< >
2012. 04. 06  
衝撃の一日でした。
コンテンポラリーダンスにおいて世界をリードするフォーサイスカンパニーが毎年招聘している、世界的に活躍する武道家日野晃によるワークショップを、ラッキーなことに見学させていただきました。

このフォーサイスカンパニー、一度公演を見て、わけがわからないけれど妙に深く惹かれるものがあって、きちんと言葉にできないけれど魂がゆさぶられる、私の琴線にひっかかるものを感じつつやっぱりわけがわからず、今日このワークショップを覗いて、彼らがなぜこんなに魅力的なのかわかりました。

彼らの追求しているものがコネクトだということがわかったから。
それがまさに、日々私が別の形で追求しているものだったから。

私は武道もダンスもからきし門外漢なので、わざとダンスや武道の知識をいれず、
私が素人として感じたことそのままを書きます。

このカンパニーのダンサーは世界でトップレベルのダンサーとしての実力をもっていながら、私から見たら見せ場をあまり用意してもらえない。ダンサーならソロを踊るところはもっとも息を飲んで見つめてもらいたいだろうに、途中で観客が席を立ったり、別のダンサーや仕掛けに気を取られるように、意図的に仕組まれてる。ダンサーには残酷。観客には欲求不満。でも、これが全体としてみると、全員がひとつの有機体の細胞としてくまなく機能してるのです。最初はかく乱されるけれど、この人たちは何か別のものを見せようとしているとじきわかってくるのです。ダンサーたちも自分の踊りの技術を見せたがるというより意識が別のところにあるようで、注目されないことに慣れているようでもあって、おそらく「俺様」的な人が多いであろう(すみません)ダンサーたちに何故それができるんだろうと不可解だったのですが、彼らの目指すところがこのコネクトなんだとわかって腑に落ちました。彼らが私たちに見せているのは身体というよりその身体を借りた魂の部分だったから。そして私たちの魂はつながり合っている、という大事なテーマを体現していたから。

このダンサーたちが圧倒的だと思ったのが、一人一人が即興も含めた別々の動きをしながら、一つの有機体に見えること。一つの有機体で同じ心臓の鼓動と同じ呼吸のリズムで動いているみたいに見える。今日も練習をみながら,見えないはずの位置に立っている人と同じ呼吸で動くのに驚きました。そして何より驚いたのが、少なくとも私のいた1時間、彼らは休みを取らずにずっと集中しつづけていたこと!一瞬の隙をつかれないように集中し続けるのが武道だとしたら、そんなの何分も持つわけないと思い込んでいた私には衝撃!!!!

そして、おそらくこの彼らのパフォーマンスの土台になっているのがこの日野晃という人なのです。何も知らず、著書もまったく読まず、丸腰でお会いして、お話させていただいて、完全に殺られたというか、なんといえばいいのか、私の一日は終わってしまいました。やることいっぱいあって1時間も無駄にできないはずだったのに、もう頭は完全に伸びきってしまい神経はショート状態、でも細胞部分が覚醒して、夜中の2時なのに眠れません。

私がこの人生で求め続けているもの、いろんな人から習って自分でも探っていること、そのキーワードが、この人一人からポンポン出てくる。いえ、言葉で出てくるんじゃなくて、身体が、魂が、動きが、語る。すごかった。。
私が師と崇める人何人か分を一人でやってしまっている。

真実を知りたい、自分を、人をまるごと抱え理解して、そして私たちは一つなんだということを伝えていきたい、となどと大それたことを思って来たけれど、私の理解なんてぜ~~~~~んぶ頭でっかちで知識と空想の域を出てないんじゃないかと思ってしまいました。この人には本当に見えている。そして体現している。

自我(小我)との折り合い。武道の体現するもの、そしておそらくフォーサイスカンパニーも追求しているもの。そして、小さな私も必死で格闘しているもの。今年のスケジュールはいっぱいいいっぱいで、オーバーキャパというイエローサインがチカチカしてますが、でも一方でこれは必然という気も。。なにせ、ロルフィングが今までの私を統合するものだと思ったのに、さらにそれとヒーラーとしての私を統合するものがここにあるから。日野先生、近々弟子入りさせていただきます。。拝


日野武道研究所

The William Forsythe Company
connected.jpg
スポンサーサイト
NEXT Entry
正面向かい合わせ 
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR