり、本当に今更の考察です。

ヨガで最も難しいアサナは間違いなくシャバアサナ(屍のポーズ)。常に動き回るチッタ(心)は一瞬足りとも静まってくれない。私できてない。わかってない。

人によってはクンダリーニエネルギーの上昇と言ってみたり、セックスのときのオルガスムスと言ってみたり、瞑想や修行や趣味への没頭によるトランス状態といったり。

ここがよく誤解されるのですが、トランス状態というのは涅槃とか無とか空とかの境地とは違います。トランス状態というのはいわゆる催眠状態ですが、これ別に特別なことではなくて、日常に当たり前に私たちに起こっています。一日に、自然と、私たちは何度もこの状態になります。何かに熱中しているとき、集中しているとき、あるいはぼーっとしていて気づいたら時計の針がうんと進んでた、なんていうときもトランス状態です。ロルフィングセッションもこれに他ならない。受ける方だけでなく施術者である私も。集中によるトランス状態を日々かなり長い時間意識的に保持している私ですが、この事を言っている訳ではありません。

たとえば目の前に置いてあるサボテンを触ったとする。ちょっとひやっとした感覚、指に押し返してくるちょっと弾力のある肉厚の葉と、ちくっとするとげの感覚、これ実は実際に指先の神経が触覚として脳に伝達している情報は15パーセントほどで、残り85パーセントは記憶やら想像やらによる脳のクリエーションなのだそうです。つまり、私たちは実際に体験していると思っていても、実は現実の85パーセントは脳が創り上げている。脳は常に現実のすり替えをしている、ともいえる。自分の記憶が同じ体験をした人の記憶と違っていたり、同じことを繰り返しても別の体験として記憶されたりするのもこのからくり。私たちの現実の大部分は、脳のクリエーション。

ヒプノセラピー(催眠療法)はここを利用したセラピーです。トランス状態に持って行く事で交感神経のノイズを鎮め、本当は意識の9割を占める潜在意識を健在意識とおなじ水面に浮かび上がらせて、苦しみの元になっている記憶をさぐります。そこから先はいろいろな手法が必要になってきますが。現実のほとんどがクリエーションなのだから、現実を変える事も似たトリックで出来る、という仕組み。

話それました。本題の「今を生きる」って。

やっぱり分からない。。言葉ではたくさん言える。たくさんたくさん本を読んで来たし、いろんな師に聞いて来たし、語彙は山ほど持っているけれど、結局言葉だけが踊って嘘くさくて・・要するに実感してないからです。一生こう言い続けるんだろうか。

あるドイツ人に、「日本人て、乗り物から降りたらパシャパシャって忙しそうに写真だけとって、家に帰ってから(その写真見て)旅行を楽しむんだよね」と言われた。

吉本ばななの「日本人てせっせとノート取ってる割には理解してない」(笑)これ私。

今を生きられない自分を最近とみに意識していたので、何気ない言葉にいちいち急所をつかれている気がして被害妄想は拡大する。

で、マルタに行ってきました。今を生きる、ということについて大事な事を教えてくれている(と思い込んでいる)日月神示を持参し、今回とことんこれに集中してみようと。意味不明の場所があまりにも多いので、いずれきちんと学ばなければとは思っているのですが、ものは試しで言霊だけを頂いてみました。

結果。ものすごく大事な箇所だと思って必死で何度も何度も読み返したところはやっぱり記憶の彼方で、逆に「お尻出されたら拭いてあげよ、怒るでないぞ」という言い回し、そしてあまりに唐突な文脈だったので気になってしまった「重い石乗せたタクアンはうまいのであるぞ」という箇所だけが妙に残ってしまい、これがマントラのように脳裏にやきついて離れない。お尻出されたなあ、と思ったらいそいそと拭いてあげ、重い石のせられたなあ、と感じたときには、美味しい沢庵になるチャンスと喜べばいいんですね。今の私の理解力だと、いただけるのはこの程度(泣)。

マルタでは今を生きようと、えびえびまたえび、連日のケーキと大量の油、という慣れない食生活に身を浸し、ホテル併設のジムで大嫌いな筋トレのプログラムに間違って紛れ込んで集中して腕を痛め、ちょっと変わったヨガに参加してしまいやめればよかったのに最後まで合わせているうちに全システム大混乱という見当違いを繰り返しました。神示が泣く。あの太陽、風と波の音、あれだけはしっかり細胞に蓄えて来たから、これでよしとさせてください・・。
スポンサーサイト
NEXT Entry
今を生きる 2 (直傳靈氣と日月神示)
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR