< >
2013. 09. 29  
千秋楽の今日もう一度このClouds after Cranachを観に行けることになり、今晩行って参りました。一日にこの激しい舞台を2回も続けてやるダンサー達。(以前は一日4回もやっていたのだとか。)張りつめた糸が頂点に達した最後の最後の舞台を共有させていただけるなんて、なんて嬉しい。

同じ舞台を2度3度観ると、以前とは全然別のものが見える。特に舞台は一期一会なので、それがもっと際立つ。今回はわざと舞台から離れたところに座ったのですが、本当に全く別のものがクローズアップされて、びっくりしました。

私、この間ご紹介したときに、とんでもない大間違いしていたことが分かりました。後半は「劇」などといってしまっていた。後半は、3人の劇ではなくて、別の形態のダンスでした・・。なんて失礼なこと言ってたのかしら(大汗)

後半の3人の登場人物はカンパニーの中のベテラン。この人たちの存在感がどれだけ大きいものだったか、分かってしまった。いつも絶妙なタイミングで人の腰を砕いたり観客を笑わせたりして、「間」とか「隙」をうまく作り出すDavidは、まるで日常の続きみたいになにげなく、舞台を誘導している。そのDavidのあれはたぶん建築家の役。子供が拉致されたお母さん役のJoneとかけあう翻訳家のAmancioとの間に入って、まるで子供が両親の真ん中で積み木で遊んでるようなお気楽さで、切迫したかけあいを続ける2人と全然違う動きをしているのですが、実はちゃんとタイミングを合わせて割って入って、キーワードを2人に渡す。しかもやっていた事は「関係ないこと」じゃなくて、この作品のモチーフであるクラナッハの絵に込められた空間や色彩の広がりや黄金律のようなものを演じていたみたいです。

今日一番驚いたのは、Davidの手から何かが出てる。彼が空間をなぞるとそこには雲が現れて色彩が現れて・・彼本当にそれを見てるんじゃないか。しかもDavidとJoneはデュエットしていたのです。しゃべりながら、離れているのに、二人は息を合わせて踊っている。その繋がった糸が見えて・・・。その踊りがあまりにも素敵で、あまりにも洗練されていて・・人間てこんな風に繋がれるの???Amancioはずっと位置を変えなかったのですが、いつも3人の間には黄金比のようなきれいな幾何学が見えていて。舞台に絵画のモチーフを混ぜ込んだのはこんなこともやっていたのかもしれない。2Dの世界で3Dを表現する絵画を3Dの世界に持って来て、3Dの世界の単純な3Dを違うものにしていたのかもしれない。

また勝手な思い込みかもしれません。この作品、ものすごくしっかりしたコンセプトがあるようなのです。あとできちんと教えていただきたいと思いながら、でも答えを知る前に想像を広げてみたい。

幾何学模様といえば、前半の拉致のダンスシーンも、水曜日よりさらにシャープでした。時間も、半分くらいに思えてしまいました。彼らの動きって、高い位置から観ると幾何学模様に見えるのです。舞台を最も高い位置から見ているフォーサイスはたぶんいつも彼らの作り出す万華鏡を楽しんでいて、演じるダンサーたちもたぶん彼の意図を知っている。観客席、それも前列だと、ダンサーそれぞれの細かい動きは見れますが、全体図が捉えられない。この作品は高い位置から見たほうが面白いかもしれない。

わざと音なしで、日野武道の「つながる」というあれだけで、何人ものダンサーが一斉に動き出して、一斉に止まる。だれもちょっとはみ出たり、ずれたりしない。それを半端なく速く、全然違う方向に動きながらやる。何度見ても、何度思い返しても私には奇跡にしか思えなくて。

水中で一斉に方向転換する魚とか、空中で一斉に方向転換する渡り鳥。あるいは航空ショーの飛行機。あれを人間がやってる。彼らには特殊な音波やら信号があるんでしょ、て思っていたのですが。繋がる、ということが、意識すると確実に人間にもできると見せられました。改めて見せられて、改めてノックアウト。3日間寝込んだ理由の一つはこれなのでもあった・・。

水曜日ノックアウトのもう一つの引き金が、クラナッハの絵画の女性と重なるほとんど巫女がかったJoneの迫真の演技だったのですが・・・今日はクラナッハのあれをみると知ってたので冷静にやりすごせました。

今一生懸命解釈と理由付けをして整理しようとしてます。でも、今日もやっぱり涙がでてどうしようもなかった。この作品の中のおそらくまだ私にも分かっていない何かが引き金になったみたいで、やっぱり今でも私は細胞がひっくり返っている感覚がある。でももう「感染症」症状はおかげさまで奇麗さっぱりなくなっているので、次はセカンドステージの何かが待っているかもしれません。。。

今晩は、プラネタリウムのような星空が広がっていて、目立つ北斗七星の横に、銀河のように星がちりばめられていて、空を見上げていて本当に吸い込まれて行きそうでした。星は2次元に見えるけれど、果てしない3次元の世界。まるで彼らの舞台のよう。まるで別世界。いやこれは、この世界。このリアルな世界でも、私たちはこんなことができて、空はこんなに奇麗。
スポンサーサイト
NEXT Entry
炎症・感染症のための精油
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR