< >
2012. 04. 06  
やっぱり今日も日野晃とフォーサイスカンパニーのお話。

フォーサイスカンパニーのダンサーが特別に見えたのは、彼らが追求しているものが、たんなる身体能力の発展でなくて、魂や霊力の鍛錬だということがわかったから。そしてこの人たちが特別な愛情を持って師としているのが日野晃だから。彼らは何回も人生をやらないと到達できないような霊性に到達してしまっているような彼にそれを見出し、彼を通してそれを真摯に追求している。彼らの練習風景を見て美しいと感じたのは、そこに流れるのが求道の精神だったから。

このフォーサイスカンパニーと日野晃を結びつけたのが、日本人として初めてこのカンパニーに大抜擢された安藤洋子さん。彼女は最初自分がここに招かれた時、場違いに感じたそうですが、ウィリアムフォーサイスの意図は、彼女をこのカンパニーに染めるというより、むしろ真逆だったようです。そしてその意図は見事に成功しているように見えます。彼女は日野晃の通訳をしながらほかのダンサーをリードしている。

安藤洋子さん。小柄なのに彼女の存在感は際立っています。目が綺麗で強くて、凛としている。彼女はいわゆるバレリーナに代表されるようなダンサーの身のこなしとまるでちがって、袴を履いたら様になりそうな歩き方(笑)。ご本人も「道」のつくものに進みたかったとおっしゃるように、武道家日野晃と安藤洋子、なるほど、という組み合わせです。

昨日の日野晃のブログに、私も見学していた正面向かい合わせの稽古についてが書かれています:

胸骨操作で全身を目覚めさせ、その後「センター」という呼び名が定着した正面向かい合いだ。
とにかく徹底的に向かい合う。
外国の人達は、一件得意そうだが、実は芯に弱い部分があるから苦手なのだ。
だから、防御の言葉がたくみだ。
それを否応なく取り払う。
正面向かい合えた時の静けさ、美しさを体感してしまえば、防御のクセを無くしたくなるのだ。
2時間も続ければ、全員ダウン。
疲労困憊というところだ。
それでも、若手は食いついて来るから面白い。
しかし、この正面向かい合いは、センターという技術だと捉えているが技術では無い。
技術だとしても精神と同調した技術だ。
だから、自分の芯に触れていかなければ、クリアなセンターにはならない。
自分の芯に触れていく、ということは精神が開かれていくということだ。
だから、好き嫌いを超えて多くの人と関われるようになるのだ。


外国人は芯に弱いところがあるから防御の言葉が巧みだ、というところには深く頷きました。生になること、剥き出しになることに多くの外国人はおそらく恐怖があって、言葉で防御する。彼らの中にいるとそれをすごく実感します。かくいう私もそういう理論武装のトレーニングをせっせと積んでいる・・。

人と正面に向かい合えた時の美しさと静けさを体感してしまえば、防御の癖をなくしたくなる。そしてそれには自分の芯をまず見つめて開くことが前提。。。ってこれ、人間関係そのものじゃない、と思います。恋愛だともっとあからさま。自分のコアをおそるおそるのぞく。そこに偽りや迷いがあると、まずそこでつまずく。自分の芯ととことんむきあってそこにあるものを確認したら今度はそれを思い切って開いて相手に向ける。真正面から向かい合う、ていうのは、逃げ道を断っての丸腰。凄い練習だなーと思います。逃げと拒絶を許さない濃い世界。私も是非だれかとやってみたい。
スポンサーサイト
NEXT Entry
日野晃とプリムーブメント
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR