< >
2013. 08. 24  
IMG_5858.jpg

買ったばかりの新鮮な生野菜と庭のバジル(虫に食べられて葉の真ん中に大きな穴が開いている)でサラダを作りました。ただのサラダなのですが、ドレッシングにちょっとこだわりがあります。ホメオパシーの大家ミーシャに教えてもらった特製5行ドレッシング。私はアルケミードレッシングと名付けました。(ミーシャは確か苦を抜いた4elementsと言っていたけれど、私は日本人なので5行でやってます。)

このアルケミードレッシングのレシピは超簡単。いま台所にある 酸(すっぱい)、苦(にがい)、甘(あまい)、辛(からい)、鹹(塩からい)を好きなだけ入れて、オイルをその倍量入れて混ぜる、というもの。季節やそのときの体調よって微妙にこのバランスが変わるのだけど、集中して調合すると、この案配がもう見事に最高のものに仕上がるのです。魔女の気分。で、再生不可能、レシピなし。

今日の私の調合:
:ライム一個、りんご酢(Apfelessig)

:夏の五行である苦。これはピンと来ないかもしれません。アーモンドやクルミを砕いて入れたり、タマネギをすって入れたりしますが、でも大抵は具材のほうに入れます。日本だったら今の時期はゴーヤ、オクラ。こちらだとRadicchio(トレヴィス)やChicorée(チコリー)。それから夏に旬のトマト、きゅうり。冬なら大好きなFeldsalat(マーシュ)。春なら1にも2にもSpargel(白アスパラ).日本ならウドやふき。今日はバジルとトマトが入ってるから苦はすでにOK.

:麦芽糖(Reismalz)。 普段はいろいろな蜂蜜を使い分けます。栗の蜂蜜だと苦と甘が一度にとれる。

:エシャロットのみじん切り(香味野菜を入れるのが大好きなのですが、普通はマスタード、こしょう)エシャロットが好きなのは、一回の使い切りにちょうどいい大きさだということ、層が薄くてブヨブヨした粘膜部分がないので細かいみじん切りがすぐ出来るし、タマネギやネギほど刺激がないので水にさらすなどの手間がいらないこと。微妙な紫が大好きな茗荷を連想させるのも理由のひとつ。

:醤油(もちろんこれを入れると一気に和風になるので、洋風にしたいときには塩ベースですが、それでもかくし味にちょっと醤油や味噌をいれるとすっごく美味しくなる。)

このアルケミーにはハマる。日によってあ、OO入りすぎちゃった、とかxxがない、という時があるのですが、そういう時はどういうわけかそれがばっちりの美味しさだったりするのです。最近娘と私は妙に辛いものと甘いものに狂ってるのですが、今ちょうど季節の変わり目(土用=甘)で秋(辛)に向かっている、ということと照らし合わせると納得。ちなみに今日衝動的に買ったトウモロコシや大量のフルーツ、エシャロット、タマネギ。これも説明つきます。

肝心のオイル。私はArgan Öl(アルガンオイル)を使っています。
IMG_5863.jpg
実をローストしたタイプと生タイプがあって、薬効は多分生の方があるのでしょうが、私は断然ローストした方が好きなのでそれを使っています。油臭さが全くなくて、ナッツのようなすごく香ばしい香り。美容とか脳血栓を防ぐとかありますが、単純にすごく美味しい。ちなみにこんなに美味しいのに家族はどういうわけかあまり好きじゃないので私専用。かなり高価なのでラッキー♫ 家族にはオリーブオイルかHanf Öl。)

以前Facebookでも紹介したChia-Samen(チアシード)。IMG_5855.jpg
ローフード食材では有名で、オメガ3の含有率の多さで注目されています。これ面白い食材で、ごまみたいなのですが、硬くないし、煎る必要もなし。調理無しで何にでも加えられて超便利です。ドレッシングに入れるとどこかタピオカみたいな感じにふわっとなって、すごくおいしい。最近はもっぱらこれをドレッシングに入れてボリュームアップ。栄養価が高いだけでなく、お腹一杯になるのでダイエットにもいいとか。

さてここまで自画自賛したアルケミードレッシングですが、主人にはあまり受けない、という事実を告白しなければいけません・・。主人はキューピードレッシングが好きで、納豆は付属のたれで選び、イタリアのホテルでハインツのケチャップを所望してしまう人間でございます。ここまで真逆を張り合わなくてもいいのに。ちなみに思春期の娘はいまは大方父親側に加勢していますが、このドレッシングだけは別で、醤油ベースだとお皿に残ったのを飲んでしまう。

結局夕飯の支度も必要なしと分かり、ボール一杯のサラダにアルガンオイルをたっぷりかけて、全部ひとりで食べきってしまいました。あ〜美味しかった〜。
スポンサーサイト
NEXT Entry
アルケミードレッシング2(5行一覧)
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR