< >
2012. 04. 14  
そういえばフェンシングする熊にはフェイントが通じない、という、ハインリヒ・フォン・クライストの「マリオネット劇場」という本があります。

クライストは熊とフェンシングする羽目になって大きな発見をしました。つまり熊にはプリムーブメントがない。そしてこちらの仕掛けるフェイントに全く反応しない。それでいながらこちらの本気の動きには必ず即座に反応して剣はみごとにかわされ、全く太刀打ちできなかった、というものです。熊は彼と視線をまっすぐ交わし、そこに映るもの何もかもを見透かしたかのように、本気の突き以外では微動だにしなかった、と書いています。

日野晃という人は熊なのか。
理性に裏付けられた動き。ものすごい感性と客観性。でもそれらすべてを本能であるような動きに変えられる人。そしてもしかしたら相手の目にうつる魂のゆらぎを読み取って攻撃をかわしているのかもしれない。

ロルフムーブメントで最も大切なコンセプトの一つがプリムーブメント(動きの前の動き)=予備運動=の観察。これはロルフィング用語でトニックファンクションと呼ぶ身体に内在する重力への反応で、ある動きをするときにトニックマッスル(安定筋)=重力と折り合うための筋肉=がどういう反応を見せるかを観察するというものです。

ロルファーのケビンフランクによる解釈では、熊はクライストのプリムーブメントを読んだ、つまりフェイントの時は重心は後ろに残ったままだけど、本気の動きの時には、ほんのわずかだけど無意識な重心の移動があるのを熊は見抜いた、それは哺乳類に共通するフリと本気を見分ける能力だとします。でもこれはプリムーブメントを持たない人間には応用できない。。。もしかして熊は重心の移動でなくて、魂がそこに、その動きにあるのかどうかを見ていたのかもしれない。

クライストは本の中で、フリというのは魂、あるいは駆動力(vis motrix)が重心からはずれた動きのことだと言っています。重心のわずかな移動であるプリムーブメントのことを言ってるんじゃない、魂のゆらぎがそこにあるかどうかを言ってるのじゃないか、日野先生とフォーサイスカンパニーのあの正面向かい合わせの稽古でやっていたあのコネクトについて言ってるんじゃないかと思えてなりません。魂がいま、ここにあるかどうか。むしろこういうシンプルなことなんじゃないかと。

ところでクライストのマリオネット論は、ロルフィングの追求するものと共に日野身体理論に通じるものがある気がします。

どんなあやつり人形が理想かという質問に対し、微細なレベルで均整がとれていて、可動性があり軽やかなこと。そして重力と調和した配置であることと言っています。

まさにロルフィングのゴールです。。

クライストの面白いところは、操り人形の動きのほうがダンサーより優れていると言っているところ。人は意識してしまうと、わざとらしい、無様な動きになる。人形は思考する心がない分その動きは優美で軽やかで、自己形成を望むダンサーは人形から学ぶべきところがたくさんあると言っているところです。

ロルフィングと日野身体理論の共生のキーがここにある気がします。




スポンサーサイト
NEXT Entry
意識の変化を見抜く: 日野晃とプリムーブメント3
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Entry TAG
プリムーブメント   トニックファンクション   トニックマッスル     
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR