FC2ブログ
< >
2014. 01. 07  
アジアンスパの代表格、バンヤンツリープーケットの道場破りをしてきました。スパ王国タイで、これを素通りはできない。ただぼーっとするつもりで何も予定せずに現地入りして、滞在ホテルでスパメニューを勧められた時にふと思いつきました。どうせなら技術も使うオイルや薬草も最高級といわれるところでうけたい。突然思い立ち、翌日タクシーで単身片道1時間かけて島を縦断の暴挙。(日本からだと日本語で申し込める格安パックがあると後で知ってものすごく悔しかった。)
IMG_8749.jpg
IMG_8750.jpg
IMG_8742.jpg
IMG_8731.jpg
滞在者のプライバシーを優先した造り。滞在者同士が顔を合わせなくていいように部屋が完全に独立しているので、政府要人や顔の売れた人たちの御用達なのがよくわかる。お忍び旅行には大変お勧めです。残念ながらニーズのない私は、巨大なミニ都市のように世界各国の人々でニギニギした別のホテルで人々の観察にいそしんでおりました。

すこし早めに着いて、併設の売店でトリートメントオイルのチェック・・軽く失望。受付でメニューと金額を今更チェックして、色々説明を受けているうちに予約時と気が変わり、結局「Signature Master Therapist Experience」という、エキスパートだけが出来る施術を一つだけ試す事にしました。本当はパッケージで色々試すつもりだったのだけど。90分でたぶん2万円弱。(きっともっと安く受けられるはずです。悔しいから調べない。)
IMG_8752.jpg
写真撮ったらいけない気がして、用意もそこそこにささっとカメラに収めた施術部屋。右にも仏像。エアコンのないこの部屋は夏は蒸し暑く蚊がうっとうしいでしょうが、とにかくクーラー大嫌いで自然の光と風の好きな私にとっては最高でした。いつかこういうセッション部屋を作りたい。(エアコンのない仏像に囲まれた部屋・・て嬉しいの私だけか)
IMG_8754_20140107172440dd7.jpg
使用するオイル。他に、バンヤンオリジナルの、ごま油で温めた薬草ボール2個(ごま油特有の匂いはしない。)このハーブボールは血行を良くして筋肉のトーンを緩めるのだとか。かなり熱くて適度な重量のあるハーブボールでトントンと圧をかけていくのですが、精油と薬草の香りが漂ってこれがめちゃめちゃ気持ちいい。ハーブボールで押される場所も、まさにバッチリ熱の欲しい場所。ふと何人かのクライアントさんにこのハーブボールを使いたい衝動に駆られ、でもさすがにロルフィングでこれはまずいだろなどと思いつつ、それにしてもこれ使える、広域の指圧とお灸とアロマが一度に出来る!!と動いた食指は収まらず、今回はロルフィングをこれ以上逸脱させまいと購入を見送りましたが、もしかしたらそのうち妙なものをこしらえて使い始めるかもしれません。

施術者の女性は、ここに10年務めているという女性でした。マッサージセラピストというのは、バレリーナと同じで骨格(この場合指)によってランクが決められてしまう。指の腹の肉厚さ、柔らかさやしなやかさで適正がばっちり解ってしまうので、業界の人は見た瞬間、受ける側は触られた瞬間に合否の判定をくだす。実はすごくシビアな世界です。この女性はさすがにいい指をしていた。あとはストロークのテンポがとてもよくて、中立的。よけいな話を一切しないのは本人の性格なのかこのスパの方針なのかわかりませんでしたが、このスタンスはやっぱりプロのものでした。

技術のエキスパートにこだわった割には身体がどこも悪くないのでリクエストを聞かれて困り、いろいろ大げさに言ってはみたものの触ればたいした事ないのはバレバレで、残念ながら必殺テクニックなるもののご登場には相成りませんでした。ただやっぱり微妙な不調はあって、ロルファーならちょこちょこっと調整してくれるところをためしに頼んでみたら、市販のペインキラーを塗ってぐいぐい押されてしまい参った。しまったスパの技術はこういう技術じゃなかった。

タイ古式マッサージの水準が解らないので敬遠していたのですが、この女性が最後におまけのようにちょっとやってくれたのがその技術だったと思います。力任せに骨ボキボキは最も勘弁なのですが、彼女の場合は初めて私の呼吸に合わせて身体が縮み上がらなくて済むようにきれいに入れてくれました。なるほど、こういうものだったのか。巷に溢れるマッサージ施設を眺めているとみんな似た事やっていて、でも形は似ているけれど、入ってないのがよくわかる。受け手にどれだけ個性があってもそれは無視して決められた手順で同じことをやっておしまい。マッサージの流れ作業、大量生産。本来の古式マッサージはもっとずっと医療行為で、薬草や経絡(セン)、ヨガの知識をはじめ膨大な知識、有機体に対する細やかな配慮が必要だったものだろうと推測するだけに、残念。

巷に氾濫するトリートメントが全く効かないとはいいませんが(実際いくつも試してみて、それなりによかった)ハンズオンワークには、本来四肢麻痺から奇跡的に回復させたり精神治療をできるくらいのことができるのです。型はある、でも表面だけなぞっていても本質は見えて来ない。ノウハウとかハウツーとかをさっさと求めてショートカットばかり追いかけて、連綿と受け継がれて来た智慧をマニュアルがあれば誰でも出来る程度のものに変えてしまった私たち。高速で生きなきゃいけない環境に時々呆然とする。失ったものを手探りで探し当てる旅を、私はこれからもしていくんだろうなと思います。
スポンサーサイト



NEXT Entry
プーケット3 お土産
NEW Topics
直傳靈氣交流会のお知らせ

内観合宿から2ヶ月を経て・・・ああ業の深い主観の世界・・・
内観は生命力が上がる
信州内観合宿体験記 8 内観は自分を調べる時間
Comment
こんにちは。プーケットのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。
Re: タイトルなし
> こんにちは。プーケットのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。
こんにちは。コメントありがとうございました。写真が奇麗??もっとセンスのある写真とれたらいいのに、て思ってたところなのでびっくりしました。これからもっと写真とろうかな〜
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR