< >
2014. 03. 28  
English below:

過日ロルフィング10シリーズを終了された佐藤耕祐さんが、実名付きでビフォーアフター写真を公開してもいいとおっしゃってくださったので、ご本人の感想とともに以下に記載させていただきます。

佐藤さんはアメリカの大学でスポーツ医学を修め、その後プロ野球チームなどでアスレチックトレーナー(ATC)として働きつつ大学院で引き続き勉強されていましたが、今は心機一転し、世界の代替医療を学ぶ為に世界旅行中です。この旅にはアフリカロルフィング協会でのロルフィングのトレーニングも含まれていて、今年の10月に正式なロルファーとなった後は日本に帰り、東京近郊でロルファーとして開業される予定だそうです。この旅の様子をアスレティックトレーナーの世界医療放浪記というブログに書いてらっしゃいます。

佐藤さんを含め最近出会う若者に共通しているのが、
その軽さ。自由さ。
機動力があって、飄々としていて、
欲がなく、気負ったところもない。
でもセンサーが敏感だから
つまんないものには見向きもせず、無駄を一切しない。
好きな仕事には没頭する。

いまドイツは春闘で、連日ストの被害を被りつつ「義務は知らず権利だけ主張するドイツ人」を拝ませてもらいましたが、その真逆の国民性ゆえ滅私奉公で病んでいる日本人に、今後活をいれてくれるのはこういう人たちなんだろうな、としみじみ思います。

佐藤さんの印象は、まず人が自然と心を開く雰囲気を持っている人。これは私が施術者を選ぶときには、たぶん一番大切にしている部分。あとはたぶん、ニュートラルでいることが自然にできる人。人を見るときに色をつけず、人から色をつけられることもない。これ、施術者としてはものすごく大事な要素だと思っています。私たちの大部分は、あれやこれやの色眼鏡でフィルターにかけて、事実を曲げることを年がら年中やっているわけで、ニュートラルでいるって、ものすごく大変なのです。

施術者の意識状態って、自分が身体を預ける側になると丸見えになります。焦ってるな、気が散ってるな、解ってないな、全部お見通しです。施術者自身がブレるとそれは残らず伝わってしまうので、しっかりした技術があるというのは大前提ですが、その上でこの意識状態はものすごく大事。

最小限の介入で、最大限の可能性を引き出す
ロルフィングの神髄。

私はこれをセッション中のマントラにしているわけですが、その理由はそうしないと出来ないから。よけいな意図を持たないタッチ。シンプルでいつづけること。ここがぶれるとクライアントさんときちんとつながれない。だからニュートラルでいるために、ブレやすい私は実はものすごく集中し、努力している。だから「する」じゃなくて「ある」でいられる人、これが自然に出来る人は、単純に羨ましい.

最近の若者を前にすると、内心では自分には本当は教えられるものなんて何にもない、と思っているのです。彼らの方が、本当は私なんかより大事な事を既に知っているから。私たち、こんなつまんない社会を創り上げちゃってごめんね、こんな地球にしちゃってごめんね、といつも心の中で思ってる。

私はニュージェネレーションと呼ばれるロルファーですが、私からみれば佐藤さんが次世代ロルファーです。

佐藤さんは楽しいご旅行中にもかかわらず、2カ国語で感想文を書いてくださいました。改めてここでもう一度お礼を申し上げます。この旅が、実り多きものになりますように。そして、今後のますますのご活躍を、心よりお祈りしております。
Gute Reise!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セッションは最初週2のペースでしたが、コアの4回目からは週1のペースに変え、最後は同日に続けてセッション10とムーブメントで完結、という形になりました。2ヶ月での短期集中セッションでした。ご本人の希望は、猫背の改善とその維持。私からは特徴的な歩き方の改善のためにムーブメントを1セッション付け加えることをお勧めしました。本来は+2mvtセッションでまとめたいところでしたが、ムーブメントはおそらく色々なロルファーから色々なアプローチで見てもらった方が将来施術者としてのご本人のためになるだろうと思い、あえて1セッションにとどめました。


1) 10セッションを終えた、今の実感

- 10セッションを終えた率直な感想は、10セッションを受けた約2ヶ月という短い期間に、自分の体がここまで変化したことに驚いています。毎セッション事に、度合いは違いますが変化を自分の中で感じられたこと。劇的に変化が起きるセッションもあれば、少しずつ体の中で下地を固めてく様な小さな変化。それぞれのセッションで、体がその時必要なものを引き出された感じでした。そこまでいかない時には、その気付きを与えられた様な気がします。

ロルフィングを受ける前は、胸が縮こまり、頭が前に出ていたのですが、かなり改善されました。それに伴って今まで疲れ易かった首も楽になりました。自分が一番感じる体の大きな変化としては、足の裏から頭の先まで一本の芯が通った様な安定感。足の裏が地面にしっかり落ち着いていて、今まで感じていた体のぶれがほとんどなくなりました。特にムーブメントのセッション後は、足の裏から、股関節、そして頭への繋がり。力の伝わり方を理解する事が出来ました。もう一つは、セッション中も度々指摘をされていた、歩く時の下半身の連携。今までは膝から下を主に使って歩いていたのが、今は背中から、股関節、膝、足首、そして足の指と、ダイナミックな歩き方になった気がします。



2) あなたにとって、ロルフィングって何ですか?

- 僕にとってのロルフィングは様々な可能性に気づかせてくれる、優れたパートナーかなと思います。意識しなかったところに、目を向けさせてくれる。セッションが進むにつれて、その役割を変え、親から先輩、そして最後には対等な関係、強いて言えば友達の様な。10セッション後には独り立ちをさせてくれ、体と共に意識も大きく変わっている。だから、効果も長く続くんだなと感じました。体の変化を通して、体と心の繋がり、調和を感じる。そこから、また自分の外との繋がりも意識できていくのではないかなと思います。



3) 印象に残ったセッションは?

- 一番印象に残っているセッションは第6セッションです。コアに入ってから三つ目のセッションで、骨盤の仕上げのセッション。セッション中も自分の中で感じていた弱点をつかれてるなぁと歯を食いしばることもあったんですが、セッション後はそこの部分が解放された感じが強くありました。自分の中で更に印象深かったのは、セッション後に、静かな場所で読 書をしているときに感じた、体の(特に下半身)の落ち着かない感じ。椅子にずっと座っているのを難しく感じた事を覚えています。解放された場所が自由に動きだして、自分の居場所を探してる様な、変化を起こす時に感じる不安が、体の中で渦巻いている感じがしました。その感じは歩いたりして動くと緩和されたので、セッション後に落ち着いた場所で、自分の体と向かい合う時間を取れたのが良かったのかなと思います。下半身の不安定さは時間が経つうちに落ち着いて、安定感を増した気がします。



4) ロルファーの印象

- 鎌田さんの最初の印象はとても親しみ易い人だなぁでした。その中でも自分の考えを持っている感じ。自分の世界をしっかり持っている方なので、クライアントとしてだけではなく、ロルフィングを勉強している自身の目線からも、何か新しいものを見せてくれるんではないかというワクワク感を常に与えてくれました。そして何よりも、ロルフィングに対する真っ直ぐさとセッションを一緒に楽しんでくれる活発さで、自分もリラックスしてセッションを受ける事ができました。



以下の写真、公開目的できちんと撮ったものではないので、不正確をお許しください。業界むけの説明は省きます。全体的な印象でご覧ください。首の位置に注目。

Session 1のゴール:横のラインを整える。
Session 7のゴール:コアの長さと広がりを出す。(通常背が一番高くなる.)
Session 10のゴール:統合。すべてのジョイント、水平ラインを整える。
Movement 1のゴール:上半身と下半身の連携がとれた歩き方にする。(これは佐藤さん向け)
……………………………………………

The goal of each session:

Session 3: To align the lateral line
Session 7: To lengthen and expand the core axis
Session 10: To free every joint and align the vertical axis
Movement 1 for Ko: To feel the cooperation of his
right psoas when he steps forward


Kou front

kou back 2

kou left 2

Kou right

1) How do you feel after finishing the Rolfing 10 series?

---I was totally surprised that my body had changed so much in
such a short time. I have been able to feel changes after each
session even though the degree of change was different. There
were the sessions in which I could feel huge changes, and the
sessions in which I could feel only little changes, which indicates
my body was adopting for a new change. It seemed like each
session had a different purpose for my body to pull out what my
body needed.

Before I started taking the Rolfing sessions, my
shoulder was rounded, and my head was located more forward
compared to the ideal location. These problems were solved,
and my shoulder and neck feel much more relaxed now. One of
the biggest changes I feel from the sessions is that my body
became more integrated, and well supported from the ground
with the axis going through the center of the body.

In the first movement session, Mrs. Kamata made me feel easier
the connection among the whole body, from the sole of the foot,
the hip, and to the head. Furthermore, I have become able to use
my back and hip more dynamically when I walk.


2) What is Rolfing for you?

---For me, Rolfing is like a good partner who reminds me of the
potential I have. Rolfing, the partner, led me to a new perception
that I had been ignoring. Rolfing changed its role as the
sessions progressed. It started from a parent, and became an
older brother, and finished as a friend that had a equal
relationship with me. In other words, I became able to stand on
my legs after finishing the 10 sessions because Rolfing
changed not only my physical states but also my perceptions
on the connections between the body and the soul. I think this
is the reason why Rolfing has such a long lasting effect. As you
perceive a change on your body, you will become realize the
relationship between the body and the soul, and the integration
of them. After this process, it would be much easier to feel you
are always connected to outside as well.

3) What was the most memorable session for you?

---The most memorable session for me was the session 6, the
3rd core session. During the session, I felt that my weakness
point was focused on, which was my lower legs. After the
session, I felt much refreshed, and the weakness point became
loosened and relaxed. The most impressive moment I had was
actually after the session when I was reading a book in a café.
I had a very hard time sitting still and reading the book because
of the unsteadiness I felt over my lower body. It felt like my body
was searching for the new location where it would need to settle
in. It was also like a turbulence in my body, and settled down as
time passed. It was fortunate that I had a quiet time in which I
could face my body after the session because I might have
ignored this feeling if I had been busy after the session.


4) What is your impression on your Rolfer?

My first impression of Mrs. Kamata is that she was a very
friendly person who could easily make a safe environment for
clients. At the same time, I feel she has a strong philosophy for
herself. During 2 months I had sessions with her, I became
interested in her philosophy because she always made me feel
excited that I could learn new things from her. Most importantly,
she loves Rolfing, and enjoys sessions with clients, that is
important for clients to feel comfortable.
スポンサーサイト
NEXT Entry
ロルフィング体験談 Yさん(写真つき)
NEW Topics

直傳靈氣講習会のお知らせ
Homeopathyを語る会開催のお知らせ
ロルフィングはエネルギー体の目覚め
2017年冬 東京セッションのお知らせ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR