FC2ブログ
< >
2013. 12. 07  
去る12月3日、ここで11月から集中的に4回に渡って行った直傳靈氣の交流会が終わりました。何故短期間に4回もやることになったのか、何故4回なのか、というのが、終わってみるまで全然気づかなかったのですが、これ4大元素であり、喜怒哀楽であり、起承転結であったようです。4回をシークエンスで受けられた方も、どれかに単発でいらした方も、まさにその方に必要な回をねらっていらしていたとしか思えなくて面白かった。

12月3日に起こったことは後になって気づきましたが、それは偶然かつて娘がワルドルフ幼稚園でやっていた大事な儀式とつながっていたようです。最も闇が増す冬至に向けて、光を降ろすためのセレモニーだったように記憶しています。幼稚園は日中お休みで、その代わり子供達は日がすっかり暮れてから保護者と共に登園します。幼い子供達はそこでみんなに見守られながらひとりでその儀式にむかいます。そして一人一人に光が降ろされる。最後にくりぬいた林檎に、自分がつくっておいた蜜蝋ロウソクをたてたものをいただいて、子供は両親のもとに帰って来る。いつも飛んだりはねたりの元気な彼らが、このときはこの厳粛さがわかるのか終始無言。ちょっと頬を赤く染めて私たちのもとに帰って来た娘が、たくさんの天使にふわっと守られているように見えて、とても嬉しくなったのを思い出します。後で自分もそれをやったらかなり上がってて、右手と右足が一緒に出そうになった・・。

もう忘却の彼方だったのに、自分が直傳靈氣を通してやらせていただいたことが、これとものすごく似ていたことに、自分が思わず口走った事に対して言われた一言がきっかけで後から気づきました。今まで忘れていたなんて。あの交流会のあと、みなさんの体温が明らかに上がったのが解りました。みなさん頬がうっすら赤くて、温泉上がりのようで・・思い起こせば、ああ、あれと、そっくり!

起承転結終わったし、なんだかやり遂げた感があって気持ち的に勝手に終えていましたが、そうじゃなかったようです。最も闇が増す日にさらに近づき、だめ押しの直傳靈氣講習会をまさかのあと1回開催することになりました。この運びもいわくつき。

12月14日(土)14:00ー17:00
12月15日(日)9:30−12:30
         14:00ー17:00

直傳靈氣に関しては私は主催者でありながら、主催者でないとしかいいようがない。妙な感覚です。
超直前ですが、ご興味のある方はご連絡ください。
今回は明らかに前回までの集中強化合宿的な流れとは変わった、なにか別のエネルギーを感じています。
スポンサーサイト



NEXT Entry
自筆に学ぶ
NEW Topics
新年明けましたおめでとうございます
2019年冬 東京セッションのお知らせ
直傳靈氣交流会のお知らせ

内観合宿から2ヶ月を経て・・・ああ業の深い主観の世界・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR