< >
2014. 04. 13  
ブループリント(青写真)というのは、建築で使う設計図のことです。建築家は設計図に従って家を立てる。人間も同じで、生まれる前に作った魂の設計図に従って人生を生きている。彫刻家が石の塊から何が現れることになっているかをあらかじめ知っているように、創造のキーは、ブループリントが握っている。創造は、ただやみくもに行き当たりばったりで行われるんじゃない。

ロルフィングではあまり前面に押し出しませんが、クラニオセイクラルやフェルデンクライスでは主要な位置を占める胎生学。私たちの身体がどういう方向に成長するかの設計図に立ち戻ると、こんがらがったものがほどけて、いまの困難のブレイクスルーにつながることが多い。

ロルフィングでも、ないがしろにしてる訳じゃないのです。私の解剖学の先生コニーは胎生学の専門家だし、私もホメオパシーやクラニオセイクラルでずっとやってきたから重要性はよく知っています。そもそも、ソースポイントセラピーはずばりこれを前面に押し出したエネルギーワークです。

どう生きていいか、どこに行ったらいいか、わからない。そう途方に暮れるときには、自分の決めた魂のブループリントに立ち返ればいい。私たちがもれなく祖先から受け継いだDNAは、その情報を持っている。ただ眠らせているだけなのです。

大けがから一転、執刀にあたったドクターやリハビリ関係者から奇跡だ、宇宙人だ、と驚かれながら驚異的な早さで回復を遂げているトップダンサーとワークさせていただきながら、このブループリントの重要性を強く感じたので書いておきます。

私たちは設計図に従って生きている。

というと、じゃあ設計図にないことはできないんだ、無限の可能性があるんじゃなかったのか、とがっかりするかもしれない。でも私たちはDNAの二重構造に現れるようにもともとハイブリッドな存在です。本来だったら開花させられたかもしれない別の道がある。あるいは、同時に2つ3つの開花、これもありです。私たちは祖先から受け継いだ情報のほとんどを眠らせたままでいます。だいたい、設計図にない=全然向かないから好きでもない=こと、やりたいですか?

私のブループリントは、クラニオセイクラルのアプレジャーがいう「もう一人の私」が握っています。あなたの内にいる治療者、という言い方もする。ソースポイントではソース(源)と言い、あるいは単純に神、といえばわかりやすいかもしれない。

白いキャンバスでも言いましたが、人生が、本来の設計図を開花させていくことじゃなくて、他者が作りあげた「私」に私を矯正させていくこと、にすり替えられてしまっている人がいる、ということが本当に残念で残念でしかたがないのです。本当は誰に聞かなくたって、私には本来自分のきめたブループリントがある。そこに立ち返れば、眠っていたDNAは目覚めるし、他の人には信じられない奇跡を起こすことができる。なにも特別な人だけに与えられている、特別な能力じゃない。万人がそれぞれ持っている可能性。ただそれを使うか使わないかだけの違い。意識して開花させれば、奇跡は起こる。

「私」に色を付けて行く人たち、私を教育し、影響を与えて行く人たち。彼らの教え、彼らが描いた「私」は、彼らにとっては真実です。「私」に大きな影響を与えてくれる人は、間違いなく「私」に必要な教師です。でもそのときに是非感じてもらいたいのです。彼らの教えに導かれているときの私の身体を。そこに魂のふるえはあるか、細胞が目覚めて行く感覚はあるか。それは、自分の可能性を自ら閉じて、矯正する方向に向かっていないか。

矯正の先に続くのは迷子です。私は迷子を長くやったから、よくわかる。誰もができるなどとは思わないこと、絶対無理だと思うことを、自分の設計図に沿っているという感覚を持ち続けている限りは、やることができる。彼らの創り上げた「私」に従っていたらこれはできません。本来の自分の設計図を閉じて、ずっと迷子のまま、死ぬ直前になって、もっと自分に優しくしてあげれば良かった、もっとやりたいことをやればよかった、といって死んで行くことになる。前も書いたけれど、こういって死んでいく人は多い。

こういうと、安易な方向に向かってしまう人がいるかもしれない。あ、そうなの、好きなことだけやっていいの、と、華やかな成果の部分だけを追って、土台になる地道な苦労は一切しないし、土台の存在にさえ気づかない。今の現実に向かい合うのは辛すぎるから目を背けたい(こんな正直に気づいていればましだけど)、ポジティブ思考が大事!と現実に蓋をしてフワフワと居心地のいい慰めや癒しに向かい、古い考えを押し付け、私の頭を抑える代わりに、いいところを伸ばしてくれて、すばらしい可能性をあたえてくれる「運命の出会い」に、直感が大事と飛びつく。行き着く先はカルトでコントロールです。辛くて辛くて仕方ないときには、目の前に差し伸べられた悪魔の手にすがるものなので。芯が揺らいで弱くなっているときにつながるのは、たいてい誘惑です。自分の魂のステージに応じたものにしか、人は出会わない。

肥大した自己のところで言いましたが、西洋人と深く付き合うと、彼らの芯の弱さが見えてきます。要するに根っこがぐらぐらなのです。縦がよわい。
唐突ですがこれは先祖とのつながりの希薄さにあるんじゃないかと思えます。
私たちは私一人のものじゃなくて、先祖の集合体。
私たちはつながっている。
この絆を断たれているから彼らは弱いんじゃないか、
だからエゴを肥大化させないとやってけないんじゃないか。

一見ベタベタしていて仲良さそうに見えている家族の希薄さ、
肥大したエゴのぶつかり合い、
自己の確立、自己の成功、
妄想と競争、
こうした中での、絶対的権威による、救済。

日本人は、違う。人との関係性の中でしか生きていけないということを、国民中で体現している。常に他人の動向を押しはからい、察し合う、根回し文化。折にふれ先祖と語らい、自然界に住む八百万の神との絆を大事にして来た、融合文化。

イギリスの作家カズオイシグロは、5歳の時にイギリスに渡って以来、イギリス人でも日本人でもない、浮遊した自己を持ち続け、それを作品で書き続けて来ました。彼にインタビューした記者が、彼が日本人のこともイギリス人のこともtheyと呼ぶのが印象的だった、いうのを読んだことがあります。私は西洋人と日本について話していると、いつもいつのまにかweになってるよね、と言われたことがあります。これは意識していなかったので驚いた。私は集合体としての日本人なんだな、と。

他者と関わり、他者との関係のなかで生きて行く、わたし。
白いキャンバスでいつづける、わたし。
その私が守り続ける、ブループリントの存在。

わたしが大事にしている事。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Somatic Experiencing 肯定文を使う
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR