< >
2014. 03. 28  
ロルフィング10シリーズを終了後、ひきつづきクラニオワークでお付き合いさせていただいていたYさんの体験談をご紹介します。Yさんは今年に入ってまもなく日本帰国が決定し、怒濤の帰国準備に追われながらも、今後はなんとかして体調管理を自分でできるようになりたいと、必死で頑張って来られました。

Yさんの成長を傍らでずっと見て来ただけに、今回のお別れは私にとっても胸に迫るものがあります。とくに帰国が決定したのを機に、決意してインナーチャイルドとトラウマの問題に踏み込んでから、Yさんはもうこのまま死んでしまうのではないかというくらいの激しい頭痛の発作に連日見舞われ、出口の見えない毎日と闘いました。

帰国まであと2週間、というところに来たときが過去最悪でした。このまま帰国できるんだろうかと不安に押しつぶされ、私の「なるようになってるから大丈夫よ」の言葉が信じられず、眠れない夜が続きました。

帰国が今週末、というときになって初めて、あれだけひどかった頭痛がなくなり、今までは薬でテンポラルにしか得られなかった爽快さをつかむ事ができました。最後のハンズオンワークで骨盤調整したときに、なじみの膝の痛みと頭痛が戻りましたが、無事家を引き払う事が出来ました。

帰国があさってに迫った今、怒濤のお忙しさの合間を縫って、心のこもった手書きのお便りに加えて、セッションの感想を書いてくださいました。私のでよければお使いください、と、前後写真を公開する事を、ご自分から申し出てくださいました。

私のところに相談に見える方はとても個人的な経過をたどる方が多く、写真を撮らない方も多くいらっしゃいます。Yさんの場合も姿勢の改善が主目的ではなかったのと、むしろ頸椎を無理に矯正した別の治療後に頭痛が悪化したこともあったため、ご本人のペースを尊重して慎重に進めたのですが、それでも自然に姿勢は改善しました。たまたまBefore1の写真を撮っておいたので、その後After 10と直近の写真も残しました。ご自分も周りの人々も姿勢の変化は全然解らない、とおっしゃっていましたが、私から見ると違いは一目瞭然なので、あえてここで写真をきちんとご覧になることをお勧めしました。

ドイツでは、サイコセラピストにかかった場合、2年で担当を変えないといけない、という法律があります。それ以上になると、関係が近くなりすぎるからです。ロルフィングも、10回を終えると、どんなに名残惜しくても一回放り出します。とにかく一度ちゃんと自分で泳いでから、戻っておいで、というスタンス。これは健全だと思っています。

私の日本人のクライアントさんは多くが駐在の方で、泣こうがわめこうが、絶対に期限付きのおつきあいです。このプレッシャーがもしかして治癒に加速をかけているのかもしれない、と思う事もあります。今日これから飛行機に乗る、というときに最後のセッションで完結!という方が多いのは、偶然じゃないと思っています。

Yさんは明日が私とお別れのセッションです。もう構造に踏み込む事は一切せず、この維持を促すための送り出しです。軸がぶれてはプロじゃないなどとつい前の投稿でエラそうなことを言ってしまって自分で自分の首を絞めました。泣かないように頑張らないといけない。

Yさんは、フランクフルトでの生活が、人生のちょうど大事な仕切り直しの時期と重なったように思えます。これからのYさんに必要なツールは、もうすべてお渡ししました。これからは是非、必要なものはもう全部この手のなかにある、という事実に自信を持って、これからの人生を楽しんでくださいね。

これからのYさんの人生に乾杯!

(大丈夫、いつでも今まで通りに連絡ください。会えなくてもなんとかなるから。)

以下、くださった感想です。最後の、新しい恋・・・のくだり、よく言った〜!!

主訴:偏頭痛

薬に頼らざるを得ず、頭痛薬による薬物中毒の症状を自覚しているだけに、薬を飲んでは自己嫌悪に陥る生活。

20歳の時に転倒して尾骨を強打して以来、定期的に発作がある。日本でカイロプラクティックに週2回ほど通い、ずれた頸椎を戻してもらう治療を長年続けて来た。フランクフルトでオステオパスにかかったところ、骨盤が全く動かない、蝶形骨がつまっている、と診断された。併行してロルフィングを受け始めしばらくしたら、骨盤が動くようになったと驚かれた。


1)10セッションを終えた、今の実感

ようやくここまで来た。長かった。
ロルフィング自体が自分の人生の一過程でした。



2)あなたにとって、ロルフィングって何ですか?

大事な事をたくさんたくさん気付くきっかけ。
絶対に必要な、通らなくてはならなかった場所。



3)印象に残ったセッションは?

仙腸関節を治してもらった時のセッションは
わかりやすくて嬉しかった。
鼻のセッションは痛すぎてびっくりしました。

(一番心に響いたのはSEを入れたセッションでした)



4)ロルファーの印象

初めてお会いした時からすーっと自然に心に入ってきてくれて
構えなくても、ありのままを受け止めてくれる
愛情あふれる先生でした。


追記)

ついこの間、ロルフィング、SEがひと段落して
あれ?これ何かの感覚に似てると考えていると、
昔、忘れられなくて辛くて前の恋にばかり執着して
いたのを手放したら自然と新しい恋がすーっと入ってきた
感覚に似ていた。

なんだ、こんなに簡単なことだったんだ、と後になったらわかるのに
でもやっぱりこれだけの時間が自分に必要だったんだろうな
とおもいました。不思議だなぁ。。。



孝美先生へ

私は何かに導かれ、先生の元へやって来ました。買い物からの帰宅途中、子供の手を引きながら、「これからどうしよう・・こんな身体ではもうここには居られない、家族一緒には暮らせない・・。」と泣きながら家に帰った後に、子育て相談で先生のところへ行きなさいと言われました。

ロルフィングという今まで聞いた事のないものに、これしかないとすがる気持ちで一杯でした。最初は変われる事が嬉しくて通っていましたが、ふと、途中で(やっと)気が付いたのが、先生はあくまで手助けをしてくださり、治るという自分の気持ちが必要だということ、他力本願で自分が治ろうとしなければなにをしたってだめだということでした。

もちろん始めから先生はそのように教えてくださっていたのですが、自分の中でちゃんと解るまでに時間がかかりました。今までいかに人任せだったか、自分で治ろうとしなかったかに気づき、反省しました。

先生と出会えた事は私にとってものすごく大事で、これから行きて行く上で必ず戻る場所になると思います。

胃が弱って先生に診ていただいた時は、「先生はフランクフルトの保健室の先生だな」と思いました。優しく、いつも暖かく迎え入れてくれて。それだけでも、半分くらい良くなるような。

ロルフィングを始めたときには、まさかここまで深く自分と向き合わないといけなくなるとは思ってもみませんでした。

子供のことも大切にしてくださって本当に嬉しかったです。どれだけお礼を言っても足りませんが、心から、心から、感謝しています。

これからもまだまだ頼りにさせてくださいね。

yuko front
yuko back
yuko right
yuko left


スポンサーサイト
NEXT Entry
whyとhow 続き
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR