< >
2014. 04. 04  
whyをhowに代えてみませんか?という記事に対して、whyの部分をしっかり知らない限りhowに結びつかないのでないか、という質問をいただきました。私たちの社会と教育システムが基盤とする、「傾向と対策」の考え方。これ、言われるだろうなーと思っていたので、思わず真剣なご本人を前に爆笑してしまいました・・すみません。

傾向も対策も、自分の思考の域を出ていません。思考は小我(エゴ)です。そしてその思考は必ず不安を引っ張って来る。思考のレベルにいる限り、未来への不安は決してなくならない。要するに、真面目に原因を考えれば考えるほど、自分のこしらえたストーリー(事実とは違う)のどつぼにはまり込んでしまい、そこから得られる対策も当然、自分の創り上げたストーリー(事実とは違う)を増強するにすぎない、ということです。whyを真面目に探求することによって、苦しい今のパタンをさらに増強している、というしくみ。真面目な人ほど、悲劇です。

繰り返します。whyを探ることによって得られるのは、予期不安です。whyを探る事によって得られるのは、私(自我=エゴ=小我)の創り上げたストーリー。小さい私の頭が創り上げた世界の中で必死に探しまわっているだけなので、そこから得られるhowも、今までの経験から当然予期される、今までのパターンの延長なのです。whyの思考がひっぱってくるのは必ず新たな不安材料です。過去のストーリーはトラウマになり、未来は不安に溢れたものになる。

じゃあどうすればいいんだ、と思うはず。whyを知りたい、起こった事実の因果関係を知りたい、と思ったら、それは自分の思考が創り上げたストーリーだ、ということを真っ先に意識するのが大事だと、私は思っています。自分にこういうパタン(カルマ)があるという事実を、もう一人の自分が冷静に見ている状態。演じる私とそれを見る私。それが、実は表裏一体なのですが。

私自身はものすごく失敗するし、感情や思考に振り回されます。そして、地球でこうやって思い切り演じられる自分を、面白く思っています。今は、演じつつそれを観察することが面白い。以前はこの2つは分かれていましたが、今は表裏一体です。

一方、別のパターンもあります。

最近ライトワーカーと呼ばれる人たちの受難をたくさん目にして来ました。私はあえて、他の人たちと一緒になってお決まりの「愛」とか「光」とかいう、心地いいけれど実体を持たない言葉でご本人を慰めなかった。むしろショックで絶句するようなことを、本人にあえて言いました。自分の現実逃避は、自分では見えないものなのです。今日の宿のない私、この請求書を前に途方に暮れる私、「運命の人」の真の姿を知ってしまった私。むき出しになって、極限まで弱くなったときに、私を本当に救ってくれるのは、きらびやかな慰めの言葉でしょうか。心地いい世界に再び逃げ込む事でしょうか。

言葉はマジック。マジックは権力と結びつく。権力といえばお金。このパタンはでもすっごく表面的で可愛いくらい。このレベルに私たちは長くいたようですが。

きらびやかな虚飾の世界も、予期不安で押しつぶされるのも、両方現実逃避だと思っています。howというのは、もっと、身もふたもない世界。

スポンサーサイト
NEXT Entry
白いキャンバスでいつづけること
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR