< >
2014. 03. 10  
さて大規模な大揺れデトックスもそろそろ終盤に近づいて来たようですね。今日、日本在住のロルフィング卒業生がまさに似た大揺れを体験されているとお便りいただいて、これがやっぱり広範囲(たぶん地球規模)だったと知りました。

今日ヨガクラスで花粉症の手当について聞かれて、要するに腸のお掃除が必要なのよね〜、ということしか言えなかったので、フォローしておきます。

花粉症(アレルギー鼻炎)というのは、春に活発になる肝臓が、冬の間にためこんだ毒素を排出してくれている行為です。反射区である目の充血、しょぼしょぼ、かゆみがそれ。ついでに肝臓のもつ感情「怒り」が増強して、イライラしやすくなって、傲慢と卑屈の間で揺れうごく。これもせいぜいやればいい。ロルフィングではさあこれからコアだぞという4回目に当たります。春のもつ爆発的なエネルギーの動くとき。くしゃみ、鼻水、咳が、花粉の力を借りて粘液を放出し、大掃除を手伝ってくれています。抑えてはいけない。出すべきものは出し切らないといけない。

花粉をつい悪者にしたくなりますが、悪いのは毒素をためてきた自分です。粘液は排出すべき毒素。(遺伝的に水分代謝がうまくいかず粘液の粘度が高くなる嚢胞線維症などは、別の話です。)私たちがお掃除をするために、スギ花粉に頼んでお手伝いしてもらっているのです。スギ花粉はだから、私たちが必要で招いたありがたい助っ人。

だいたい外部の微生物というのは日常そこらに常にいて、ふだん元気な時はこれら病原菌と暮らしていても全く問題ない。でも気が病むと(生命力が落ちると)特定のものに感受性が働いて、病原菌を「進んでお招きする」状態になるのです。病原菌は本当は私たちに呼ばれないと入ってはこない存在なのです。お呼びしておきながら厄介者扱いする私たちが間違っている。

ウィルスも細菌もそうですが、病原菌と私たちが忌み嫌うものは、病気の元ではありません。病気の元凶は私たちにあります。生命力が落ちると、そのときに自分の周波数に応じたウィルスなり細菌に感応するというしくみ。


・・・前置き長くなりました。
3月の今、抜本的なデトックスに最もお勧めなのは、実は

断食

要するに食べ過ぎなのですね。でもここに落とし穴が。日本人は、見ててつくづく思いますがあんまり食べてない。食べる量というより、食べるものが消化能力の追いつかないものばかりなのだと思えます。GHQの思惑通りです。パン食と牛乳(乳製品)、肉、日本人の腸に負担のかかるものばかり。そうか自然回帰だ玄米菜食だと思いついてもそこを封じるTPP. 望む品質のものはますます手に入りにくくなり、それでもなんとか手に入れてもすでに私たちには玄米の消化能力が落ちていて・・。このあたりは長くなってしまうのでまた別の機会に。

さてその断食。
自然療法士の所に行けば、メニューを作って監督してくれます。

大いばりで言っていながらその根性の無いのは、私です。次の10月に、次の3月にこそ、と思い続けすでに3年経過しました。代わりに、辛くなくしかも効果抜群という都合のいいもの探し続け、お金で買う事にしました。YLの精油と栄養補助食品がかなり使えます。

これ一個一個説明するのは大変なので、ドイツ語を翻訳して読んでみてください。ここのオイルはとても強いので、ここの自然療法士が治療として採用しています。オイルはおもにカプセルで経口摂取、そして食事にこのバランスコンプリートやコンフォートーンを足したり置き換えたりして、ニンシアレッドを毎日少量飲み続けて体質改善するというものです。実際これで自らの子供の頃からの悲惨なアレルギーを完治した自然療法士が、自信を持って推奨しています。

ニンシアレッド(くこのみと数種の精油の入ったジュース)
ニンシアレッドは瓶タイプとパックタイプがあって、実は味はちょっと違うようなので、お好みの方を選んでください。ニンシアレッドは最近成分が変わって、よりパワーアップしたとのこと。

バランスコンプリート:パウダータイプ。甘くて美味しい。子供も喜んで食べる味。ドイツ人は朝食をこれに置き換えたり、シリアルにふりかけたり(私は好きではないが)、ジュースにして飲んだりします。私は美味しいからそのまま食べてしまってお水ごくごく。繊維でお腹ふくれるのでダイエットになります。便秘解消には速攻効果があります。ニンシアレッドと相性がいいので組み合わせるといい。

ジュバクレンズ:肝臓デトックス。これは簡単で強力なので個人的に一押し。

5日間の集中的腸のデトックス

処方については、個別指導になりますので取り扱っている方にご相談ください。
スポンサーサイト
NEXT Entry
大揺れその後 whyとhow
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR