< >
2013. 08. 17  
聞くところによると日本はまだまだ暑いのだそうですが、ドイツはもう明らかに秋の風。澄みきった冷たい空気が火照った肌に気持ちいい。マルタでの太陽の貯蓄、あっというまに底をつきそう。。

今を生きる、の続き。

難しく考えなければ、赤ちゃんや子供達がそのお手本。全身全霊で今を生きてるその姿を拝ませてもらっていつも感動します。あとは目の前をウロウロする娘。この子は昔から本当に限りなく自由気ままに生きていて、彼女見てると人間界のつまらないルールがアホ臭く思えてしまう。彼女に聞いたら、今を生きる?へ?そんなことより今のこれをどうにかして、と帰ってくるはず。産まれた瞬間の彼女を見て、あ、別の人種だ、と直感し、これから担当させていただきます、よろしくお願いします、と妙に畏まったのを思い出します。

私がいまつまづいているのは、たぶん彼らが素直に体現する「今を生きる」を意識下でやろうとしているんだと思います。例によって我との折り合い。やっぱりずーっとたどって来た布石の当然の帰結なんだと思います。

直傳靈氣の影響は大きかった。創始者の臼井甕男が求めた安心立命(あんじんりゅうめい、仏教でいう悟りの境地、天命に身を任せてどんなときにでも心が平安でいる状態)の境地、そこにどうしてもたどり着けず、すがった禅の師からかえってきた「いちど死んでごらん」という言葉。臼井甕男はここでああ自分はもはやこれまで、と死ぬつもりで断食の山ごもりを始めたのですが、このくだりは身に迫るものがありました。結局彼はそれによって思いがけず悟りをひらき、靈氣というものすごいエネルギーを頂いたわけですが。

日月神示も「我よし」のありかたを捨てよ、と繰り返し言っているように、たぶん臼井甕男の禅の師もその我を捨てよ、と言ったのだと思います。安心立命は、いってみればまだ我の枠から出ていない。我の悟り、我の平安。その我よしの範疇にとどまっている限り求めるものは得られない、だからそれを捨てよ、それを師は死んでごらん、という言葉で伝えたのだと思います。

この夏直傳靈氣をしっかりおさらいしたのは本当によかった。面白いのは、直傳靈氣も日月神示も、世界大戦の直前ー終戦直前に降ろされたもので、時期から言っても内容から言っても、なんだかこの2つはとてもリンクしている気がして仕方ないのです。実際日月神示の中には安心立命とか霊気という言葉が何度も出てきます。(大して深い位置づけではないですが。)直傳靈氣の講習を受けていただくと分かりますが、日月神示で紹介されているシンボルのいくつかは、直傳靈氣を習うと意味がとれるようになる。一見意味不明のシンボルの羅列が日月神示によく出てきますが、いくつかは私にも以前からなじみで、この辺りに関わって来られた方もこれらの意味するものの深さをよくご存知のはずです。2つとも降ろされたのは比較的最近ですが、ルーツは太古の昔に遡るはずです。

日月神示には岩戸開きについてのことがたくさん書いてあります。ここには軽々しく書けないのですが、今年の伊勢神宮と出雲大社の同時式年遷宮に関係しているように思える事もたくさん。悪霊の正体についてもはっきり。ピンと来た方、このあたりを是非探求なさってみてください。

どういう訳かこのお盆にむけて私はこの2つを集中しておさらいする流れになりました。普段は併行して2、3の事をしているのですが最近どういうわけか2Gの世界に生きているみたいに身体が重くて、日月神示や日本の神々に対する本以外手に取れない状況。他の事をしようとしても身体が重くて重くて動かない・・。あるいは単にマルタの不摂生が身体に堪えたのか??帰って来て、市場のくだものと玄米梅干しお味噌汁を食卓に並べたときどれだけホッとしてこのありがたさを感謝したか。残念ながら私はやっぱりもう美食を消化できないのかもしれない。。

私はまだしばらく2G世界の住人をやっていますが、太陽風や岩戸開きの影響を受けてらっしゃる方も、どうぞお大事に。


スポンサーサイト
NEXT Entry
Provocative Therapy
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR